7538件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

下諏訪町議会 2019-06-14 令和 元年 6月定例会−06月14日-04号

指定に合わせて区域の道路を運行するドライバーに対しての周知徹底を図るため、4月16日に諏訪警察署、諏訪交通安全協会、北小・社中PTA、とがわ保育園保護者会等と連携し、医王渡橋を中心に街頭啓発活動を行っております。また、5月16日には春の全国交通安全運動を通じ、諏訪大社春宮前、医王渡橋において街頭啓発活動を行っております。

下諏訪町議会 2019-06-13 令和 元年 6月定例会−06月13日-03号

また、啓発活動としては、各期ごとに行われる交通安全運動等の機会を通し、諏訪警察署、諏訪交通安全協会と連携を図り、地道な活動にはなりますが、街頭啓発活動を行うとともに警察官による街頭指導についても協力をいただき、対策強化を図っているところでございます。  

諏訪市議会 2019-05-14 令和 元年第 2回臨時会−05月14日-01号

市内の現国道20号では、たび重なる諏訪湖の溢水による数十時間の通行止めが発生しているとともに、2箇所の踏切による渋滞が市内の経済活動を大きく阻害し、更に主要地方道岡谷茅野線では、渋滞する現国道を回避する通過車両が多くの交通死亡事故を引き起こしており、諏訪市民の安全・安心の確保と、諏訪圏域の活力ある経済活動の発展のためには、国道20号バイパスを早期に整備する必要がある。  

下諏訪町議会 2019-03-20 平成31年 3月定例会−03月20日-05号

年度下諏訪町一般会計補正予算(第8号)  議案第14号 平成30年度下諏訪町後期高齢者医療特別会計補正予算(第2号)  議案第15号 平成30年度下諏訪町特別養護老人ホーム事業特別会計補正予算(第3号)  議案第18号 平成31年度下諏訪町一般会計予算  議案第19号 平成31年度下諏訪町国民健康保険特別会計予算  議案第21号 平成31年度下諏訪町後期高齢者医療特別会計予算  議案第22号 平成31年度下諏訪町交通災害共済事業特別会計予算

松川村議会 2019-03-18 平成31年第 1回定例会−03月18日-03号

各区に防犯指導員さんを置きまして、交通防犯部長を中心に、地域の防犯活動に努めていただいております。また、警察と連携しまして、不法投棄ごみの巡視と、あと放置自転車の確認・撤去等も実施している状況でございます。  村内各所には防犯灯を設置しておりまして、現在、村内で616基あるんですが、全てLED灯になってございます。

松川村議会 2019-03-07 平成31年第 1回定例会−03月07日-01号

3目1節雑入ですが、説明欄上から3番目の交通災害共済事務費交付金、下から2番目アルミ等売却代、37ページにいきまして、上から7番目の後期高齢者医療広域連合補助金、下から4番目の自動車用急速充電器助成は記載のとおりでございます。  続いて、38ページをお願いします。下段3目衛生債は、穂高広域施設組合の新ごみ処理施設建設に伴うものでございまして、大幅増となっております。  

下諏訪町議会 2019-03-07 平成31年 3月定例会−03月07日-04号

道の駅整備という考え方については、諏訪バイパスが全線供用される前の段階として、下諏訪岡谷バイパス第1工区が国道142号線から岡谷市長地地区まで供用が開始されることになりますが、その時点での交通量では、道の駅を経営するという観点で大変難しいのではないかと考えているところでございます。  

下諏訪町議会 2019-03-06 平成31年 3月定例会−03月06日-03号

つけ足しで考えられますことは、周りの友達が持っているから買わなくてはという子供も保護者も、そういう思いになっちゃうこととか、それから保護者や教師の知らないところでゲームに熱中する、今おっしゃる依存的な遊びに使うこと、それから歩きスマホをしたということで交通事故の心配がございます。  

下諏訪町議会 2019-03-05 平成31年 3月定例会−03月05日-02号

日程第19 議案第22号 平成31年度下諏訪町交通災害共済事業特別会計予算を議題といたします。これより質疑を行います。本案につきまして質疑のあります方は御発言願います。               (「なし」の声) ○議長 質疑ありませんので、質疑を終結いたします。本案については生活文教常任委員会に付託いたします。 ○議長 次に進みます。

諏訪市議会 2019-02-27 平成31年第 1回定例会−02月27日-04号

地の利は空港に近いとか交通網が発達している、また消費者数が多い、そういった利点がないとなかなか競争に勝ち残れないということ。そういうことで苦慮していることを学んでございます。  構想案につきましては、展示場単体での運営では利益が得にくいこともございますので、地域産業を支援する機能、それから多くの人を集められる特徴ある機能を付加することが必要であることを明記しております。

下諏訪町議会 2019-02-25 平成31年 3月定例会−02月25日-01号

◎議会事務局長(河西正) 議案第18号 平成31年度下諏訪町一般会計予算  議案第19号 平成31年度下諏訪町国民健康保険特別会計予算  議案第20号 平成31年度下諏訪町駐車場事業特別会計予算  議案第21号 平成31年度下諏訪町後期高齢者医療特別会計予算  議案第22号 平成31年度下諏訪町交通災害共済事業特別会計予算  議案第23号 平成31年度下諏訪町温泉事業特別会計予算  議案第24号 平成

下諏訪町議会 2019-02-25 平成31年 3月定例会−02月25日-目次

日程第20 議案第17号 平成30年度下諏訪町下水道事業会計補正予算(第2号) 日程第21 議案第18号 平成31年度下諏訪町一般会計予算 日程第22 議案第19号 平成31年度下諏訪町国民健康保険特別会計予算 日程第23 議案第20号 平成31年度下諏訪町駐車場事業特別会計予算 日程第24 議案第21号 平成31年度下諏訪町後期高齢者医療特別会計予算 日程第25 議案第22号 平成31年度下諏訪町交通災害共済事業特別会計予算

諏訪市議会 2019-02-19 平成31年第 1回定例会-02月19日-目次

                │ │   │小松孝一郎  │(2)地域の魅力、資源の活用について            │ │   │       │  ①魅力の発掘、発信について               │ │   │       │  ②郷土愛を育む取り組みについて             │ │   │       │(3)今後のまちづくりについて               │ │   │       │  ①交通

諏訪市議会 2019-02-19 平成31年第 1回定例会−02月19日-01号

リニア新幹線など高速交通網へのアクセスとして重要な施設となる諏訪湖サービスエリアへのスマートインターチェンジ整備事業につきましても、県、岡谷市などの関係機関や地元の皆様の御理解と御協力により、アプローチ道路案を了承いただいたほか、新たに着手いたしました諏訪湖周サイクリングロード整備事業、柳並線の延伸事業も動き始めるなど、市内の骨格とも言える重要路線の整備を推し進めてまいりました。

伊那市議会 2019-01-09 伊那市議会 会議録 平成31年  1月 全員協議会-01月09日−01号

また、周辺住民の皆さんには、煙ですとか交通規制などによりまして御迷惑をおかけしましたことをおわびいたします。また、区長さん、消防団を初めとする関係の皆様には、消火に御協力いただきましたことに熱く御礼を申し上げる次第であります。  本日は火災の概要について、御報告をさせていただきます。記書き以降をごらんください。  

安曇野市議会 2018-12-21 平成30年 12月 定例会-12月21日−06号

既に3年ほど前の大雪で道路交通が遮断されたとき、コンビニなどからも食料品が消えたことがあったのではないでしょうか。そういうことを考えるならば、私たちが安全・安心な農作物を手に入れていくためにも種子法はどうしても必要なものです。  農は国の基です。この根幹をなす種子、これを私たちは守っていくべきだというふうに考え、この陳情に全面的に賛成するものです。

下諏訪町議会 2018-12-21 平成30年12月定例会-12月21日-05号

担当課の見解として、欄干をカットするのは国道であり、国土交通省が窓口、新設した橋梁であり、カットすると強度の課題もあり困難が予想される。  町道の拡幅はできないかの質問に、砥川右岸の町道は県有地であり、砥川は一級河川であり、非常に困難である。河川法による護岸の安全確保から、定規断面には建設物は建設できない。  

佐久市議会 2018-12-21 平成30年 12月 定例会(第4回)-12月21日−06号

議案第101号 平成30年度佐久市一般会計補正予算(第7号)について中、所管事項の審査では、3款民生費、消費生活・交通費、消費者被害防止対策機器購入費補助金について、自動録音機付き固定電話等への補助金について、どのように周知しているかとの質問に対し、市のホームページに掲載しており、併せて特殊詐欺の被害状況についても掲載していることを確認しました。

松川村議会 2018-12-18 平成30年第 4回定例会−12月18日-02号

◆10番(矢口あかね君) 65歳以上で、現在徒歩や自転車、公共交通機関を利用して買い物に行く住民が対象であるということですが、つえやシルバーカーで自力歩行が可能な方、元気で自転車を利用できる方のほかに村の福祉バスであるりんりん号の利用者はこの制度を使えるのかをお聞きします。  また、自家用車でも可能な場合があると聞いておりますが、どのような場合でしょうか。 ○議長(平林寛也君) 福祉課長。