903件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

諏訪市議会 2019-03-14 平成31年第 1回定例会−03月14日-06号

保護条例では温泉についても入っていたが、山裾部や平坦部は除かれているのはなぜかの問いに対し、山地部は自然環境を重点的に保護する意味合いが強い地域で、今回の山裾部、平地部は、地下水の保全に限っており、温泉法において半径3キロ以内の温泉井戸を持っている人の同意が必要という厳しい枠があるので、そちらで担保されると考えているとの答弁。

諏訪市議会 2019-02-28 平成31年第 1回定例会−02月28日-05号

罰則について規定をしております第26条第3項第3号の中に、「保全地域における揚水井戸について」との表記がありますが、正しくは「保全地域における開発行為又は揚水井戸について」であり、「開発行為又は」という6文字の追加をお願いするものであります。訂正後の議案を本日の本会議終了後、議員各位にお配りをいたします。  

諏訪市議会 2019-02-22 平成31年第 1回定例会−02月22日-02号

山裾部と平地部につきましても、また用水井戸ですとか湧き水が存在しているということで、今の自然環境保護条例におきましては、山地部だけ規制があるという状況にありましたので、今回山裾部、平地部においても地下水の保全が必要ということで、条例改正をして市内全域になりますけれども規制をかけていくということでございます。  

松川村議会 2018-12-18 平成30年第 4回定例会−12月18日-02号

そして、これは御存じのように、内容は省きますけども、年間13万2,000立方メートルもの地下水をくみ上げると、こういう計画の中で、2016年の1月から10月まで、大体100メートルから110メートル井戸を掘って調査をしたと、そういう中で、雨が降ってから1カ月おくれで地下水の変化が起こり、地下水位の変異は年間を通して3メートルぐらいだとこういうふうな説明があった。  

茅野市議会 2018-12-11 平成30年 12月 定例会-12月11日−04号

都市建設部長(篠原尚一) 深井戸につきましては、電気を使いましてポンプでくみ上げているということでございます。湧水湧水で、なるべく電力を使わない方法で自然流下によって使用するというところでございます。 ○副議長(伊藤玲子) 伊藤正陽議員。 ◆3番(伊藤正陽) くみ上げには、モーターを使ってポンプアップをしているということで、それとセットで湧水を利用しているという回答があったわけであります。

長野市議会 2018-12-10 平成30年 12月 定例会-12月10日−05号

このような中、県内他市町村では井戸所有者との間で災害時に井戸水を飲料水や生活用水として利用する契約を結ぶという動きがあります。長野市では、厚生連篠ノ井総合病院国立病院機構東長野病院住民自治議会及び長野市災害時における地下水供給に関する協定が結ばれておりますが、他の井戸水所有者との協定などに取り組むという考えはないでしょうか、いかがでしょうか。  

伊那市議会 2018-11-26 伊那市議会 会議録 平成30年 12月 全員協議会-11月26日−01号

それと後、小金井市の話ですけれど、小金井は皆さん御存じのとおり小金井小次郎という方が、侠客の親分だったのですけれども、これが島流しになって三宅島に行って、そこで井戸をつくったということで、非常にそんなことで交流しているんですけど、小金井市で有名なのが実は桜だそうです。それで、小金井の桜というのが、吉野の桜をもらってきているヤマザクラだそうです。

安曇野市議会 2018-09-25 平成30年  9月 経済建設委員会-09月25日−01号

堆肥といいますと亜硝酸態窒素、これが井戸水、地下水の汚染に、安曇野市内だと3カ所ぐらいの井戸から検出されているということが、以前市長から報告がありました。で、ここは扇状地の高台、面が違うんですけれども、上野面と丸田面とありますが、上野面に加わって高台にあります。それで、安曇野市地下水は、私ども野沢のほうから上にくみ上げてというような状況になっています。

下諏訪町議会 2018-09-21 平成30年 9月定例会−09月21日-05号

歳出の主なものについては、光熱水費は2,775万3,501円で、ほとんどが源湯井戸、配湯センター、ポンプ場などの施設の電気料となります。修繕料は1,065万906円で、温泉本管にかかわるものが9件、170万9,640円で、温泉施設内にかかわるものが5件、755万4,600円などとなっています。

茅野市議会 2018-09-11 平成30年  9月 定例会-09月11日−05号

二つ目の茅野市生活環境保全条例によります井戸の掘削規制につきましては、地下水の枯渇や地盤沈下を防止するため、大口径の井戸を掘削する場合は許可を必要とし、掘削した井戸の揚水量の報告を義務づけをしております。また、他の大口径の井戸から半径200メートル以内の掘削制限や用途の制限、例えば給水区域内では生活用水を用途とする掘削ができないなどの制限をしているところでございます。  

岡谷市議会 2018-09-10 岡谷市議会 会議録 平成30年  9月 定例会(第4回)-09月10日−03号

続きまして、(2)災害時の井戸利用について伺います。  先だっての大阪の災害のニュースなどを見た市民の方々から何件か、岡谷市でも非常時に井戸を使えないものかという御意見を聞きました。諏訪地方は大きな地震が来た際は、直下型の震度6から7と言われています。

軽井沢町議会 2018-09-05 平成30年  9月 第1回定例会(9月会議)-09月05日−04号

地域整備課長(土屋貢君) 今現在の設備でございますけれども、北、南に対しまして1本ずつの井戸がありまして、地下水循環をしています。それで、今回の設備につきましては、4分の1の施設ではございますが、その井戸につきましては、もう廃止になりますので、既存範囲からは少なくなります。  

上田市議会 2018-09-03 平成30年  9月 定例会(第3回)-09月03日−趣旨説明−01号

平成29年度におきましては、設置から半世紀がたち老朽化している温泉施設の抜本的な改修を継続して行い、5本ある源泉のうち3カ所の源泉井戸及び附帯施設の改良、源泉を集め、利用者にお湯を送る施設であります集分湯室の施設改良、平成28年度の台風による水害で被害を受けた温泉管の復旧など、合計で5つの大規模改修工事を行いました。

飯田市議会 2018-07-20 平成30年  7月 総務委員会-07月20日−01号

それからあと地下水ですけれども、これは既に常時使っていらっしゃる民間の井戸個人のお宅の井戸をお借りしております。4軒は上郷のもの、2軒は円山町、中央道を挟んで今宮球場周辺の下と、あとリニアのトンネルの位置に非常に近い位置の御自宅なんですけれども、それも一緒に御協力を願って24時間365日体制で計測を行っております。 ○委員長(湊猛君) そのほかございますか。  木下徳康委員。

飯田市議会 2018-06-21 平成30年  6月 リニア推進特別委員会協議会-06月21日−01号

それからページが飛びまして、資料の8と書いたところでありますけれども、風越山トンネルの施工計画の検討経緯といたしまして、平成26年8月の環境影響評価書におきまして、風越山トンネルの一部区間、これは飯田線から滝の沢川付近ということでありますけれども、礫と砂を主体とする余り固まっていない地質、いわゆる未固結層でありまして、トンネルが通過する深さの地下水と地上付近の地下水、浅い井戸がつながっていると考えられるために

安曇野市議会 2018-06-21 平成30年  6月 経済建設委員会-06月21日−01号

それから、老朽管の布設がえですとか、豊科地域における排泥設備の設置、井戸への濁度計の設置、拠点配水池へのフェンス設置、こういったことを発注に向けた準備を進めるところでございます。  それから、有収率対策としましては、本年度は、穂高地域、三郷地域での調査を実施する計画で進めております。  次に、下水道課の関係でございます。