15件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

諏訪市議会 2016-12-05 平成28年第 4回定例会−12月05日-03号

1966年に中央本線新宿松本間で運転を開始し、ことしで50周年を迎えました。諏訪から進学する学生たちの帰郷の交通手段でもあり、思い出もたくさんあるのではないでしょうか。諏訪市首都圏を結ぶ唯一の特急電車としてのコメントと、高速鉄道新幹線停車駅、長野、佐久、またはリニア新幹線を含む飯田と甲府の駅へのアクセスについてはいかがお考えでしょうか。

長野市議会 2015-11-11 平成27年 11月11日 農林業振興対策特別委員会-11月11日−07号

案1の方は、これは電車、行程的には中央本線で行って新幹線で帰ってこれる、四国渡りますけれども。案2の方は飛行機で動くことになります。それぞれ旅費の規定の中におさまる中では十分行けそうでありますが、それぞれ特色あるもの、3市をこの中に入れ込みながら、林業、それから農業振興計画が調査項目となるものを選んで視察先を今お示しをしたということです。

塩尻市議会 2014-12-19 平成26年 12月 定例会-12月19日−06号

塩尻市地域包括支援センターにおける包括的支援事業の実施に係る基準を定める条例    第12号 塩尻市広丘駅周辺駐車場条例    第15号 塩尻市庁舎耐震化・大規模改修工事建築主体工事請負契約の変更契約締結について    第16号 塩尻市庁舎耐震化・大規模改修工事(機械設備工事請負契約の変更契約締結について    第14号 塩尻市ふれあいセンター広丘の指定管理者の指定について    第17号 中央本線

大町市議会 2014-06-09 平成26年  6月 定例会-06月09日−03号

次に、これまでの大町は、長野新幹線開通後も、どちらかというと中央本線を中心としたアクセスの周知が多かったため、観光客の皆さんには、大町へのアクセスで長野新幹線という選択肢が思いつかないのではないでしょうか。こうしたことから、新幹線延伸を機に、新たに市内外に向けて、新幹線と結びつけた市の交通網について周知する方法は考えておられるか、お聞かせください。 ○議長(小林治男君) 答弁を求めます。

諏訪市議会 2012-06-11 平成24年第 3回定例会−06月11日-03号

これからの諏訪市のアクセス、これにつきましても、中央本線と国道20号であることは変わりないと思っております。年間240万人もの乗降客のある鉄道の玄関である上諏訪駅、また車の玄関である諏訪インター、そして国道20号、これがアクセスということだと思います。それらをつなぐ交通ネットワークとなるべき幹線道路を、引き続き計画的な整備を進めることが重要と考えております。

塩尻市議会 2012-05-31 平成24年  6月 定例会-05月31日−01号

職員等の給与に関する条例の一部を改正する条例    第2号 塩尻市印鑑の登録及び証明に関する条例の一部を改正する条例    第3号 塩尻市精神障害者授産施設条例の一部を改正する条例    第4号 塩尻市児童館条例の一部を改正する条例    第5号 教育委員会委員の任命について    第6号 固定資産評価審査委員会委員の選任について    第7号 人権擁護委員の候補者の推薦について    第8号 中央本線

塩尻市議会 2006-02-27 平成18年  3月 定例会-02月27日−01号

報告第3号 損害賠償の額の決定の専決処分報告につきましては、JR中央本線沿いの市管理道路のグレーチングがはね上がり、左側前後のドアを破損した損害賠償の額の決定について、去る2月14日に専決処分したので報告するものです。  以上が、各議案の概要であります。  何とぞよろしく御審議くださいますようお願いいたします。  以上であります。     

諏訪市議会 2005-06-14 平成17年第 3回定例会−06月14日-04号

それから、諏訪地方の観連が主体となっております中央本線開業100周年記念事業というものがございます。また、諏訪圏の青年会議所が行っておりますアイスキャンドル等々のものを、私どもの方からお願いをしているというような状況でございます。そして、非常に関心が高まっているということでございますので、諏訪市から申請した事業につきましては採択を希望しているということであります。  

塩尻市議会 2003-06-10 平成15年  6月 定例会-06月10日−03号

そのほかに中央本線は御存じのとおり、松本東京間を結ぶ重要な路線であることから、鉄道補償、電車の管理、ダイヤ組みかえ補償など多額の費用が要する。そういった面で費用対効果の面から、ガード部の拡幅は難しく着工できない原因となっているというふうに聞いております。  そうはいっても、こういう状態ではございますけれども、議員申されたとおり県道でございますし、交通量もふえてきております。

諏訪市議会 2002-03-11 平成14年第 1回定例会−03月11日-05号

7年、8年と何もございませんで、平成9年から中央本線茅野下諏訪間連続立体交差事業に関する連絡調整委員会ということで、毎年、平成9年以来、JRとの調整打ち合わせを毎年やってきているというような状況でございます。それで、JRの中でも諏訪市さんどうですかということを言われているところです。これは県のこと、いずれやるとなれば県の方とも打ち合わせもしなければいけないというようなことでございます。

諏訪市議会 1999-03-08 平成11年第 1回定例会−03月08日-04号

私の友人でたまたま名古屋に住む男がおりますけれども、ビジネスで東京に往復する際は、年に一度は必ずこの中央本線を利用するというのがあります。東海新幹線でなくわざわざ回るというのは、八ヶ岳を車窓から眺めたいからであります。また中央自動車道を走る車は諏訪湖サービスエリアで諏訪湖を中心としての諏訪の景観を満喫をしております。

松本市議会 1992-09-17 松本市議会 会議録 平成 4年  9月 定例会-09月17日−04号

まず、中央本線特急あずさの時間短縮についてであります。中央本線に特急が運行されたのが昭和41年であります。当時を思い出しますと、特急は速いもので、松本−新宿間4時間を切ったとか、あるいは3時間近くになったとか、年々時間短縮が図られております。しかし、新幹線の運動は進めておりますものの、計画の影さえ見ることができないまま現在に至っております。

  • 1