3984件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

下諏訪町議会 2019-06-14 令和 元年 6月定例会−06月14日-04号

このイクボス・温かボスについて簡単にお話ししますが、イクボス・温かボス推進プロジェクトは、長野県における子育てや介護と仕事の両立ができる職場環境の整備と、新たな形のケアの社会化を目指して、企業、団体、教育機関、NPO、行政等の事業者や管理職等がイクボス・温かボスの取り組みを推進し、男性も女性も安心して働くことができ、若い世代の結婚と出産・子育ての希望が実現できる、信州型安心介護と子育ての社会づくりを

下諏訪町議会 2019-06-13 令和 元年 6月定例会−06月13日-03号

このうち昭和37年4月2日から昭和54年4月1日までの間に生まれた男性は、これまでに公的な予防接種を受ける機会がなかった世代であり、抗体保有率も同世代の女性及び他世代の男性が90%以上であるのに対し、この世代の男性は79.6%と低くなっております。  こうした状況から、さきに述べた世代の男性を風疹の定期接種の対象とし、接種機会を設けることとしたものでございます。  

下諏訪町議会 2019-03-20 平成31年 3月定例会−03月20日-05号

町の負担への影響は、一般会計で医療費の12分の1を自治体が負担、現役世代への負担にも影響。住所地特例の対象者はいる。一般被保険者の負担は、前年分より試算し、平成31年度の保険料は7万6,000円を想定。  討論では、賛成、やむを得ない状況だが、状況把握を適切にしてほしい。早期発見、早期治療を進めて、低減に努めてほしい。  挙手全員で可決しました。  

松川村議会 2019-03-18 平成31年第 1回定例会−03月18日-03号

今後、3年か4年後は団塊の世代の人が75歳以上の後期高齢者になり、免許返納の方もふえ、週4日のりんりん号でなく直接デマンドタクシーのような交通手段を選ぶ人もふえると思います。何年か先を見据えて、今から検討をしていったらいかがかと思いますが、いかがでしょうか。  社協のあり方について、村が補助を出している立場から、村長なり副村長のほうの答弁をお願いしたいと思います。 ○議長(平林寛也君) 副村長。

諏訪市議会 2019-03-14 平成31年第 1回定例会−03月14日-06号

しかし、少子高齢化社会の現在、社会保険料などは現役世代の負担が既に年々高まってきている状況にあります。  特定世代や特定の人に負担過重せず、また景気の浮き沈みに左右されにくい安定度や公平性の観点からして、財源を国民全体で広く負担していくためには、消費税が社会保障財源として最もふさわしいと考えております。  

原村議会 2019-03-14 平成31年第 1回定例会−03月14日-05号

今回、幼児教育と保育の一部を無償化するという子ども・子育て支援法が今、国会でも審議中ですけれども、子育て世代を応援するというのに、低所得者に負担を多く重くのしかける消費税でもってその無償化を実現するというのはどうでしょうか。私はその辺がすごくわからないです。だから、保育園の給食費も一部実費化するわけです。また、公立保育所については100%市町村負担だというこういう流れもあります。

原村議会 2019-03-14 平成31年第 1回定例会−03月14日-付録

子育て世代に発行されるプレミアム商品券、自動車購入世帯の軽減税など、やむを得ないと考える。 3 陳情第 1号 「最低賃金の改善と中小企業支援の拡充を求める意見書」の採択を求める陳情書 採択すべきものと決定する。(賛成・反対同数につき委員長裁決)   内容 最低賃金の地域間格差をなくして大幅に引き上げ、中小企業支援策の拡充を実現するため、国に対して意見書を提出するよう求めるもの。   

松川村議会 2019-03-07 平成31年第 1回定例会−03月07日-01号

款13目2民生費国庫補助金節3プレミアム付商品券事業費補助金85万3,000円の計上でございますが、国が本年10月に予定しております消費税率引き上げに伴い、低所得者及び3歳未満児のいる子育て世代への影響緩和策として、プレミアム付商品券事業を実施するに当たり、対象者の把握等の事務を先行して行うための事務費用の交付内示によるものでございます。  続いて、8ページ2段目をお願いいたします。

下諏訪町議会 2019-03-07 平成31年 3月定例会−03月07日-04号

若い世代の育成環境をどうするかは大切な課題であります。  変化はないという話ですけれども、先ほどの規制があるのかどうかも含めてですね、強さ、勝負、部活の中でそういうものをどのように求めていくかというところについてですね、教育長のお考えをお聞きしたいと思います。 ○議長 教育長。

原村議会 2019-03-01 平成31年第 1回定例会−03月01日-03号

これから力を入れて取り組む必要がある事項としましては、スポーツ活動に参加することのなかなかできなかった中高年世代も気軽にスポーツ活動に参加する、そのような環境整備をし、生き生きとした健康で明るい人生を実感していただけるような活動であるのではないかというように考えているところであります。  

諏訪市議会 2019-02-28 平成31年第 1回定例会−02月28日-05号

2025年問題、これは団塊の世代が全て後期高齢者になってしまう、そしてその人たちが80歳を超えてくる2030年問題は諏訪市においても例外ではないと思います。きょう言って、あしたすぐ解決できるという問題ではありませんので、諏訪市としても今から健康長寿に向けていろんな手段を駆使し知恵を絞り、対策を講じていかなければならないと思います。  

諏訪市議会 2019-02-27 平成31年第 1回定例会−02月27日-04号

そしてその3階の公共スペースにつきましても市民のワークショップを開催いたしまして、皆さんからさまざまな声を集めた中で、それを最大限尊重した施設として、多世代、多機能、多目的、これを整備のポイントとして、みんなが集まってきて、いろんなことでつながって、そしてそこから何かが始まるというコンセプト、スペースを目指していくことになりました。

原村議会 2019-02-26 平成31年第 1回定例会−02月26日-目次

│       │  │     │      │ 2.空き家を有効に活用するために、│〃      │  │     │      │  若者定住者のための空き家改修や多│       │  │     │      │  世代同居するためのリフォームなど│       │  │     │      │  について、若者定住促進事業や住宅│       │  │     │      │  リフォーム

諏訪市議会 2019-02-26 平成31年第 1回定例会−02月26日-03号

世代・多機能・多目的である施設の特徴を生かして、生涯学習・社会教育の場、それから市民や観光客などの交流促進の場、また起業相談の場、移住相談の場、あるいは子育て支援の場など多岐にわたりますけれども、関係課所と連携をしてさまざまな企画立案をして盛り上げを図っていきたいと思っております。  目玉の起爆剤を二つほど挙げますと、一つはバンドスタジオ、多目的スタジオを用意いたしました。

下諏訪町議会 2019-02-25 平成31年 3月定例会−02月25日-01号

主なものとしては、水上防災拠点施設・艇庫整備事業の2億8,310万円、防災行政無線設備更新事業の1億1,720万円、八島高原公衆トイレ整備事業の7,080万円、道路関係の1億2,710万円、臨時財政対策債の3億円となりますが、将来世代への負担を見据え、いずれも交付税措置のある有利な起債のみの借り入れといたしました。  次に、歳出につきまして、それぞれ主な事業を説明いたします。  

軽井沢町議会 2019-01-28 平成31年  1月 議会活性化特別委員会(1月28日)-01月28日−01号

前回のファミリーオーケストラのアンケート結果、忘れちゃったんですけれども、あのときは若い世代というか、その方の参加ってどのぐらいあったのかな。      〔「30代が5名ですね」と呼ぶ者あり〕 ○委員長(川島さゆり君) 30代は5名……      〔「40代は4名です」「アンケートには書いてないけれども」と呼ぶ者あり〕 ○委員長(川島さゆり君) 挙手お願いします。すみませんでした。  

安曇野市議会 2018-12-21 平成30年 12月 定例会-12月21日−06号

政府はその理由について、高齢者と現役世代で医療費窓口負担が異なるのは不公平と言うのですけれども、現役世代の若い人もいずれ高齢者になり、立場を変えながら医療制度を維持しているということを考えれば、それは不公平と言えるものでしょうか。単に一度の受診における窓口負担の差だけを取り出して不公平と言うのは目先のことだと思います。