47件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

塩尻市議会 2020-12-05 12月05日-02号

まず、研修生であります渡辺さんは単身フランスに渡り、なれない環境の中において受け入れワイナリーの皆さんの支援を受けながらブドウ栽培ワイン醸造技術を学んでいるところでございまして、元気に一生懸命頑張っている姿を拝見して、彼のチャレンジ精神に敬意を表するとともに、帰国後は本市ワイン振興に広く尽力いただくことを期待しているところでございます。 

塩尻市議会 2020-09-11 09月11日-03号

県の名古屋事務所塩尻市のワイン振興には理解をいただいておりますので、利用者の増加と塩尻ワイン魅力発信のためにも中京圏に目を向けることは大切と思いますが、いかがでしょうか。 元気づくり支援金活用は今年度最後となり、ことしのイベントは既に始まっておりますが、3年間継続されたイベントであります。次年度以降も塩尻ワインブランド発信のためには続けることが重要と考えます。

小諸市議会 2020-03-04 03月04日-04号

来年度からは、協議会の会長と事務局が現在の上田市から本市に移る予定であり、これまでの生産中心の取組から、情報発信等に力を入れるとともに、8市町村の連携を高めるため、リーダーシップを取りながら、予定される2年間でエリアのワイン振興を強力に推進してまいりたいと考えております。 続きまして、質問事項③山間地における家族農業必要性についてどう捉えているか、答弁をいたします。 

千曲市議会 2020-03-02 03月02日-02号

ただ、千曲市のワインぶどう研究会というのがございまして、こちらの研究会試験圃場栽培をしております赤ワイン用品種マルベックというのがございますが、このマルベック市内外でのイベントなどで高い評価を得ておりまして、千曲市の気候に合った品種であることから、マルベックを今後の千曲市のワイン振興の主軸となる品種として位置づけまして、生産者拡大ですとか、栽培面積拡大を計画しているところでございます。 

塩尻市議会 2020-02-20 02月20日-01号

培われました経験や技術本市ワイン振興に生かしてもらうよう大いに期待をするところでございます。また、令和2年度予算案においては、昨年10月にフランスのポイヤックと都市間交流を始めることで合意したことを受けまして、青少年を初め市民の皆様の交流事業支援するための関係経費を計上したところでございます。 

千曲市議会 2019-09-30 09月30日-05号

審査において、第5款労働費では、雇用促進事業費について、第6款農林水産業費では、多面的機能支払交付金事業費ワイン振興事業費、市単農道用排水路整備事業費、松くい虫防除対策事業費について、第7款商工費では、観光利用推進事業費シティプロモーション推進事業費、移住・定住・交流促進事業費について、第8款土木費では、都市計画管理事業費について質疑があり、採決の結果、全会一致、原案のとおり認定すべきものと決定

小諸市議会 2019-09-04 09月04日-04号

現在、様々な分野で新しい芽生え、新しい風が吹いていると感じておりますが、特に農業分野では元気な土づくりを掲げ、農産物の品質のよさの証明、土壌優位性数値化等、他との差別化を図る取り組みや、全国でトップシェアを誇るブロッコリー産地の強化、米の国際大会の誘致、観光親和性の高いワイン振興推進、さらにシティプロモーションの一環としてのトップセールス等を実施してまいりました。 

千曲市議会 2019-02-26 02月26日-01号

款農林水産業費でございますが、農業費では、農業委員会運営経費農業農村振興を図るための施策に要する経費イノシシ等野生鳥獣による農作物被害を防ぐための経費、中山間地域等直接支払い制度事業交付金農地維持資源向上活動に取り組む組織に対して助成を行う多面的機能支払交付金新規就農者育成に要する経費ワイン産地形成推進するためのワイン振興事業費棚田保全に要する経費のほか、土地改良事業費

小諸市議会 2019-02-18 02月25日-01号

あわせて、近年需要がふえているそばの振興や、日本ワインの人気の高まりを小諸魅力とともに発信できるワイン振興策の検討と実践を重点的に取り組むこととします。また、佐久浅間農業協同組合との包括連携協定については、事業具現化を図ります。 農産物被害軽減のための野生鳥獣対策の継続と野生鳥獣商品化施設安定経営を図ります。 

小諸市議会 2018-12-04 12月04日-03号

また、ワイン振興においても信州大学が進めるNAGANO WINEブランドデザインワークスと連動して、小諸ワインブランド力向上を図っております。いずれも、ブランドの構築と維持については一朝一夕でなし得るものではなく、消費者の信頼を勝ち得るための不断の努力と継続的なメンテナンスが必要となりますので、着実な取り組みを続けてまいります。 

上田市議会 2018-09-03 09月10日-一般質問-02号

広域特区内のワイン振興につきましては、当協議会を初め長野県、信州大学、民間の団体などさまざまな機関団体が行っております。これらのさまざまな機関団体との協力連携を一層図るための調整的な役割もこれまで以上に担っていければと考えてございます。 私からは以上でございます。 ○議長(小林隆利君) 金子議員。          

塩尻市議会 2018-06-13 06月13日-03号

もう一つ、私も周りが農業が主体の洗馬なもんですから、農業再生のことでは何回か質問してきておりますが、市長は農業公社を立ち上げておりますし、地産地消との関係で学校への地元食材活用、先ほども言われましたけれども、ワイン大学の創設、ワイン振興などいろんな取り組みをされておりますが、農業従事者高齢化というのはすごく進んでおりまして、リタイアされる方が多い中で、担い手後継者がなかなか育っていかないという

千曲市議会 2018-02-27 02月27日-01号

農林水産業費でございますが、農業費では、農業委員会運営経費農業農村振興を図るための施策に要する経費イノシシ等野生鳥獣による農作物被害を防ぐための経費、中山間地域等直接支払制度事業交付金農地維持資源向上活動に取り組む組織に対して助成を行う多面的機能支払交付金新規就農者育成に要する経費ワイン産地形成推進するためのワイン振興事業費棚田保全に要する経費のほか、土地改良事業費

安曇野市議会 2017-03-06 03月06日-05号

さらに、ワイン産業裾野が広く、さまざまな産業を有機的に結びつけて、地域活性化につなげられるほか、日本国内において良質なワイン用ブドウ栽培できる場所は限られているため、ブドウ畑などの景観も含めて特徴的な観光資源として位置づけられるなどワイン振興は農家やワイナリーだけでなく、地域全体の活性化につながると考えられます。 

塩尻市議会 2017-03-02 03月02日-02号

3番、ワイン振興について。長野県がワイン産業振興を目指す信州ワインバレー構想を掲げて5年目になります。構想背景気候土壌ブドウ栽培に適している、ワイン産業裾野が広く地域活性化につながり、また塩尻ワインはナイアガラ、コンコード産地として成長し、欧州系品種の適地に開かれたワイナリー期待をされております。