9件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

下諏訪町議会 2014-06-10 平成26年 6月定例会−06月10日-04号

どのくらいの規模がというのはなかなか難しいことだと思いますが、先ほども言いましたように、人口を増加するというような目標数値というのは難しいわけでありまして、持続可能な自治体としてどの程度がそのリミットなのか、そんなことは十分精査をしながら、総合計画というのは立てていきたいというようには思っております。 ○副議長 小池忠弘議員

諏訪市議会 2014-02-28 平成26年第 2回定例会−02月28日-03号

平成28年8月完成を目指していた最終処分場が、事業開始のリミットの昨年12月になっても事業開始のめどが立たず、同時稼働ができないという旨の報告がございました。  山田市長はこの中で、合意が得られていない中、急いで事業を進めることで、この協議が決裂したら次の候補地はどこにするかというところから始めることになる、地元理解を最優先とするため、ある程度時間が欲しいとの話でありました。

下諏訪町議会 2008-03-24 平成20年 3月定例会−03月24日-05号

リミット平成22年の3月までに結論が欲しい。町としては平成20年度で方向性は出したい。現状は50万円以下の軽微な修理は行うが、それ以上の修繕になったら、その場で給湯打ち切りとは伝えてあるとのことであります。  討論では、町税の低迷の中で大型事業が始まり、足りない部分は財政調整基金に求めている。一般財源を図る政策は必要。町に体力をつけてほしい。

諏訪市議会 2002-06-12 平成14年第 2回定例会−06月12日-04号

特に国は2005年3月をリミットに、特例発効以降、平成の大合併というようなふれ込みでますます加速をしてきているわけであります。ちなみに総務省の4月1日発表を見ますと、明治以来7万以上あった市町村が、今日3,218、昭和中期にかけて着実に減ってきていますし、この中で2,226が合併検討組織を設置をして任意協議会を持ったのは419、法定議会は249の市町村になっているとのことであります。

諏訪市議会 2002-03-11 平成14年第 1回定例会−03月11日-05号

1点、警察の問題になりますけれども、一部では6月がリミットだというような声もささやかれておりますけれども、県警からのそういった話が来ない限り、市とすれば動かないというような方向でいくと、こんな形でいいのかどうか、その点だけお聞かせいただきたいと思います。

諏訪市議会 2001-12-11 平成13年第 8回定例会−12月11日-04号

そして、これは県の方へ報告せよというのがリミットがきのうまでだったかな、ということで、まず来年度分につきましては先ほど申し上げた中でやらせていただきたいかなあと思っております。そのほどいただきましたので、これも参考にしながら、その次の年度へ向けて進めてまいりたいと思っております。  

上田市議会 1951-02-05 02月12日-一般質問-02号

そういう意味で、一体17年ということになりますと、これがリミットだとすれば、いつごろまでに法定の協議会をつくる、あるいは任意の協議会はいつやるというようなプロセス、スケジュール。政治は現実ですから、これからやるなんていう話ではだめです。いずれにしても、そういうプロセスがまず大事だと。そのプロセスに沿って合併を行っていくのが一番着実な方法であると、こう思うわけであります。 それから、次であります。

  • 1