運営者 Bitlet 姉妹サービス
1864件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-21 安曇野市議会 平成30年 12月 定例会-12月21日−06号 高齢者における病気へのリスクは高まるので、医療機関にかかる率も高くなる。この制度が始まってから、保険料負担に対する激変緩和措置を行ってきているが、それだけで高齢者の状況が大変と捉えての軽減措置だと思う。年金が減ってきている状況や介護保険料も上がってきている。さらには来年10月には消費税が増税されるなど、高齢者の暮らしぶりが大変になっていくことがよくわかる。 もっと読む
2018-12-18 松川村議会 平成30年第 4回定例会−12月18日-02号 ◆10番(矢口あかね君) このたびの事業は高齢者の中でも認知症や鬱病が発生するリスクが高まるといわれる、家に閉じこもりの方たちに外出をしてもらい、社会参加や買い物を通じた生活の質の向上を図るという、介護事業の新たな階段が一つ上がるともいえるサービスです。  ショッピングリハビリとも言うそうです。加齢とともに運動機能や認知機能が低下していく、フレイルの予防でもあります。   もっと読む
2018-12-17 長野市議会 平成30年 12月 定例会-12月17日−06号 監査委員からの将来の事業継続リスクが顕在化する前に民営化・民間譲渡の可能性を模索することが必要であるとの指摘等を受け、指定管理者の更新に当たり、募集方法を非公募から公募に見直し、その結果、地元が主体となって本年5月に設立された会社を、指定管理者として新たに選定したとの説明がありました。   もっと読む
2018-12-13 下諏訪町議会 平成30年12月定例会−12月13日-04号 第三者委託の導入に当たりましては、事業の安定性や安全な水の供給等を将来にわたり確保するため、町と受託者の責任や役割、受託者側の突発的事故等への対応、事業運営上のさまざまなリスクの適切な分担等、具体的に検討すべき事項は多岐にわたることから、メリット、デメリットを含め、今後検討ということになろうかと思います。以上でございます。 ○議長 森 安夫議員。 ◆森議員 わかりました。 もっと読む
2018-12-12 安曇野市議会 平成30年 12月 定例会-12月12日−04号 私は許認可は行政で、そのほかは民間に任せたほうがリスクが少なく賢明ではないかと思いますが、市長どうでしょうか。 ○議長(小松洋一郎) 市長。      (市長 宮澤宗弘 登壇) ◎市長(宮澤宗弘) おはようございます。  宮下議員にお答えをさせていただきます。なお、詳しい内容については担当部のほうで説明をさせますので、お願いをいたします。   もっと読む
2018-12-12 下諏訪町議会 平成30年12月定例会−12月12日-03号 今回の改正では、当面の重要・重点施策として、特に地域レベルの実践的な取り組みへの支援を強化する、適切な精神保健医療福祉サービスを受けられるようにする、社会全体の自殺リスクを低下させる、子供・若者の自殺対策をさらに推進する、勤務問題による自殺対策をさらに推進するが挙げられています。  今年度、町では自殺対策推進計画策定に取り組んでいます。 もっと読む
2018-12-11 安曇野市議会 平成30年 12月 定例会-12月11日−03号 昨日の先輩議員の代表質問の中での部長答弁にも、単身中高年世帯の増加とともに認知症の増加を指摘され、外へ出られる方と家にこもられている方では認知症の発症リスクの違いが大きいことが話されました。市長も、地域とのかかわりが大切とおっしゃっておられましたけれども私も全く同感でございます。 もっと読む
2018-12-10 安曇野市議会 平成30年 12月 定例会-12月10日−02号 ひとり暮らしで人づき合いが少なく、また、社会的に孤立した高齢者は、介護が必要な状態になったり、死亡したりするリスクが1.7倍高いと、筑波大などの研究チームがまとめているところであります。社会的な孤立に加え、心身の活力が低下したフレイルの状態になりますと、さらに2.3倍とリスクが上がるということでございます。人口や世帯構造の変化する中、市の状況や対応についてお伺いしたいと思います。 もっと読む
2018-12-07 長野市議会 平成30年 12月 定例会-12月07日−04号 中央教育審議会特別部会の委員からは、教職員の心身の負担を軽減することができる、休みをとりやすい環境をつくり、教職員の仕事の新たな魅力として位置づけられるとの肯定的な意見がある一方、抜本的な解決策ではない、健康リスクへのはね返りがあるということを危惧すると、導入に慎重な意見も出されております。 もっと読む
2018-12-06 長野市議会 平成30年 12月 定例会-12月06日−03号 45歳未満の方が転入又は退職して長野市に居を構え、新たに一から農業を開始する、それには大きなリスクが伴うことが容易に想像できます。ただ、両親や祖父母がしっかりと長野市に根ざした営農を行われているならば、年額120万円掛ける3年間の支援は、長野市で始まる人生設計を強く後押ししてくれるものであったのだろうと想像いたします。   もっと読む
2018-12-05 長野市議会 平成30年 12月 定例会-12月05日−02号 上下水道局では、水道に関する技術を職員が継承し、組織の中で技術力を高めていくことを重視しており、水質等の安全性の確保や災害時等のリスク対応力といった観点から、現時点では直ちにコンセッション方式導入の検討に入ることは考えておりませんが、他事業体での導入による効果や課題等は見極めていく必要があるというふうに考えております。 もっと読む
2018-12-04 軽井沢町議会 平成30年 12月 第1回定例会(12月会議)-12月04日−03号 ジャンル分けをし、受け手側が選択し、登録していただくことで、知りたい情報をスムーズに受け取ることは可能になりますが、登録の漏れにより必要な情報を受信できなかったというリスクを考えますと、一人でも多くの方に確実に情報をお知らせることができる現在の方法が最適であると考えております。  以上でございます。 ○議長(市村守君) 答弁が終わりました。  2番、西 千穂議員。       もっと読む
2018-10-04 上田市議会 平成30年  9月 定例会(第3回)-10月04日−趣旨説明、議案質疑、議案付託、委員長報告、質疑、討論、 質疑において、リスクが高い症例の患者については信州上田医療センターが担当するという役割分担の中で、平成29年度は産婦人科病院から信州上田医療センターに紹介した患者数が大幅に増加しているが、その原因は何か。   もっと読む
2018-09-25 長野市議会 平成30年  9月 定例会-09月25日−05号 しかし、リスクは軽微な事務処理ミスにとどまらず、多大な損害を伴う不祥事にまで及ぶものであり、リスク管理を体系的に行える内部統制を早急に整備していかなければなりません。  次に、続いて、飯綱高原スキー場事業特別会計について申し上げます。   もっと読む
2018-09-20 松川村議会 平成30年第 3回定例会−09月20日-04号 公社は財政的リスクを回避し、運営する必要が現在特に求められていますので、民間分譲地の動向を的確に把握しまして、公社の理事の皆様とも協議の上、よく状況を見て進めたいというふうに考えております。 ○議長(平林寛也君) 小原議員。 ◆11番(小原吉幸君) わかりました。  続きまして、子育て世代支援住宅について提言をしたいと思います。   もっと読む
2018-09-19 飯田市議会 平成30年  9月 リニア推進特別委員会協議会-09月19日−01号 それから第2章が、我が国が直面する状況の変化とリニア中央新幹線がもたらすインパクトということで、我が国が直面する状況の変化、それからリニア中央新幹線が劇的な時間短縮をもたらすインパクトということで、フェイス・ツー・フェイスコミュニケーションが生み出す新たなイノベーション、それから「時間」と「場所」からの解放による新たなビジネススタイル・ライフスタイル、海外からの人や投資の積極的な呼び込み、災害リスク もっと読む
2018-09-18 安曇野市議会 平成30年  9月 定例会-09月18日−04号 また、丈夫な品種を植える、地植えリスクに備えてポットへの株分けをあわせて実施するなど、さまざまな方法がございます。これらの対策につきましては、管理をしていただいている保存会でも実施してきたというふうにお聞きしております。  今年度、保存会では、公園内を4つのエリアに分けまして、それぞれ業者による土壌診断を実施するなど、改善策を検討しておるところでございます。   もっと読む
2018-09-14 飯田市議会 平成30年  9月 産業建設委員会-09月14日−01号 2年後の東京オリンピックのプランニングが、高い災害リスクのために、より困難なものになるとの見方がされ始めているということでございます。  振り返りますと、つい先日、関西方面を過去25年間で最大級の台風21号が直撃し、さらにその直後、北海道での大きな地震が発生し、甚大な被害が出ております。 もっと読む
2018-09-14 長野市議会 平成30年  9月 定例会-09月14日−04号 また、趣味やスポーツ、自治会など、社会参加の割合が高い地域ほど、高齢者の認知症や鬱、転倒リスクが下がることが科学的に実証されており、ひきこもりがちな高齢者を社会参加活動の場に呼び込む工夫が求められています。  近年、ビジネスを通じて培った経験や専門性を生かした企業人等のボランティア活動であるプロボノが広がっています。 もっと読む
2018-09-14 長野市議会 平成30年  9月14日 まちづくり対策特別委員会-09月14日−08号 例えば、ぱっと来た方が、ただ今実証実験中で今はここを通っていますとか、今度はここを通っていますとかというようなことが、果たして本当に可能であれば、むしろそういったことも十分私は考えていきたいなと思っているのですが、そのメリットとリスクの部分というのでしょうか、その兼ね合いかなと思っております。   もっと読む