199件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

下諏訪町議会 2019-03-06 平成31年 3月定例会−03月06日-03号

例えば塩尻を震源にして、マグニチュード6.7の強度だとかというのが起きたと。ここの町、当然防災のアラームが来ると。そうすると1のところで、町屋敷の例えば1、最初に10までつける、その場合は、今回は私たちは五つだけつけて、5カ所。まず最初に1カ所のところが火事になった。そのうち3のところで生き埋めになった。そのとき、自分たち防災人間がどういうふうに動いていくか。

諏訪市議会 2019-02-26 平成31年第 1回定例会−02月26日-03号

今月の最新情報によりますと、国内最大級と言われる南海トラフ地震について、今後30年以内のマグニチュード8から9クラスの地震の発生率は70%から80%程度と想定をされているということでございます。  そこで先ごろ、県の防災会議において、南海トラフ巨大地震につながる異常現象観測時に県が情報発信する内容が発表をされました。

諏訪市議会 2018-12-04 平成30年第 5回定例会−12月04日-04号

○金子喜彦 議長  企画部長 ◎木島清彦 企画部長  諏訪市ではことし、8月26日にマグニチュード9.1の南海トラフ地震が発生したという想定に基づきまして、諏訪市地震総合防災訓練の実施をしてございます。この訓練を通じて見えてきた課題、これにつきましては改善に向けた打ち合わせを速やかに行うとともに、翌年のこの訓練の打ち合わせ会議において、参加関係団体全体でこの情報共有を図っております。  

諏訪市議会 2018-12-03 平成30年第 5回定例会−12月03日-03号

私なりにそのレベル2というのが、知識がないのでわかりませんが、いろんな資料を見ていくと、マグニチュード6あるいは6.5、震度も6弱という話も聞いているんです。今おっしゃるように、地震の内容によっては違ってくるかと思いますが、そんな話も聞いています。  続いて、防災減災について。今議会防災減災について、私も含めて6人の質問者があります。

安曇野市議会 2018-09-14 平成30年  9月 定例会-09月14日−03号

そこで、この30年間を振り返りますと、阪神・淡路大震災、中越地震と中越沖地震東日本大震災熊本地震、そして今月の北海道胆振東部地震と連続してマグニチュード5以上、震度6強を超える地震が相次いでおります。このような連続した災害は、歴史的に見ますと過去においては250年前の江戸時代と、さらにそこから300年さかのぼって鎌倉時代に起きております。

上田市議会 2018-09-11 平成30年  9月 定例会(第3回)-09月11日−一般質問−03号

2011年3月11日、東日本大震災マグニチュード9を記録しました。きょうで、ちょうど7年半が経過いたしました。あの大震災以来、想定外の言葉はタブーとなりました。ここ数年においても、熊本、大阪での大震災、そして今月6日早朝の北海道では過去最大の震度7を記録しまして、厚真町では想定外以上の土砂崩落が発生して、41名のとうとい命が犠牲となりました。心からお悔やみを申し上げます。  

下諏訪町議会 2018-09-07 平成30年 9月定例会−09月07日-04号

昨日6日、北海道胆振地方震源とするマグニチュードで6.7の地震が未明に発生しました。北海道厚真町で震度7の激しい揺れを観測し、大規模な土砂崩れが起きたほかに各地で家屋が倒壊し、現在7人の方が死亡、2人の方が心肺停止、29名の方が安否不明となっております。今後の余震や、前線の影響で大雨になるおそれがあります。

茅野市議会 2018-08-29 平成30年  9月 定例会-08月29日−01号

また、文部科学省地震調査研究推進本部による今後30年以内の断層帯の地震発生確率は、全体で30から40%、最大規模はマグニチュード8.1程度と言われており、主要な活断層では国内で最も高いと発表されています。地震は必ず起きることを改めて意識しておかなければならないところと思います。  今年度の茅野市防災訓練は、今週末の9月2日の日曜日に、各自主防災組織訓練と市総合防災訓練を実施いたします。

松川村議会 2018-06-14 平成30年第 2回定例会-06月14日-02号

◆7番(上田治美君) 御存じのように、5月12日に大町の美麻千見を震源とするマグニチュード5.2の地震がありまして、美麻で震度5弱、松川村で震度3という地震がございました。25日には栄村で震度5強の地震も起こっております。この地震については、この間起こりました神城地震と同じパターンだと言われております。

大町市議会 2017-09-05 平成29年  9月 定例会-09月05日−03号

平成26年11月22日、午後10時8分、マグニチュード6.7、神城断層地震発生、大町市でも美麻地区を中心に、人的な被害はございませんでしたが、家屋などに被害が出ました。地震災害への公的支援についてもお聞きいたします。 ○議長(勝野富男君) 答弁を求めます。総務部長。      

安曇野市議会 2016-12-06 平成28年 12月 定例会-12月06日−03号

しかしながら、東京電力からは、平成24年に梓川水系3ダムについて、糸魚川静岡構造線中部でマグニチュード8クラスの地震動による安全が確認をされているというように報告を受けております。さらには、耐震性能の評価でも、耐震性能を有していると評価をされていることが中信4市に報告をされております。

松川村議会 2016-09-15 平成28年第 3回定例会-09月15日-03号

これは冬の18時でマグニチュード8.5、震度6強という想定でございます。松川村のほうで建物の全壊被害は170戸、死者は10名というふうに想定されております。以上です。 ○議長白澤富貴子君) 百瀬議員。 ◆11番(百瀬清君) それにしても当面の避難所として、現実3,000人もの大人数を一時収容する必要があります。

軽井沢町議会 2016-08-30 平成28年  9月 第1回定例会(9月会議)-08月30日−03号

今年4月に起きた熊本地震では、マグニチュード7という大規模地震が二度も起き、いまだに避難所生活を余儀なくされている方がたくさんいらっしゃいます。この2回の地震においては、気象庁も想定できなかったそうであります。また、最近では、台風は来ないと言われていた北海道台風が直撃し、トリプル台風も発生、甚大な被害をもたらしております。

安曇野市議会 2016-06-27 平成28年  6月 定例会-06月27日−05号

4月14日、16日に発生いたしました熊本大分地震の現地におきましては、いまだ余震が続く中で集中豪雨災害が発生し、大変お気の毒な状況が報じられておりますときに、我が安曇野市におけるマグニチュード7.7以上の地震が発生する確率が10.4ポイントも上昇し、29.5%と報じられ、また、豪雨災害による降水位置が明科地域においては5メートルにも達するとのショッキングなニュースもございました。  

松川村議会 2016-06-21 平成28年第 2回定例会−06月21日-02号

公式に発表されている部分でありますけれども、平成27年9月に発表されたものが、私どもは正式なものというように理解をしておりまして、冬場の18時に松川村で発生するマグニチュード8.5というものがあります。これが一番条件が悪い冬場、それから18時ということ、マグニチュードも糸静線の中では最高のマグニチュードであります。こういった場合で、松川の村の中で何戸倒壊するという数字まで示されております。