137件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

下諏訪町議会 2020-02-21 令和 2年 3月定例会−02月21日-01号

そんな中、先日、御田町にあります総菜店の御子息がパリで営むレストランがフランスミシュランガイド日本人初の三つ星を獲得したという、大変うれしいニュースがございました。現在、御田町周辺では町道の美装化工事を進めており、今後も四ツ角駐車場とともに四ツ角交差点周辺につきましても新たなまち歩きの拠点として整備を予定しているところでございます。  

下諏訪町議会 2019-12-12 令和 元年12月定例会−12月12日-04号

参加全体の平均正答率は53%に対して日本は42%、しかも回答欄に何も書かない無答率が29%に上りアメリカ4%、イギリス7%、フランス9%と大きな差がついております。  2018年に実施されたPISAの最新結果が今年12月3日に発表され、参加した79の国では、日本読解力15位で、数学リテラシーリテラシーとは十分に使いこなせる能力や活用するための知識技能ですが、そちらが6位です。

松川村議会 2019-09-18 令和 元年第 3回定例会−09月18日-02号

あと、参考でございますが、ユニセフ世界子供白書2017というのがございまして、これによりますと先進13カ国、これはアメリカドイツイギリスフランスイタリアスペインカナダオーストラリアオランダスイスベルギースウェーデンオーストリア、それにプラス日本の14カ国でございますが、この中では、これはゼロ歳、出生から5歳の死亡率につきましては、日本人口1,000人当たり3名となってございます

諏訪市議会 2019-09-02 令和 元年第 4回定例会−09月02日-03号

北澤美術館エミール・ガレとドーム兄弟、ルネ・ラリックというようなガラスの工芸品、これも1,000点もあるそうなので、たまたま私がボランティアのガイドをしていまして、1889年にフランスの万国博覧会があったときに、それを日本浮世絵、それから柿右衛門を中心にした陶器、それから日本植物、菊だとかツバキだとかアヤメだとか、そういうものが大量にフランスの万博でもてはやされた。

諏訪市議会 2019-06-26 令和 元年第 3回定例会−06月26日-06号

結局、アメリカフランスは棄権し、中国ロシアは反対をしました。  アメリカの核の傘に依存し、核兵器使用を容認しながら核軍縮訴えるというごまかしは、もう通用しません。今、核兵器廃絶を求める声は世界に広がっています。広島、長崎の惨劇を繰り返さない最も確かな補償核兵器を全面的に禁止し廃絶することであります。日本政府がこの声に真摯に応えるべき意見書の提出を求めるものであります。

下諏訪町議会 2019-06-13 令和 元年 6月定例会−06月13日-03号

私が経験した事例として、ドイツフランスなどでは一般車両の通行を禁止し、リムジンを利用して送迎をしております。イタリアのローマ広場がありますが、観光の中心地なのにバスの乗り入れを禁止しております。駐車場から歩いて40分ぐらいローマ広場まで歩くのですが、高齢者タクシーを利用しております。そういった点で苦情が多いです。

原村議会 2019-03-14 平成31年第 1回定例会−03月14日-05号

最低賃金決定の3要素は、労働者の生計費、賃金、通常の事業の賃金支払能力を考慮していなければならない、この中で日本は各国の最低賃金引き上げのための中小企業支援策に対して、どれほどしているのかということで調べましたら、フランスでは社会保険料の事業主負担減というのが2兆2,800億円投入しています。お隣の韓国は2017年から5年間を予定しておりますが、中小企業向け人件費支援は9,800億円です。

下諏訪町議会 2018-12-13 平成30年12月定例会−12月13日-04号

やはりこの問題に関してはですね、リーダーである青木町長が、やはり2市1町合併に関して必要性を自分で感じて、これを町民に訴えていくということが一番近道だと思いますけれども、町長のほうでまだそこら辺までいっていないということで、非常に残念に思うわけですけれども、今民意に関しましては、フランス各地で黄色いベストを着てですね、本当にすごいエネルギーでデモがフランス全土を回っています。

諏訪市議会 2018-12-05 平成30年第 5回定例会−12月05日-05号

平成24年には姉妹都市提携25周年であったフランスのアンボワーズ市を訪問、あわせてヴェルグル市、クンドル町にも表敬訪問し、平成26年には姉妹都市提携40周年としてセントルイス市を訪問し、交流を深めてきたところでございます。 ○金子喜彦 議長  教育次長 ◎土田雅春 教育次長  小中学生との交流ということでございますので、実例を若干挙げさせていただきたいと思います。

原村議会 2018-06-04 平成30年第 2回定例会−06月04日-02号

フランスの国立応用科学研究所は、基地局300メートル以内ではさまざまな健康被害が続出しているという研究結果を発表しております。その健康障害については、全国的に頭痛とか吐き気、疲労感とか皮膚感覚の異常とか目まいとか筋肉・関節痛とか、不整脈とか内臓圧迫感などなど一言で説明しようのない体調不良が起こっている。自律神経失調症に似たような症状かなということが言われております。  

原村議会 2018-03-14 平成30年第 1回定例会−03月14日-05号

この中には常任理事国である中国フランスロシア、またイギリスアメリカ、こういう国も入っております。世界の状況は少しずつ変わってきているのではないかなと私は感じております。  そしてまた現にですね、この日本の中で、核兵器を使ったことにより苦しめられている方、今まだなお苦しんでいる方、亡くなった方、多くいるということは現実であります。

諏訪市議会 2017-09-06 平成29年第 4回定例会−09月06日-05号

出生率の高いヨーロッパフランスフィンランドスウェーデンなどでは、細かい施策は申し上げませんけれども、第3子以降の児童手当など手厚くなっています。第3子以降の重点的な手当だけではなく、子育て中の男性、女性が働きやすい環境の整備、家事育児共有が進んでいることも大きいかと思います。子供を産みやすい環境を、国を挙げて応援していることは大きいのではないかと思います。

原村議会 2017-06-05 平成29年第 2回定例会-06月05日-02号

実はですね、先日テレビを見ていますとフランスですね、出生率が今の日本のレベルくらいのところからですね、現在2にまで回復した要因に、親保育という制度が定着したことが挙げられるそうです。保護者が年数回保育士と一緒に園児たちの世話をするという日をつくっている制度なのですが、これは国を挙げてやっているようです。親も保育士の大変さを知り、保育士への信頼がより厚くなっているという結果があります。

原村議会 2017-03-02 平成29年第 1回定例会−03月02日-03号

議員も御存じだと思うんですけれども、サンゴバンさん、350年前のフランス企業で、ベルサイユ宮殿の鏡の間はサンゴバンさんがつくりましたし、それから今の美術館、ルーブル美術館でしたっけ、あの入り口には三角のガラスのピラミッドがございます。あれもサンゴバンさんがやったところでございます。