1523件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

下諏訪町議会 2019-03-06 平成31年 3月定例会−03月06日-03号

保健センターって、バリアフリーの面からいって町の中でも模範的な施設であるべきだと思うんだけれど、何とかならないかしらというお話でした。少なからず私は衝撃を受けた思いがあります。  翌日から自分の目で確認しようと、体があく時間帯に町の施設を見て回りました。役場、文化センター、ゆたん歩°、ぽけっとと老人福祉センターなどを見てきました。

諏訪市議会 2019-02-26 平成31年第 1回定例会−02月26日-03号

市民の声として、やはり耳にすることが多い歩きづらい歩道、また路側帯ですが、これの改修またはバリアフリー化の促進について、昨今では誰もが共通して使用できる形態、ユニバーサル化といいますか、それが主流かもしれませんが、これから超高齢化の時代を迎え、観光の促進にも力を入れる中で取り急がれる事業だと思いますが、この辺の見通しについてお聞かせを願います。

茅野市議会 2018-12-12 平成30年 12月 定例会-12月12日−05号

サービス付き高齢者向け住宅は、国土交通省厚生労働省が所管する高齢者の居住の安定確保法、通称高齢者住まい法に基づく制度で、高齢者の単身あるいは夫婦世帯が安心して居住できるよう、バリアフリーなど高齢者にふさわしいハードと、ケアの専門家による安心できる見守りサービス、これを兼ね備えた高齢者向けの賃貸住宅でございます。  

茅野市議会 2018-12-10 平成30年 12月 定例会-12月10日−03号

この認知症部会の報告では、一つとして、心のバリアフリーのまちづくり、二つとして、認知症くもの巣型サポートネット、三つとして、認知症予防事業、四つとして、認知症早期発見、五つとして、認知症発症者対応及び家族支援事業、以上五つの対策、施策の取り組みが必要であると集約がされました。  このことを踏まえ、現在の認知症にかかわる取り組み状況を御説明いたします。  

長野市議会 2018-12-07 平成30年 12月 定例会-12月07日−04号

議長(小林治晴) 永井教育次長      (教育次長 永井克昌 登壇) ◎教育次長(永井克昌) 議員御指摘のとおり、色覚障害の人に配慮する色覚バリアフリーの取組の一つとして、色覚チョークの利用がございます。児童・生徒の実態等によっては、学習を進める上で、より有効であると認識しております。  現在、チョークの購入については、各学校への配当予算の中で、各学校がその種類や数を決定して購入しております。

長野市議会 2018-12-05 平成30年 12月 定例会-12月05日−02号

特に、高齢者障害者の皆さんにとってはバリアフリーと言える状態では全くありません。7億円を市に寄附できる留保金があるのであれば、直営事業である霊園事業に投資すべきだと考えるのは私1人ではないと思います。霊園事業は、墓地の使用料、管理料を収入とする特別会計で賄われており、黒字決算とされております。

諏訪市議会 2018-12-04 平成30年第 5回定例会−12月04日-04号

○伊藤浩平 副議長  建設部長小松弘明 建設部長  今後の道路整備の進め方につきましては、都市計画マスタープラン、立地適正化計画の整備方針等に基づきまして、社会情勢の変化に柔軟に対応するため、必要に応じて都市計画道路の見直しを行い、整備に際しましては歩道や自転車道の整備、街路樹や緑化の推進などのアメニティーの確保、またバリアフリー、ユニバーサルデザインも推進し、立地適正化計画に位置づけました都市機能誘導区域間

諏訪市議会 2018-12-03 平成30年第 5回定例会−12月03日-03号

内容は、汚れ、におい、蜘蛛の巣、明るさ、広さ、バリアフリー、内装外装の傷み、汚れなど5段階に分けチェックをし、点数をつけて総合評価をいたしました。個人的な評価ではありますが、総合点75点を満点とし、満点に対して60%以下の45点以下となった公共のトイレが7カ所見つかりました。  

長野市議会 2018-09-25 平成30年  9月 定例会-09月25日−05号

生涯学習施設としての市立公民館の課題、今何よりも優先して取り組むべきは、老朽化対策バリアフリー対策やトイレ改修などでありますが、放置されたままです。市民誰もが使いやすく、誇りの持てる公民館にしようではありませんか。  ここ長野市は、戦後から公民館活動が大変盛んに行われている地と理解しています。その将来は全国の注目を集めています。

安曇野市議会 2018-09-18 平成30年  9月 定例会-09月18日−04号

また、カヌー愛好者や公園利用者と意見交換を行いまして、都市再生整備計画事業を今年度から始めておりますので、龍門渕公園内の駐車場のトイレ、また公園内のバリアフリー化、またカヌーの、いわゆるクラブハウスですね、以前から御提案いただいている、そういったものの検討を今年度行う予定としております。  

長野市議会 2018-09-13 平成30年  9月 定例会-09月13日−03号

なお、公園利用者用駐車場の整備も計画しており、緑化ブロックの導入については、使用実績、経済性及びバリアフリーの観点などから総合的に判断してまいりたいと考えております。 ○副議長(小林秀子) 鎌倉希旭議員 ◆18番(鎌倉希旭議員) ありがとうございます。  緑化ブロックにつきましては、水はけ、都市水害についてもかなりの効果を得られるということも情報としてありますので、是非御検討をお願いします。  

飯田市議会 2018-09-12 平成30年  9月 社会文教委員会-09月12日−01号

これは、自宅内での高年齢者転倒防止など事故防止を目的としまして、50歳以上の市民を対象として居住する住宅への手すりの設置ですとか段差の解消、トイレの洋式への改修などのバリアフリー改修工事に対しまして、工事費用の一部を助成しております。こちらの事業の特定財源ですけれども、地域雇用創出推進基金繰入金であります。それから、高齢者にやさしい住宅改良促進事業というものがございます。

上田市議会 2018-09-11 平成30年  9月 定例会(第3回)-09月11日−一般質問−03号

放課後児童クラブや児童館児童センターの利用に当たっての課題でございますが、当該児童の障害の種類や重さによりますが、ハード面としては、いわゆるバリアフリーへの対応、ソフト面としては、スタッフの確保や支援員等の専門知識をさらに高める研修等が必要となるものと考えておりまして、市では、国の交付金などを活用しながら順次取り組んでまいります。  

岡谷市議会 2018-09-11 岡谷市議会 会議録 平成30年  9月 定例会(第4回)-09月11日−04号

選挙管理委員会事務局長(松下正樹君) 期日前投票所の増設につきましては、立地条件がよいことや駐車場から投票所までがバリアフリーであること、また、施設所有者等の協力が得られ、投票所に必要な環境整備ができることなどが設置の条件と考え、検討をしたところでございますけれども、レイクウォーク岡谷様には多くの面で御配慮をいただく中で実現をすることができたところでございます。  

飯田市議会 2018-09-10 平成30年  9月 総務委員会-09月10日−01号

この地域の自治活動の拠点であります集会施設が使いやすくなるようにということで、地域のコミュニティーが活性化される部分もあると考えていまして、高齢化社会を踏まえ集会施設バリアフリー化等の状況や、今後の整備の予定等についてアンケート調査を行ったところでございます。アンケート結果を整理・精査いたしまして、今後の補助制度の方向につきまして検討をしてまいります。  

上田市議会 2018-09-10 平成30年  9月 定例会(第3回)-09月10日−一般質問−02号

障害のない子供は、心のバリアフリーを育みます。障害のある子もない子もともに学び育つことができる体制づくりを進め、仲間意識を育てることができます。  上田養護学校に在籍するある生徒は、市内の出身地域中学校地域の方々との交流も既に行われていて、年に10回ほど交流しているとお聞きしました。既に副学籍制度を導入しているためのモデル校のようにも考えられます。教育委員会の見解はどうでしょうか。