48件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

安曇野市議会 2018-12-13 平成30年 12月 定例会-12月13日−05号

先ほど私、ちょっと歌いましたけれども、極めて音痴でありまして、議席番号11番、議席番号1番、議席番号20番の女性が歌ったらすごくきれいなハーモニーで聞こえたかと思いますが、今読ませていただきました。  友好都市奈良県三郷町。童謡「きらきらぼし」の日本語詞で有名な詩人、武鹿悦子氏の在住地三郷町は、豊かな美しい自然環境や貴重な文化財である古寺社を数多く有するまちです。

安曇野市議会 2017-09-08 平成29年  9月 福祉教育委員会-09月08日−01号

施設修繕費を32万4,000円増額するもので、これにつきましては明科学習館のハーモニーホール、移動観覧席足元灯のバッテリー交換をするものでございます。  以上です。 ○山田委員長 山田教育部長。 ◎山田教育部長 以上で、平成29年度安曇野市一般会計補正予算(第3号)、教育委員会所管事項の説明を終わります。 ○山田委員長 それでは、説明が終わりましたので、これより質疑に入ります。  

松本市議会 2014-06-10 松本市議会 会議録 平成26年  6月 定例会-06月10日−03号

この場所へのコンサートホールの建設というご提案でございますが、松本市にはオペラ、演劇等に適したまつもと市民芸術館、室内楽公演等に適したザ・ハーモニーホール、県のキッセイ文化ホール、さらにはMウイングホール、あがたの森文化会館講堂、浅間温泉文化センターなどを含め、コンサート可能な施設は現状では十分充足しているものと考えております。一つのご提案として、参考にさせていただきます。  

松本市議会 2014-05-19 松本市議会 会議録 平成26年  5月 総務委員協議会-05月19日−01号

国際音楽祭推進課長(寺沢和男) 昨年はオペラのカバーの方々をごく近くなんですけれども、美術館でやるとか、そういう工夫をしたり、あるいは福祉施設障害者の通所施設MOOですとか、あるいは介護老人保健施設の島内のハーモニーですとか、3カ所、4カ所ほど実施することが可能でした。

下諏訪町議会 2010-12-09 平成22年12月定例会−12月09日-03号

次に、用地の概要で防災公園の概要の、この地図を見ながらやったわけでございますが、5番のところは0.4ヘクタールの町有地はグリーンハーモニー計画に沿って宅地化となり、それから4番、7番、8番、これは売却方針だと、こういうように記されております。そこで合わせて0.9ヘクタールになるわけですが、全体としてみれば12.3%の面積を占めるわけであります。

下諏訪町議会 2010-06-10 平成22年 6月定例会−06月10日-04号

それから、真ん中の町道より上の部分についてでございますが、今現在、生ごみの減容施設のあるところ、それからもともとの町有地、町営のプールの跡地から砥川側については、グリーンハーモニーの用地として残すために、含んではおりません。砥川の右岸側につきましては、丸西クレーンさんの土地と、それからワカサギ採卵場、これらを除いた湖岸の道路までを検討しておるところでございます。 ○副議長 中村奎司議員

原村議会 2010-06-09 平成22年第 2回定例会−06月09日-02号

原村の美しい景色が合唱曲のハーモニーになって全国に広がっている。3年前、原小学校で「星降る里」の種まきをしたのが当時同校の校長だった矢島喜久雄諏訪教育会長。村に贈られたまま活用されていなかった曲を掘り起こすと、子どもたちにその存在を教え、村と協力してアクアマリンを学校に招いてコンサートを開いた。合唱曲への編曲の依頼も進めていた。

下諏訪町議会 2010-06-09 平成22年 6月定例会−06月09日-03号

防災公園でありますが、これは、いよいよグリーンハーモニープロジェクトというのは、解散するという認識でよろしいでしょうか。  また、公園基本計画に基づいてですね、設計委託料1,091万3,000円というものがあります。ぼつぼつですね、この動きが出てきたと思いますが、3月の説明ではですね、避難場所、復旧・復興の拠点としての機能をする都市公園ということでありました。  

下諏訪町議会 2010-03-05 平成22年 3月定例会−03月05日-04号

それでは、土地売却について、グリーンハーモニープロジェクトより4ゾーンに分けて、公表したわけですが、このような経済状況が悪いことにより、購入先が、今日まではないということであります。簿価に対しても、実勢価格が、これ大幅な値下がりというか、そういうことで、簿価が上がらないようにですね、利息の補助金を22年度には、2,004万7,000円を予定しております。  

下諏訪町議会 2010-03-04 平成22年 3月定例会−03月04日-03号

ではなくて要はですね、まだそのハーモニープランして1年もたたないうちに、確かにあの時期にリーマンショックもあったと思います。売れない可能性があった中であのグリーンハーモニープランを出してきたという形の中で、それから大きな方向転換になるわけですよね。

下諏訪町議会 2010-03-03 平成22年 3月定例会−03月03日-02号

政策担当参事(矢島) 赤砂崎の関係でございますが、昨年度ですか、グリーンハーモニーというプロジェクトで、グリーンハーモニー計画というものを立てて、売却に向けた審議を進めてきたわけですけれども、その中の検討材料の中で公募条件不動産鑑定の実施、財政シミュレーション等を行ってくる中で、売却の準備を進めてきたわけですけれども、御存じのような経済状況、それから専門家の意見等を聞く中で、大きな土地はもう動かないという

松本市議会 2009-12-14 松本市議会 会議録 平成21年 12月 定例会-12月14日−02号

今はこの地域の愛好家が、千人合唱がなくなったということを惜しんで、お城deハーモニーといって、数百人規模なんですが、演奏会を年1回、松本城を舞台にやっていますけれども、これはこの地域の同好会、同好者ということで、全国的には広がりにはなっていません。  そうした現状を見ると、千人合唱は、SKFのすそ野を広げ、地域の音楽祭として定着させるためにも、ぜひ復活したい事業だなと考えています。

下諏訪町議会 2009-09-08 平成21年 9月定例会−09月08日-04号

赤砂崎の利用方法については、売却も含めて、昨年度プロジェクトチームをつくって、グリーンハーモニープロジェクトが作成され、ある一定の町の考え方が示されているわけであります。このプロジェクトの進行状況は現在どのようになっているのか、重複はいたしますが、お願いをしたいと思います。 ○議長 矢島政策担当参事

下諏訪町議会 2009-09-07 平成21年 9月定例会−09月07日-03号

グリーンハーモニープロジェクトにより、基本コンセプト、環境用地概要、コンセプトの概要、開発のゾーニング、4ブロックに分け、構想イメージも示されました。開発のスケジュールは今年度から始まっていますが、不況の中、プリンスホテルなどをライフサービス小口氏が購入され、また前の道沿いの土地も購入予定単価は坪単価19万8,700円と聞いています。

下諏訪町議会 2009-06-09 平成21年 6月定例会−06月09日-04号

このグリーンハーモニープロジェクトのコンセプトの概要部分の中に、産業エリアの部分には太陽光発電による省エネ等ということが記されておりますが、居住エリアの考え方の中には水資源だとか、温泉資源などの活用とあり、太陽光だとか、太陽熱についての部分が書かれておりません。この一文、一行を入れることが大切ではないでしょうか。

下諏訪町議会 2009-06-08 平成21年 6月定例会−06月08日-03号

そういったことが心配されたために、町の基本的なコンセプトを明確にするべきだということで、グリーンハーモニープロジェクトというもので町の考え方を示させていただいたわけでありますから、そういったものに沿った形で開発がなされていくということが大変重要なことだというように認識をしているところでありますから。