197件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

千曲市議会 2018-09-11 09月11日-03号

また、ある農家、ここへ行きましたけれども、ラフランス、これ洋ナシでありますけれども、だいぶ落ちておりまして、収穫前なので処理に困っておりました。何か活用できる情報があったら、ぜひまた提供をお願いしたいと思いますが。 

伊那市議会 2018-09-07 09月07日-04号

質問の前にですね、昨日、9月5日の台風21号による伊那市の農作物のですね、被害状況農政課から報告されまして、特に西箕輪地区災害を受けているということで、果樹ですね、リンゴとかナシですけれども、それの被害があったということで、早速西箕輪地区で大きく果樹をされている、まず中条の方にお聞きしましたら、リンゴ落下がですね、約1割5分以上ですかね、で、ナシ落下が3割ぐらいということで、コンテナ40杯ぐらいあったと

須坂市議会 2018-09-04 09月04日-02号

Code for活動事例としましては、Code for Kanazawa(カナザワ)が作成した、数字で5374、これ読み方とすれば「ゴミナシと読むという、こういったアプリがございます。全国各地ごみ収集日スマートフォンで確認できる無料アプリでありますが、須坂市の情報を表示するためには、ごみカレンダーのデータを登録する必要がありました。 

伊那市議会 2017-09-26 09月26日-05号

市内におきましては、特に強風の影響により収穫期を迎えたナシリンゴ落下するなど、農作物への被害、また倒木が道路を塞ぐなどの被害が報告をされております。伊那谷は二つのアルプスに守られ、台風による直接的な影響を受けにくい地域とされておりますが、大災害に見舞われた歴史を忘れることなく、関係機関と連携をし、防災・減災対策を講じてまいりたいと思います。 先週から国政がにわかにあわただしくなってきました。

須坂市議会 2017-09-08 09月08日-05号

原料の果物は福島産のリンゴや桃が中心で、ブルーベリーイチゴ、洋ナシも手がけることがあるとのことでした。果汁比率リンゴで40%、アルコール分6%、売価は、330ミリリットルの瓶詰めで600円となっております。それがこれです。醸造された発泡酒は、たる詰め及び瓶詰めの2方式で販売しております。たる詰めの販売だけではきついというお話を伺っております。 

伊那市議会 2017-03-21 03月21日-05号

との質問に対し、「給食食材提供は、農業振興センターを通じて行う予定、リンゴナシ、ホウレンソウ白ネギ等地域特産提供する。」旨の答弁がありました。 「国際交流事業について、通州区についての状況、また他の国との交流の考えはあるか。」との質問に対し、「通州区とは、昨年度に伊那市を訪れたい旨の連絡があったが実現せず、それ以降、連絡がない状況であり、積極的な交流は行っていない。

伊那市議会 2017-03-08 03月08日-02号

この農園は昭和30年にリンゴを植栽し、昭和60年はスモモ、プルーン、ブドウ昭和63年にサクランボ、翌年には西洋ナシ、平成3年にはイチゴ、以降、桃、ブルーベリー、シイタケ、イチジクを植栽しております。また、ドライフルーツ事業も起業し、オーナー制で1,000本のサクラの植栽事業ゴールデン週間に合わせてのとフジの栽培、ここの社長さんいわく、花はお客様が来ても減らない。

千曲市議会 2016-09-08 09月08日-04号

これは、リンゴブドウナシ等あるんですが、そういうので、収穫量に応じて農業共済農家から加入金をいただいて、それなりの補償をしているんですが、千曲市として、これは千曲市の食料、農業農村振興対策事業補助金要綱がございまして、果樹共済の掛け金の中に25%、市が負担している制度がございます。それを使って農業共済のほうに加入していただくように推進はしております。 

中野市議会 2015-03-11 03月11日-04号

そして、デザインも多岐にわたっていまして、千葉県の佐倉市は作者のモンキー・パンチさんの在住ということでルパン三世、福島県の須賀川市はウルトラマンの生みの親、円谷英二先生出身地ということでウルトラマン、調布市はゲゲゲの鬼太郎、長野県において松川町は特産リンゴナシこういったデザインも非常にユニークでして、デザインだけではなく、ここに字も入れられるということで、先ほどの松山市の雲型プレートには道後温泉

中野市議会 2014-03-12 03月12日-04号

共選所に出荷するリンゴモモ、あるいはナシ栽培者は、多くは高齢者方たちであります。また今後の農業を継続してやっていく方たちのために基盤整備をしようと思って、これからこの大変なお金をかけてやろうとしているわけで、市としても農業が続いていくように支援していただければと思うわけですけれど、改めて伺いますが、いかがでしょうか。 ○議長(竹内卯太郎君) 経済部長

伊那市議会 2013-06-12 06月12日-02号

例えば、伊那東小学校の東の県道沿いにあるヤマナシ巨木であります。樹齢が300年を超えると思われますが、指定文化財になっていません。この春、県の歩道整備工事にかかり、所有者や県、市の協力のもと、移転が終了しています。が、教育委員会はこの巨木、老木の状況をどの程度把握し、今後どのように取り扱っていくのでしょうか。現在は文化財指定は、文化財保護審査審議委員会の決定を受けて指定されております。 

中野市議会 2013-06-11 06月11日-03号

本年の果樹類の生育については、3月に温暖な日が続いたことにより、発芽及び開花が、ウメ、サクランボ、プラム、和ナシ、モモ中心に平年と比較して14日程度進んでいました。ところが、4月に入り、12日から5月4日まで延べ9回にわたり氷点下を記録し、加えて4月21日の降雪とその後の低温により、花がぬれ、凍ってしまって結実が困難な部分が発生しました。

伊那市議会 2012-12-14 12月14日-05号

審査の中で出された主な質疑は、「ヤマナシ移転補助予算計上額は幾らか。」との質問に対し、「110万円である。」旨の答弁がありました。「移転工事は既に着工しているのではないか。」との質問に対し、「県道拡幅工事は、県施工分について着工している。」旨の答弁がありました。「県道にかかわることであれば、県費で見るべきではないか。また、経費としてどのぐらいかかるのか。」

飯田市議会 2012-12-10 12月10日-04号

農学部というと、昔はナシなどで有名だったわけですけれども、ここにあります施設がもう日本にはなくて、世界からも注目されている、そこによって研究人が集まってくるというようなことを説明いただきました。そういった、やはり大学の中でもひときわ非常にパワフルなといいますか、特徴ある研究施設がないと生き延びていけない。これも何か大変重要な意味を伴っているような気がいたします。