22件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

諏訪市議会 2019-12-03 令和 元年第 5回定例会−12月03日-04号

長野県におきましても、同趣旨のリゾートテレワークを推進してございまして、和歌山県長野県がともに中心となり、この協議会を発足したところでございます。  議員おっしゃるとおり、諏訪市東京圏から地理条件、それから自然環境温泉旅館ホテル等の観光施設の活用、今まで実施してきました企業研修であったり国際会議等の受け入れ実績等もございます。他地域に比して非常に優位性がございます。

諏訪市議会 2019-11-25 令和 元年第 5回定例会-11月25日-目次

       │(1)どういった意図か                   │ │   │       │(2)所轄部署はどこか                   │ │   │       │(3)今後どうするつもりか、具体的計画は          │ │   │       │(4)インフラ、建物はどうするのか             │ │   │       │(5)サテライトオフィスやテレワーク

原村議会 2019-09-04 令和 元年第 3回定例会−09月04日-04号

これは今までテレワークリゾートテレワークという勤務先ではない場所、自宅や地方都市で働くことを推進し、子育て世代であれば子育てをしながら自宅で仕事を、移動が困難な方であれば移動をせずに仕事をという働く環境を整えることを考えてきたからだと思っております。  ワーケーションの取り組みはさらに休暇も充実させ、豊かな生活を送ろうということです。

下諏訪町議会 2018-09-06 平成30年 9月定例会−09月06日-03号

現状におきましては、入居される方がテレワークを活用した創作活動ですとか執筆事業ですとか、あるいは趣味や学習研究のためのクラフト作品の作製、そういったことをするような場合においては、良好な住宅環境を阻害するといったような事案には当たらないと思いますので、そういった解釈で事業を進めていきたいと思います。以上です。 ○議長 森 安夫議員。 ◆森議員 わかりました。

下諏訪町議会 2018-08-28 平成30年 9月定例会-08月28日-目次

   │ │  │3│水道料金の値上げについ│・値上げの背景について         │  │   │ │  │ │て          │・アセットマネジメントとの関係について │  │   │ │  │ │           │・下水道事業との関連について      │  │   │ ├──┼─┼───────────┼────────────────────┼──┼───┤ │ 3 │1│テレワーク・クラフトタ

大町市議会 2018-08-28 08月28日-02号

その中で、主に新たな働き方としての提案のテレワーク等の事業設備等を設けておりまして、そういったことへの支出について増加したのが主な理由となっております。 以上です。 ○議長(中牧盛登君) 大厩富義議員

大町市議会 2018-08-27 08月27日-01号

創業支援につきましては、市創業支援協議会が開設しておりますコワーキングスペース「北アルプスエントランス」を活用して、場所や時間にとらわれない柔軟な働き方を可能とするテレワーク事業の推進や、創業塾による創業支援に取り組むとともに、新たに創設した起業支援補助制度により、個人起業機会を創出するなど、さまざまな支援策を講じ、地域経済の活性化に取り組んでおります。 

下諏訪町議会 2018-06-05 平成30年 6月定例会−06月05日-02号

起業創業支援、これの業務につきましては、仕事を通じての自己実現やテレワーク、2地域拠点、こういった新しい、新たな働き方を想定した会社の設立や、事業の持続化などに向けた事業資金計画、関係機関の諸手続、ブランディングですとかプロモーション、こういったこと等につきまして既に起業創業している事業者の方との情報交換や関係します諸機関との協力、連携した情報の提供、そして具体的な事案の御相談、そういったことを想定

下諏訪町議会 2018-05-31 平成30年 6月定例会−05月31日-01号

テレワーク・クラフトタウン基本構想に記載されました「あるモノ・できるコトで.未来へ繋ぐ」、「新しいヒトとコトを星が丘に」、「この街の100年後の未来を創造する」という目標に向けて具体的にスタートをしていきたいと考えているところでございます。  以上、御説明申し上げましたが、よろしく御審議のほどお願いいたします。 ○議長 次に進みます。

下諏訪町議会 2017-09-06 平成29年 9月定例会−09月06日-03号

先般、開催しましたホシスメバの一般見学会は、民公協働テレワーク・クラフトタウン構想プロジェクトに関連いたしまして、委員の皆さんから、広く多くの方に現地を見てもらって自由な発想で意見を集めようという御意見をいただきましたので、お盆休みの期間を狙いまして、首都圏で活躍していて地元に帰省されている方に向けて、これもSNSによる情報発信を行いまして一般見学会を開催したものでございます。

下諏訪町議会 2017-06-12 平成29年 6月定例会−06月12日-03号

私も議会で見学させていただきましたが、広大な敷地や、まだまだ使えそうな施設もあり、地域創生の取り組みに活用する可能性が十分にあると思っていますが、人口減少や地域の活性化など下諏訪町の今の問題を解決するためには若者の活用や若者の仕事を生み出すこと、働き方の新しい提案としてのテレワークの推進がぜひ必要であると考えます。

下諏訪町議会 2016-09-07 平成28年 9月定例会-09月07日-03号

東京で今一生懸命頑張っているけれども、なかなか東京事務所を持ったりとか店舗を持つということが難しい方たちはたくさんいらっしゃるわけでありまして、そういった方たちに可能性を持たせるような形で、当町に移住をしていただいて活動していただく、店舗を展開していただいたり、またインターネット展開していただくというようなこともテレワークというような構想の中で可能かというように思っています。

下諏訪町議会 2016-03-09 平成28年 3月定例会−03月09日-03号

話は変わりますけれども、県は先月2月18日にですね、信州ふるさとテレワーク推進協議会という設立会議を開催しました。下諏訪町も御担当の方が出席されたというようにお伺いしております。総務省が進めているふるさとテレワーク推進のための地域実証事業を受けての動きというように認識をしておるわけであります。

原村議会 2015-12-08 平成27年第 4回定例会−12月08日-02号

それから、先ほどの富士見町でもテレワーク構想で2名の募集をしたということで、先般富士見の町長と会合の席で隣になりましたので、そんな状況も聞いております。  村の考えとしましてですね、地域おこし協力隊を活用し地域の魅力発信事業として原村の魅力を情報発信していきたいと私は考えております。現在の村のホームページの更新等を含め職員だけではタイムリーな情報発信が不十分な状況でございます、現在ですね。

諏訪市議会 2015-12-07 平成27年第 6回定例会-12月07日-03号

例えば退職後のコンサルタントや特許調査、ソフト等のITC業務、またはテレワーク等のスモールビジネス、このような形のビジネスにかかわる人が大分多くなってくると思います。そのような形になってきたときにやっぱり補助金であったり、そういった施策も非常に柔軟的に、ある程度幅広くやらないといけないと思いますが、その辺の方針についてはいかがでしょうか。

諏訪市議会 2013-09-06 平成25年第 4回定例会−09月06日-03号

〔「議長4番」の発言あり〕 ○水野政利 議長  井上登議員 ◆4番(井上登議員) 今お話が出ました、空き家の情報提供というようなことが今出ましたけれども、空き家問題については私も何回か質問をしておりますけれども、なかなかいろいろと検討課題があって、この話は進まないなというふうに考えていますけれども、例えばけさも長野日報にはこの空き家の問題が1面で報じられておりまして、富士見町ではですね、いわゆるテレワーク

上田市議会 1972-04-30 07月01日-趣旨説明、議案質疑、委員長報告、質疑、討論、採決-05号

また、市内にもテレワークを推進している企業があるが、市内企業補助対象となるか。 これに対し、サテライトオフィス型のテレワークに対応しやすいIT関係の企業を誘致したいと考えている。また、本補助金は主に首都圏等の企業を想定したものであるが、市内企業でも活用できる等々の質疑応答があり、本案中担当分については原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。

  • 1
  • 2