59件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

上田市議会 2022-03-29 09月11日-一般質問、趣旨説明、議案質疑、議案付託-04号

先ほども妊娠相談窓口の事例で、性の知識や正しい情報がない人が多いとありましたが、18歳までの子供電話相談チャイルドラインの2018年の年次報告によれば、性に関する電話相談学校に関する悩み相談26%に次いで、17%と2番目に多くあります。 子供たちは、SNSなどから検索して、性の知識情報を得ています。そこには必ずしも正しい情報ばかりではありません。教育必要性を感じます。

箕輪町議会 2020-09-10 09月10日-03号

SOSカードみたいなものを作ってチャイルドラインや24時間子どもSOSダイヤルなどの番号の書いたカード子どもたちが持っていることによって、いつでもそこに電話をかけられるという安心感を持たせてあげたらいかがでしょうか。 ○中澤議長 教育長小池教育長 そのとおりだと思います。たくさんの機関がそういった窓口を持っているので子どもたちに知らせて活用できるようにしてまいりたいと思います。

上田市議会 2019-04-01 03月05日-一般質問-03号

上田市には社会福祉士など福祉専門家を養成する長野大学、民間では子供の声を聞くチャイルドラインうえだ、子供への暴力防止に取り組む団体児童養護施設里親支援に取り組むうえだみなみ乳児院や多くの社会福祉法人などの資源があります。関係機関と連携して子ども家庭総合支援拠点を積極的に設置すべきと考えますが、市の見解はどうかをお聞きいたします。

佐久市議会 2019-03-22 03月22日-06号

任意団体への補助金としては、例えば手をつなぐ育成会へ9万円、身体障害者福祉協会補助金31万5000円、またチャイルドライン支援事業補助金30万円等と比較しても余りに突出した高額補助金です。 差別解消は大きな課題です。それは、部落差別だけでなく、女性差別人種差別、障がい者差別等、全ての差別撤廃課題の中に位置付けるべきではないでしょうか。

佐久市議会 2019-03-07 03月07日-03号

このほか、民間団体と連携しました児童虐待防止取り組みとしましては、市内NPO法人が運営しますチャイルドライン佐久がございます。こちらは、子どもが抱える悩みなどに対して電話相談に応じていただくというもので、子どもが発信するSOSをキャッチすることで、虐待につながる事象を見逃さない取り組みを担っていただいております。

安曇野市議会 2018-06-15 06月15日-03号

物差し型カードに類似したものにチャイルドラインカードがあります。NPO法人によって、18歳までの子ども専用電話チャイルドラインが開設されており、県教委を通じて、小・中・高に連絡先を記したカード配布されています。資料の片面に掲載するのは松本市のこころの鈴と東京都世田谷区のせたホッとのカードです。 このように子ども専用ダイヤルを設置する基礎自治体は、今や珍しくありません。

小諸市議会 2017-12-07 12月07日-03号

だからいろんなものを、チャイルドラインで前回も発言させていただいたとおり、当然CAPだけを特別にというわけでもないし、ほかのものとの競合でももちろんない。ただ、教育長答弁を前向きに解釈させてただくと、CAPも当然そのうちのひとつとして取り上げていっていただけるということで大変ありがたく受け止めさせていただきます。 

小諸市議会 2017-09-08 09月08日-04号

要旨(1)チャイルドライン佐久について。 質問事項①チャイルドライン佐久の活動をどう評価しているか。 質問事項②チャイルドラインカード配布時などに学校現場でしっかりとした説明がなされているか。 要旨(2)ヤングケアラーについて。 質問事項①ヤングケアラーの存在について、どのような認識を持っているか。 要旨(3)就学援助について。 質問事項①申請書配布については、どのようにしているか。 

塩尻市議会 2017-09-06 09月06日-02号

10代では電話よりもSNSのほうが利用されていることから、LINEを利用して既に開設されているチャイルドラインなどの相談窓口につながり相談できます。県内の中学生、高校生LINEアカウント登録用QRコードを掲載したカード配布し、今月からいじめ相談を実施するとのことです。LINEでの相談は9月10日から2週間、午後の5時から9時に試行的に実施される予定です。

軽井沢町議会 2017-09-04 09月04日-02号

例えばチャイルドライン、子どもの人権110番、よりそいホットラインなど、選択肢がたくさんここにはあるんですね。 そして、こちら、これは高校生、ちなみにですけれども、高校生に配られた涙をぬぐうハンカチということで、これも開いていただくと、こういうふうに相談窓口がこれだけ載っているわけですよ。こういう県から今来ているわけですね。

長野市議会 2017-03-03 03月03日-04号

以前、長野県の調査で、相談機関のうち、7割の子供が認知していると回答があったチャイルドラインには、2015年度に体に関すること、性行為について、性への興味関心など、性に関して寄せられた電話が全体の約21パーセントを占めていました。自分の体はおかしいのではとか、望まない妊娠など、親にも相談ができず悩んでいる子供たちの様子がうかがえます。

佐久市議会 2017-03-03 03月03日-03号

それで、世界最高の中でも、運動に加えているのが心の健康というところでありまして、心の健康ということについての取り組みというのは非常に佐久市においては、今、「いのちのホットライン」を初め、チャイルドラインもそうですし、そういった心の健康ということを維持していくことについても、積極的な展開を示すものだと思っています。 

佐久市議会 2015-06-16 06月16日-03号

チャイルドラインへの相談内容として、性への興味関心は全体の相談の10.4%、性行動については7.5%、体に関することは6.4%となり、合わせると20%近い相談があるそうです。実際相談できずにいる子のことも考えると、性に関して悩んでいる子どもたちは少なくないということです。 また、先ほどのご答弁にもありましたように、メディアとの問題は大きな課題だと考えています。

佐久市議会 2014-12-09 12月09日-04号

1つは、11月15日からスタートしたチャイルドライン佐久です。全国各地からフリーダイヤルで子どもたちが、悩み相談話し合い手を求めてチャイルドライン電話をしてきます。電話が集中してなかなかつながらないときもある中、佐久市にチャイルドラインが開設されたことで、今までより多くの子どもたちの声を聞くことができるようになりました。