55件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

諏訪市議会 2019-09-04 令和 元年第 4回定例会−09月04日-05号

スクールカウンセラーソーシャルワーカーも配置されておりますが、複数の学校をかけ持ち、児童・生徒にとっては学校の先生ほど身近で何でも話せ、相談に乗ってもらえるような状態ではないのかと感じております。子供にとってもっと身近で何でも話せる大人の存在は必要に感じますが、諏訪市での取り組みなどはいかがでしょうか、お聞かせください。

下諏訪町議会 2019-09-04 令和 元年 9月定例会−09月04日-03号

また、経済的困難を抱えていたり、家庭内で虐待を受けていると思われるような緊急度の高いケースも受け入れていただくのが容易でなく、そうした方を受け入れてもらえる特養は諏訪圏域内でもあそこだよといったような、限定された施設名が挙げられるのが、医療ソーシャルワーカーやケアマネジャーの共通認識になりつつあるともお聞きしました。  

諏訪市議会 2019-09-02 令和 元年第 4回定例会−09月02日-03号

そして多職種協働セミナーなどによりお互いの仕事の範囲や役割の理解が進む中で、病院の看護職が例えば高齢者の在宅での生活をイメージでき、何らかの支援や介護が必要と判断された場合には、議員がおっしゃられたとおり、院内の医療福祉相談室のソーシャルワーカーにつなげていただくことができれば、退院までに必要な準備が整ってまいります。そうした支援を行うことができるわけでございます。  

諏訪市議会 2019-06-18 令和 元年第 3回定例会−06月18日-04号

退院から介護保険サービスの利用の流れを説明いたしますと、要介護認定のない高齢者が入院し、退院までに入院前の身体状況に戻れず、何らかの介護が必要と判断された場合、院内の医療福祉相談室のソーシャルワーカーが退院までに必要な手続の支援を行っております。  そのため、多くの方は入院中に介護保険要介護認定の申請をし、退院までに認定調査を行っております。

諏訪市議会 2019-06-10 令和 元年第 3回定例会−06月10日-01号

このほか、子供が抱えるさまざまな課題の解消を図るため、スクールカウンセラー及びスクールソーシャルワーカーを引き続き配置するとともに、中学校特別支援教育支援員と心の教育相談員を統合し、より効果的に学校現場をサポートする自立生活支援員を今年度から配置しており、児童・生徒が安心して充実した学校生活を送ることができるよう、きめ細やかな支援をしてまいります。  

下諏訪町議会 2019-03-06 平成31年 3月定例会−03月06日-03号

確かに議員さんおっしゃるとおりですが、反社会行為による生徒指導というのは随分減ってきてはいますけれど、一人一人の児童・生徒への校内・校外における支援会議であるとか、保護者との懇談であるとか、スクールカウンセラーやスクールソーシャルワーカーとの相談など、やっぱり子供の多様化による対応がふえたこと。今おっしゃるように長時間勤務に関係していることは、全くそのとおりだと思います。  

下諏訪町議会 2018-09-07 平成30年 9月定例会−09月07日-04号

選択、決定して、私こうやってみようかなと、うん、それやってみようか、じゃあそれがもしできたとしたら、よかったねという、やはり共感してあげながら、じゃあこれから先どうしていこうかということを子供が自分で自主的にお話ができる、それを目指して一歩一歩ステップアップしていくというのが今の相談ですが、場合によっては、昨日もお話しさせていただいたように、スクールカウンセラーさんにつなげたりとか、それからスクールソーシャルワーカー

諏訪市議会 2018-09-04 平成30年第 4回定例会-09月04日-04号

いわゆるスクールカウンセラー、それから家庭的な問題に関して言えばスクールソーシャルワーカー、そして中学校の心の相談室に、支援の先生で心の相談員の配置、それから市の中間教室、この辺のところを含めて支援の施策としています。  学校で大事にしていることは、不登校傾向の子供がいた場合、必ずそのチームでかかわる。

原村議会 2018-09-04 平成30年第 3回定例会−09月04日-03号

ちょっと相談してみたらどうかというようなことで積極的に声はかけさせていただいてはいるんですが、相談をしたいと言っていただける方もいらっしゃいますし、今うちはそういう気持ちではないというようにおっしゃる方もいて、なかなかスクールカウンセラーの先生がいれば全て相談業務がうまくいくかというと、なかなか難しいところはありますので、先ほども話がありましたように、家庭教育相談員とか、スクールカウンセラーとかスクールソーシャルワーカー

諏訪市議会 2018-06-12 平成30年第 2回定例会−06月12日-04号

スクールソーシャルワーカー、カウンセラー、心の相談員、養護教諭、さまざまなところで子供たちがかかわれるように仕組みがつくられていますし、外部のさまざまな機関とも連携をとっているところでございます。  各学校での特徴的な取り組みは多くあります。人権教育など、お互いを思いやる気持ちの醸成を図る、そんな教育

諏訪市議会 2018-03-16 平成30年第 1回定例会−03月16日-05号

教育総務課、スポ一ツ課関係では、ものづくり教育、教職員住宅管理費、学校管理費、スクールソーシャルワーカー配置事業、放課後児童クラブ運営費、要保護・準要保護児童援助費等子供たちのケアの問題、また運営について質疑が交わされました。  消防庶務課関係では、消防被服貸与事業、防犯灯LED化事業補助金等について質疑が交わされました。  会計課関係では、広告収入、証紙販売収入等の質疑がございました。  

諏訪市議会 2018-02-21 平成30年第 1回定例会−02月21日-01号

学校教育については、確かな学力、豊かな心、健やかな体の調和を重視した教育活動の充実を図るとともに、子供の不安や悩みの解消に努め、明るく学校に通うことができる環境づくりのため、不登校やいじめなどの背景にある子供が抱えるさまざまな課題に対し、スクールカウンセラーや心の相談員がチームを組んで相談支援を行い、家庭福祉関係者等と連携しながら、専門的な知識を持つスクールソーシャルワーカーによる課題の解決を推進

諏訪市議会 2017-12-04 平成29年第 5回定例会−12月04日-03号

毎月細かい調査をしていくんですけれども、そういう中でつかんできたものに対して、早期にということでチームで、学校教育委員会、場合によればスクールソーシャルワーカーとかカウンセラーとか、そういう方にお願いしながら、チームで手を入れていくということ。担任1人では対応しないという原則でやっています。  

原村議会 2017-06-05 平成29年第 2回定例会-06月05日-02号

これ進んでいる、こういうことに取り組んで先進地であります川崎市の資料なんかでちょっと見ますと、本当に自分が自分らしくいられる場所、自己背景を育む場所であったり、何とか地域の大人と絡む中でソーシャルワーカーとか学校でそういったところが充実した本当に相談に乗ってもらえる体制はできているんですけれども、そこまで大げさな話じゃなくて、きちんとしないとそういう人には話せないよねとかいう思いが子供にあるならば、

諏訪市議会 2017-02-28 平成29年第 1回定例会−02月28日-04号

それから、ことしからはスクールソーシャルワーカーが配置されましたが、これは特に家庭の中にそういう不登校になる問題が潜んでいるといいますか、そこに主に問題がある場合、福祉的な要素がある場合にはソーシャルワーカーを派遣してということ、そんな支援をずっと行ってきてはおります。現在の状況です。