1450件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

安曇野市議会 2020-12-18 12月18日-06号

通常ダウンヒルコーススキーに併設する形で造り、リフト施設が使える前提で整備するものだからです。そういった条件が全くないこのほりーーゆ~周辺の里山で競技会ができるダウンヒルコースを造ろうとしたら、当然ながら重機を入れて、お金もかけての大きな工事になります。果たして、そこまで大々的な整備を考えているのでしょうか。 

須坂市議会 2020-12-16 12月16日-08号

12月18日には、峰の原高原スキーは新たに「REWILD NINJA SNOW HIGHLAND」としてオープンの予定でございます。翌日の19日には、バギーバンジー・エアージャンプなど多彩なアクティビティも行われます。また、日没後にはオーロライティングショーが開催される予定であります。 

上田市議会 2020-12-14 11月19日-趣旨説明-01号

また、今後、冬季観光誘客に向けた市独自の取組として、7月臨時会関係予算を議決いただいた菅平高原スノーリゾート武石番所ヶスキーの「リフト券割引キャンペーン」を実施するとともに、県内外での観光PRキャンペーンやSNSによる情報発信なども計画しており、市内スキーを中心に多彩な観光資源を活用した積極的な誘客促事業を展開してまいります。 次に、健康福祉に対する取組について申し上げます。 

大町市議会 2020-12-11 12月11日-05号

特に、私はやはり気になっているのが、中核となるスキー運営支援重要性です。本日、全国的な感染拡大する中で、政府GoToトラベルの一時停止も検討しているとのニュースがありました。これでまた大きく局面が変わってくると思います。 この感染防止市内観光業の救済を同時に考えていかなければいけない中で、見直されているのが非接触型の電子決済サービスです。 質問です。

大町市議会 2020-12-09 12月09日-03号

そして、特に宿泊施設スキーの集客に関しましては、冬期間の中でも年末年始が非常に大切になります。また、スキー側からも市へ支援の要請がありました。 11月27日より冬季宿泊満喫キャンペーンが始まっていますが、しかし、国におけるGoToトラベルは、地域により見直しをしています。このような中で、冬季宿泊満喫キャンペーンの現在の状況はどうなっているのでしょうか。 

原村議会 2020-12-02 令和 2年第 4回定例会−12月02日-04号

午前中にも保健休養地ということで定義を説明していただきましたが、保健休養地は未開発の森林地帯の別荘地スキーなどの開発県主導で始まった事業です。昭和37年、長野企業局保健休養地事業を開始した。その目的は、当時過疎化が進行していた県下の市町村において豊かな自然と文化を資源として捉え、観光を核とした地域振興住民福祉の向上を図ることでした。  

上田市議会 2020-12-01 11月30日-趣旨説明、議案質疑、議案付託、一般質問、委員長報告、質疑、討論、採決-02号

4つ目といたしまして、索道事業者支援事業につきまして、冬のシーズンに向けて観光需要が落ち込むことが予想されます市内索道事業者事業継続の下支えを図るために、菅平高原スキー及び武石番所ヶスキー誘客促進に向けた割引リフト券の販売に対して、1日券1枚当たり1,000円を補助するもので、今後5,200万円程度の支給を予定しております。 さらに、9月議会では2つの事業をお認めいただきました。

茅野市議会 2020-11-30 11月30日-01号

昨年の冬は記録的な暖冬で、降雪量も少なく、スキーをはじめとする冬のレジャー産業が大変苦労したと記憶しております。 これから本格的な冬の季節を迎えます。新型コロナウイルス感染症感染拡大が懸念されるところではございますが、新型コロナウイルス感染症に注意しながら、多くの方が茅野市で安全・安心な冬のレジャーを楽しんでいただければ、そんなふうに考えております。 

諏訪市議会 2020-11-24 令和 2年第 6回定例会−11月24日-01号

さらに、観光費には、霧ヶ峰スキーキャンプ場などの公共施設を含めた霧ヶ峰高原一帯活性化に向け、今後の観光振興在り方方策を検討するための調査経費を新たに計上いたしました。  続いて、土木費は、都市計画費諏訪大社上社本宮周辺ポケットパーク整備するための経費を計上いたしました。  

上田市議会 2020-09-30 08月31日-趣旨説明、議案質疑、議案付託、委員長報告、質疑、討論、採決-01号

施設ごと説明につきましては省略させていただきますが、いずれの施設におきましても東日本台風影響を受け、とりわけ番所ヶスキーではリフト運転室への浸水、ゲレンデ崩落等の大きな被害を受け、昨シーズンの営業を休止いたしました。また、新型コロナウイルス感染拡大に伴い利用者のキャンセルが相次ぎ、収入が大幅減となったことから、上田市、練馬区と協議し、指定管理料の増額を行ったところでございます。 

長野市議会 2020-09-29 09月29日-05号

また、スキーにおいては、索道事業者が使うゲレンデ整備車降雪機等に使う軽油が免税され、スキーの経営安定に貢献しています。 この制度が廃止されると、本市冬季観光の重要な柱であるスキーを初め、免税事業者は大きな負担増を強いられ、本市地域づくり地域経済にも計り知れない影響を与えることが危惧されます。