1084件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

下諏訪町議会 2019-12-19 令和 元年12月定例会−12月19日-05号

システム改修委託料は、来年4月の会計年度任用職員制度の開始に伴い、財務会計システムを改修するとの説明がありました。  質疑では、災害救援物資は、県から岡谷市を経由し下諏訪町に要請があったトイレの凝固剤を須坂市に届けた1,800個を補充する。諏訪地区で物資の支援は下諏訪町のみで、他の市町村は人的支援を行っただけだったとの答弁がありました。  

松川村議会 2019-12-17 令和 元年第 4回定例会−12月17日-03号

◎住民課長(宮澤政洋君) 太陽光発電システムの関係ですが、住宅用の太陽光発電システム設置状況についてお答えしたいと思います。この事業につきましては、平成23年から27年度までの5年間実施してございます。そこで申請許可件数は149件ございました。それと、公共施設の関係でいきますと、役場庁舎と、南保育園、給食センターに太陽光の発電システムが設置されております。以上です。

松川村議会 2019-12-16 令和 元年第 4回定例会−12月16日-02号

塩尻市教育委員会は、生徒が学校を欠席、遅刻する際に、保護者がパソコンやスマートフォンを使って連絡できるシステムを市内の丘中学校に導入した。従来は電話連絡だったため、朝に電話対応と授業準備が重なる教員の負担になっていた。保護者も手軽で簡単に連絡できると評価していることから、市内の全小中学校に導入を促す方針だということです。  

下諏訪町議会 2019-12-12 令和 元年12月定例会−12月12日-04号

農業をやりたいという方と農地の所有者とを結ぶあっせんのシステムにつきましては、農業委員会において用意をしているところでございます。また、県や町においても新たに就農された方への融資技術指導、そういった制度も活用がいただけるようになっております。これらの制度は、農業経営の意欲があり経営面積など一定の要件を満たす希望者につきましては、町内外を問わず支援の対象となるものでございます。  

諏訪市議会 2019-12-11 令和 元年第 5回定例会−12月11日-06号

さらに生活保護費には、マイナンバーに係る情報連携等に対応するためのシステム改修に要する経費及び被保護世帯の増加に伴う生活扶助費等の追加経費が計上されました。  衛生費は補正額93万8,000円で、乳幼児健診等の母子健康に係る情報連携に対応するためのシステム改修に要する経費が計上されました。  

下諏訪町議会 2019-12-11 令和 元年12月定例会−12月11日-03号

総合型の校務支援システム100%完備と。  ICT支援要員が4校、要するに私たちの町内の場合には4校ありますから、1名を配置してくれると。試算として小学校18学級規模で622万円、中学校の15学級規模で595万円の財政措置が見込まれるという形で、本当に有利だというふうに思うんですね。この整備には災害時の避難施設でのインターネットの整備も含まれているわけです。

松川村議会 2019-12-10 令和 元年第 4回定例会−12月10日-01号

款2項1目12の総合行政情報費、節13の委託料31万5,000円の増額は、OAシステムサポート料としまして財政システムの改修を行うものでございます。  19ページをお願いいたします。2段目、中段でございますが、款8項1目1節19の負担金、補助及び交付金174万円の減額でございますが、広域の常備消防費の額確定によるものでございます。  

諏訪市議会 2019-12-04 令和 元年第 5回定例会−12月04日-05号

また、当時長野県河川砂防情報ステーションにアクセスが集中し、つながりにくい状況であったことと、諏訪市防災気象情報システムの水位情報が表示されない時間帯があったと地元市民からの情報提供がありました。昨日も答弁されたかと思いますが、今後もこのような警戒は頻繁に発生することが予想されるため、こうしたシステムトラブルを検証し改善してほしいと思いますが、お考えをお尋ねします。  

諏訪市議会 2019-12-03 令和 元年第 5回定例会−12月03日-04号

ただ、本当に大きな災害が起きたときには、今回みたいな対応はとてもできないのも事実でありますので、どんなやり方ができるのか、災害の状況によっては、もう少しいろいろなシステムなんかも考えていかなければいけないかなと思っているところでありますし、また新たな方法も必要かなと思っているところでございます。              

諏訪市議会 2019-11-25 令和 元年第 5回定例会−11月25日-01号

さらに、生活保護費にはマイナンバーに係る情報連携等に対応するためのシステム改修費に要する経費及び被保護世帯の増加に伴う生活扶助費等の追加経費を計上しました。  次に、衛生費は補正額93万8,000円で、乳幼児健診等の母子保健に係る情報連携に対応するためのシステム改修に要する経費を計上しました。  土木費は5,500万円の減額計上であります。

諏訪市議会 2019-11-25 令和 元年第 5回定例会-11月25日-目次

                     │ ├───┼───────┼──────────────────────────────┤ │ 10 │藤森靖明   │1.台風などの水害対策について               │ │   │       │(1)水害が予想される時の市民への情報提供は        │ │   │       │  ①河川監視カメラの監視状況は              │ │   │       │  ②システムトラブル

下諏訪町議会 2019-09-19 令和 元年 9月定例会−09月19日-05号

賦課徴収費の負担金については、eLTAXシステムを保有することでかかるシステムの保管料等の利用料であります。  委託料、固定資産税課税基礎資料整備委託料は、法務局から来る土地等の異動内容を町のGISデータに反映させる業務で、株式会社パスコに委託をしております。  産業振興課では、労務対策事業費の諏訪高等職業訓練校には普通課程の配管科2名、和裁洋裁に51名通学しております。  

松川村議会 2019-09-18 令和 元年第 3回定例会−09月18日-02号

先日、私たち共産党の大北議員団というのを組織しているわけですけれども、そこで駒ヶ根市富山県朝日町公共交通システムの視察に行ってまいりました。どこも民間路線バスの縮小・廃止に伴って、住民の移動確保をするために公共交通を運行しているわけであります。  駒ヶ根市の場合ですね、民間路線バスの廃止にかえて平成13年より、こまちゃんバスを運行した。

諏訪市議会 2019-09-17 令和 元年第 4回定例会−09月17日-06号

初めに総務費ですが、戸籍住民基本台帳費に印鑑登録証明書への旧氏併記に係るシステム改修委託料として143万4,000円の計上。  続いて、民生費では補正額401万7,000円で、保育所における一般人件費、保育所管理運営費は、幼児教育保育無償化に伴う要保育児童負担金及び特別保育使用料の減額に対する臨時交付金による補填と、要保育児童負担金に含まれていた副食費等に係る実費徴収金による財源内訳の補正。  

松川村議会 2019-09-09 令和 元年第 3回定例会−09月09日-01号

その下、目3節1保健衛生補助金40万3,000円でございますが、母子保健情報連携システム改修に伴う国庫補助金でございます。  その下でございますが、款14項1目1節1社会福祉費負担金9万2,000の計上でございますが、自立支援給付費の増に伴う県負担金の増額計上でございます。  次ページをお願いいたします。上段でございます。

下諏訪町議会 2019-09-05 令和 元年 9月定例会−09月05日-04号

この制度においては、森林現場に山積する課題に対応するために、現場に最も近い市町村主体となって森林を集積するとともに、自然状況が悪い森林については市町村みずからが管理を行うという新たな森林管理システムの構築が求められているものでございます。  この市町村主体となってみずからが管理を行うための費用に充てる財源として森林環境譲与税が創設されたことが制度のポイントとなってございます。以上です。

諏訪市議会 2019-09-02 令和 元年第 4回定例会−09月02日-03号

地域包括支援センターとライフドアを中心に地域包括ケアシステムを構築し、切れ目のない連携、支援に取り組んでいるところでございます。               〔「議長4番」の発言あり〕 ○伊藤浩平 議長  廻本多都子議員 ◆4番(廻本多都子議員) ライフドアすわと地域包括支援センターの役割分担、こういったものはわかります。違いもわかりました。