27件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

諏訪市議会 2019-02-26 平成31年第 1回定例会−02月26日-03号

そこで大型シェルターの設置というお話でございますけれども、今のところ市役所につきまして耐震改修はしておりますので、あちこち機能はだめになるところはあるとしても、基本的には全部が潰れるというのは考えづらいかなと考えておりまして、改めて大型シェルターを設置する場合には建築場所でありますとか費用の問題もあり、現在のところ新たに設置するのは難しいのかなと考えているところでございまして、今ある地域防災計画に沿

下諏訪町議会 2018-02-26 平成30年 3月定例会−02月26日-01号

減災設備リフォーム補助事業につきましては、耐震シェルター耐震ベッドなどへの助成により、安心安全のまちづくりと地域産業の活性化を目指します。  ものづくり支援センターしもすわでは、ワンストップによる支援を充実させ、「売れる・売る・ものづくり」をコンセプトに、町の工業技術効果的に生かした企業連携を強化するほか、情報発信の充実、経営力への支援、製品開発、受注確保に向けた事業を推進いたします。  

諏訪市議会 2017-09-05 平成29年第 4回定例会−09月05日-04号

現地建てかえ及びその他工事、いわゆる部分改修、シェルター等ですけれども、その他工事と呼ばせていただきますけれども、それについては相談はありましたけれども、実施には至らなかったという状況であります。  平成27年度についても4件でございますけれども、内訳は耐震補強工事が2件、現地建てかえが2件でありました。本年度の状況なんですけれども、8月末時点で6件の申し込みを受け付けているところであります。

諏訪市議会 2017-06-13 平成29年第 3回定例会−06月13日-04号

破壊されて、じゃあそこからどうやって避難するんだいという、我々も経験がないんで、非常に難しいところがあると思いますが、これからぜひそういうところも踏まえて考えていただきたいということと、昔ならば防空ごうとか、あるいはお蔵とか、そういうところでとりあえずはしのげるがと思いますけれども、今のこの時代ではそういうものが、お蔵は私もうちにあるんで、いいかなとは思いますけれども、ない人にとっては、今、個人シェルター

下諏訪町議会 2017-06-13 平成29年 6月定例会−06月13日-04号

減災設備リフォーム補助事業における減災工事につきましては、旧耐震基準が適用されていました昭和56年5月31日以前に着工された住宅において、地震に対して効果的な壁の補強工事、柱・はりの補強工事基礎の補強工事屋根の軽量化、耐震シェルター耐震ベッド等の設備や補強を行う工事とさせていただいております。  

下諏訪町議会 2017-03-22 平成29年 3月定例会−03月22日-05号

減災設備リフォームでは、耐震シェルター耐震ベッドについて、取り扱い業者が諏訪地区には3社あって、うち1社が大手で下請に出すことで町内企業の活用につながる。  イルミネーションに関して、消耗品約300万円、委託料約400万円、工事費70万円の合計で770万円が計上されている。累計11万球となる。40アンペアの電源が不足となるので、40アンペア増設する。

松川村議会 2017-03-15 平成29年第 1回定例会−03月15日-03号

それから村長がおっしゃっていましたけれども、シェルターとかベッドとか、そういうのも必要だということで、県のほうにも働きかけていると、こういうことでありましたけれども、その後の動きはありますでしょうか。 ○議長白澤富貴子君) 総務課統括課長補佐。 ◎総務課統括課長補佐(太田健一君) 現在、国・県補助金の関係もございまして、平成32年度末で村の耐震化率は70%というふうに目標を設定してございます。

下諏訪町議会 2017-03-08 平成29年 3月定例会−03月08日-03号

ですから町は今、住宅耐震化というのは60万円から100万円に増額させていただくという方針、もう一つは家屋全体をということではなくて、核シェルター的な居住空間ですとか寝室ですとか、そういったものに補助金を出す方針、そういった二つの段階で耐震化を進めようと思っています。その詳細につきましては課長のほうから答弁をさせます。 ○議長 建設水道課長。 ◎建設水道課長(山田順) お答えをいたします。

下諏訪町議会 2017-02-27 平成29年 3月定例会−02月27日-01号

減災設備リフォーム補助金につきましては、従来の制度から補助率、限度額を引き上げるとともに、減災設備には減災工事のほか、耐震シェルター耐震ベッドなども対象とし、また、リフォームでは住宅のほか店舗を対象に加えるなど活用範囲を拡充し、安心安全のまちづくりと地域産業の活性化を目指します。  

下諏訪町議会 2016-12-13 平成28年12月定例会−12月13日-03号

その点も踏まえて、この住宅耐震化の促進、シェルター等についてのお考えを伺いたいと思います。 ○議長 町長。 ◎町長 まず安心・安全のまちづくり、防災意識日本一の町を掲げさせていただました。ぜひとも行政だけでは守り切れないこの昨今の災害の状況であります。住民の皆さんにしっかりとした防災意識を持ってもらいたい、そんな思いでおるところでございます。  

諏訪市議会 2016-09-06 平成28年第 3回定例会−09月06日-04号

現在、耐震改修に多額の費用が必要となることから敬遠する方が多い、そんな現状を考えて、本年度から耐震シェルター等、建物の部分補強に対する補助制度を開始しております。建築士事務所協会からも部分補強に対するこの制度については、理解を示してもらっておりますので、このスタートした制度の定着をまず進めて、地震被害軽減を図っていきたいと考えております。              

下諏訪町議会 2016-06-09 平成28年 6月定例会−06月09日-03号

それからさらにつけ加えて申し上げますと、それでもなかなか耐震改修に結びつかないといったような方、経済的な理由などでそちらのほうになかなか手を出せないという方々もいらっしゃるかと思いますので、そういった方にはみずからの命を守ってもらう一つの手法として、比較的改修よりは安価といいますか、安く上がる手段として、寝室、住宅内の一部に木材、鉄骨で強固な箱形の空間、シェルターをつくって安全を確保する手法ですとか

下諏訪町議会 2016-06-02 平成28年 6月定例会−06月02日-目次

について  │・今後の利用の展望と姿勢について    │  │   │ ├──┼─┼───────────┼────────────────────┼──┼───┤ │ 5 │1│熊本地震から学ぶことに│・避難所の充実について         │ 7│河西 │ │  │ │ついて        │・簡易トイレの状況について       │  │   │ │  │ │           │・耐震改修及びシェルター

諏訪市議会 2016-03-16 平成28年第 1回定例会−03月16日-06号

質疑では、国道バイパス促進キャンペーンを積極的に展開、住民に対して合意形成のための施策を、また公園費の大幅減額理由、都市計画基本図作成事業費、住宅・建物耐震改修促進事業でのシェルターへの補助金、旧警察跡地の公園化事業の時期、道路補修等の原材料支給、公園等の非常勤職員の作業マニュアル等について質疑が交わされました。  

諏訪市議会 2016-02-22 平成28年第 1回定例会-02月22日-01号

また、昭和56年以前建築された木造住宅等の耐震診断の実施希望者に対する診断士の派遣や耐震改修工事への補助を継続するほか、新たに耐震シェルターの設置工事等に対する補助を追加します。  病院公共施設などを結んでいる市内循環バス「かりんちゃんバス」は、利用者の減少や料金改定、運転手不足などの問題を抱えており、公共交通全体のあり方を2次交通も含め検討してまいります。  

下諏訪町議会 2014-03-06 平成26年 3月定例会−03月06日-04号

また、シェルターみたいなものに対する補助制度というものも、この減災の中で対応できるような形というのは考えていきたいと思いますので、より建設業界の皆さんにもそういった建設相談等ございますので、そういった中でより一層PRをしていただいて、そういった制度があるからぜひ減災化、耐震化をすすめてほしいと、そんなお願いをしていくことも一つかというように思っています。  

  • 1
  • 2