1012件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

松川村議会 2019-12-16 令和 元年第 4回定例会−12月16日-02号

9,300人という数字は決して楽な目標ではございませんが、今後ある程度人口減少を受け入れながらも現状の生活やサービスの水準、自治組合など地域の機能を維持していかなければならないということを念頭に置いた目標として設定いたしました。  第7次総合計画においては、当然最優先課題として位置づけて、9,300人という目標を各施策のベースに据えて具体的な施策を構成するよう進めているところでございます。

諏訪市議会 2019-12-11 令和 元年第 5回定例会−12月11日-06号

会計年度任用職員の増大によって、これまでも減らされ続けてきた正規職員がさらに減らされ、住民の皆さんへの十分な行政サービスの提供が困難になることも予想されます。  会計年度任用職員の給付について、フルタイムの場合は給与及び各種手当の支給対象となるのに、パートタイマーでは期末手当のみとされ、待遇格差も温存しています。

諏訪市議会 2019-12-02 令和 元年第 5回定例会−12月02日-03号

災害時には正規職員の多くが通常の業務以外の災害対応に当たることとなりますので、非常勤職員には行政サービスが通常どおり機能するように、手薄になる、本来正規職員が行っている通常業務、そういったところの補完に当たっていただくと。そのような役割になるのかなと思っております。              

諏訪市議会 2019-11-25 令和 元年第 5回定例会-11月25日-目次

                 │ │   │       │  ①各地の要援護者                    │ │   │       │  ②情報伝達                       │ │   │       │(3)今後の課題                      │ │   │       │2.介護保険制度の見直しから3年たつが、現況と今後について │ │   │       │(1)サービス

松川村議会 2019-09-18 令和 元年第 3回定例会−09月18日-02号

しかしながらですね、この際現実に目を向けて、地に足をつけて、1万人の夢を追いかけるということはもう捨てていただいて、人口が8,000人台に突入したときの財政規模、それからそのときの行政サービスのあり方というものをシミュレーションして、引き続き村民の方々が満足を得られるためにはどうするかという方策、対策を打つべきだと思っています。

諏訪市議会 2019-09-17 令和 元年第 4回定例会−09月17日-06号

また、6市町村同時にサービスが開始になるのかとの問いに、6市町村同時に開始となる予定であるとの答弁。  幼児教育保育無償化によって利用者がふえるのではないかと思われるが、懸念事項はないかとの問いに、未満児がふえるのではないかと推測をしている。家庭での保育も大事な時期でもあるため、必要なときに必要な手が届くよう注意深く様子を見ながら対応をしていきたいとの答弁。  

松川村議会 2019-09-09 令和 元年第 3回定例会−09月09日-01号

その下、訪問入浴サービス109万円は、給付対象者がふえたことに伴う計上でございます。先ほどの歳入の国・県地域生活支援事業費補助金を充てるものでございます。  次ページをお願いいたします。節23償還金、利子及び割引料252万2,000円の計上でございますが、障害者自立支援給付費等の前年度事業分の精算に伴う国庫補助金の返還金でございます。  続きまして、15ページをお願いいたします。

諏訪市議会 2019-09-04 令和 元年第 4回定例会−09月04日-05号

○伊藤浩平 議長  教育次長 ◎後藤慎二 教育次長  お話しのとおり公共施設の運営について、利用者に応分の負担を求めることは、サービスを持続的に提供するために当然必要なことだと考えております。すわっチャオの使用料につきましては、そういった受益者負担の原則に基づくとともに、類似の公共施設などの料金を参考に設定をいたしました。

諏訪市議会 2019-09-03 令和 元年第 4回定例会-09月03日-04号

続いて、「地方創生関連事業やサービス、友好的&有効的な施設利用などの共同推進を提案します」について、どのようなサービス施設利用を提案されるのかお伺いいたします。 ○伊藤浩平 議長  企画部長 ◎木島清彦 企画部長  それでは、ここからは私のほうでお答えをさせていただきたいと思います。

下諏訪町議会 2019-09-03 令和 元年 9月定例会−09月03日-02号

今までは保育園や認定こども園といった施設サービスに対し、子供のための教育保育給付といった名称で施設型給付費という名目で支給をしておりましたが、10月以降は新たに新制度に移行していない幼稚園などの未移行幼稚園などに対しまして、子育てのための施設等利用給付という名目で支給が始まります。  

諏訪市議会 2019-08-26 令和 元年第 4回定例会-08月26日-目次

       │  ①諏訪全域の底上げとは、どのような内容か        │ │   │       │  ②総務省人口推計についての考えは           │ │   │       │  ③合併のメリット・デメリットを明確にし、方向を決める考え│ │   │       │   は                          │ │   │       │(2)「地方創生関連事業やサービス

諏訪市議会 2019-06-26 令和 元年第 3回定例会−06月26日-06号

最後に教育費ですが、補正額423万6,000円で、社会教育費には諏訪湖サービスエリアスマートインターチェンジ整備事業に伴う埋蔵文化財調査のための試掘調査に伴う経費に285万7,000円、及び県の地域発元気づくり支援金の採択を受けた、アートでつながる!まちづくり人材育成プロジェクトの企画展等の経費137万9,000円がそれぞれ計上されました。