57件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

諏訪市議会 2018-12-03 平成30年第 5回定例会−12月03日-03号

○金子喜彦 議長  経済部長 ◎大舘道彦 経済部長  先端分野導入支援事業補助金でございますが、工業振興審議会の答申事業といたしまして今年度から創設をした補助制度で、先端設備を設置する際の経費を補助対象にすることはもちろんでございますが、コンサル等を利用して技術指導を受けるために必要な経費も対象にしたところが特徴でございます。  

諏訪市議会 2017-12-04 平成29年第 5回定例会−12月04日-03号

もし仮に具体的に事業を実施することになりましたら、当然鉄道事業専門のコンサルなどにお願いをしまして、技術的な検証設計を始めまして、多方面から検討を行う必要があるだろうと思っております。  また、特に鉄道事業者、それから県との協議、こういったものも必要になってまいります。広く市民の皆さんからの御意見も伺いながら進めていかなければならないだろうと思っております。  

諏訪市議会 2016-12-05 平成28年第 4回定例会−12月05日-03号

例えば、法務やガバメントいわゆる統治関係、そのような専門の部署もしくは専門の人を養成し、その人に相談をかけるとか、先ほど何かプレスリリースを、午前中の質問の中でプレスリリースに関しても今までそれぞれがやっていたのを秘書課にまとめて、そこでプレスリリースを行うとか、そのような話がありましたが、やはりいろんな対応についても全庁的なそういう専門的な知識を持っている人もしくは外部のコンサルでも何でも結構ですが

上田市議会 2016-06-30 03月16日-趣旨説明、議案質疑、議案付託、委員長報告、質疑、討論、採決等-05号

また、現時点で具体的な委託先は決まっていないが、資産調査は一般コンサルに、資産価値の評価については専門的な知識を持つ業者への委託を考えている。 次に、農業集落排水事業における処理場費について、現在ある26カ所全ての処理場が公共下水道に接続できたとすると全て不要となる経費と考えてよいのか。 

下諏訪町議会 2015-12-10 平成27年12月定例会−12月10日-04号

コンサル業者等への各種計画等策定業務をもし丸投げをするとした場合には、画一的、総花的な内容となってしまうおそれがあること。それから業務内容によっては受託業者が限られてしまうことなどが考えられますが、町といたしましては予算編成作業などを通じて適正な業務委託の選定に努めているところでございます。 ○議長 田嶋 彰議員

諏訪市議会 2015-03-04 平成27年第 1回定例会−03月04日-05号

具体的な手法につきましては、新年度、ここで補正でお願いしいろんなコンサル等の委託も考えておりますので、専門的な検証も含めながら進めていく必要があると思っています。               〔「議長1番」の発言あり〕 ○水野政利 議長  宮下和昭議員 ◆1番(宮下和昭議員) わかりました。

下諏訪町議会 2014-12-04 平成26年12月定例会−12月04日-03号

次に、砥沢の処分場の問題ですが、今年コンサルで一応いろいろな調査結果を出すということですが、この点の結果、どういうふうに対応するかという中身だろうと思うんですが、来年度どんなふうになるのかお伺いしたいと思います。 ○議長 住民環境課長。 ◎住民環境課長白川) お答えいたします。砥沢最終処分場へは昭和47年4月から平成7年3月まで町の焼却残渣や不燃物の埋め立てを行ってきました。

諏訪市議会 2013-12-11 平成25年第 5回定例会−12月11日-05号

○水野政利 議長  企画部長 ◎熊澤信彦 企画部長  民間委託につきましては今お話のように行革大綱の中にうたわれておりますけれども、今年度平成25年度財政課で把握しておりますデータが20万円以上の契約しか集まってきませんので、それでお話申し上げますけれども、10月末現在で役務が133件、コンサル関係39件の172件となっております。  

下諏訪町議会 2013-03-19 平成25年 3月定例会−03月19日-05号

8床必要な理由は、コンサル委託し汚泥量の算定の結果、現施設では能力不足となったためであり、維持管理が簡単で低コストの施設を検討した結果、2案が出され経済比較による本案となった。コンサル長野の新日本設計である。類団の処理方法は、天日乾燥は下諏訪だけ、岡谷は布状袋で除去する方法。6,000トンのため、天日乾燥は必要でなく、地下水にもこの処理は要らない。

下諏訪町議会 2012-09-06 平成24年 9月定例会−09月06日-03号

◎住民環境課長(土田) 新しい焼却炉のランニング経費ということでございましたら、ここでDBO手法等の詳細を、コンサルも入れまして検討していく段階でございますので、まだ若干お話できるには早いかなと思っております。  それと入札手法が今まで、建設で1回終わり、その後の運転経費でまた単年ごと重ねた契約というような格好になります。

下諏訪町議会 2012-03-07 平成24年 3月定例会−03月07日-04号

今、長野の国道事務所でコンサル委託をして、線形等、検討をいただいているところでございますが、それと並行して、現在、農業用の水路にかかわる管理者と、つけかえ道路等ありますので、警察等含めた協議を行っておりまして、その予備設計が行われているところでございます。 ○副議長 ネックになっている部分。

下諏訪町議会 2012-03-06 平成24年 3月定例会−03月06日-03号

下諏訪岡谷バイパスの進捗状況でございますが、国道の142号交差部から湖北トンネル交差点の第1工区1.7キロの区間につきましては、昨年の6月の国道142号との交差部にかかわる説明会でいただきました要望事項等につきまして、長野国道事務所でコンサル委託をし、線形等検討を行っていただいているところでございます。

諏訪市議会 2011-12-06 平成23年第 8回定例会−12月06日-03号

この課題に対処するために、現在、複数のコンサルから説明を受けておりましたり、また県内の若干大き目の市で進んでいるところございますので、そこら辺の把握をしておるところでございますが、ただ、今現在、総務省の中で今後の新地方会計の推進に関する研究会っていうのが、昨年の9月に立ち上がっておりまして、というのは平成18年に通知が出て、時間が経てきていまして、いろいろまた問題点が出てきているということで、12

下諏訪町議会 2011-10-24 平成23年10月臨時会−10月24日-01号

産業振興課長(溝口) 実際、この工事をやるときに、予算成立した後、長土連というコンサルの方に設計測量委託をしてございます。これが9月30日から10月7日が設計委託期間でございまして、設計委託完了後、翌日から工事に入ったところでございますので、設計が上がり次第、随意契約という手続をとりまして、業者決定をして工期の生じているところでございます。 ○議長 河西 猛議員

下諏訪町議会 2011-03-18 平成23年 3月定例会−03月18日-05号

文書整理業務委託料については、研究員、コンサル2人、新規雇用10人で、90日分を計上し、大半を人件費で占める。新たに行政情報コーナーを、3階の、現在、地域産業活性化推進室の場所に設ける。  プロジェクト推進事業費の婚活事業は、イベントやパーティーを予定。民間12人と総務課、健康福祉課、教育委員会等と調整しながら進めていく。