97件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

原村議会 2017-12-12 平成29年第 4回定例会−12月12日-付録

(全会一致)   内容 サラダチャンネルの今年度廃止に伴う関係条例の改廃。 〇 議案第42号 平成29年度原村一般会計補正予算(第6号)について    修正案 賛成・反対同数につき、委員長裁決により可決すべきものと決定する。    原 案 修正部分を除く原案を可決すべきものと決定する。

原村議会 2017-09-19 平成29年第 3回定例会−09月19日-付録

(全会一致)   内容・サラダチャンネルアンケート実施。平成29年度末で廃止予定。      サラダチャンネル設備関連費は、9,842千円。     ・告知放送については、世帯数増が加入数増につながらない現状あり。 〇 認定第 5号 平成28年度原村農業労働災害共済事業特別会計決算の認定について      原案を認定すべきものと決定する。(全会一致)   内容・事故発生件数1件。

諏訪市議会 2016-12-05 平成28年第 4回定例会−12月05日-03号

諏訪市は食前サラダ活動をしておりますが、最近行政の推進指導は少し弱くなっているように思えます。日本一の健康長寿市を目指す諏訪市は、ぜひこのようなことを幅広く取り入れながら、食前サラダ及びカロリー的な問題の検討をしていただけたらなと、このように私は思います。小樽市保健推進委員というのがあったようですけれども、それが続かずに休止しているということも聞きました。諏訪市保健補導制度が続いています。

原村議会 2016-09-20 平成28年第 3回定例会−09月20日-付録

サラダチャンネル文字放送のあり方について     ・屋外放送設備について    意見 文字放送のフル画面化ができないか。 〇 認定第 5号 平成27年度原村農業労働災害共済事業特別会計決算の認定について      原案を認定すべきものと決定する。(全会一致)   内容・歳入総額1,698,810円、歳出総額441,626円、差引残高1,257,184円。     

諏訪市議会 2016-03-02 平成28年第 1回定例会−03月02日-04号

これは前回私が質問したときに、食前諏訪サラダミニ事業に関して一応この事業は今期で終わりにする。そのかわり信州ACEプロジェクトとの連動で運動を展開していくんだというお答えをいただきました。そして今回の予算を見ると、健康づくりプロジェクトで予算100万円計上してございますが、食育だとか運動だとか生きがいだとかをトータルで考えると、これは非常に広き範囲にわたっております。

原村議会 2015-09-17 平成27年第 3回定例会−09月17日-付録

加入促進やサラダチャンネルの扱い等、周知の見直しも必要。 〇 認定第 5号 平成26年度原村農業労働災害共済事業特別会計決算の認定について      原案を認定すべきものと決定する。(全会一致)   内容・歳入1,984,543円、歳出988,146円、加入農家合計700戸、積立額38,837円で取り崩し額0円。7件の事故があった。農家戸数の減少で毎年加入者は減っている。

諏訪市議会 2015-09-07 平成27年第 5回定例会−09月07日-04号

続きまして4番目になりますけれども、諏訪市健康推進事業の「食前諏訪サラダ事業」について御質問いたします。  前市長の肝入れで健康長寿、それから健康寿命を延ばそうという趣旨だったと思うんですが、食前諏訪サラダニプロジェクトというのをたしか組織されたと思うんですが、その後もう3年目になるかと思いますが、今現状では余り活動をしていないような状況が見受けられます。

諏訪市議会 2015-08-28 平成27年第 5回定例会-08月28日-目次

       │3 諏訪市のふるさと納税について              │ │   │       │  1) 諏訪市の実績は諏訪地区の他市に比較してどうか   │ │   │       │  2) 今後の考え方、取り組みの目標は          │ │   │       │     成功他市に学ぶ点はないのか            │ │   │       │4 諏訪市健康推進事業「食前諏訪サラダ

諏訪市議会 2015-03-17 平成27年第 1回定例会-03月17日-06号

任意事業の内容、オアシス支援計画、生活保護世帯の調査内容・方法、訪問入浴サービスの状況、臨時福祉給付金の給付状況・手続、高齢者タクシーの利用状況、この街きっず学園の利用・運営・並行通園、敬老祝い品の内容・利用実績、四賀保育園未満児室へのエアコン設置、未満児の入園対策、蓼科保養学園検討状況・入園状況、すわっこランドの管理・修繕計画、西山地区の診療所運営について、小児夜間急病センター運営・負担金、食前諏訪サラダ

原村議会 2015-03-03 平成27年第 1回定例会−03月03日-02号

総務課長(日達章君) 以前サラダチャンネル等出しているときに貸与したコンバーターだと思いますけれども、コンバーターについては不要になったものにつきましては総務課の総務係のほうへ持ってきていただければ、うちのほうで処分します。 ○議長(小平雅彦君) ほかに。  (なしの声あり) ○議長(小平雅彦君) 次に、議案第18号 平成27年度原村農業労働災害共済事業特別会計予算についての質疑を行います。

諏訪市議会 2015-02-20 平成27年第 1回定例会-02月20日-01号

さらに、食前諏訪サラダ事業では、多くの飲食店の協力のもと、食事の最初に野菜をよくかんで食べるベジィ・ファーストの取り組みが市民生活に浸透してまいりました。  本格的な高齢化社会を迎え、平成12年度には新たな社会保障制度として介護保険制度がスタートしました。市としても円滑に新制度が運用されるよう、デイサービスセンターの建設高齢者福祉サービスの充実を図ってまいりました。

諏訪市議会 2014-12-05 平成26年第 7回定例会−12月05日-03号

さらには市民対象の医療セミナーの取り組み、食前サラダ事業への取り組み等々、すわっこランドとともに市民健康に大きく寄与され、結果として地域平均寿命は全国でベストテン入りを果たしています。  また、自然環境や花火大会を主軸とした観光面、市民協働のまちづくり等で市政に多くの市民参加するもとを構築なされたと思います。

諏訪市議会 2014-09-08 平成26年第 5回定例会−09月08日-03号

またオリジナル商品といたしましても、サラダ皿や博物館にあります江戸の肉筆画を素材とした扇子、また夏休みには子供企画としてコマ対戦に使うコマの販売等も行っており、現在23社、89アイテムを取りそろえています。いずれにしましても、これは市だけではできません。地元企業の経営者を初めブランド創出プロモーション、この事業に参画いただいている皆さんの連携のたまものでないかと感謝申し上げます。  

諏訪市議会 2014-03-17 平成26年第 2回定例会−03月17日-05号

質疑の主なものは、敬老祝い金等の内容について、住宅支援給付費の期間、老人クラブ連合会補助金の給付資格シルバー人材センターの活動状況、外国人高齢者特別給付金の給付要件、配食サービス事業実績、算出根拠、臨時福祉給付金の給付基準、行旅死亡人の内容、希望の旅の内容、地域生活支援の訪問入浴、配食サービス補助犬飼育費助成の内容、食前諏訪サラダのアドバイザーによるアドバイス内容、保育所給食調理業務委託に当たっての

原村議会 2014-03-05 平成26年第 1回定例会−03月05日-03号

今回の大雪に対して、村より発信されたサラダチャンネルの文字放送やメールは大変有効であったというふうに思います。災害のときには時代に合わせた、よりいろんなチャンネルを通じて発信していければというふうに思っておりますが、今現在ツイッターを利用する人の間では、情報がとてもよかったと。今回の件でとてもよかったというふうにも耳にしております。

諏訪市議会 2014-03-03 平成26年第 2回定例会−03月03日-04号

そのためには第五次総合計画の中でも重点施策としております保健事業の充実、これを推進かなと考えておりまして、食前諏訪サラダ事業でありますとか、健康推進課が実施をします男性メタボリックシンドローム改善講座、これへの参加の呼びかけなど、いろいろな機会を捉えながら健康づくりの取り組みを充実させることによりまして、健康意識を高めて受診率向上を目指してまいりたいと思っております。

諏訪市議会 2014-02-20 平成26年第 2回定例会-02月20日-01号

食前サラダミニ事業は、昨年7月から42カ所の飲食店で提供が始まり、市民の皆さんに「食事の最初に野菜を食べる」食事法(ベジ・ファースト)を周知してまいりました。  さて、平成23年に多くの市民の皆さんから力強い御支援をいただき、市長として4期目の重責を担ってまいりましたが、ここで任期の最終年度を迎えるに当たり、市民の皆さんにお示しした公約のこれまでの取り組み状況について、主な内容を申し上げます。