9件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

上田市議会 2003-12-05 03月05日-一般質問、議案質疑-04号

一方農産物を利用した市外の方との交流といたしまして、鎌倉市、出石町、上越市などの姉妹都市における物産展で上田のリンゴ、ブドウなどの即売を実施している事例、麻蒔りんご園や東山観光農園での観光客を対象といたしましたイチゴ、リンゴサクランボのもぎ取り、また信州上田ファームによる東京上田会と連携したみどり大根の商品化と交流などがございます。

上田市議会 1999-12-24 03月25日-趣旨説明、委員長報告、質疑、討論、採決等-05号

対策として、期間を短縮したサクランボの栽培等新規事業を始めるほか、新規注文者の掘り起こしに努力したいと考えている。 次に、圃場整備の長期構想の中で、市民が安心して食べていかれる面積は水田で1,600ヘクタール、畑が1,100ヘクタール必要であり、食糧自給率を高めたいとの考えを持たれているが、この予算において、農業振興費が減額されているなど、意向が予算に反映されていないように思われるが。

上田市議会 1989-10-12 12月03日-趣旨説明-01号

観光との整合を図るべく観光農業も既に進められており、上田市の気候に適した品種、作型の開発、サクランボ、イチゴの試作研究などによる観光農園の拡大は誘客策の一つとしてさらに推進し、あわせて農業環境に対する関心が高まる中、有機物のリサイクル体制の確立等環境に配慮した方策も必要であり、また室賀地区に建設中の農林漁業体験実習館については、来年度オープンに向け、市民の皆様に愛される施設となるよう努めてまいりたいと

上田市議会 1989-09-30 09月10日-趣旨説明-01号

また、新名所として期待される「上田ローマン橋」を見渡せる地域では、リンゴ、ブドウ、サクランボ、イチゴなどのもぎとりを中心とする観光農業が既に進められております。 アクセス道路となる国道144号4車線化工事も開通前には供用開始となり、景観協定第1号の認定となった国道144号沿線まちづくり協議会では、一層の景観形成意識の高揚に取り組まれ、美しい道路景観に生まれかわろうとしております。

上田市議会 1963-03-31 02月23日-趣旨説明、一般質問-02号

続きまして、バイオセンターを含めました主産地形成についての取り組みということでございますが、雨の少ない立地条件を最大限に生かし、糖度の高い加工ブドウを初め、適地適作の条件を生かした高品質果樹生産を推進するため施設化を進めており、特にブドウ、あるいはサクランボの雨よけ栽培の面積の増大ということを最近は考えております。

上田市議会 1955-03-09 03月17日-趣旨説明、委員長報告、質疑、討論、採決等-05号

これに対して、園芸の中でリンゴ、ブドウ、花を重点的に振興していくが、できればもう一つ新しいものを定着させたいと考え、サクランボの導入について研究していきたい。 次に、7年度において都市農村交流促進事業を新たに始めると聞いたが、関係予算はどこに計上されているのか。

上田市議会 1948-04-01 03月05日-一般質問、議案質疑、議案付託-04号

1年を通して稲作農業を体験できる稲倉の棚田や市街地を見おろせる高台リンゴ狩りやサクランボ狩りができる麻蒔リンゴ園がございます。体験農業につきましては、真田地域、武石地域にもすぐれた取り組みがございまして、これらの地域田舎暮らしにあこがれを抱く都会のお客様に理想の田舎を提供するという観光ビジョンのコンセプトをまさに形にする重要な地域です。 

  • 1