55件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

下諏訪町議会 2021-06-08 令和 3年 6月定例会−06月08日-01号

ページの20款5項1目雑入の510万3,000円は、一般財団法人自治総合センターから100万円、また、公益財団法人長野市町村振興協会から410万円のコミュニティ事業助成であり、3,000円は会計年度任用職員1人分の雇用保険料個人負担分となります。  以上、御説明申し上げましたが、よろしく御審議のほどお願いいたします。 ○議長 次に進みます。

伊那市議会 2020-11-27 11月27日-01号

また一番下の22款諸収入のうちコミュニティ事業助成は、歳出で御説明をいたしました西春近赤木区が実施をいたします公民館設備整備に対する補助金であります。 おめくりをいただき20ページ、23款市債は、先ほど第4表地方債補正また歳出予算の各事業で御説明をしたとおりの内容でございます。 以上、一般会計第8回補正予算について、御説明をいたしました。よろしく御審議賜りますよう、お願い申し上げます。

下諏訪町議会 2020-06-17 令和 2年 6月定例会−06月17日-05号

消防課では、歳入、20款5項1目コミュニティ事業助成100万円。歳出で9款1項2目非常備消防費被服費防火手袋等事業で100万円分、一般会計から財源振替をしています。  質疑では、被服費には、はっぴ活動服防火衣防火手袋等がある。今回は防火衣16着、防火手袋34双を予定しているとの答弁がありました。  4課での討論では、長年の懸案であった四ツ角周辺整備が大きく前進している。

下諏訪町議会 2020-06-02 令和 2年 6月定例会−06月02日-01号

20款5項1目雑入の710万3,000円は、一般財団法人自治総合センターから250万円、また公益財団法人長野市町村振興協会から460万円のコミュニティ事業助成で、3,000円は会計年度任用職員1人の雇用保険料個人負担分となります。  ページが飛びますが、11ページ、12ページには補正予算給与費明細書を添付してございます。  以上、御説明申し上げましたが、御審議のほどよろしくお願いいたします。

伊那市議会 2020-05-29 05月29日-01号

長野市町村振興協会補助金コミュニティ事業助成は、共に宝くじ収益金を元にした補助金助成金でございます。 最下段の23款市債は、先ほど第2表の地方債補正また歳出予算説明したとおりの内容でございます。 以上、一般会計の第2回補正予算につきまして御説明をいたしました。よろしく御審議賜りますようお願い申し上げます。 ○議長飯島進君) これより質疑に入ります。 御質疑ございませんか。     

伊那市議会 2019-06-10 06月10日-01号

17ページ長野市町村振興協会補助金コミュニティ事業助成は、充当先歳出予算で御説明をしたとおりでありますが、ともに宝くじ収益金をもとにした補助金助成金で、その下の23款市債は、先ほど第2表、地方債補正及び歳出予算の中で御説明をしたとおりの内容でございます。 以上が、一般会計の第1回補正予算の御説明でございます。 続きまして、35ページをお願いいたします。 

下諏訪町議会 2019-06-07 令和 元年 6月定例会−06月07日-01号

19款5項1目雑入の550万7,000円は、一般財団法人自治総合センターから150万円、また公益財団法人長野市町村振興協会から400万円のコミュニティ事業助成であり、7,000円はプレミアム付商品券事業で雇用する臨時職員2名及び産休代替嘱託職員1名の雇用保険料個人負担分となります。  

下諏訪町議会 2018-09-21 平成30年 9月定例会−09月21日-05号

コミュニティ事業助成では、毎年、各区自主防災会から申請を募って、町が一括して全国自治総合センターに提出する。ここで採択から漏れたものが県市町村振興センターに回されて採択される。  歳出では、職員研修では、29年度は女性職員が6日間の日程でアメリカの研修に参加した。  婚活プロジェクトでは、40歳代の希望者もあるので、幅広く計画を立て展開している。  

伊那市議会 2018-06-04 06月04日-01号

款繰越金は、今6月補正予算に係る一般財源に充当するもの、22款諸収入につきましては、右ページの3節民生費では、老人憩家手良荘招魂碑移設に対する地元負担金、4節衛生費雑入は、CO2削減啓発活動に対する一般財団法人からの補助金、8節土木費雑入中央道歩道橋修繕工事に対するネクスコからの助成金、9節消防費雑入自主防災組織備品に対する長野市町村振興協会からの補助金最後の10節教育費雑入のうち23コミュニティ

下諏訪町議会 2017-06-06 平成29年 6月定例会−06月06日-01号

19款5項1目雑入の680万円は、一般財団法人自治総合センターから240万円、また公益財団法人長野市町村振興協会から440万円となりますコミュニティ事業助成となります。  20款1項3目商工債の1,940万円は、しごと創生拠点施設整備事業債1,800万円、及び地方創生推進交付金を活用した施設整備に対するしごと創生推進事業債140万円となっております。  

伊那市議会 2017-06-05 06月05日-01号

9節消防費雑入は、自主防災組織備品等に対する長野市町村振興協会からの補助金最後の10節教育費雑入のうち、1、社会教育関係雑入は、今年度から3年間、生涯学習センター6階ホールのネーミングライツのスポンサーとなりました株式会社ニシザワからのホール命名権料、また、3のその他教育関係雑入は、創造館復旧工事に対する全国市有物件災害共済会からの共済金、23、コミュニティ事業助成は、一般財団法人自治総合

中野市議会 2016-08-31 08月31日-01号

次に、10目政策費は、01政策推進事業費では、172ページになりますが、ふるさと振興基金積立金などで、02公共交通対策事業費では、中野地域公共交通対策協議会負担金及び廃止路線代替バス運行費補助金などの経費、03地域活性化推進事業費では、174ページになりますが、宝くじ助成を受けてのコミュニティ事業助成、北信広域連合への負担金で04北信広域連合負担金、06合併10周年記念事業費は、合併10周年の

下諏訪町議会 2016-06-17 平成28年 6月定例会−06月17日-05号

総務課関係歳入で、県補助金地域発元気づくり支援金96万8,000円、寄附金一般寄附金で3万円、繰越金前年度繰越金でマイナス188万6,000円、雑入コミュニティ事業助成で570万円をそれぞれ増減し、歳出で、一般管理費コミュニティ事業補助金570万円、財産管理費財政調整基金積立金3万円をそれぞれ増額するものです。また、防災諸費では県補助金96万8,000円を得て一般財源から財源振替します。

下諏訪町議会 2016-06-02 平成28年 6月定例会−06月02日-01号

ページの19款5項1目雑入の670万8,000円は、一般財団法人自治総合センターから470万円、また公益財団法人長野市町村振興協会から200万円、合わせて670万円のコミュニティ事業助成嘱託職員に係る雇用保険料個人負担分の8,000円でございます。  20款1項4目土木債の3,560万円は、街なみ環境整備事業債社会資本整備総合交付金補助裏に対する起債となっております。  

下諏訪町議会 2015-09-24 平成27年 9月定例会−09月24日-05号

一方、国庫補助金社会資本整備総合交付金、がんばる地域交付金、県の地域発元気づくり支援金コミュニティ事業助成確保等により、一般財源の支出を抑えるとともに事業拡大ができたことは大変ありがたいことであります。職員の皆様が国や県の施策に敏感に対応し、財源確保に努められたことに対して評価を申し上げるところであります。  

中野市議会 2015-09-02 09月02日-01号

次に、10目企画費は、164ページになりますが、公共交通対策事業費で、中野地域公共交通対策協議会負担金及び廃止路線代替バス運行費補助金などの経費地域活性化推進事業費は、宝くじ助成を受けてのコミュニティ事業助成、北信広域連合負担金では、北信広域連合への負担金であります。 次に、166ページをお願いいたします。 

下諏訪町議会 2015-06-18 平成27年 6月定例会−06月18日-05号

総務課にかかる部分では、コミュニティ事業助成950万円のうち850万円をコミュニティ事業補助金として、東町中に190万円、東町上170万円、7区250万円、四王240万円(同日「7区240万円、四王250万円」の訂正あり)を間接補助するものです。各補助内容説明をいただきました。

下諏訪町議会 2015-06-04 平成27年 6月定例会−06月04日-01号

議案第36号は、保健師修学資金貸与条例廃止議案第37号の平成27年度一般会計補正予算(第3号)は、地域発元気づくり支援金及びコミュニティ事業助成事業採択町道東山田東町線の用地購入及び補償金等に関するものであります。  報告第1号から第3号は、平成26年度一般会計予算繰越明許費繰越計算書下諏訪地域開発公社及び下諏訪土地開発公社事業報告等をお示しするものであります。  

下諏訪町議会 2014-12-15 平成26年12月定例会−12月15日-05号

総務課に関するものとして、コミュニティ事業助成が交付され、よかった。税務課に関するものとして、ふるさとまちづくり寄附金を広くPRしてほしいこと、過年度過誤納還付金に関しては早目状況察知と当初予算への反映ができるよう対応してほしい。産業振興課に関するものとして、お祭り広場による観光活性には期待している。