130件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

松川村議会 2019-09-18 令和 元年第 3回定例会−09月18日-02号

次に、これまでも村独自のキャリア教育が受け継がれてきましたが、コミュニティスクールにより、これまで聖域とも言える存在だった学校が開かれた学校になり、ここで育まれた村の子供たちがどのように成長するのか、どのような子供たちを育てたいのか、何を実現していくのかというこの取り組みの意義とも言える部分について伺います。 ○議長(平林寛也君) 教育次長

諏訪市議会 2019-09-02 令和 元年第 4回定例会−09月02日-03号

次に、女性のキャリア研修についてですが、近年は男女の差なく研修を受講できるようになっていると思いますが、諏訪市の取り組みについて教えていただきたいと思います。 ○伊藤浩平 議長  総務部長 ◎宮坂茂樹 総務部長  職員研修におきましては、以前から性別の区別なく、各職員希望する研修に参加できるよう十分に配慮をしてきているところでございます。  

諏訪市議会 2019-08-26 令和 元年第 4回定例会-08月26日-目次

│   │岩波万佐巳  │(1)審議会委員会等への女性の登用について        │ │   │ (補助議員)│(2)女性の管理職への登用について             │ │   │高木智子   │(3)「イクボス宣言」について               │ │   │       │(4)子育て関係休暇について                │ │   │       │(5)女性のキャリア

諏訪市議会 2019-06-17 令和 元年第 3回定例会−06月17日-03号

これはキャリアアップと就労等も含まれ、また防災減災消防など身近なところでの支え合い、これも含まれてまいります。  六つ目は、「未来を育む」という表現をいたしました。小中一貫校の取り組みもありますし、家庭総合支援拠点あゆステができましたが、そうした家庭への切れ目のない支援や、ふるさと学習やものづくり学習など、こうしたものも未来を育む項目に入ってくるかと思います。  

原村議会 2019-06-03 令和 元年第 2回定例会−06月03日-02号

それから、議員おっしゃるように境界立ち会いや登記事務等にかかわる者を特化してですね、係化して職に充てられるという議員のお話でございますけれども、これは現在の定員管理の中では難しいことから、限られた人員の中でキャリアアップ、要はスキルアップをしてですね、そして対応していくのが本筋であろうというように私は考えておりますので、以上でございます。 ○議長(芳澤清人) 中村議員

諏訪市議会 2019-02-27 平成31年第 1回定例会−02月27日-04号

こういう子供たちが参加する中で誇りを持ったり、将来への諏訪の産業のすばらしさを見たり、いわゆる子供たちがものづくりに将来的に参加する大事なキャリア教育の場じゃないかなと思います。  校内作品展ももうじき終わりますけれども、大体1月から3月にかけて、すばらしい作品が各学校に展示されます。

諏訪市議会 2019-02-26 平成31年第 1回定例会−02月26日-03号

それだけではなくて、先ほどもちょっと話が出ましたけれども、観光ですとか仕事でたまたま市内を訪れているという方々につきましては、以前にも申し上げましたけれども、各携帯キャリアによりまして、エリアメールというサービスがございまして、それを活用することにより諏訪市内にいる全ての方々にメール配信により情報発信をする予定となってございます。              

下諏訪町議会 2018-12-12 平成30年12月定例会−12月12日-03号

保育園とか小学校、それから特別支援学校の小学部においては、みずから行動する力を、また中学校、それから高等学校特別支援学校の中学部・高等部においては、職場体験学習でありますとか、現場実習でありますとか、そういったキャリア教育、そんなものを含め、人・物・事とかかわりながら自己選択、自己決定できる力でありますとか、自分に合った道を探そうとする素地を高めていくことなど、将来生きて働く力の育成について、今後

原村議会 2018-12-04 平成30年第 4回定例会−12月04日-03号

低いというのは、原村の職員は強いて言いますと、市の職員というのは新規採用職員でずっとキャリアを積んでいく中ですけれども、原村の場合はどうしても中途採用の職員の構成が非常に多いということで、やっぱり初任格付けという面で非常に苦慮しているという事実があるのは御理解いただきたいと思います。  

諏訪市議会 2018-12-03 平成30年第 5回定例会−12月03日-03号

この自己申告書は、当人の健康状態など人事的な配慮を要する事項、それから資格、経験、また今後携わってみたい事業といったキャリア形成などを記載して年1回提出するものでございます  障がい者雇用率の算出におきましては、現在任用している全職員のうち障害者手帳所持している職員が何人いるかというものであり、障がい者雇用をしている人数が何人かというものではございません。

諏訪市議会 2018-09-03 平成30年第 4回定例会−09月03日-03号

それから中学年、高学年については、いわゆるキャリア教育です。将来消防団に入ることも含めたキャリア教育の一環として、地域での貢献といいますか、そういう視点でもって勉強の大事な材料になるんじゃないか。あるいは社会科でいいますと、地域を理解するというこの大事な点で大きな教材にもなると思っています。  既に始めていますけれども、消防団とのつながりを大事に考えた時間。

諏訪市議会 2018-06-11 平成30年第 2回定例会−06月11日-03号

次に経済部に移りますけれども、非常に多くの主要事業を抱えておりますけれども、ここではキャリア教育のフォローアップ事業、それから学生雇用応援事業、工場等立地促進助成金、フォトニクスポリマイノベーション国際会議開催事業、蓼の海のハザードマップ作成について、その進捗状況をポイントを絞って御説明いただければと思います。

下諏訪町議会 2018-06-08 平成30年 6月定例会−06月08日-04号

講義に加えて、参加者の情報交換、意見交換の機会もあり、今後のキャリアアップに対する意識改革が図られる内容となっております。  それから、昨年参加した職員からは、ワーク・ライフ・バランスについて改めて考えるいい機会となったと。また、6市町村で働く女性職員とのグループワークを通じ、女性ならではの悩みや仕事に対するモチベーションの持ち方など共感することや新たな発見もあり、とても有意義な時間であった。