62件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

下諏訪町議会 2019-09-05 令和 元年 9月定例会−09月05日-04号

道路の狭いところは、より緊張するものですが、例えば崖のようなところをぐるっと回るようなときには、ガードレールがあるのとないのとでは大分緊張感が違ってくるわけです。  この現場は崖というわけではなく土手という感じですが、ここにはガードレールがありません。その上のほうと下のほうにはガードレールが設置されていますが、ちょうどここだけないのです。

原村議会 2019-09-03 令和 元年第 3回定例会−09月03日-03号

郵便局から下に下る道路において、長野県は八ヶ岳の景観に配慮して、標識のポール、ガードレール、柵を茶系色で統一しました。その後に村が設置した防犯灯は灰色、電柱色のため違和感があります。茶系色に統一すべきではないでしょうか。答弁願います。 ○議長(芳澤清人) 五味村長。 ◎村長(五味武雄) お答えします。

原村議会 2019-08-30 令和 元年第 3回定例会−08月30日-目次

│       │  │     │      │ 3.原郵便局から西に下る道路におい│〃      │  │     │      │  て、長野県は八ヶ岳の景観に配慮し│       │  │     │      │  て、標識ガードレール、柵を茶系│       │  │     │      │  色で統一した。

諏訪市議会 2019-06-17 令和 元年第 3回定例会−06月17日-03号

基準どおり整備された道路交差点には、巻き込みを防止したり、車両の進入や車両同士の事故による飛び込みなどを防ぐために、縁石やガードレール、キングポストが設置されております。特に重要な交差点にはより多くの防護設備を設置する場合もございます。  しかしながら、基準どおりの整備が難しい道路や狭隘な道路については路側帯部分が狭く、縁石はもとより、ガードレール等の設置さえも困難な場所が多くあります。

下諏訪町議会 2019-03-06 平成31年 3月定例会−03月06日-03号

その第7案を基本に進めてまいりましたが、福沢川合流部の改修については、将来的に都市計画道路赤砂東山田線を整備する際に、河川改修で整備する橋やガードレール等を壊さないと道路整備ができない可能性があることから、整備を行う県の方針として都市計画道路整備とあわせた合流部の改修を行うこととされております。  

諏訪市議会 2018-12-04 平成30年第 5回定例会−12月04日-04号

上川堤防にかかる通勤バイパスでございますけれども、管理状況が大変複雑で、堤防は県が管理し、堤防車道としている舗装面及び舗装面から約1メートル幅くらいは市が管理されている状況とのことでありますけれども、現状では車両転落事故があちこちで発生する状況で、ガードレール安全面において対策ができない状況や、また堤防の草刈り等においても支障を来している状況が見受けられます。  

原村議会 2018-03-01 平成30年第 1回定例会−03月01日-03号

それから毎年その費用、修繕費、修理費用というようなことに相当な額になるということは承知しているところでありますが、特にこの冬は寒さが厳しくて、凍結により、もう既に道路の盛り上がり、亀裂、穴があくなど、道路ばかりではなくて、側溝のひび割れ、傾き、ガードレールの損傷等が目立って多くなっております。

下諏訪町議会 2017-06-12 平成29年 6月定例会−06月12日-03号

そういった中で、道路を管理する県にお願いをして、ガードレールと木落し坂の間に車が縦列でとまれるようなスペースがあるもんですから、あのガードレールを外せないかと、外していただいて、そこに幅寄せみたいな形で2台ぐらいの大型バスが置けるスペースができないかと、そんなお願いをしてきている経過があります。

諏訪市議会 2017-02-27 平成29年第 1回定例会−02月27日-03号

道路の拡張、ガードレールの設置、また公設市場道の駅建設し、農産物、お酒、お土産品、加工品等を扱い観光客を誘致する、こうすることによって公設市場有効活用、さらに西方住民の活性化が図られると思いますが、いかがでしょうか。 ○宮下和昭 議長  建設部長小松弘明 建設部長  まず私から道路整備についてお答えをさせていただきます。

下諏訪町議会 2016-12-14 平成28年12月定例会−12月14日-04号

また、交通安全対策としてガードレールやカーブミラーの設置及び修繕、それから道路標示や道路標識などの設置などの交通安全施設整備事業費につきましては、近年400万から500万円程度で推移をしておりますけれども、この財源につきましては交通安全対策特別交付金を準特定財源として捉えて活用し、整備事業を行っております。

諏訪市議会 2016-12-06 平成28年第 4回定例会−12月06日-04号

例えばですけれども、ガードレール、それからミラー等の道路工作物の老朽化に伴い、危険な状況のものにつきましては、早急に修繕しておるところであります。また、高低差があり転落の危険性が認められる場所につきましては、ガードレール等の設置を行うとともに、注意喚起が必要な場所については警戒標識、それからカラー舗装等々の路面標示もあわせて行っております。

諏訪市議会 2016-09-06 平成28年第 3回定例会−09月06日-04号

工事内容としましては、舗装や側溝の修繕、ガードレールや路面標示の修繕等、さまざまとなっております。建設課内の実績となりますけれども、件数につきましては、平成25年度が286件、平成26年度が269件、平成27年度275件ということで、大体270件前後をお願いしております。ちなみに1件当たりの平均は13万4,000円ほどの工事となっております。  

諏訪市議会 2016-09-05 平成28年第 3回定例会−09月05日-03号

安全対策についてですが、本来ならば道路マレットゴルフ場を物理的に分離できるガードレールのような工作物が望ましいところではありますけれども、通勤バイパスは上川の河川区域内のために、河川法により工作物の設置が認められない状況にあります。事故後、警察、それから関係機関等々と現場にて診断、協議を行って、河川法の縛りの中で最大限の効果がある対策として、現在の路面への注意喚起を実施したところであります。  

下諏訪町議会 2015-03-10 平成27年 3月定例会−03月10日-02号

変わるものは、改正後の第33条第2項の規定によるもので、例えば過去に町内に消費者金融等の広告看板がガードレールや民地のフェンスなど、勝手に設置される事件が多発した際、長野県屋外広告条例の規定により撤去しますと、こうした指導により、これらの看板の撤去を行っていた事例がありますが、今回の改正により、長野県屋外広告条例第何条に規定をする何々の要件に該当するため撤去しますと、具体的な条項と要件を示す必要

諏訪市議会 2015-03-02 平成27年第 1回定例会−03月02日-03号

予備設計、詳細設計の中で道路改良、ガードレールの移転、交差点形状の問題点等の課題を洗い出しまして、警察、関係団体、関係機関、それから自転車利用者等の意見等もお聞きする中で、安全で円滑な自転車通行環境の整備を進めていきたいと思っております。              〔「議長15番」の発言あり〕 ○水野政利 議長  金子喜彦議員 ◆15番(金子喜彦議員) ありがとうございました。

下諏訪町議会 2014-06-09 平成26年 6月定例会−06月09日-03号

要望の内容といたしましては、信号機と横断歩道の位置の変更、道路の拡幅、歩道の新設、ガードレールの設置、路面標示などが出ております。ここで用地の確保等問題がございますが、応急的な対策といたしまして、道路管理者であります長野国道事務所におきまして、路面の標示は実施されております。  

諏訪市議会 2014-02-20 平成26年第 2回定例会-02月20日-01号

報告第2号は、昨年7月14日、湖岸通り二丁目6番32号付近の市道21001号線において、ガードレールに挟まっていた金属片によって、歩行者が負傷した事故についての報告であります。  報告第3号は、昨年12月16日、市役所駐車場において、駐車しようとしていた車両が植栽の枝によって、ストップランプのカバーを損傷した事故についての報告であります。  

諏訪市議会 2013-12-09 平成25年第 5回定例会−12月09日-03号

亀岡市事故以降、全国的にも通学路の安全対策が行われ、当市においても横断歩道の設置、グリーンベルト、ガードレールの設置等インフラ整備も行われております。一方、ソフト面においても危険箇所の確認、周知等が行われております。低学年、特に新入学児童においては、入学前等に親と一緒に通学路を歩きお互い危険な箇所、安全対策等を家族で話すという取り組みを行っていたと思いますが、現在の状況をお伺いいたします。