11件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

諏訪市議会 2019-12-03 令和 元年第 5回定例会−12月03日-04号

この中の植物は16種類になっておりますが、現在、諏訪市で駆除に取り組んでいるアレチウリオオハンゴンソウもこの中に入っております。アレチウリはウリ科の一年生の草木で、種から発芽して1年で枯れていく植物ですけれども、生育速度が非常早いつる性の植物で、長さが数メートルから十数メートルになり、群生し、実には鋭いとげがあります。  

原村議会 2018-06-04 平成30年第 2回定例会−06月04日-02号

原村では特定外来種の除去として、オオハンゴンソウやオオキンケイギクの除去をですね、ボランティアとともに実施しているところであります。ただですね、住民の健康被害を考慮いたしますと、秋の花粉症患者が年々急激に増加している、その原因となる生態系被害防止外来種であるオオブタクサの除去も同レベル、あるいはもっと重要な対策として考えていくべきではないかなと思います。

原村議会 2017-09-05 平成29年第 3回定例会−09月05日-03号

昨年の6月、特定外来植物の駆除対策を村長に質問したところ、村長は信州環境美化運動の一環として、4月から6月までの間にアレチウリオオハンゴンソウ等の特定外来植物を除去、秋には県による信州美化キャンペーンの新事業に参加し、特定外来植物の除去やごみ拾いをメーンに美化活動に努め、法令化していくということを行いました。  

諏訪市議会 2017-09-04 平成29年第 4回定例会−09月04日-03号

二つ目に市内の小学生の活用への醸成でございますが、霧ヶ峰自然の保全、再生という点では、現在、市が実施しております特定外来植物オオハンゴンソウの駆除事業に小学4年生以上の親子同伴で参加していただいております。また、小和田牧野農業協同組合では、城南小学校児童や上中の生徒とともにニッコウキスゲの復元に取り組む事業を進めてきております。

原村議会 2016-06-02 平成28年第 2回定例会−06月02日-02号

◆6番(芳澤清人) 特定外来植物についてなんですが、原村ではオオハンゴンソウ、オオキンケイギク、アレチウリなど特定外来植物が急激にここ数年でですね、繁殖しております。特定外来植物でなくてもですね、つい先ごろまで、5月には菜の花に似た黄色い花をつけるハルザキヤマガラシが要注意外来植物として、本当に村内によく見かけるようになりました。  

原村議会 2015-09-01 平成27年第 3回定例会−09月01日-目次

│       │  ├─────┼──────┼────────────────────┼───────┤  │  2  │芳澤清人  │*外来植物等について          │       │  │     │      │ 1.オオキンケイギク、オオハンゴンソウ│村長     │  │     │      │  等の繁殖はすさまじい勢いである。

諏訪市議会 2014-09-08 平成26年第 5回定例会−09月08日-03号

私、きのう、オオハンゴンソウ、西山の山のところで取って、私の地域ですけれども、管理する地区ですけれども、きょうの朝、450キロ、焼却場へ運んできました。これ大変なことですけれども、放っておくともっと大変になってしまう。せっかく間伐等をしたりして日当たりのいい山をつくっているんですけれども、オオハンゴンソウのために、畑をつくっている形にならないようにしてくためにはどうしたらいいか。

諏訪市議会 2013-06-11 平成25年第 3回定例会−06月11日-04号

今年度は、さきの全市一斉清掃、5月26日に実施したものでございますが、この際に上川右岸鷹野橋から車橋の間で、しがっこクラブの皆さんや諏訪南中学校の生徒の皆さんとでアレチウリや春咲きヤマガラシの除去を実施したところでございますし、これから6月13日、20日は霧ヶ峰でもオオハンゴンソウの除去に努めてまいります。以上です。              

原村議会 2013-06-07 平成25年第 2回定例会−06月07日-02号

去年の広報の8月号ですか、オオキンケイギク、オオハンゴンソウアレチウリと、オオキンケイギクというのは現在オルゴールのところへ入っていくところのあの黄色い花がそうなのかね。去年はいっぱい咲いていて、消えたけど、そこいらもここにこれがあるよということで教えてもらえばありがたいんです。

原村議会 2012-06-11 平成24年第 2回定例会−06月11日-02号

ここにはアレチウリ、オオキンケイギク、そしてオオハンゴンソウ挙げてありますけれども、そのほか原村の田んぼの土手などにあるのはハルザキヤマガラシです。それで、これがいかに勢力をふるっているかというのは、これは御柱道の上の方の村有林、村有林じゃないかな、道の両わきなんですけれど、ほとんどがオオハンゴンソウのようです。こんなに林の中まで侵入しちゃったんですね。  

原村議会 2007-09-11 平成19年第 3回定例会−09月11日-03号

それから、自治会だよりの発行、地区内の空き缶、ごみ拾い、それからオオハンゴンソウの駆除、こんなふうなことも、きょうも新聞に出ていますけれども、もう2回目を行ったということのようです。それから自治会マレットゴルフ大会、それから自治会の旗というのをつくりましたね。自治会の旗がなければ御柱にも参加できませんからね。防災訓練の開催というふうなこと。  

  • 1