18件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

飯山市議会 2019-12-11 12月11日-02号

市では、この災害ごみを年度内を目標に処分するとお聞きしましたが、この一般廃棄物と言われるもの、エコパーク寒川で対応できるのか、あるいはその中には家電も多くある中、別の場所で処理計画があるのかをお聞かせください。 ○議長渋川芳三)  北爪民生部長。 ◎民生部長福祉事務所長北爪英紀)  仮置き場に集められた災害ごみ処理についてお答えいたします。 

飯山市議会 2019-06-19 06月19日-03号

飯山市をはじめ岳北3市村のごみは、岳北広域行政組合エコパーク寒川にて処理されておりますので、今回の廃プラスチック処理の要請については、岳北広域行政組合検討されるべきと考えますが、5月20日付で環境省が全国の都道府県に出した「廃プラスチック類等に係る処理円滑化等について」という通知は、県を通じて当市にも届いておりますので、わかる範囲で答弁させていただきます。 

飯山市議会 2016-09-09 09月09日-04号

1番、子ども農山滞在について、2番、市道草刈り作業について、3番、有害鳥獣について、4番、武道教育について、5番、エコパーク寒川について質問いたします。 それでは、第1番目の子ども農山滞在について質問いたします。 国の教育方針として、都市部子ども農山村に滞在し、勉強することを義務づける方向で進んでいるとのことであります。諸党派の国会議員県会議員も前向きであります。

飯山市議会 2013-12-12 12月12日-03号

それから、エコパーク寒川に直接持ち込まれた燃えるごみ、燃えないごみでございます。あるいは粗大ごみという形で持ち込まれるものがかなりございまして、全体の30%、2,082トンという状況でございます。 それから、先ほど申し上げましたプラスチック製容器包装を除くいわゆる資源物古紙ですとかガラス瓶ですとかそういうものがございます。

飯山市議会 2013-09-11 09月11日-03号

それから、ペットボトルもあるんですけれども、これにつきましては市が委託をしました業者エコパーク寒川へ運びます。ペットボトルにつきましては岳北の3市村で共同で中間処理をしているということでございまして、岳北行政組合として集められたものを圧縮梱包処理をいたします。 それにつきましては、入札をしまして、その材料を落札した業者に売り渡すということになります。

大町市議会 2012-05-30 05月30日-01号

地域での検討の参考としていただくため、市におきましても、先月26日に市内全自治会長皆様を対象として、大町市環境プラント並びに県内の最新の施設であります飯山エコパーク寒川見学会を実施いたしました。見学会には多くの自治会長さんに御参加いただいており、今後、自治会中心とした地域での候補地検討が進むものと期待しております。

飯山市議会 2011-06-13 06月13日-04号

可燃ごみエコパーク寒川への飯山市分の搬入量、これにつきましては、平成18年度に比べまして22年度の実績で9.2%の減量となっております。減った内容につきましては、集落のごみステーションに出されております可燃ごみ組成調査の結果を見ますと、平成18年度の調査では、22.5%含まれておりました古紙中心とする資源物、これが昨年は13.5%に減ったことが大きいと言えます。 

飯山市議会 2010-12-20 12月20日-03号

それから、収集運搬業務経費の増、あるいは新センターに伴う経費の増と有料化についてでございますけれども、瑞穂の旧クリーンセンターから藤沢エコパーク寒川になったことで、収集運搬に要する総距離が延びているわけでございまして、それに伴って燃料、あるいは移動時間等に要する経費がふえ、エコパークに運搬する燃えるごみ、燃えないごみガラスびんペットボトルなどの収集運搬業務委託料につきましては、年額約1割、330

飯山市議会 2009-12-09 12月09日-04号

エコパーク寒川として稼動に至るまで大変な道のりでありました。市長さんをはじめ、担当の職員方々のご努力と、長い間お世話になった瑞穂地域皆様や受け入れてくださった藤沢地区方々に改めて敬意と感謝を申し上げたいと思います。 このエコパーク寒川は、旧クリーンセンターに比べ、焼却炉が小さく、長持ちさせるためには減量が不可欠でございます。

飯山市議会 2009-09-08 09月08日-02号

それから、予算関係赤字比率は、今議員さんがおっしゃるように40億円という多大なエコパーク寒川をつくったということでございますが、これは、長期的な形で、岳北広域市町村がそれぞれ計画を立て、我々も平成22年度としても、しっかりと償還に充てる予算を優先してつくっていくということでございますが、数字上、見た場合については、おっしゃるような形に見える。

飯山市議会 2009-03-09 03月09日-02号

クリーンセンターエコパーク寒川稼働に伴い、私たちは喫緊の課題として、ごみ減量施策推進に取り組んでいく必要があるのではないかと考えます。 そこで、2点に分けてお伺いしたいと思います。 1点目は、昨年10月、飯山廃棄物減量等推進審議会の答申において、ごみ排出量平成23年度には、平成18年度実績に対して20%削減することを目標とすることが盛り込まれました。

飯山市議会 2008-12-11 12月11日-04号

せっかく藤沢皆さんからもご協力いただき、やっとこのクリーンセンター、いわゆるエコパーク寒川ができ上がったにもかかわらず、どんどんごみが増えていってしまうようなことであれば、これはもっと、その経費もかかるわけでございますので、市民皆さんからも、ぜひひとつ、ご協力いただいて、リサイクルに回されるごみリサイクル、どうしても燃やさなければいけないものについては、燃やすごみだということでご協力を賜り、みんなでできるだけ

  • 1