11件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

下諏訪町議会 2013-09-10 平成25年 9月定例会-09月10日-04号

産業振興課長(柚原) ワカサギとかシジミの漁獲量の話ですが、諏訪湖漁協さんによりますと、昭和初期にはワカサギ、ウナギ、コイ、フナ、エビ、シジミ、タニシ等多様な魚介類がとれていたということですが、量について昭和35年くらいまではシジミ等の貝類も含めて約400トンの漁獲がありました。最近につきましては、平成10年が86トン、それから19年が21トン、23年が25トンと減少しております。

下諏訪町議会 2012-06-07 平成24年 6月定例会−06月07日-03号

ウナギが真っ先に出てくると、あれ、ウナギの町は下諏訪だったのかなあ、違う町だったのかなあという、そんな感じもすることがございます。  したがって、下諏訪で何がうまいのか、何が有名なのか、この町の食に関する特徴は一体何なのかという利用者の要望には、現在ではストレートにお答えができないというのが現状だと思います。つまり、町のホームページからでは、うまいものにたどり着けない。

下諏訪町議会 2012-03-06 平成24年 3月定例会−03月06日-03号

特産品というと、近隣では、すぐ近ごろ最近ですが、富士見町ではルバーブというようなものをジャム、それからアイスクリームにしたり、それから肉料理のソースにしたりということ、そしてまた茅野では寒天を使った料理、そしてまた諏訪市では上野大根が有名でございますし、またみそ天丼、それから岡谷ではウナギというものが私たちの中では、近隣の中では知っているものかなというふうに思うんですが、それじゃあ一体、下諏訪には何

諏訪市議会 2011-03-02 平成23年第 2回定例会−03月02日-04号

また、食事についてもウナギなどの昼食とホテルでの夕食、朝食を食べていただきましたが、96.6%の方が満足していただいという評価をいただいたという報告がございました。ただ、これモニターツアーでありますので、悪いことは言えなかったんじゃないかなあというのが一つあります。この辺もですね、改めて私ども気をつけていかなければいけない問題であると思っております。

下諏訪町議会 2010-12-09 平成22年12月定例会−12月09日-03号

そのときの提案では、諏訪湖のウナギを使ったウナギの太巻きというのがありましたけれども、私、そのB級グルメのB1グランプリに参加ということに関して言えば、例えば、厚木のシロコロホルモンだったか、富士宮焼きそば、また山梨の鳥もつ煮ですかね、そういったことで、かなり全国的に有名になりますので、やはり、そういったところに着眼していく視点というのもすごいなと思います。

諏訪市議会 2006-03-03 平成18年第 2回定例会−03月03日-04号

ドジョウがいるかどうかは、もう市民にかかっているわけでありますので、大きなウナギぐらいができればなあと思っているところであります。  それから、すわっこランドに、次に入らせていただきたいと思いますが、すわっこランドは非常に私ども当初考えた以上の評価があったんではないかなと思っております。非常に多くの方に、今利用していただきまして、喜ばれている施設だと思っております。

諏訪市議会 2000-09-11 平成12年第 6回定例会−09月11日-03号

各地で新素材による地域性を生かした産物の開発が行われ、または同じ素材でも売り出し方を工夫していくという、岡谷のウナギの例もあり、諏訪市でも工夫が待たれるところであります。9日第1回の農業祭が行われ、市も力を入れて規模の拡大を図りました。これは昨年開かれた第1回工業展の開催とともに、新しい試みとして評価し、今後の取り組みに期待するものであります。

  • 1