運営者 Bitlet 姉妹サービス
1533件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-03 軽井沢町議会 平成30年 12月 第1回定例会(12月会議)-12月03日−02号 例えば、保健、教育、ジェンダーとか、エネルギーとか、インフラ、このようなしっかりと取り入れていけることかなと思いますので、町長またお考えいただけると思いますので、しっかり部署と取り組んでいただければと思います。   もっと読む
2018-09-25 安曇野市議会 平成30年  9月 経済建設委員会-09月25日−01号 とにかく事業者さんにも平準化ということができるような発注体制を整えてまいりたいと思っておりますし、余談にはなりますが、いわゆる労働環境という部分ですと、建設業も週休二日というようなことを県のほうは執行しておりますので、市の工事につきましてもそういう方向を示して、とにかく働いていただく方の労働環境を整えながら、きちんと市のインフラのメンテナンスと除雪も含めて、市民生活の安全・安心確保につながるような支援 もっと読む
2018-09-20 軽井沢町議会 平成30年  9月 第1回定例会(9月会議)-09月20日−05号 ◆3番(押金洋仁君) 本城氏につきまして、人物、識見、経験の上でも何ら疑うものではありませんが、今ご説明ありましたとおり、2020年開設予定の学校法人の経営に携わっておられるということで、そういった背景を踏まえて、インフラの整備ですとか、そういった町の施策に、みずからの関与する学校法人の経営に、少し配慮した活動とならないのか、教育委員本来の責務と、それからみずからの私的な立場、事業としての立場のところにしっかり もっと読む
2018-09-14 安曇野市議会 平成30年  9月 定例会-09月14日−03号 プールの運営を続けることで、学校や道路、橋梁、上下水道など生活に直結するインフラにしわ寄せがいくことになるとの説明があれば納得しやすいのではないでしょうか。実際には全ての行政サービスが相互に関連し合っていて、どれか1つにだけしわ寄せが行くということはないでしょう。プールの改修費や運営費とほぼ同額でどんな行政サービスがなされているのかわかれば、プールの負担をイメージしやすくなるかもしれません。   もっと読む
2018-09-13 軽井沢町議会 平成30年  9月 予算決算常任委員会(9月13日)-09月13日−02号 軽井沢町の良好な環境を維持するという面では、道路というインフラ整備の重要性を強く認識をしております。効果的で効率的な道路整備に心がけて邁進してまいりたいと考えております。  以上でございます。 ○副委員長(佐藤幹夫君) 答弁が終わりました。 ○委員長(大浦洋介君) 2つ目の質問に移ります。 ○副委員長(佐藤幹夫君) 13番、大浦委員。 もっと読む
2018-09-12 上田市議会 平成30年  9月 定例会(第3回)-09月12日−一般質問、議案質疑、議案付託−04号 また、市有施設やさまざまなインフラの更新に当たり、国の予算編成や動向を十分注視しながら、まずは市庁舎や自治センターの改築事業に取り組み、公共施設マネジメントの推進を計画的に実施していくとともに、中小企業対策や雇用対策にもついても力を注いでまいりたいと考えております。   もっと読む
2018-09-11 上田市議会 平成30年  9月 定例会(第3回)-09月11日−一般質問−03号 今の長引く国の低金利の中では、金融支援の有効性をどこに見出すのか、難しい時代だというふうには思うところでありますけれども、資金支援も必要だとは思いますが、人材育成や、上田地域に働く皆様の交流や福利厚生などの就労環境の整備、また企業を支える災害に強いインフラの整備といった長期的な展望を持った支援が、今の上田市の産業力を高めるためには必要ではないかと思うところでございます。   もっと読む
2018-09-10 上田市議会 平成30年  9月 定例会(第3回)-09月10日−一般質問−02号 公共交通の重要性はとみに指摘されるところですが、重要な社会インフラとしてなくてはならない社会的資源です。 もっと読む
2018-09-06 下諏訪町議会 平成30年 9月定例会−09月06日-03号 また、インフラ施設、道路、橋梁、上下水道、林道、農業水利施設、消防水利施設等の試算も挙げられていますが、今後計画どおり予算組みをして改修を行っていくかお聞かせください。 ○副議長 町長。 ◎町長 これはあくまでも計画といいますか、そういったものが必要になるよということをお示しさせていただいているものですから、それを計画どおりに全て着実にできていくかといったら、なかなか難しい課題もあります。 もっと読む
2018-09-04 軽井沢町議会 平成30年  9月 第1回定例会(9月会議)-09月04日−03号 先ほども水道のお話などもありましたが、当町が抱えている公共施設やインフラというのは、これからお金がどんどんかかっていく、一番悩ましいところであります。こういったところで、国がメニューを用意している。それには空き家等対策計画が必要だということなんですよね。ここまでお話ししていかがでしょうかね。方向性、ちょっと検討してみるとか、何かないでしょうか。 もっと読む
2018-09-03 上田市議会 平成30年  9月 定例会(第3回)-09月03日−趣旨説明−01号 これは、櫓下泉平線やインフラ長寿命化修繕事業、原町一番街地区優良建築物等整備事業補助金の減などが主な要因でございます。 もっと読む
2018-08-20 下諏訪町議会 平成30年 8月臨時会−08月20日-01号 これからは過去に投資したインフラの老朽等、多くの負の資産を抱えている。都市機能の再生や維持管理は大きなくくりの中で行うことが効果的であり、経済的であると考える。そうしたもろもろの観点から、長い将来を見据え、合併について今から協議することは必要なことと考える。できるところから進める。本意ではないが、6市町村一緒といっても、その先は見えてこない。 もっと読む
2018-08-02 飯田市議会 平成30年  8月 産業建設委員会協議会-08月02日−01号 ○委員長(湯澤啓次君) ある面では最もインフラ、都市機能がそろったところが中心市街地なので、そこが空き家というのは宝物かもしれないと、見方を変えればね。そこが利活用できない、そういうことだったと。  今、小戦略を全てやりました。先ほどもお話ししましたように、ここで結構いい御指摘もありますので、これを生かしながら基本目標の評価に移らせていただきたいと思います。   もっと読む
2018-07-05 軽井沢町議会 平成30年  7月 予算決算常任委員会(7月5日)-07月05日−01号 有形固定資産と申しますのは事業用資産、インフラ資産、物品、この3つでございます。無形固定資産、投資その他の資産がございます。 もっと読む
2018-06-19 茅野市議会 平成30年  6月 定例会-06月19日−06号 また、来年3月からはコンビニでの証明書交付サービスは、住民にとって利便性の高い公平、公正な社会を実現するための行政サービスの基盤、インフラ整備であり、郵便局においてもマルチコピー機の設置は拡大されていくということから、将来を見据えた住民サービス向上事業でありますので、議案第37号については賛成とさせていただきます。 ○議長(両角昌英) 討論を終結いたします。  これより採決を行います。   もっと読む
2018-06-18 安曇野市議会 平成30年  6月 定例会-06月18日−04号 一方、市の財政計画、これは道路、橋梁、上下水道といったインフラ整備も含めまして、公共施設整備に充てられる普通建設事業費、これは平成36年度には約22億4,000万円まで縮小するという見込みでございまして、現在の施設を全て保有していくということは大変困難であるということはこれまでも説明をさせていただき、また、御理解を賜りたいというように思います。   もっと読む
2018-06-18 飯田市議会 平成30年  6月 社会文教委員会協議会-06月18日−01号 被災地での生活については、停電も解消しているということで、物流も基本的には動いているようですから、被害を受けた方々以外の方は通常の生活を継続しているというふうに認識していますが、今後、上下水道等のインフラの被害がだんだん明らかになってくると思いますが、そういったところで当市においても上下水道の技術職員とか、あるいは被害家屋の調査員といったような、中・長期的に必要となってくる人員の派遣要請には対応できるように もっと読む
2018-06-15 安曇野市議会 平成30年  6月 定例会-06月15日−03号 当然、収入が減る以上、市民のそれぞれの皆さんの生活に欠かせない医療・介護・教育・子育て支援、また生活インフラの整備といった行政サービスの水準を、これは維持をしていかなければならないということでありまして、限られた財源を選択的、集中的に配分をせざるを得ない状況であります。   もっと読む
2018-06-15 下諏訪町議会 平成30年 6月定例会−06月15日-05号 コンビニ交付は費用対効果での疑問は残るが、住民サービスとしてのインフラ整備が必要である。  討論では、時代の流れで、利便性、住民サービスの向上というのはよくわかる。現時点では、マイナンバーカードは住民も国民も広く理解されるにはまだ不十分。そういう中で、いわゆるコンビニ交付は住民サービスから離れていると思う。 もっと読む
2018-06-14 安曇野市議会 平成30年  6月 定例会-06月14日−02号 また、将来、一層少子高齢化社会を迎えて、医療・介護・子育て・教育・生活インフラ等、市民生活に不可欠な事業予算への影響が心配されないでしょうか。その点について市長及び担当部長に伺います。 ○議長(小松洋一郎) 市長。      (市長 宮澤宗弘 登壇) ◎市長(宮澤宗弘) 竹内議員にお答えをいたします。   もっと読む