125件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

原村議会 2020-03-02 令和 2年第 1回定例会−03月02日-03号

インターチェンジや中央道の開通に伴いまして、諏訪南インターチェンジからの輸送車両、それから観光車両、通勤車両など、交通量が非常に以前に増して増加しております。それに加えまして特に朝方、夕方の通勤車両、観光シーズンの県外車両の増加に伴って、農繁期になりますと村内の農作業車等の増加により、より一層リスクも増してくるということの中で、特に歩道、通学路のないところは非常に危険でございます。  

諏訪市議会 2019-12-11 令和 元年第 5回定例会−12月11日-06号

また、このほか観光を初めとした産業に関する新たな経済政策、今後のまちづくりなど都市基盤の整備やスマートインターチェンジ等の大型事業の進捗、四賀ソーラー事業、仮称ですが、これに関する見解、サンデーリサイクルの取り組み、介護保険制度の現状や風疹対策、骨髄バンクドナー登録に関する啓発、視覚障がいの方にかかわる対応、スポーツ振興やゆめスクールプランの進展など、多岐にわたる御質問もいただきました。  

原村議会 2019-12-04 令和 元年第 4回定例会−12月04日-04号

それならば、諏訪南インターチェンジからのズームラインの今は荒れている植栽スペースを利用して、景観気候に合った卒業記念樹もしくはラベンダーを植えて、少しずつ景観をよくしていくことが考えられるが、いかがでしょうか。 ○議長(芳澤清人) 五味村長。 ◎村長(五味武雄) お答えします。議員おっしゃられましたように、私も現地を何回か見に行ってきております。

諏訪市議会 2019-12-03 令和 元年第 5回定例会−12月03日-04号

スマートインターチェンジが開通する、そして今はもう800メートルできていまして、あと工事中のサイクリングロード、ジョギングロードの整備が進んでいます。そして水辺カフェのような諏訪湖を楽しんで歩いたり走ったり、飲んだり食べたりしていただけるような形が望ましいんじゃないかと思います。  

原村議会 2019-12-03 令和 元年第 4回定例会−12月03日-03号

1番、現在職員が公用車で長野方面に向かうときは、前村長の意向で諏訪インターチェンジから乗り、帰りも諏訪インターチェンジでおりるように促していると聞いていますが、村の規定ではどのようになっているのでしょうか。答弁願います。 ○議長(芳澤清人) 五味村長。 ◎村長(五味武雄) お答えします。まず、具体的な答弁の前に、高速道路の利用の関係ですね、これは経済効率性の大原則があります。

諏訪市議会 2019-12-02 令和 元年第 5回定例会−12月02日-03号

スマートインターチェンジ、これからに向けて発信をするということであります。西も東も含めて諏訪湖の周り一帯であります。陸の孤島とならぬよう、ぜひとも命の道づくりを進めていただきたいと思います。  それでは、災害関連の質問は以上といたしまして、次に改正健康増進法における受動喫煙対策についてお伺いをいたします。

原村議会 2019-11-29 令和 元年第 4回定例会−11月29日-目次

│       │  │     │      │ 2.諏訪南ICは、中央道の当初計画│〃      │  │     │      │  には無かったので、富士見町・茅野│       │  │     │      │  市と協力しながら、村を挙げて新設│       │  │     │      │  に取り組み、そして実現させた請願│       │  │     │      │  インターチェンジ

諏訪市議会 2019-11-25 令和 元年第 5回定例会−11月25日-01号

諏訪湖サービスエリアスマートインターチェンジ事業につきましては、本年9月に国土交通省から中央自動車道への連結許可を受けたため、来年度以降の事業化に向け、新設される県道から諏訪湖サービスエリアまでのアプローチ道路を新たに市道として認定するものであります。  続いて、予算関係議案につきまして御説明を申し上げます。  

諏訪市議会 2019-09-17 令和 元年第 4回定例会−09月17日-06号

また、駅前交流テラスすわっチャオ、諏訪湖周サイクリングロード整備事業、これから本格化していくスマートインターチェンジ設置事業の継続事業に対しては、今後の事業費、維持管理費を鑑みると多額の費用が必要。少子高齢化が加速する中、福祉にかかわる予算がこれから増加することは必至。今後を考えると、大型事業に着手し過ぎたのではないかとの懸念もある。

原村議会 2019-09-03 令和 元年第 3回定例会−09月03日-03号

1番、諏訪南インターチェンジから本村に入る窓口とも言えるズームラインの街路樹が十分管理されておらず、種類や高さもばらばらで美しさを感じない。八ヶ岳の景観にマッチする背の低い樹木にし、種類を統一し、今後は行政責任を持って管理すべきと考えますが、いかがでしょうか。答弁願います。 ○議長(芳澤清人) 五味村長。

諏訪市議会 2019-09-02 令和 元年第 4回定例会−09月02日-03号

さらに、国道20号バイパス整備や諏訪湖サービスエリアへのスマートインターチェンジ設置、湖周サイクリングロード整備、柳並線延伸など大型事業が動き始めているところであります。  無電柱化事業はコストの高さが課題となっており、国では技術開発を進めているようですが、事業化においては多額の費用がいまだ必要となっております。

諏訪市議会 2019-08-26 令和 元年第 4回定例会−08月26日-01号

今後も駅前開発関連事業や柳並線道路整備事業、湖周サイクリングロード整備事業、スマートインターチェンジ整備事業など多額の支出が必要となる事業が継続、繰り越しとなっています。限られた予算、人員の中で地域創生に向けて最大限の行政効果が得られるように、事業の計画、実施に努めていただきたいと思います。  時間の関係で省略しました箇所は、後ほど目を通していただきたいと思います。  

諏訪市議会 2019-08-26 令和 元年第 4回定例会-08月26日-目次

│ 5 │小泉正幸   │1.諏訪の魅力再認識、観光見直し              │ │   │       │2.外国人対応                       │ │   │       │(1)インバウンド                     │ │   │       │(2)外国人居住者への説明、対応              │ │   │       │3.スマートインターチェンジ

諏訪市議会 2019-06-26 令和 元年第 3回定例会−06月26日-06号

最後に教育費ですが、補正額423万6,000円で、社会教育費には諏訪湖サービスエリアスマートインターチェンジ整備事業に伴う埋蔵文化財調査のための試掘調査に伴う経費に285万7,000円、及び県の地域発元気づくり支援金の採択を受けた、アートでつながる!まちづくり人材育成プロジェクトの企画展等の経費137万9,000円がそれぞれ計上されました。  

諏訪市議会 2019-06-18 令和 元年第 3回定例会−06月18日-04号

◎森山博美 副議長  建設部長小松弘明 建設部長  諏訪湖サービスエリアへスマートインターチェンジが開通いたしますと、当然交通の流れも変化するものと考えております。具体的には、高速道路を利用したい方の選択肢が広がってきますので、交通が分散することが考えられます。  一方、諏訪湖へのアクセス性や利便性が向上することにより、交通量の増加も想定されます。

諏訪市議会 2019-02-27 平成31年第 1回定例会−02月27日-04号

スマートインターチェンジができれば、その辺の道の流れも変わってきます。インバウンド等、それからきのうの質問の中でもあったんですが、観光業についての数値の伸びをお話ししたときに観光業は相当な伸びしろがあります。たしか2016年と2030年でしたっけ、それのデータを比較されましたが、その辺で非常に伸びしろがあります。