539件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

松川村議会 2020-03-19 令和 2年第 1回定例会−03月19日-02号

しかしながら、どこでも開発していいというのではなしに、これは計画の中でも述べられておりますから、田園風景と優良農地の維持保全を基本として、将来どのようなバランスをとった土地利用をすると、こういうことなものですけれども、そのイメージというものが、これからのことですからあれですけれども、大ざっぱでもいいですけれども、どういうイメージなのか教えてもらえるとありがたいですけれども。

下諏訪町議会 2020-03-04 令和 2年 3月定例会−03月04日-04号

その後の経過につきましては、今、課長が答弁させていただいたような形でございますけれども、今後も皆さん方の意見、いろんな多岐にわたるものですから、イメージが皆さんそれぞれ違うものですから、それを集約してですね、いい形でこの整備事業が進められればというように思っておりますので、そんな御理解をいただければと思います。 ○議長 増沢昌明議員

下諏訪町議会 2020-03-03 令和 2年 3月定例会−03月03日-03号

新年度の道路施策について伺いたいのですが、全体のイメージを描きやすくするために、道路新設改良費から触れさせていただきます。この道路に関しては、道路維持費と道路新設改良費に区別されています。この後の質問等を区別し理解しやすくしたいので、まず新設改良事業として扱われている路線または箇所をお話しいただきたいと思います。 ○議長 建設水道課長。 ◎建設水道課長(小河原) お答えいたします。

下諏訪町議会 2020-03-02 令和 2年 3月定例会−03月02日-02号

下諏訪駅に着き、座ってお茶とお菓子、せめてパンか何かが食べられて、ほっとしながら情報を手に入れる、温かいおもてなしの行き届いた下諏訪町のイメージをアピールするのには最高の場所だと思います。そんなことを発想をどこかで変えて、下諏訪町に来られる方たちにインパクトを与えるためにも再度検討してしかるべきと思います。ということで再度御検討ください。 ○議長 今のは質疑ですか。 ○議長 大橋和子議員

下諏訪町議会 2019-12-12 令和 元年12月定例会−12月12日-04号

記事によれば、教員試験の倍率低下の理由を複数選ぶ設問には、36教育委員会が多忙であるなど教職へのイメージが低下し受験者数が減ったと回答しているとのことです。教育長、町長、どうお考えでしょうか。 ○議長 教育長。 ◎教育長 今、確かに全国のお話を聞いていると、教員を志望してくる方が非常に減ってきているという話をよくお聞きします。長野県でも同じ状況であるかと思います。  

諏訪市議会 2019-12-02 令和 元年第 5回定例会−12月02日-03号

またQRコードなんかもありますけれども、例えば今、市内のいろいろな施設にAEDが設置されていますけれども、AEDなんかも広告の入れられるようなやつも今はあったりして、広告収入も得ながら、なおかつ防災も発信するような、そのようなイメージも大事かなと思いますので、いろいろな公共施設ばかりではなくて観光施設だとか、美術館だとか博物館もいろいろありますけれども、もう何かあったらすぐ対応できるようなそういった

松川村議会 2019-09-18 令和 元年第 3回定例会−09月18日-02号

心やすらぎ魅力あふれる村づくり、どんなイメージをお持ちですか、村長は。 ○議長(平林寛也君) 村長。 ◎村長(平林明人君) どうですか、今の松川村で。今は、私はそういうように思っております。 ○議長(平林寛也君) 平林 泉議員。 ◆3番(平林泉君) 私も共感でございます。  それでは、2番目。諮問の中で、人口減少傾向に歯どめをかけ、増加を図る政策を実現してほしいという諮問されております。

下諏訪町議会 2019-09-05 令和 元年 9月定例会−09月05日-04号

移住に向けた支援につきましては、個々の移住に向けたイメージですとか、この町で実現したいこと、それぞれ異なりますので、人と人をつなぎ、移住したいという思いとともに情報もつないでいくということで、ポイントとなる出会いが生まれ、移住希望者の条件に合うよい物件が見つかるといったことが多いというふうに感じております。  

下諏訪町議会 2019-09-04 令和 元年 9月定例会−09月04日-03号

◆増沢議員 先ほど同行した職員のリニューアルオープンの感想の文章は大変感動的で、私は同じことを繰り返すのがちょっと恥ずかしくなっているんですけれど、原爆の実像を紹介する最初のコーナーで、一瞬にして壊滅した都市の中で多くの命が失われたことを示すため、破壊されたレンガ壁など大型の被爆資料と、亡くなった人たちが着用していた衣服、遺体ややけどを負った人たちを撮影した写真などとあわせ、当時の凄惨な状況をイメージ

原村議会 2019-09-04 令和 元年第 3回定例会−09月04日-04号

それから、企業行政の連携につきましてはですね、企業にとっては社会参加を図りつつイメージの向上、それから行政にとっては財政負担への軽減や住民サービスの向上、双方にとってメリットがありますし、これまで取り組んできたし今後も取り組んでいかなくちゃいけないというふうに思います。  それからあと平成29年には郵便局と福祉環境道路管理等の包括協定締結しております。

諏訪市議会 2019-09-03 令和 元年第 4回定例会-09月03日-04号

確かに議員がおっしゃられた5公園に対し、ほかの公園写真によりイメージ程度を伝えるにとどまっております。記載内容も事務的になってしまっていて、市民目線での優しい構成となっておりません。検索される方が公園に行きたくなるような情報となるよう市民目線に立ったホームページの見直しを行ってまいります。              

原村議会 2019-09-03 令和 元年第 3回定例会−09月03日-03号

いずれにしても、不祥事は住民から役場の信頼を失うばかりでなく、対外的にも村のイメージを著しく悪くします。不祥事の原因を分析するとともに、係を超えたチェック体制をとるなど信頼回復に向けて抜本的な対策をとるようにお願いします。  また、この水道料金の賦課徴収問題については、今後議会としても調査が必要な案件と考えておりますので、申し添えます。  最後の質問に移ります。幹線道路街路樹等について。

諏訪市議会 2019-09-02 令和 元年第 4回定例会−09月02日-03号

諏訪のイメージとはどんなものなのでしょう。この辺は観光資源としてどう分析されておられるのか、お聞かせを願います。 ○伊藤浩平 議長  経済部長 ◎大舘道彦 経済部長  諏訪湖は日本の中心にある長野県で一番大きい湖であり、湖(同日、海の訂正あり)のない長野県、また当市にとりましても大変大切な観光資源でございます。  

諏訪市議会 2019-06-18 令和 元年第 3回定例会−06月18日-04号

諏訪湖創生ビジョンは、20年後の諏訪湖の目指す姿をイメージしまして、人と生き物が共存し、誰もが訪れたくなる諏訪湖の実現に向けて、水質保全、生態系の保全、それから湖辺面活用とまちづくり、調査研究学びの推進、この四つの取り組み分野により具体的な事業を推進していく計画ということで、議員のおっしゃられたとおり平成30年3月に制定されております。  

下諏訪町議会 2019-03-20 平成31年 3月定例会−03月20日-05号

質疑では、条例の改正により国庫支出金の対象とするためには、観光振興助成金審査委員会での審議で街なみ環境整備事業計画が審査の基準となり、完成後のイメージを計画に合わせることが必要となるとありました。  討論では、町の環境に合ったものに整備できることで賛成。全町の町並みがそろうよう、さらに協議会が活性化し、各地区に活動が広がることに期待して賛成との討論がありました。  

松川村議会 2019-03-18 平成31年第 1回定例会−03月18日-03号

また、その中で、先ほど言いましたように、その中を今、利活用といいますか、空き家をなるべく登録して使っていきたいと、先ほど議員さん一番最初に言われましたそういう衛生面であるとか、災害面であるとかにならないように、管理もしっかり目視しながら持ち主さんにも話している中で、そういうことをなくすように進めているということでございますので、今、気持ちとしては少ないかなというようなイメージかなというふうに思います