8件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

諏訪市議会 2013-09-09 平成25年第 4回定例会−09月09日-04号

であるからですね、特定のイデオロギーのようなものに影響されるようなものではないし、あってはならないと、これが大事だというふうに思っています。  平和教育といいましても、学校ではですね、単にいわゆる戦争のことを扱うという教科領域ではないわけで、それが多いですけどね。道徳とか教科にもございます。

諏訪市議会 2011-12-14 平成23年第 8回定例会−12月14日-05号

2、エネルギー安全保障は、我が国の存亡にかかわる重大事であり、一つのイデオロギーだけで突っ走るのは危険である。  3、日本は、現に原発の技術海外輸出していることもあり、世界の原発の安全技術開発に寄与する機会となるなどであります。  以上により、陳情第7号については、当委員会は不採択と決しました。 ○小林佐敏 議長  総務産業委員長の報告に対する質疑に入ります。

原村議会 2008-12-09 平成20年第 4回定例会−12月09日-02号

◎村長(清水澄君) 小池さんの前段の方での田母神発言批判、これはイデオロギーの問題でございまして、ここでそれを展開するつもりはございません。  広島の平和式典のことだけお答えします。前回の質問と時期が3カ月だけですよね、どういうふうに変わったのか、同じ質問をされるということが、私にはよくわかりません。

松川村議会 2008-03-24 平成20年第 1回定例会−03月24日-03号

これに対してはイデオロギー運動ではないと、もう、死ぬ以外にないという声に、死ぬ力があるならもう一押ししましょうと、署名運動が広がったということであります。  またお隣の岐阜県大垣市では、自民党大垣市議団が断固反対のビラを出し、自民党提案の意見書を議会が廃止の決議を可決、3月3日と報じられ、これも非常に驚きで報じられているところであります。  

下諏訪町議会 2006-06-15 平成18年 6月定例会−06月15日-05号

それぞれのイデオロギーがありまして、見解の相違もあると思いますが、私はそういうふうに取る方がかえって真っ正面から受けとめていないのではないかなというような危惧さえもするわけであります。  最近の若年層の犯罪や青少年犯罪、我が親を殺したり我が子を殺したり、本当に昔こんなことがあったのかなと。

原村議会 2001-06-11 平成13年第 2回定例会−06月11日-02号

ちょっとこれは実は地方議会人のこれは5月号ですが、ここに出雲市の市長の一つの提言がありますが、これ大事なことだというふうに思いますので、ちょっと紹介させていただきますが、今日本の教育制度戦後教育政治的中立性を確保するため、彩られた制度であるが、冷戦構造の解消以来、我が国においては政治的対立やイデオロギー論争を教育の場に持ち込む状況は急速に解消しており、その論拠を失いつつある。

諏訪市議会 1999-12-15 平成11年第 6回定例会−12月15日-05号

そういう中で、平和運動をやっていく場合に、会議をもっというとそのイデオロギー等、みんな入れていくのか、入れていかないのか、大変な問題になっていくと思う。それ自体で大変な問題になると、したがって、私はやはりそういうことよりも、そのムードを盛り上げる中で、さてどうしよう、こういうふうに考えていくことが必然性であろうと、こういうふうに考えましたので、継続を主張いたしました。継続に賛成いたします。

  • 1