8537件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

上田市議会 2021-12-09 03月01日-一般質問-02号

こうした国の予算措置令和3年度地方財政計画において地方に必要となる一般財源総額が確保されたことなどを踏まえまして、市の当初予算編成におきましては、令和3年度が第二次上田市総合計画後期まちづくり計画の初年度を迎えることから、未曽有の危機の克服とまちづくり計画の進展に向けまして、感染拡大への対応と地域経済活性化の両立、これを予算編成基本方針に据え、3つの重点分野を設定いたしました。 

大町市議会 2021-06-24 06月24日-05号

まちづくり交流課所管事項の審査では、定住促進協働会議負担金について、委員から、事業の内容や補助事業展開について質疑があり、行政側から、地域活性化センター補助金を利用して、テレワーク体験と併せ大町観光体験していただく、しなのおおまちワーケーション事業を予定している。単年度事業となるが、ワーケーションのノウハウを民間の事業者に伝達していきながら、新たなビジネス展開につなげていければと考える。

大町市議会 2021-06-17 06月17日-04号

◆4番(降旗達也君) 観光事業者中心となって事業を進めていっていただくような体制が取れていくんじゃないかという話だったと思いますけれども、観光関係の団体として、今言った観光協会などあるわけですけれども、最近は、中心市街地まちづくりを進めていくためにまちづくり会社というものが、ちょっとはやっているのか分かりませんけれども、大分設立をされてきています。

長野市議会 2021-06-17 06月17日-03号

このような流れの中におきまして、本市といたしましても、社会の変化に正面から向き合い、未来に向けて新たな一歩を踏み出すために、ICTやAIなどのデジタル技術等を上手に最大限活用いたしまして、持続可能なまちづくりを進めていく、その決意表明といたしまして、スマートシティNAGANO宣言を行ったものであります。 

下諏訪町議会 2021-06-15 令和 3年 6月定例会−06月15日-04号

そして、これからのまちづくりをどう進めるかの視点で、いま一度このバイパスについては広く住民による議論が必要ではないかとも通告をしたところであります。先ほども述べましたが、この先事業が進むとしたら、実際にこの道路を使うことになる若い世代の方や子供たちを巻き込んだ議論も必要ではないでしょうか。  

大町市議会 2021-06-15 06月15日-02号

以前行われました安曇養護学校大町地区PTAまちづくり行政懇談会の折、大町市から通う児童・生徒は、市内から2路線のスクールバスで通学しておりますが、いずれも乗車時間が長く、体力的に負担となっております。小谷村、白馬村、大町市の子どもたちが通える養護学校分教室の設置を要望されました。 県立学校ではございますが、牛越市長がこの課題につきまして、県市長会を通じて取り上げていただきました。

小諸市議会 2021-06-14 06月14日-04号

質問件名1、協働まちづくりについて。 小諸市自治基本条例基本原則である協働まちづくりという視点から、今回も質問をいたします。 第11次基本計画基本姿勢でも、地域課題解決には、市民と共に協働で取り組むことが大きな柱となっており、地域の皆さんの持つ力を生かし、行政がそれを増幅していくことが、真の意味での強い地域づくりにつながると考えますとあります。

下諏訪町議会 2021-06-11 令和 3年 6月定例会−06月11日-02号

高齢者が歩いていて、ちょっと休みたい、ベンチが欲しいとか、そういうものは、これからのまちづくりとしては当然として必要なものだと私は考えております。  これからの都市計画変更にこのような歩行者利便増進道路を含め、高齢者や障がい者に優しい道路造りをどのように実践していくのかということが課題だと思います。条例の改正に合わせて考えてほしいものですが、町長にぜひお願いします。 ○議長 町長

小諸市議会 2021-06-10 06月10日-02号

権利に関しては、まちづくりの主体である市民の1人として、また、その代表としての参加する権利と情報を知る権利があります。つまり議員は、行政の事務を監視・チェックするために、市政全般関係者として、あらゆる事業に参加し知るために質問や発言する権利と責務を市民皆様から与えられている、負託されている立場であるということの共通認識をこの場で確認したいのであります。 

長野市議会 2021-06-10 06月10日-01号

中心市街地整備につきましては、新田町交差点から長野駅までの中央通りを軸としたエリアでは、もんぜんぷら座をはじめとする施設老朽化と低未利用地の増加が顕著であり、都市再生が求められていることから、このエリアまちづくり基本構想となります長野中央西地区市街地総合再生基本計画を本年度策定いたします。 

下諏訪町議会 2021-06-08 令和 3年 6月定例会−06月08日-01号

2款1項4目財産管理費24節積立金の2,053万5,000円は、令和2年度の決算見込み令和3年度の留保財源状況を考慮する中で見込んだ剰余金公共施設整備基金に2,000万円積み立て、一般寄附金として賜りました1件、30万円を財政調整基金に、また、ふるさとまちづくり寄附金として賜りました9件、23万5,000円を、ふるさとまちづくり基金に積み立てたものでございます。

下諏訪町議会 2021-06-08 令和 3年 6月定例会−06月08日-目次

           │ │  │  ているか                  │  │           │ ├──┼────────────────────────┼──┼───────────┤ │ 6│1 コロナ禍における観光産業への影響について  │ 3│田嶋 彰‥‥‥‥155│ │  │2 観光振興について              │  │           │ │  │3 健康福祉まちづくりについて

小諸市議会 2021-05-24 06月01日-01号

ここ10年を振り返ってみますと、50年、100年に一度という病院と市庁舎の併設の問題、議会審議中の東日本大震災体験等、そして、今回は、先の見えないコロナ禍の現在、こもテラスの建設・竣工後のまちづくり等、課題が山積でございます。今後、さらなる議員としての努力が必要であるという気持ちで、新たに身を引き締めてまいりたいと思っております。