箕輪町議会 > 2020-12-16 >
12月16日-04号

ツイート シェア
  1. 箕輪町議会 2020-12-16
    12月16日-04号


    取得元: 箕輪町議会公式サイト
    最終取得日: 2020-07-24
    令和 元年12月定例会              箕輪町議会会議録1.招集年月日      令和元年 12月 16日  午後 1時30分2.招集場所       箕 輪 町 役 場3.会議を行った場所   箕輪町役場議場4.開会、閉会日時 ┌───┬────────────────────┬───┬───────┐ |開 会│令和元年12月16日 午後 1時30分 │議 長│ 中澤 清明 │ ├───┼────────────────────┼───┼───────┤ |閉 会│令和元年12月16日 午後 3時47分 │議 長│ 中澤 清明 │ └───┴────────────────────┴───┴───────┘5.出席並びに欠席議員   出席議員     14人        欠席議員     1人 ┌──┬─────────┬─────┬──┬─────────┬─────┐ │議席│         │ 出 席 │議席│         │ 出 席 │ │  │  氏   名  │ 欠 席 │  │  氏   名  │ 欠 席 │ │番号│         │ の 別 │番号│         │ の 別 │ ├──┼─────────┼─────┼──┼─────────┼─────┤ │ 1 │  伊藤  隆  │ 出 席 │9 │  金澤 幸宣  │ 出 席 │ ├──┼─────────┼─────┼──┼─────────┼─────┤ │ 2 │  岡田建二朗  │ 出 席 │10│  中澤 千夏志 │ 出 席 │ ├──┼─────────┼─────┼──┼─────────┼─────┤ │ 3 │  青木 俊夫  │ 出 席 │11│  荻原 省三  │ 出 席 │ ├──┼─────────┼─────┼──┼─────────┼─────┤ │ 4 │  釜屋 美春  │ 出 席 │12│  中村 政義  │ 出 席 │ ├──┼─────────┼─────┼──┼─────────┼─────┤ │ 5 │  唐澤  敏  │ 出 席 │13│  寺平 秀行  │ 出 席 │ ├──┼─────────┼─────┼──┼─────────┼─────┤ │ 6 │  入杉百合子  │ 出 席 │14│  小出嶋文雄  │ 出 席 │ ├──┼─────────┼─────┼──┼─────────┼─────┤ │ 7 │  木村 英雄  │ 欠 席 │15│  中澤 清明  │ 出 席 │ ├──┼─────────┼─────┼──┼─────────┼─────┤ │ 8 │  松本 五郎  │ 出 席 │  │         │     │ └──┴─────────┴─────┴──┴─────────┴─────┘6.職務のため議場に出席した事務職員の職氏名 ┌────────┬─────────┬────────┬─────────┐ │事務局長    │  田中 幸二  │書記      │  小松 直美  │ └────────┴─────────┴────────┴─────────┘7.説明のため出席した者の職氏名 ┌───────────┬─────────┬───────────┬─────────┐ │町長         │  白鳥 政徳  │文化スポーツ課長   │  山口 弘司  │ ├───────────┼─────────┼───────────┼─────────┤ │副町長        │  浦野 邦衛  │建設課長       │  唐澤 紀朗  │ ├───────────┼─────────┼───────────┼─────────┤ │総務課長       │  中村 克寛  │水道課長       │  田中 克彦  │ ├───────────┼─────────┼───────────┼─────────┤ │税務課長       │  日野 和政  │会計管理者      │  唐澤久美子  │ ├───────────┼─────────┼───────────┼─────────┤ │企画振興課長     │  毛利 岳夫  │教育長        │  小池眞利子  │ ├───────────┼─────────┼───────────┼─────────┤ │みのわの魅力発信室長兼│  社本 雅人  │学校教育課長     │  深澤 一男  │ │政策調整担当課長   │         │           │         │ ├───────────┼─────────┼───────────┼─────────┤ │住民環境課長     │  小澤 雄一  │代表監査委員     │  松本 豊實  │ ├───────────┼─────────┼───────────┼─────────┤ │福祉課長       │  北條 治美  │監査委員事務局長   │  田中 幸二  │ ├───────────┼─────────┼───────────┼─────────┤ │子ども未来課長    │  唐澤 勝浩  │           │         │ ├───────────┼─────────┼───────────┼─────────┤ │健康推進課長     │  柴宮まゆみ  │           │         │ ├───────────┼─────────┼───────────┼─────────┤ │産業振興課長     │  三井 清一  │           │         │ ├───────────┼─────────┼───────────┼─────────┤ │商工観光推進室長   │  高橋 英人  │           │         │ └───────────┴─────────┴───────────┴─────────┘8. 会議事件及び議事日程             令和元年12月箕輪町議会定例会               議 事 日 程(第4号)                    令和元年12月16日 午後1時30分 開議日程第1       常任委員長報告           (各常任委員会に付託された議案・請願・陳情の審査結果)                    質   疑                    討   論                    採   決日程第2 議案第21号 箕輪町印鑑の登録及び証明に関する条例の一部を改正する条例制定について日程第3 議案第22号 箕輪町一般職の職員の給与に関する条例及び箕輪町一般職の任期付職員の採用及び給与の特例に関する条例の一部を改正する条例制定について日程第4 議案第23号 箕輪町議会議員の議員報酬及び費用弁償等に関する条例及び箕輪町特別職の職員で常勤のものの給与に関する条例の一部を改正する条例制定について日程第5 議案第24号 令和元年度箕輪町一般会計補正予算(第4号)日程第6 議案第25号 令和元年度箕輪町国民健康保険特別会計補正予算(第4号)日程第7 議案第26号 令和元年度箕輪町後期高齢者医療特別会計補正予算(第4号)日程第8 議案第27号 令和元年度箕輪町介護保険特別会計補正予算(第4号)日程第9 議案第28号 令和元年度箕輪町水道事業会計補正予算(第2号)日程第10 議案第29号 令和元年度箕輪町下水道事業会計補正予算(第3号)日程第11 議案第30号 軽油引取税の課税免除措置の継続を求める意見書の提出について日程第12 選挙第1号 箕輪町選挙管理委員及び補充員選挙について日程第13       諸般の報告日程第14       議員派遣の件              議事のてんまつ ◎田中議会事務局長 開会前の挨拶を取り交わしたいと存じます。ご起立願います。ご苦労さまです。[一同「ご苦労さまです。」]ご着席願います。[一同着席]                                 午後1時30分 開会 ○中澤議長 大変ご苦労さまです。12月定例会も最終日を迎えました。7番 木村英雄議員から欠席の届けが出されております。ただいまの出席議員は14人でございます。 本日の会議を開きます。日程第1 常任委員長報告を議題といたします。12月2日の本会議で各常任委員会に付託いたしました議案並びに請願・陳情の審査結果を、各常任委員長から報告を求めます。 議案第1号、議案第2号について、一括して総務産業常任委員長の報告を求めます。総務産業常任委員長荻原総務産業常任委員長 それでは令和元年12月定例会総務産業常任委員会委員長報告を申し上げます。当委員会は12月11日、12日の二日間でございます。301委員会室で委員全員の出席、当委員会に付託された条例案件11件、補正予算3件、公の指定管理1件、請願・陳情2件を審査いたしました。また12月12日、たべりこと台風19号被害の果樹園、ビニールハウスとダミーの防犯カメラ設置場所2箇所、また天竜公園の支障木伐採等について視察を行いました。 議案第1号 箕輪町パートタイム会計年度任用職員の報酬、期末手当及び費用弁償に関する条例制定について、議案第2号 箕輪町フルタイム会計年度任用職員の給与に関する条例制定について、一括で報告させていただきます。質疑の内容はパートタイム対象者となる人員はとの問いに、一般職の非常勤職員全てが移行するので約400人。来年度予算への影響はとの質問に、試算の段階だが約1,200万円の増を見込んでいる。近隣町村とのバランスはとってはあるかの質問に、取りながら進めている。短時間パートも対象かの質問に対象である。また労働組合の合意はあるかの質問に、組合側が正規職員にも説明済で合意、集約はできている。フルタイム対象者は何人いるかの質問に、現在は一人もいない。今後のために整備するものである等の答弁があり、議案第1号 箕輪町パートタイム会計年度任用職員の報酬、期末手当及び費用弁償に関する条例制定について、討論なく採決の結果、原案どおり決することといたしましたのでご報告申し上げます。 議案第2号 箕輪町フルタイム会計年度任用職員の給与に関する条例制定について、討論なく、採決の結果、原案どおり可決することに決しましたのでご報告申し上げます。以上です。 ○中澤議長 ただいまの総務産業常任委員長の報告に対する質疑を一括して行います。ご質疑ございませんか。 (「なし」の声あり) ○中澤議長 ご質疑なしと認めます。以上で総務産業常任委員長の報告は終わりました。総務産業常任委員長から報告のありました議案第1号について討論を行います。討論ございませんか。 (「なし」の声あり) ○中澤議長 討論なしと認めます。議案第1号を採決いたします。お諮りいたします。本案は総務産業常任委員長報告のとおり、原案を決することにご異議ございませんか。 (「異議なし」の声あり) ○中澤議長 ご異議なしと認めます。したがいまして、議案第1号は原案のとおり可決されました。 総務産業常任委員長から報告のありました議案第2号について討論を行います。討論ございませんか。 (「なし」の声あり) ○中澤議長 討論なしと認めます。議案第2号を採決いたします。お諮りいたします。本案は総務産業常任委員長報告のとおり、原案を決することにご異議ございませんか。 (「異議なし」の声あり) ○中澤議長 ご異議なしと認めます。したがいまして、議案第2号は原案のとおり可決されました。 議案第3号について福祉文教常任委員長の報告を求めます。福祉文教常任委員長小出嶋福祉文教常任委員長 それでは令和元年12月定例会の福祉文教常任委員会の委員長報告を申し上げます。当委員会は令和元年12月11日及び12日に303委員会室において委員全員の出席のもと、本会議で当委員会に付託された条例案2件、予算案件4件について審査を行いました。また12月11日には審査に先立ち木下保育園建設予定地造成計画の現場及び小学校のトイレの現状を現地調査いたしました。それでは、まず議案第3号 箕輪町健康づくり推進条例制定についての審査経過と結果を申し上げます。審査の中で出された主な質疑でありますが、今後事業をどのように進めていくのか、そのスケジュールはとの質問に、まずは周知、また啓発のために来年3月1日に講演会シンポジウムを開くこと、松本山雅の選手による運動のブースなどを設ける等の予定をしている。また健康増進計画、食育計画など今年から8年の計画ですのでそれに沿って進めていく。月々のスローガンを掲げて取り組む内容を町の皆さんに知らせているがこれも続けていく。地区ごとのスローガンもつくっていくことを計画していくとの答弁がありました。また以前健康にかかわる関係人口を増やす健康ツーリズムの取り組みがあったと思うが今は行われていない。今回この条例づくりを協議された健康づくり推進協議会の中でその反省はあったのかとの質問に、協議会での中ではなかったが今後の活動の中で取り組まれることは出てくる可能性はあるとの答弁がありました。町が施策を推進するための調査研究の部分は元の案から無くなっているがその経緯はまた地域での推進協議会の活動はとの質問に、推進協議会設置条例の中で推進協議会の活動として調査研究事項があるので国保のデータベースを活用してデータを提供しながら行っていく。推進協議会の中には色々の団体の代表がいるので地域、企業など、それぞれの中で推進できるよう検討していってもらうとの答弁がありました。新年度以降の健康推進事業の計画はとの質問に、今進めていることの推進と理解を進めるため条例のダイジェスト版を町民の皆さんに配ったり、健康レシピ集というようなものをつくって広めていきたい。またげんきセンター南部について日曜開放も行っていくなどの事業を予定しているとの答弁がありました。その他月々スローガンの作成とはとの質問に、健康増進計画の中で六つの分野を中心に計画を進めていくようになっているので食生活だとか運動だとか2カ月に一つずつ目標を変えて実行しやすいようにスローガンを掲げている。例えば毎食野菜を食べようというようなものを役場の庁舎内等に貼りだしたり、文書や封筒に印刷したり報道機関を通じて紹介してもらったりしているがこれからは地域に広がるようなことも考えていきたい。健康ポイントも絡めて目標達成できるよう方策も考えていきたいとの答弁がありました。また10条の年齢別の活動指針の年齢の区分はこれでいいのかという質問に、節目の年齢を意識した年代の分け方になっているとの答弁でありました。ゲーム依存などの心の健康についてはとの質問に、教育委員会とも連携して心の健康分野についても取り組んでいくとの答弁でありました。町民に浸透させるためにバッチをつくったらどうか、自分の意識高揚とバッチを見た人が関心を示すことで健康づくりの意識の浸透を図ることができる。その他健康づくりを進めている雰囲気が表に出るような取り組みを考えてはどうか。また町長も先頭に立って推進できるようなことも考えてほしいとの質問に、良い提案ですので検討したいとの答弁でありました。これから町民に浸透させるために推進協議会の状況、保健補導員の皆さんや健康アカデミーOBの皆さんに推進の実動部隊となっていただくような話でしたがやらされ感のない楽しく推進できるような考えで推進していただきたいがどうかという質問に、今ある組織の中で進めていきたいがネーミングも含めて楽しく推進できるような取り組みにしたいとの答弁でありました。討論はなく、採決の結果、可決すべきものと決しましたので、ご報告いたします。 ○中澤議長 福祉文教常任委員長の報告に対する質疑を行います。ご質疑ございませんか。 (「なし」の声あり) ○中澤議長 質疑なしと認めます。以上で福祉文教常任委員長の報告は終わりました。福祉文教常任委員長から報告のありました議案第3号について討論を行います。討論ございませんか。 (「なし」の声あり) ○中澤議長 討論なしと認めます。議案第3号を採決いたします。お諮りいたします。本案は福祉文教常任委員長報告のとおり、原案を決することにご異議ございませんか。 (「異議なし」の声あり) ○中澤議長 ご異議なしと認めます。したがいまして議案第3号は原案のとおり可決されました。 議案第4号から議案第10号について、一括して総務産業常任委員長の報告を求めます。総務産業常任委員長荻原総務産業常任委員長 それでは、議案第4号から議案第10号まで一括報告させていただきます。 まず議案第4号 箕輪町公益的法人等への職員の派遣等に関する条例の一部を改正する条例制定について、議案第5号 箕輪町人事行政の運営等の状況の公表に関する条例の一部を改正する条例制定について、議案第6号 職員の分限に関する条例の一部を改正する条例制定について、議案第7号 職員の懲戒に関する条例の一部を改正する条例制定について、議案第8号 箕輪町職員の勤務時間及び休暇等に関する条例の一部を改正する条例制定について、議案第9号 箕輪町職員の育児休業等に関する条例の一部を改正する条例制定について、議案第10号 箕輪町特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の一部を改正する条例制定について、主な審議をご報告いたします。まず派遣職員はいるのかの質問に、町社協に一人、JA上伊那に一人、2名がいる。分限とは何かの質問に、職員の意に反する休職の自由並びに公認のまた免職及び休職の手続並びに効果並びに出職に関する特例に関する規定をするものでありました。 議案第4号 箕輪町公益的法人等への職員の派遣に関する条例の一部を改定する条例制定について、討論なく、採決の結果、原案のとおり可決するものと決しましたのでご報告いたします。 議案第5号 箕輪町人事行政の運営等の状況の公表に関する条例の一部を改正する条例制定について、討論なく、採決の結果、原案どおり可決することに決しましたのでご報告いたします。 議案第6号 職員の分限に関する条例の一部を改正する条例制定について、討論はなく、採決の結果、原案どおり可決することに決しました。 議案第7号 職員の懲戒に関する条例の一部を改正する条例制定について、討論はなく、採決の結果、原案どおり可決することに決しました。 議案第8号 箕輪町職員の勤務時間及び休暇等に関する条例の一部を改正する条例制定について、討論はなく、採決の結果、原案どおり可決することに決しました。 議案第9号 箕輪町職員の育児休業等に関する条例の一部を改正する条例制定について、討論なく、採決の結果、原案どおり可決することに決しました。 議案第10号 箕輪町特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の一部を改正する条例制定について、討論なく、採決の結果、原案どおり可決することに決しましたので、以上ご報告申し上げます。 ○中澤議長 ただいまの総務産業常任委員長の報告に対する質疑を一括して行います。ご質疑ございませんか。 (「なし」の声あり) ○中澤議長 質疑なしと認めます。以上で総務産業常任委員長の報告は終わりました。総務産業常任委員長から報告のありました議案第4号について討論を行います。討論ございませんか。 (「なし」の声あり) ○中澤議長 討論なしと認めます。議案第4号を採決いたします。お諮りいたします。本案は総務産業常任委員長報告のとおり、原案を決することにご異議ございませんか。 (「異議なし」の声あり) ○中澤議長 ご異議なしと認めます。したがいまして議案第4号は原案のとおり可決されました。 総務産業常任委員長から報告のありました議案第5号について討論を行います。討論ございませんか。 (「なし」の声あり)
    ○中澤議長 討論なしと認めます。お諮りいたします。議案第5号は総務産業常任委員長報告のとおり、原案を決することにご異議ございませんか。 (「異議なし」の声あり) ○中澤議長 ご異議なしと認めます。したがいまして議案第5号は原案のとおり可決されました。 総務産業常任委員長から報告のありました議案第6号について討論を行います。討論ございませんか。 (「なし」の声あり) ○中澤議長 討論なしと認めます。議案第6号を採決いたします。お諮りいたします。本案は総務産業常任委員長報告のとおり、原案を決することにご異議ございませんか。 (「異議なし」の声あり) ○中澤議長 ご異議なしと認めます。したがいまして議案第6号は原案のとおり可決されました。 総務産業常任委員長から報告のありました議案第7号について討論を行います。討論ございませんか。 (「なし」の声あり) ○中澤議長 討論なしと認めます。議案第7号を採決いたします。お諮りいたします。本案は総務産業常任委員長報告のとおり、原案を決することにご異議ございませんか。 (「異議なし」の声あり) ○中澤議長 ご異議なしと認めます。したがいまして議案第7号は原案のとおり可決されました。 総務産業常任委員長から報告のありました議案第8号について討論を行います。討論ございませんか。 (「なし」の声あり) ○中澤議長 討論なしと認めます。議案第8号を採決いたします。お諮りいたします。本案は総務産業常任委員長報告のとおり、原案を決することにご異議ございませんか。 (「異議なし」の声あり) ○中澤議長 ご異議なしと認めます。したがいまして議案第8号は原案のとおり可決されました。 総務産業常任委員長から報告のありました議案第9号について討論を行います。討論ございませんか。 (「なし」の声あり) ○中澤議長 討論なしと認めます。議案第9号を採決いたします。お諮りいたします。本案は総務産業常任委員長報告のとおり、原案を決することにご異議ございませんか。 (「異議なし」の声あり) ○中澤議長 ご異議なしと認めます。したがいまして議案第9号は原案のとおり可決されました。 総務産業常任委員長から報告のありました議案第10号について討論を行います。討論ございませんか。 (「なし」の声あり) ○中澤議長 討論なしと認めます。議案第10号を採決いたします。お諮りいたします。本案は総務産業常任委員長報告のとおり、原案を決することにご異議ございませんか。 (「異議なし」の声あり) ○中澤議長 ご異議なしと認めます。したがいまして議案第10号は原案のとおり可決されました。 議案第11号について福祉文教常任委員長の報告を求めます。福祉文教常任委員長小出嶋福祉文教常任委員長 それでは議案第11号 箕輪町特定教育・保育施設及び特定地域型保育事業の運営に関する基準を定める条例の一部を改正する条例制定について、審査経過と結果を申し上げます。質疑、討論はなく、採決の結果、可決すべきものと決しましたのでご報告いたします。以上です。 ○中澤議長 福祉文教常任委員長の報告に対する質疑を行います。ご質疑ございませんか。 (「なし」の声あり) ○中澤議長 質疑なしと認めます。以上で福祉文教常任委員長の報告は終わりました。福祉文教常任委員長から報告のありました議案第11号について討論を行います。討論ございませんか。 (「なし」の声あり) ○中澤議長 討論なしと認めます。議案第11号を採決いたします。お諮りいたします。本案は福祉文教常任委員長報告のとおり、原案を決することにご異議ございませんか。 (「異議なし」の声あり) ○中澤議長 ご異議なしと認めます。したがいまして議案第11号は原案のとおり可決されました。 議案第12号について総務産業常任委員長の報告を求めます。総務産業常任委員長荻原総務産業常任委員長 議案第12号 箕輪町消防団員の定員、任免、給与、服務等に関する条例の一部を改正する条例制定について、審査結果を報告いたします。質疑、討論はなく、原案どおり可決すべきものと決しましたのでご報告いたします。以上です。 ○中澤議長 総務産業常任委員長のただいまの報告に対する質疑を行います。ご質疑ございませんか。 (「なし」の声あり) ○中澤議長 質疑なしと認めます。以上で総務産業常任委員長の報告は終わりました。総務産業常任委員長から報告のありました議案第12号について討論を行います。討論ございませんか。 (「なし」の声あり) ○中澤議長 討論なしと認めます。議案第12号を採決いたします。お諮りいたします。本案は総務産業常任委員長報告のとおり、原案を決することにご異議ございませんか。 (「異議なし」の声あり) ○中澤議長 ご異議なしと認めます。したがいまして議案第12号は原案のとおり可決されました。 議案第13号について総務産業常任委員長の報告を求めます。総務産業常任委員長荻原総務産業常任委員長 議案第13号 箕輪町一般職非常勤職員等の任用、勤務条件等に関する条例を廃止する条例制定について、審査結果を報告いたします。質疑、討論なく、原案のどおり可決すべきものと決しましたのでご報告いたします。以上です。 ○中澤議長 総務産業常任委員長の報告に対する質疑を行います。ご質疑ございませんか。 (「なし」の声あり) ○中澤議長 ご質疑なしと認めます。以上で総務産業常任委員長の報告は終わりました。総務産業常任委員長から報告のありました議案第13号について討論を行います。討論ございませんか。 (「なし」の声あり) ○中澤議長 討論なしと認めます。議案第13号を採決いたします。お諮りいたします。本案は総務産業常任委員長報告のとおり、原案を決することにご異議ございませんか。 (「異議なし」の声あり) ○中澤議長 ご異議なしと認めます。したがいまして、議案第13号は原案のとおり可決されました。 議案第14号について総務産業常任委員長の報告を求めます。総務産業常任委員長荻原総務産業常任委員長 議案第14号 令和元年度箕輪町一般会計補正予算(第3号)について、総務産業常任委員会へかかわる案件の審査についてご報告いたします。主な質疑は備品購入費減400万は当初幾らに対してかの質問に、当初予算1,385万3,000円に対し、約500万円の減であったが故障等に備え100万円を残し400万円減とした。移住体験ツアー業務委託料減25万円の理由は何かの質問に、委託予定事業者に問題があり委託を見合わせた。木ノ下駅公衆便所整備工事費増800万円の原因は何かの質問に、給水の本管が当初見込みより遠距離となったこと、及び多目的トイレの設置に伴うもの。支障木伐採等の委託料増162万8,000円の内容とはとの質問に、根本からの伐採本数2本、処理量5tで他数本の枝払いとそのための重機使用料も含んでいるとの答弁がありました。討論なく、採決の結果、原案どおり可決すべきものと決しましたので、ご報告いたします。なお現地調査の際に、天竜公園の支障木伐採等の説明について検証いたしました。したところ、疑問な点が見受けられましたので、執行に当たっては十分留意されるよう、申し添えます。以上です。 ○中澤議長 総務産業常任委員長の報告に対する質疑を行います。ご質疑ございませんか。13番 寺平議員 ◆13番(寺平議員) ただいま委員長報告にございました支障木の件に関してなのですけども、疑問点、留意事項というのは具体的にどういったものがあったのか、教えていただければと思います。 ○中澤議長 総務産業常任委員長荻原総務産業常任委員長 これは建設課にかかわる補正予算についてであります。8款 土木費都市公園管理費において天竜公園内の支障木伐採等に委託料162万8,000円が予算計上されておりました。委員からの説明の求めに対し、担当課からは公園西側、工場建物沿いの2本を伐採、工場に掛かる3本の低木の枝を剪定するとの説明でした。さらに委員からは見積額の根拠の説明を求めた際に重機を使わなければ伐採ができない、10t、25tのラフタークレーンを一日ずつ使用し5日間で特殊作業員、一般作業員、計15人区掛けて伐採から運び出し、運搬、処分までを行うとのことで作業が困難な現場のため、必要な経費を積み上げた見積りとの説明でありました。委員会審査中に委員全員で天竜公園の現地確認をいたしましたが、伐採予定木の位置、使用する重機の仕様から何点かの懸念事項が生じましたので申し上げます。一つは見積額が大きくなった根拠とされるラフタークレーンについてであります。担当課の説明では25tのラフタークレーンを使用しなければ作業できないということでありましたが、公園駐車場ぎりぎりに設置したとしても伐採予定木2本の内、1本は届かないことがわかりました。もう一つは樹高、20m満たない樹木2本の伐採、処分に162万8,000円。つまり1本当たり80万円もの予算が見積もられている点であります。参考までに申し上げますと、町で施工された過去の樹木伐採、樹木の管理事例を二つ紹介をさせていただきます。一つは平成25年度役場駐車場南側、町道6号線との間に林立するケヤキの伐採事業業務であります。約30m近いケヤキを10本伐採、処分していますが、入札予定額は100万円余、落札額は77万7,000円。これは総務課担当であります。もう一つは、先の9月議会で予算計上されました中部小、東小でのヒマラヤ杉3本の剪定業務委託料です。同じく25mを超える巨木でありますが、ラフタークレーンを使用して入札予定額79万3,000円あまり、これは落札額が69万円でありました。これは教育課に確認をとっております。樹高20mにも満たない樹木2本に162万という予算の大きさがわかると思います。支障木伐採を行う専門業者に問い合わせても処分込み50万もあれば十分施工が可能ではないか、ラフタークレーンも必要ないところでと。以上ラフタークレーンの使用が現実性がないこと、また過去の支障木伐採の事例から予算額が大きいことの2点を指摘いたします。また委員会審査の際にも予算執行には十分精査するよう意見を申し上げました。入札に当たっても業者の選定に十分留意され、また必要に応じて予算設計変更も検討するように申し添えます。以上です。 ○中澤議長 よろしいですか。はい。他にご質疑ございますでしょうか。 (「なし」の声あり) ○中澤議長 これで質疑を終わります。以上で総務産業常任委員長の報告は終わりました。議案第14号について、福祉文教常任委員長の報告を求めます。福祉文教常任委員長小出嶋福祉文教常任委員長 議案第14号 令和元年度箕輪町一般会計補正予算(第3号)について当委員会に付託された部分の審査の経過と結果を申し上げます。審査の中で出された主な質疑でありますが木ノ下駅の公衆便所建設関係で補償料の内容はとの質問に、建設予定地の上にJRの電線があり工事の重機などがあたり損傷しないようにカバーをする費用をJRに払うものとの答弁でありました。台風被害によるごみステーションの回収箇所は何カ所かとの質問に、5件であり大出区山口、長岡区十沢橋東、沢区で3件で、屋根の回収、本体転倒によることによるその改修などですとの答弁がありました。公共交通事業費の寄附金は誰からか、また転入者配布用クリアファイルで常会加入の推進に係る働きかけはとの質問に、寄附金は伊那バス株式会社の100周年としての寄附金ですとの答弁でありました。またクリアファイルの中身は常会加入推進のための各区、常会の資料などを配布している。その他、町の仕組みなどの資料が入っている。暮らしの便利帳は入っていない。転入者についてはなかなかワンストップ窓口対応というわけにはいかず、子ども未来課であるとか、環境の窓口であるとか、教育委員会などに同行して案内しているとの答弁がありました。生ごみ処理の委託料で権兵衛トンネルが通行止めになったことによる迂回による経費の内容はとの質問に、100㎞近い迂回距離になり交通費、燃料費、車の損耗費などが増加分ですとの答弁がありました。高齢者虐待の保護装置費の増額の内容は、また措置先は、また虐待のその後のケアは、虐待は家族による虐待かとの質問に、措置日数の増加分である。また措置先は契約をしている養護老人ホームですとの答弁でした。また虐待のその後のケアは見守りを続けている家庭もあるがほとんど新規のものです。また自宅に帰った場合もモニタリングを行い見守りを続けている。虐待は家族を含む養護者によるものがほとんどですとの答弁がありました。民生児童委員の改選による費用の増加は予定より大勢の人が交代したために関わるものかとの質問に、交代される民生児童委員の数が予測を超えたものでしたとの答弁がありました。木下保育園建設に係る分ですが、木下区の説明会での主な意見は、住民の理解はまた説明会には何人くらい出席されたか。また今後の説明会の予定は、また建設地に接する住民の出席はとの質問に、通園関係の道路に関わる質問が多かった。4号線と8号線の交差点に信号機の設置をだとか、4号線と養泰寺線の交差点の見通しが悪いので隅切り等の安全対策、通園の送迎のルートについて、駐車場の出入りの関係等で園舎の配置図などを示して説明したので概ね理解していただいたと思っているとの答弁であります。また回覧板、新聞報道などで説明会の周知をお知らせをしたが約60名の方が出席された。12月20日と23日には木下北、南保育園の保護者会の皆さんに説明会を行う。その他、造成工事が始まる前に地域の方には工事説明を行い、本体工事も始まる前には工事説明会を開く予定ですとの答弁でありました。また、近接住民の方は今回の説明会には見えなかったと思います。地元の常会から今回の説明会は行わないとの意向があり、地元常会の説明会は行っていないとの答弁がありました。また駐車場と園舎との段差の高低差はとの質問に、4号線と駐車場の高低差が約10㎝、駐車場と園舎の高低差は1.3m、園舎と西側の農地との高低差は1.6から1.8mの予定との答弁でありました。また雨水浸透施設の能力を超えたとき、西天竜土地改良組合との関係はとの質問に、貯水制の浸透槽の能力は雨水を処理する十分の能力はあると判断しているがそれを超えた場合はオーバーフローして西天の水路に放流することになるが、それについても西天竜土地改良組合には了解をとってあるとの答弁がありました。学校の関係で多目的トイレの設置状況はとの質問に、中学校に1カ所、北小学校に4カ所、東小に1カ所、西小学校に2カ所、中部小体育館に1カ所、南小には0との答弁があり、今回中部小、南小に各一つずつ設置するとの答弁がありました。中学の屋外トイレ設置について金額が高額だと思うがこの場所、設備の内容は、また着工竣工の時期はとの質問に、グラウンドまたは駐輪場脇の場所は考えており災害時の避難所対応また中学校体育館にはトイレがないためその対応、それからグラウンドの使用状況、下水道への接続の関係、男女それぞれ1基以上造ること、また体育館の中からも外からも使えるようにする等を考えているという答弁でありました。設計は年度内に行い、トイレ改修は長期休業の夏休みの期間を考えているとの答弁もありました。男子のトイレの洋式の状況はとの質問に、事業費の状況を見て男子のトイレの洋式化も考えていく。温便座もできれば検討したいとの答弁がありました。その他教師用教科書についての管理は全員に配布するのかとの質問に、1教科1クラス1冊となっており、学校の所有として管理しているとの答弁でありました。また色々の大会等でいい成績を収めた児童生徒にもっと褒める機会をつくった方がいいのではないかとの質問に、学校では壮行会、結果報告会また町長への表敬訪問を行うなどをしており、対外的には一部報道機関に発表している。全国大会で優秀な成績だった合唱団の関係では発表会、また垂れ幕の設置もしてきたとの答弁がありました。討論はなく、採決の結果、可決すべきものと決しましたのでご報告いたします。以上です。 ○中澤議長 福祉文教常任委員長報告に対する質疑を行います。ご質疑ございませんか。 (「なし」の声あり) ○中澤議長 ご質疑なしと認めます。以上で福祉文教常任委員長の報告は終わりました。各常任委員長から報告のありました議案第14号について討論を行います。討論ございませんか。 (「なし」の声あり) ○中澤議長 討論なしと認めます。議案第14号を採決いたします。お諮りいたします。本案は、各常任委員長報告のとおり原案を決することにご異議ございませんか。 (「異議なし」の声あり) ○中澤議長 ご異議なしと認めます。したがいまして議案第14号は原案のとおり可決されました。 議案第15号、第16号、第17号について、一括して福祉文教常任委員長の報告を求めます。福祉文教常任委員長小出嶋福祉文教常任委員長 それでは議案第15号、16号、17号について一括して審査の経過と結果を申し上げます。 まず議案第15号 令和元年度国民健康保険特別会計補正予算(第3号)について審査の経過と結果を申し上げます。質疑、討論はなく、採決の結果、可決すべきものと決しましたのでご報告いたします。 次に議案第16号 令和元年度箕輪町後期高齢者医療特別会計補正予算(第3号)についての審査の経過と結果を申し上げます。質疑、討論はなく、採決の結果、可決すべきものと決しましたのでご報告いたします。 次に議案第17号 令和元年度箕輪町介護保険特別会計補正予算(第3号)についての審査の経過と結果を申し上げます。審査の中で出された主な質疑では、認知症サポーターは人数が増えているようですがその状況は、またケアマネジメントの増加数はとの質問に、認知症サポーター養成講座は6団体265人に受講していただいている。これからも2団体ほど希望があるのでその分を増額するものですとの答弁でした。またケアマネジメントの本年度分の見込みは1,280件を見込んでおり300件ほどの増加の見込みとの答弁でありました。ケアプラン300件の内容はとの質問に、箕輪町の場合総合事業要支援1、2の件数が多い状況でありそれが増えているとの答弁でありました。また歳出の介護予防生活支援サービス事業費に充当されている特別財源の数値の充当について、歳入の特定財源と合わないのではないかとの質問に対して、内容は合っていないが県支出金等の特定財源の充当については次の補正で修正したいとの答弁がありましたが、今回の補正の中でなければ対応できないと思うので訂正をお願いしたいという申し出に対して、大変申し訳ありませんが財源内訳の訂正をさせていただきますということで財源内訳について、この部分について、議決事項ということはないので訂正を認めました。それでこの原因は何なのかということですが他の補助事業の財源を入力してしまった可能性があるとの答弁でありました。この委員会だけでなく総務産業常任委員会にも説明をお願いをし、この修正については、訂正については、差し替えをしていただきました。その他討論はなく、採決の結果、可決すべきものと決しましたのでご報告いたします。 ○中澤議長 ただいまの福祉文教常任委員長の報告に対する質疑を一括して行います。ご質疑ございませんか。 (「なし」の声あり) ○中澤議長 質疑なしと認めます。以上で福祉文教常任委員長の報告は終わりました。福祉文教常任委員長から報告のありました議案第15号について討論を行います。討論ございませんか。 (「なし」の声あり) ○中澤議長 討論なしと認めます。議案第15号を採決いたします。お諮りいたします。本案は福祉文教常任委員長報告のとおり原案を決することにご異議ございませんか。 (「異議なし」の声あり) ○中澤議長 ご異議なしと認めます。したがいまして議案第15号は原案のとおり可決されました。 福祉文教常任委員長から報告のありました議案第16号について討論を行います。討論ございませんか。 (「なし」の声あり) ○中澤議長 討論なしと認めます。議案第16号を採決いたします。お諮りいたします。本案は、福祉文教常任委員長報告のとおり原案を決することにご異議ございませんか。 (「異議なし」の声あり) ○中澤議長 ご異議なしと認めます。したがいまして議案第16号は原案のとおり可決されました。 福祉文教常任委員長から報告のございました議案第17号について討論を行います。討論ございませんか。 (「なし」の声あり) ○中澤議長 討論なしと認めます。議案第17号を採決いたします。お諮りいたします。本案は福祉文教常任委員長報告のとおり原案を決することにご異議ございませんか。 (「異議なし」の声あり) ○中澤議長 ご異議なしと認めます。したがいまして議案第17号は原案のとおり可決されました。 議案第18号、議案第19号について一括して総務産業常任委員長の報告を求めます。総務産業常任委員長荻原総務産業常任委員長 議案第18号 令和元年度箕輪町水道事業会計補正予算(第1号)、議案第19号 令和元年度箕輪町下水道事業会計補正予算(第2号)、審査結果を申し上げます。 議案第18号 令和元年度箕輪町水道事業会計補正予算(第1号)、質疑、討論なく、原案どおり可決することと決しましたので、ご報告申し上げます。 また議案第19号 令和元年度箕輪町下水道事業会計補正予算(第2号)について質疑、討論はなく、原案どおり可決するものと決しましたのでご報告いたします。以上です。 ○中澤議長 総務産業常任委員長の報告に対する質疑を一括して行います。ご質疑ございませんか。 (「なし」の声あり) ○中澤議長 質疑なしと認めます。以上で総務産業常任委員長の報告は終わりました。総務産業常任委員長から報告のありました議案第18号について討論を行います。討論ございませんか。 (「なし」の声あり) ○中澤議長 討論なしと認めます。議案第18号を採決いたします。お諮りいたします。本案は総務産業常任委員長報告のとおり原案を決することにご異議ございませんか。 (「異議なし」の声あり) ○中澤議長 ご異議なしと認めます。したがいまして議案第18号は原案のとおり可決されました。 総務産業常任委員長から報告がありました議案第19号について討論を行います。討論ございませんか。 (「なし」の声あり) ○中澤議長 討論なしと認めます。議案第19号を採決いたします。お諮りいたします。本案は総務産業常任委員長報告のとおり原案を決することにご異議ございませんか。 (「異議なし」の声あり) ○中澤議長 ご異議なしと認めます。したがいまして議案第19号は原案のとおり可決されました。 議案第20号について総務産業常任委員長の報告を求めます。総務産業常任委員長荻原総務産業常任委員長 議案第20号 箕輪町公の施設の指定管理者の指定期間の変更及び指定管理者の指定について、主な質疑の中に今度の指定管理料はの質問に、これまでの振興公社には1,000万強の指定管理料を払っていたが、今度は山彦化成ではなしである。毎月賃借料月20万円が町の収入になるとの回答でありました。討論なく、採決の結果、原案どおり可決するべきと決しましたので、ご報告いたします。以上です。 ○中澤議長 総務産業常任委員長の報告に対する質疑を行います。ご質疑ございませんか。 (「なし」の声あり) ○中澤議長 質疑なしと認めます。以上で総務産業常任委員長の報告は終わりました。総務産業常任委員長から報告のありました議案第20号について討論を行います。討論ございませんか。 (「なし」の声あり) ○中澤議長 討論なしと認めます。議案第20号を採決いたします。お諮りいたします。本案は総務産業常任委員長報告のとおり原案を決することにご異議ございませんか。 (「異議なし」の声あり) ○中澤議長 ご異議なしと認めます。したがいまして議案第20号は原案のとおり可決されました。 請願第4号の審査結果について総務産業常任委員長の報告を求めます。総務産業常任委員長荻原総務産業常任委員長 請願受理番号第4号 免税軽油制度の継続を求める請願書について、意見を委員にそれぞれ求めました。意見の中に28年度にも同様の請願が出ており、全会一致で採用されています。今まで4回継続しているので採択してもよい。また原油の精製コストから生まれた石油製品は交渉力によって販売価格は変わるのは不公平なので反対という意見も出されました。討論では反対討論として、交渉力の強いところが安くなり、交渉力の弱い消費者に負荷をかけるベースなので反対。賛成討論としては、地域の産業また弱い産業が廃れていくのはよいのか。農業、観光は地域の大事な資源、経済的にも支援していくことが大事なので賛成。採決の結果、賛成多数で採択すべきものと決しましたので、ご報告いたします。以上です。 ○中澤議長 ただいまの総務産業常任委員長の報告に対する質疑を行います。ご質疑ございませんか。 (「なし」の声あり) ○中澤議長 質疑なしと認めます。以上で総務産業常任委員長の報告は終わりました。総務産業常任委員長から報告のありました請願第4号について討論を行います。討論ございませんか。10番 中澤千夏志議員 ◆10番(中澤議員) 反対討論です。委員会の審議において唯一反対した立場で本会議においても委員長の報告に反対をいたします。私消費者の利益を代弁する立場と納税者としての税の公平性と公正を求める立場で反対理由について述べたいと思います。で、是非討論に参加していただくよう促したいと思います。石油製品についての問題なのですが、そもそも日本は産油国から原油を輸入し石油元売会社が精製して、石油製品として各種販売されている。同じ原油から同じ精製工程を経て製品としてA重油、C重油、ナフサ、軽油、灯油、ガソリンなどができると。なぜ同じ精製過程を通じて同じコストを掛けてるのに、製品価格が、価格差がでるのかということで、どうしてガソリンや灯油が高くて重油や軽油が安くなるのか。で、価格差が起きる原因は購入する立場によって交渉力に差が大きくあるからと言われている。したがって一番交渉力の弱い消費者が購入する商品である灯油やガソリンのところに販売価格が乗っかっていると。さらに石油製品も各種税金が賦課、税金が賦課されていて、そこに交渉力の差があるかないかで今回のような課税免税措置が求められたりする。不公平税制ってよく言いますが要するに請願なりを国に求めることは不公平税制を増長することになり後悔することになるのではないかなというふうに思います。石油製品の販売価格に差をつけてさらに税制でも差をつけるということは私は賛同はできません。税制も国会で決められると思いますがこうした請願書を地方議会から提出されればこういった事実が大いに参考になさられてるというふうに推察されます。箕輪町議会において税の正確として求められる公正かつ公平を配慮した判断をすべきではないかというふうに期待をいたします。他の議員の皆さんどのようにお考えになるのか是非討論に参加していただきたいと思います。以上です。 ○中澤議長 他に討論ございませんか。2番 岡田議員 ◆2番(岡田議員) 私も委員会で賛成討論をした立場で討論に参加をいたします。私は賛成の立場で討論であります。今、中澤議員のおっしゃる税制に対する不公平感、不公正感というものについては国民の皆さん等しく感じているところだというふうに思います。だからといって今の現状で地域の産業というものに対するこの税制の課題が解決されるかといったらその辺については解決ができないからこそ、是非免税措置の継続を求めるというものが出てきたのだということに尽きるというふうに思います。こういった軽減措置が図られなければ地域のそれこそ中小零細の業者が大変な影響をこうむるということも十分に予想がされますので、こういった継続について私は軽減措置については継続すべきだということで、この請願については賛成であります。以上です。 ○中澤議長 他に討論ございますか。9番 金澤議員 ◆9番(金澤議員) 賛成の立場で討論に参加します。先ほどの中澤議員の話は税制への不公正ってのはガソリンとか軽油に対して税制不公正云々という話をしてますが、この請願は、道路を走る車と同じ軽油を使う車、車両の中で道路を走る車と走らない車の差を免税してもいいのじゃないかということですので、道路を走らない車両に関しては免税措置することに賛成します。 ○中澤議長 他にございますか。 (「なし」の声あり) ○中澤議長 これで討論を終わります。これから請願第4号を採決いたします。この採決は起立によって行います。請願第4号の委員長報告は採択でございます。請願第4号を採択とすることに賛成の方は起立をお願いいたします。 〔賛成者起立〕 ○中澤議長 起立多数であります。したがいまして請願第4号は採択と決定いたしました。 陳情第12号の審査結果について総務産業常任委員長の報告を求めます。総務産業常任委員長荻原総務産業常任委員長 陳情受理番号第12号であります。箕輪町防災ハザードマップの説明会開催と下古田区有林及び区内民有林の所有者(地権者)境界の明確化と開示準備についての陳情であります。下古田区長の小林明芳さんに参考人として出席をしていただき幾つかの質問を行いました。今回本陳情書の提出者となった経過また区の総意なのか、また区長会の中で要望する働きかけはあるのか、また町に対しての要望は、また私有林所有者の理解は得ているのか等の質問を行いました。参考人からは次のような答弁がありました。区議会には相談をした。陳情そのものをよく理解していなかったのは事実であります。議会に対して動いてほしいという期待であります。ハザードマップはもっと地区の事情等を取り入れたものを作成するために実効的な動きをしてほしいとの答弁でありました。審議の中で趣旨採択の意見が出ました。趣旨採択について採決の結果、賛成多数で趣旨採択と決定いたしました。以上です。 ○中澤議長 ただいまの総務産業常任委員長の報告に対する質疑を行います。ご質疑ございませんか。13番 寺平議員 ◆13番(寺平議員) すみません。1点だけ確認したいのですけど賛成多数ということは反対が出たっていうことなのでしょうか。採決の内容等ちょっと教えてください。 ○中澤議長 総務産業常任委員長荻原総務産業常任委員長 全員の賛成ではありませんでした。 ○中澤議長 13番 寺平議員 ◆13番(寺平議員) そうしましたらその反対の方の理由がちょっと知りたいのですけども趣旨採択だから反対なのか、要はなぜ反対したのか。反対理由、その内容そのものに反対なのか。どういったことでしょうか。 ○中澤議長 総務産業常任委員長荻原総務産業常任委員長 すみません。今の寺平議員の質問でありますけれども特に意見というかありません。趣旨採択の賛成多数ということだけであります。 ○中澤議長 他にございますでしょうか。 (「なし」の声あり) ○中澤議長 これで質疑を終わります。以上で総務産業常任委員長の報告は終わりました。総務産業常任委員長から報告のありました陳情第12号について討論を行います。討論ございませんか。 (「なし」の声あり) ○中澤議長 討論なしと認めます。陳情第12号を採決いたします。お諮りいたします。本案の総務産業常任委員長報告は趣旨採択でございます。本案を趣旨採択と決することにご異議ございませんか。 (「異議なし」の声あり) ○中澤議長 ご異議なしと認めます。したがいまして、陳情第12号は趣旨採択と決定いたしました。 日程第2 議案第21号 箕輪町印鑑の登録及び証明に関する条例の一部を改正する条例制定についてを、議題といたします。事務局長に議案を朗読いたさせます。事務局長 ◎田中議会事務局長 議案第21号 朗読 ○中澤議長 提出者の説明を求めます。町長 ◎白鳥町長 議案第21号 箕輪町印鑑の登録及び証明に関する条例の一部を改正する条例制定について、提案理由の説明を申し上げます。この条例は成年被後見人等の権利の制限に係る措置の適正化等を図るための関係法律の整備に関する法律の施行に伴い、成年被後見人であることを理由とした不利益をこうむることがないようにするためのもので、成年被後見人の一律な権利制限が見直されたことに伴いまして、所要の改正を行うものでございます。この条例は公布の日から施行するものでございます。細部につきまして住民環境課長に説明をさせますのでよろしくご審議ご決定くださいますようにお願いを申し上げます。 ○中澤議長 細部説明を求めます。住民環境課長小澤住民環境課長 議案第21号 箕輪町印鑑の登録及び証明に関する条例の一部を改正する条例制定について細部説明を申し上げます。提案理由につきましては町長が申し上げたとおりでございます。この条例の一部改正につきましては成年被後見人等の権利の制限に関わる措置の適性等を図るため関係法律の整備に関する法律により、成年被後見人の一律な権利制限が見直されたことに伴いまして印鑑登録事務処理要領の一部改正が行われましたことによって町の条例につきましても一部改正を行うものでございます。改正の内容といたしましては、印鑑の登録の資格につきまして印鑑を受けることができない者のうち成年被後見人とある者を意思能力を有しない者とする改正が主なものでございます。資料を見てご説明いたしますので、議案書の2ページをご覧ください。資料として新旧対照表をつけさせていただいております。向かって左側が現行の条例であり、右側が改正案になります。第2条 登録の資格でございます。第2項 第2号におきまして下線が引かれている成年被後見人となっているものを意思能力を有しない者(前号に掲げる者を除く。)とするものです。こちらは成年被後見人の一律な権利制限が見直されたことに伴いまして印鑑登録事務処理要領にあわせて改正するものでございます。続きまして2ページから3ページにかけてになりますが、第5条関係、登録の印鑑、第3項及び第6条の登録の事項、第1項 第3号でございます。こちらも事務処理要領の改正にあわせて改正するものでございまして、住民票についてシステム調整する場合の規定の整備をするものでございます。1ページにお戻り願います。最後の行、附則についてでございます。公布の日から施行するとしてお願いするところでございます。細部説明は以上でございます。 ○中澤議長 議案第21号について質疑を行います。ご質疑ございませんか。 (「なし」の声あり) ○中澤議長 質疑なしと認めます。お諮りいたします。議案第21号は会議規則の規定により委員会付託を省略することにご異議ございませんか。 (「異議なし」の声あり) ○中澤議長 ご異議なしと認めます。したがいまして議案第21号は委員会付託を省略いたします。これから議案第21号について討論を行います。討論ございませんか。 (「なし」の声あり) ○中澤議長 討論なしと認めます。議案第21号を採決いたします。お諮りいたします。本案を原案のとおり決することにご異議ございませんか。 (「異議なし」の声あり) ○中澤議長 ご異議なしと認めます。したがいまして議案第21号は原案のとおり可決されました。 日程第3 議案第22号 箕輪町一般職の職員の給与に関する条例及び箕輪町一般職の任期付職員の採用及び給与の特例に関する条例の一部を改正する条例制定について、 日程第4 議案第23号 箕輪町議会議員の議員報酬及び費用弁償等に関する条例及び箕輪町特別職の職員で常勤のものの給与に関する条例の一部を改正する条例制定についてを 一括して議題といたします。事務局長に議案を朗読いたさせます。事務局長 ◎田中議会事務局長 議案第22号・23号 朗読 ○中澤議長 提出者の説明を一括して求めます。町長 ◎白鳥町長 議案第22号、議案第23号は関連がございますので、一括して提案理由の説明を申し上げます。国の人事院勧告を踏まえて給与法の改正により一般職職員の給料月額、勤勉手当の支給月数の改定と箕輪町一般職職員の給与改定に準じ、議会議員及び常勤特別職の職員の期末手当の支給月数の改定を行うもの、また成年後見制度の利用の促進に関する法律に基づく措置による地方公務員法及び地方自治法の一部改正に伴う条例改正でございます。 はじめに議案第22号 箕輪町一般職の職員の給与に関する条例及び箕輪町の一般職の任期付職員の採用及び給与の特例に関する条例の一部を改正する条例制定について申し上げます。先ほど申し上げました成年被後見人に係る条例の整備、また給与法の改正に基づく一般職職員の給料月額の改定と勤勉手当あるいは期末手当の支給月数を改定するものでございます。給与法の改定につきましては平均0.1%増の改定であります。一般職職員及び特定管理職員については勤勉手当の支給月数を、また任期付職員については期末手当の手当を0.05月引き上げるものでございます。 続きまして議案第23号 箕輪町議会議員の議員報酬及び費用弁償等に関する条例及び箕輪町特別職の職員で常勤のものの給与に関する条例の一部を改正する条例制定について申し上げます。この条例は議案第22号と同様に人事院勧告を踏まえ、特別職の給与法の改正に伴い議会議員及び常勤特別職の職員の期末手当の支給月数を引き上げるものでございます。期末手当の改定につきましては、議会議員、町長、副町長、教育長の期末手当の支給割合を0.05月引き上げるものでございます。 以上議案第22号、第23号につきまして一括して提案理由の説明を申し上げました。細部につきまして、総務課長に説明をさせますのでよろしくご審議ご決定くださいますようにお願いを申し上げます。 ○中澤議長 議案第22号、議案第23号の細部説明を一括して求めます。総務課長 ◎中村総務課長 それでは、議案第22号、議案第23号につきまして細部説明を申し上げます。 初めに第22号でございます。議案をご覧いただきたいと思います。提案理由につきましてはただいま町長が申し上げたとおりでございます。今回の改正は、一般職職員の月例給の改定と期末手当の支給月数の改定などを行うものでございます。それでは概要につきまして資料を添付しておりますので17ページをお願いしたいと思います。第1条関係では地方公務員法で規定してありました成年被後見人などの失職規定を削除したことに伴う条例の改正また人事院勧告に伴う条例改正でございます。一般職のその後の一般職の表でございますが、12月の勤勉手当について0.05月引き上げ、0.975月としております。またその下の表は課長相当職でございますが同じく12月の勤勉手当を0.05月引き上げ、1.175月とす るものでございます。また給料表について、平均0.1%を引き上げ、別表1を改正するものでございます。第4条関係では令和2年度以降の勤勉手当の支給割合について6月と12月に均等にするとするものでございます。18ページをお願いいたします。一般職員、管理職員共に6月、12月の勤勉手当を0.025月ずつ引き上げるとするものでございます。第2条関係では一般職非常勤職員会計年度任用職員に移行することに伴う条文の整備でございます。第3条関係は任期付職員の給与について人事院勧告に基づき1号俸37万4,000円から1,000円引き上げ、37万5,000円とするものでございます。また期末手当を0.05月引き上げ、1.725月とするものでございます。19ページ第4条関係では令和2年度以降期末手当を6月と12月に0.025ずつ均等に引き上げるとするものでございます。ただいま条例改正の概要でございましたが、新旧対照表では第1条関係が7ページの第25条から別表1の改正12ページまでが第1条関係の改正でございます。第2条関係につきましては13ページ、14ページ、第2条、第29条の改正となっております。第3条関係は15ページ、条例の第4条の改正また第4条関係につきましては16ページ、条例の第5条の改正でございます。施行期日につきましては公布の日ですが第2条、第4条関係については、令和2年4月1日からまた、第1条、第3条関係は平成31年4月1日にさかのぼって適用するとするものでございます。 続きまして議案第23号をお願いしたいと思います。資料を添付してございますので5ページをお願いしたいと思います。上の段は箕輪町議会議員の議員報酬及び費用弁償等に関する条例の改正の概要でございまして、議会議員の期末手当の支給割合の改定でございます。第1条関係は12月の期末手当を0.05月引き上げ、1.725月とするものでございます。第2条関係は令和2年度以降第1条での引き上げ分0.05月を6月と12月に0.025ずつ均等に引き上げるとするものでございます。下の段は、箕輪町特別職の職員で常勤のものの給与に関する条例の改正でございまして町長、副町長、教育長の期末手当の支給割合の改定でございます。第3条関係は12月の期末手当を0.05月引き上げ、1.725月とするものでございます。第4条関係は令和2年度以降第1条で引き上げる部分0.05月を6月と12月に0.025月ずつ均等に引き上げるとするものでございます。改正内容は上の段と同じでございます。附則ではこの条例の施行期日を公布の日としておりますが、第2条、第4条につきましては令和2年4月1日としております。 以上、議案第22号、議案第23号につきまして細部説明をいたしました。よろしくお願いいたします。 ○中澤議長 議案第22号、議案第23号について一括して質疑を行います。ご質疑ございませんか。2番 岡田議員
    ◆2番(岡田議員) 勉強不足で申し訳ありません。この両議案について、なぜ本会議初日での提案でなかったのか、その点についてちょっとお聞かせください。 ○中澤議長 総務課長 ◎中村総務課長 国会の方でこの初日には間に合いませんでしたので最終日に提案させていただきました。 ○中澤議長 岡田議員よろしいですか。他にご質疑ございませんか。 (「なし」の声あり) ○中澤議長 これで質疑を終わります。お諮りいたします。議案第22号、議案第23号は会議規則の規定により委員会付託を省略することにご異議ございませんか。 (「異議なし」の声あり) ○中澤議長 ご異議なしと認めます。したがいまして議案第22号、議案第23号は委員会付託を省略いたします。これから議案第22号について討論を行います。討論ございませんか。 (「なし」の声あり) ○中澤議長 討論なしと認めます。議案第22号を採決いたします。お諮りいたします。本案は原案のとおり決することにご異議ございませんか。 (「異議なし」の声あり) ○中澤議長 ご異議なしと認めます。したがいまして議案第22号は原案のとおり可決されました。 これから、議案第23号について討論を行います。討論ございませんか。 (「なし」の声あり) ○中澤議長 討論なしと認めます。議案第23号を採決いたします。お諮りいたします。本案を原案のとおり決することにご異議ございませんか。 (「異議なし」の声あり) ○中澤議長 ご異議なしと認めます。したがいまして議案第23号は原案のとおり可決されました。 日程第5 議案第24号 令和元年度箕輪町一般会計補正予算(第4号)、 日程第6 議案第25号 令和元年度箕輪町国民健康保険特別会計補正予算(第4号)、日程第7 議案第26号 令和元年度箕輪町後期高齢者医療特別会計補正予算(第4号)、日程第8 議案第27号 令和元年度箕輪町介護保険特別会計補正予算(第4号)、日程第9 議案第28号 令和元年度箕輪町水道事業会計補正予算(第2号)、 日程第10 議案第29号 令和元年度箕輪町下水道事業会計補正予算(第3号)を一括して議題といたします。事務局長に議案を朗読いたさせます。事務局長 ◎田中議会事務局長 議案第24号・25号・26号・27号・28号・29号 朗読 ○中澤議長 提出者の説明を一括して求めます。町長 ◎白鳥町長 議案第24号から議案第29号につきまして関連がございますので一括して提案理由の説明を申し上げます。今回の補正は人事院勧告に伴い、先ほど提案をさせていただきました条例改正に基づき人件費の補正をお願いするものでございます。 まず議案第24号 令和元年度箕輪町一般会計補正予算(第4号)について説明を申し上げます。議案書の1ページをご覧ください。一般会計ですが既定の歳入歳出予算の総額に金 額の増減はございません。補正予算書の2ページをお願いをいたします。歳入はございません。歳出は1款から10款までそれぞれ人件費の補正を計上しております。その中には後段の議案で説明をいたしますが9ページ介護保険特別会計へ12万円、11ページ国民健康保険特別会計へ9万3,000円、後期高齢者医療特別会計3万2,000円、それぞれ人件費補正に伴う繰出金を補正しており、支出の増額892万8,000円であります。14款 予備費で892万8,000円を減額をし歳出のうちで調整をしております。給与費明細書は21ページから計算しておりますのでご確認をいただければと思います。 続きまして議案第25号 令和元年度箕輪町国民健康保険特別会計補正予算(第4号)につきまして説明を申し上げます。補正予算書国保1ページをご覧ください。既定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ9万3,000円を追加し、歳入歳出の総額を歳入歳出それぞれ23億6,278万9,000円とするものでございます。歳入から申し上げます。国保2ページをご覧ください。10款 繰入金は歳出の人件費を増額補正するため一般会計から同額の9万3,000円を補正するものでございます。続きまして歳出について申し上げます。国保3ページをご覧ください。1款 総務費は人件費を9万3,000円増額するものでございます。給与費明細書を国保8ページから掲載しておりますのでご確認をいただければと思います。 続きまして議案第26号 令和元年度箕輪町後期高齢者医療特別会計補正予算(第4号)について説明を申し上げます。補正予算書後期1ページをご覧ください。既定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ3万2,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ2億8,243万8,000円とするものでございます。歳入から申し上げます。後期2ページをご覧ください。4款 繰入金は歳出の人件費を増額補正するため一般会計から同額の3万2,000円を補正するものでございます。続きまして歳出について申し上げます。後期3ページをご覧ください。1款 総務費は人件費を3万2,000円増額するものでございます。給与費明細書を後期8ページから掲載をしております。ご確認をいただければと思います。 続きまして議案第27号 令和元年度箕輪町介護保険特別会計補正予算(第4号)について説明を申し上げます。補正予算書介護1ページをご覧ください。既定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ12万円を追加し、歳入歳出の総額を歳入歳出それぞれ21億969万4,000円とするものでございます。歳入から申し上げます。介護2ページをご覧ください。10款 繰入金は歳出の人件費を増額補正するため一般会計から同額の12万円を補正するものでございます。続きまして歳出について申し上げます。介護3ページご覧ください。1款 総務費で3万9,000円、5款 地域支援事業費で8万1,000円、合計12万円を増額するものでございます。給与費明細書を介護9ページから掲載しております。ご確認いただければと思います。 続きまして議案第28号 令和元年度箕輪町水道事業会計補正予算(第2号)について説明を申し上げます。補正予算書水道1ページ、併せて予算実施計画明細書水道4ページをご覧ください。補正予算書第2条 業務の予定量の補正について(4)主要な建設改良事業の第5次拡張工事ですが既決予定量の2,572万7,000円に今回6万8,000円を増額し、2,579万 5,000円とするものでございます。次に第3条 収益的支出の第1款 第1項の営業費用を5万1,000円増額し、4億6,257万6,000円に、第4項の予備費を5万1,000円減額し、417万6,000円とするもので、内容は人件費の補正であります。第4条予算では第1款 第1項の建設改良費を6万8,000円増額し、7,509万4,000円に増額するもので、本文括弧書き中の資本的収入が資本的支出に対し不足する額1億6,106万2,000円を1億6,113万円に過年度損益勘定留保資金1億5,620万4,000円を1億5,627万2,000円に改めるもので内容は人件費の補正であります。第5条の職員給与費につきましては既決予定量に11万9,000円を増額し、3,114万9,000円とするものであります。給与費明細書を水道6ページから掲載しておりますので、ご確認をいただければと思います。 続きまして議案第29号 令和元年度箕輪町下水道事業会計補正予算(第3号)について説明を申し上げます。補正予算書の下水1ページ、併せて予算実施計画明細書下水4ページをご覧ください。補正予算書第2条 業務の予定量の補正について(3)主要な建設改良事業の(イ)の雨水排水施設整備事業ですが、既決予定量の850万9,000円に今回3万9,000円を増額し、854万8,000円とするものでございます。次に第3条 収益的支出の第1款 第1項の営業費用を15万1,000円増額し、8億3,976万6,000円に、予備費を15万1,000円減額し、1,620万8,000円とするもので、内容は人件費の補正であります。第4条予算では資本的支出の第1款 第1項の建設改良費を3万9,000円増額し、2億1,707万3,000円に、予備費を3万9,000円減額し390万3,000円に補正するもので、内容は人件費の補正であります。第5条の職員給与費につきましては既決予定額19万円を増額し、3,022万5,000円とするものでございます。給与費明細書を下水6ページから掲載しておりますのでご確認をいただければと思います。 以上議案第24号から議案第29号につきまして提案理由の説明を申し上げました。よろしくご審議ご決定くださいますようにお願いを申し上げます。 ○中澤議長 これから議案第24号から議案第29号について、一括して質疑を行います。ご質疑ございませんか。 (「なし」の声あり) ○中澤議長 質疑なしと認めます。お諮りいたします。議案第24号から議案第29号は会議規則の規定により委員会付託を省略することにご異議ございませんか。 (「異議なし」の声あり) ○中澤議長 ご異議なしと認めます。したがいまして議案第24号から議案第29号は委員会付託を省略いたします。これから議案第24号について討論を行います。討論ございませんか。 (「なし」の声あり) ○中澤議長 討論なしと認めます。議案第24号を採決いたします。お諮りいたします。本案は原案のとおり決することにご異議ございませんか。 (「異議なし」の声あり) ○中澤議長 ご異議なしと認めます。したがいまして、議案第24号は原案のとおり可決されました。 これから議案第25号について討論を行います。討論ございませんか。 (「なし」の声あり) ○中澤議長 討論なしと認めます。議案第25号を採決いたします。お諮りいたします。本案は原案のとおり決することにご異議ございませんか。 (「異議なし」の声あり) ○中澤議長 ご異議なしと認めます。したがいまして議案第25号は原案のとおり可決されました。 これから、議案第26号について討論を行います。討論ございませんか。 (「なし」の声あり) ○中澤議長 討論なしと認めます。議案第26号を採決いたします。お諮りいたします。本案は原案のとおり決することにご異議ございませんか。 (「異議なし」の声あり) ○中澤議長 ご異議なしと認めます。したがいまして議案第26号は原案のとおり可決されました。 これから議案第27号について討論を行います。討論ございませんか。 (「なし」の声あり) ○中澤議長 討論なしと認めます。議案第27号を採決いたします。お諮りいたします。本案は原案のとおり決することにご異議ございませんか。 (「異議なし」の声あり) ○中澤議長 ご異議なしと認めます。したがいまして議案第27号は原案のとおり可決されました。 これから議案第28号について討論を行います。討論ございませんか。 (「なし」の声あり) ○中澤議長 討論なしと認めます。議案第28号を採決いたします。お諮りいたします。本案は原案のとおり決することにご異議ございませんか。 (「異議なし」の声あり) ○中澤議長 ご異議なしと認めます。したがいまして、議案第28号は原案のとおり可決されました。 議案第29号について討論を行います。討論ございませんか。 (「なし」の声あり) ○中澤議長 討論なしと認めます。議案第29号を採決いたします。お諮りいたします。本案は原案のとおり決することにご異議ございませんか。 (「異議なし」の声あり) ○中澤議長 ご異議なしと認めます。したがいまして、議案第29号は原案のとおり可決されました。 日程第11 議案第30号 軽油引取税の課税免除措置の継続を求める意見書の提出についてを議題といたします。事務局長に議案を朗読いたさせます。事務局長 ◎田中議会事務局長 議題第30号 朗読 ○中澤議長 提出者の説明を求めます。総務産業常任委員長荻原総務産業常任委員長 それでは意見書の提出につきまして説明を申し上げます。やはり農業関係、非常に今回もそれぞれの災害等がありました。少しでもそういった農業関係の方々、また宿泊関係それから冬季産業等にそれぞれの経営に対する少しでも政府に対する援助を求めたいと思います。以上であります。 ○中澤議長 これから、議案第30号について質疑を行います。ご質疑ございませんか。 (「なし」の声あり) ○中澤議長 質疑なしと認めます。議案第30号は会議規則の規定により委員会付託を省略いたします。これから議案第30号について討論を行います。討論ございませんか。10番 中澤千夏志議員 ◆10番(中澤議員) 反対です。趣旨は先ほどと重なりますが3行目に書いてあります道路を使用しない機械用燃料用の軽油とありますが道路を使用しないガソリンと灯油など、消費者が使うものは適用対象外になってます。税の公平性と公正に欠ける意見書だと思います。以上反対です。 ○中澤議長 他にございませんか。 (「なし」の声あり) ○中澤議長 これで討論を終わります。議案第30号を採決いたします。この採決は起立によって行います。本案を原案のとおり決することに賛成の方の起立を求めます。 〔賛成者起立〕 ○中澤議長 起立多数であります。したがいまして、議案第30号は原案のとおり意見書を提出することに決定いたしました。 日程第12 選挙第1号 箕輪町選挙管理委員及び補充員選挙についてを議題といたします。事務局長に選挙第1号を朗読いたさせます。事務局長 ◎田中議会事務局長 選挙第1号 朗読 ○中澤議長 ここで選挙管理委員に関する地方自治法に規定する要点を申し上げます。今回の選挙は地方自治法第182条第8項の規定により、箕輪町選挙管理委員長から選挙管理委員及び補充員の任期が本年12月31日をもって満了する旨の通知を受けたため、同条第1項及び第2項の規定に基づき選挙を行うものであります。委員の定数は4人であり、任期は4年であります。また補充員の定数も4人であり任期は委員の任期によると定められております。選挙管理委員は選挙権を有するもので人格が高潔で政治及び選挙に関して公正な執権を有する者のうちから、地方公共団体の議会においてこれを選挙すると定められております。また、選挙管理委員の選挙を行う場合は同時に同数の補充員を選挙するよう定められております。補充員は選挙管理委員が欠員となったとき選挙管理委員長が補充員選挙のときに決まった順序によって選挙管理委員に補欠するものであります。 お諮りいたします。この選挙の方法につきましては地方自治法第118条第2項の規定による指名推薦とし、指名の方法は議長が選考結果に基づき指名したいと思います。選考委員は深沢川より北を北部ブロック、深沢川から帯無川の間を中部ブロック、帯無川より南を南部ブロック、天竜川より東側を東部ブロックの4ブロックに分け、各ブロックから1人の委員を選出し、さらに正副議長を加えた6人としたいと思います。以上、ただいま申し上げました選挙方法とすることにご異議ございませんか。 (「異議なし」の声あり) ○中澤議長 ご異議なしと認めます。したがいましてこの選挙の方法は指名推薦とし、指名の方法は議長が選考委員による選考結果に基づき指名することとし、選考委員には各ブロック代表の4人と正副議長が当たることに決定いたしました。 お諮りいたします。各ブロック代表の選考委員について議長が指名することにご異議ございませんか。 (「異議なし」の声あり) ○中澤議長 ご異議なしと認めます。したがいまして、各ブロック代表の選考委員について議長が指名することに決定いたしました。それでは、北部ブロックについては5番 唐澤敏議員、中部ブロックについては12番 中村政義議員、南部ブロックについては11番 荻原省三議員、東部ブロックについては14番 小出嶋文雄議員の4人を指名いたします。ここで暫時休憩といたします。選考委員の方は、直ちに301委員会室にお集まりください。しばらくお待ち願います。 午後3時19分 休憩 午後3時24分 再開 ○中澤議長 休憩前に引き続き会議を再開いたします。選考委員会において選考委員長に選任された伊藤隆議員から選考結果の報告を求めます。1番 伊藤隆議員 ◆1番(伊藤議員) それでは選考委員会で委員長に選任されました私より選考結果につきまして報告をいたします。箕輪町選挙管理委員の4名の方について申し上げます。北川昭雄様、箕輪町大字中箕輪2963番地1、北部ブロックであります。原幸喜様、箕輪町大字中箕輪8527番地5、中部ブロックでございます。井上彦七様、箕輪町大字中箕輪12822番地1、南部ブロックでございます。漆戸正様、箕輪町東箕輪4547番地5、東部ブロックでございます。続きまして箕輪町選挙管理委員の補充員の4名につきまして申し上げます。補充員につきましては順番をしておりませんのでご承知おき願います。1番日野六男様、箕輪町大字中箕輪13173番地168、南部ブロックでございます。2番押野光様、箕輪町大字中箕輪5990番地1、中部ブロックでございます。3番浅野幸利様、箕輪町大字三日町1646番地1、東部ブロックでございます。4番尾曽共春様、箕輪町大字中箕輪600番地1、北部ブロックであります。以上選考いたしましたので、よろしくお願いいたします。ちょっと訂正させてください。私ただいま順番を指定してありませんと言いましたが、指定をしてありますので間違いですので。補充員の方でございます。すみません。順番を指定していますってことですので、よろしくお願いします。 ○中澤議長 ただいま選考委員長から報告のありましたとおり北川昭雄さん、原幸喜さん、井上彦七さん、漆戸正さんを箕輪町選挙管理委員に指名いたします。お諮りいたします。ただいま指名いたしました北川昭雄さん、原幸喜さん、井上彦七さん、漆戸正さんを箕輪町選挙管理委員の当選人とすることにご異議ございませんか。 (「異議なし」の声あり) ○中澤議長 ご異議なしと認めます。したがいましてただいま申し上げました4人の方が箕輪町選挙管理委員の当選人と決定いたしました。選挙第1号の選挙管理委員の当選人の空欄となっている表にお名前をそれぞれ書き入れてください。 続いて選考委員長から報告のありましたとおり箕輪町選挙管理委員の補充員に1番日野六男さん、2番押野光さん、3番浅野幸利さん、4番尾曽共春さんを箕輪町選挙管理委員の補充員に指名いたします。お諮りいたします。ただいま指名いたしました日野六男さん、押野光さん、浅野幸利さん、尾曽共春さんを箕輪町選挙管理委員の補充員の当選人とすることにご異議ございませんか。 (「異議なし」の声あり) ○中澤議長 ご異議なしと認めます。したがいましてただいま申し上げました4人の方が順位のとおり箕輪町選挙管理委員の補充員の当選人と決定いたしました。選挙第1号の選挙管理委員の補充員の空欄となっている表に、お名前をそれぞれ書き入れてください。 日程第13 諸般の報告を議題といたします。福祉文教常任委員長議会運営委員長並びに議会広報特別委員長から委員会の所管事務の調査活動の結果の報告を求めます。はじめに福祉文教常任委員長小出嶋福祉文教常任委員長 それでは福祉文教常任委員の視察研修について報告をさせていただきます。視察の期間でありますけれども令和元年10月15日から16日、視察の場所ですが岡山県鏡野町及び島根県邑南町であります。出席した委員でありますけれども福祉文教常任委員7人全員と中澤議長であります。まず最初に行ったのが岡山県鏡野町であります。岡山県鏡野町の視察の目的でありますけれども、健康づくり条例とその推進計画である健康鏡野21についての視察であります。鏡野町は平成17年に2町2村が合併して生まれた町であります。人口が1万2,947人で、面積は419.68k㎡であります。国保の被保険者1人当たりの医療費が県内で上位にあったことから平成25年に最重点施策として健康づくりの推進を据えて町民の健康づくりの基本理念を定めた鏡野町健康づくり条例を制定いたしました。条例の基本理念では、町民一人一人が主体的に取り組むこと、町・町民・地域団体・事業者が共同して社会全体で支援する体制づくりをすることとし、あらゆる人、地域、機関が手を取り合ってみんなで健康づくりに前向きに取り組むこととしております。この条例の基本理念を受けて健康鏡野21として10年間の計画を策定し、健康づくりは家庭から、健康長寿でまちづくりをキャッチフレーズに進めております。具体的には特定健診の受診率向上のため受診料の無料化、町で考案した健康づくり体操の普及、個人ごとに目標を決めて取り組む子供から大人まで参加できる健康チャレンジ90日事業などを進めています。これ町長のあなたの元気、あなたの健康、鏡野町の願いです、というこの熱い思いで、健康づくりを引っ張っていく姿が印象的でありました。また次の日には島根県邑南町、これは視察の目的ですけれども日本一の子育て村構想について視察をしてまいりました。邑南町は平成16年に2町1村が合併し邑南町となったものでありまして人口が1万1,101人、面積が419.29k㎡ということで、両方の町とも当町の箕輪町の半分くらいの人口でありますが面積は相当大きい状況であります。この邑南町でありますが日本一の子育て村を目指して子育てするなら邑南町でというキャッチフレーズで身近で安心な医療体制、子供医療費の無料化、第2子目から保育料の無料化等により、地域で子育てができる環境づくりを進め、若者の定住を図るため就労支援、結婚のための出会いサポート、奨学金制度などでの若者の里帰り定住を図るための教育支援、生活環境の整備等の日本一の子育て支援を行ってそれを持続させています。町役場のすべての課が子育て支援から定住支援を担っている体制が組まれていました。また公民館単位の地域ごとにそれぞれの地域での子育て人口減少対策の事業を取り組んでおりまして地域の活性化に繋げていました。今申し上げたような取り組みを行っておりましてぜひこれを箕輪町でも、この中の良い部分を取り入れてこの健康のまちづくりまた子育てについて生かしていきたいと思っております。またこの視察の結果この12月の定例会の一般質問ではこの中から幾つかのことについて一般質問をしております。これからもこの成果を活かして議会活動をしていきたいと思っております。以上であります。 ○中澤議長 続きまして議会運営委員長に報告を求めます。 ◆寺平議会運営委員長 それでは議会運営委員会の視察報告について報告いたします。11月11日、12日両日におきまして松本市議会、会津若松市議会において行政視察に行ってまいりました。今回の目的は住民から寄せられた意見を実現させる仕組みを学ぶということで、住民懇談会、各種団体との意見交換会から寄せられた意見をどう政策実現に結びつけるか、の取り組みを研究するという目的で行ってまいりました。会津若松市議会松本市議会ともに政策形成のサイクルにおいて類似点が見られました。まず次の5点です。ア 意見交換会の開催、イ 出された意見をもとに政策テーマを決定、ウ 政策テーマの検討機関として政策討論会を設置、エ 一般質問、委員会審査などで議論を深める、オ 執行機関に提言するの5点で共通点が見られました。また具体的に各議会の取り組みを紹介します。まず松本市議会です。まず政策討論会というものは何なのかと申しますと、常任委員会を単位に政策討論会を設置します。そしてテーマを決定し住民懇談会、各種団体との意見交換会から寄せられた意見を元に参考資料を作成し、政策実現に結びつけているとのことです。また住民懇談会や各種団体との意見から出された参考資料は各議員が一般質問での活用も見られるそうです。次の取り組みでステップアップ市民会議といった取り組みもございました。こちらは、審議会等の運営に関して、市民からの意見や提言を的確に把握するため設置されているものです。委員は10名で公募5各、各種団体から5名、異なる意見を出してもらいたいので属性に偏りが出ないよう各種団体からも選出しているそうです。具体的には提言を受け、子供向けの議会だよりを発行するなど成果が見られました。次に請願・陳情の取り扱いです。松本市議会では請願者、陳情者の意見陳述というものを行っております。具体的にはまず、委員会審査におきまして提出者が希望する場合趣旨説明を行うことができます。趣旨説明の希望は請願の提出時にするかしないかを確認します。提出者は委員会審査に出席しまして委員から質問を受けます。費用弁償についてはございません。執行部からも出席して、委員から質問を受けます。これが松本市議会また会津若松市議会でも同様なのですけれどもこういった取り組みがなされました。そして自由討議でございます。自由討議というものが行われておりましてそちらの研究もしてまいりました。質疑、自由討議、討論の違いでございます。質疑というのは議員が議案提出者に疑問点を質問すること。討論というのは議案に対して賛成か反対か表明すること。それに対して自由討議というものはある論点について議員同士で意見交換するものでございます。これが委員会で例えば合意された場合はそれが提言、修正、附帯決議などに繋がってまいります。合意できなかった場合は委員長報告にて討議内容を報告することになります。最後に会津若松市議会の取り組みでございます。こちらは住民の意見を政策に結びつける年間の取り組みをテーマに研修してまいりました。会津若松議会の取り組みです。まず最初に市民から意見を吸い上げます。こちらは年間2回意見交換会また各種団体との懇談会が開かれます。これを広報広聴委員会で意見の整理、検討が行われます。次に松本市議会同様、政策討論会が開催されます。こちらも常任委員会を単位として設置されるもので、意見交換会から出た意見をもとに取り組みテーマを決め、論点抽出表という一覧表を作成します。そして定例議会になります。委員会審査におきまして論点抽出票をもとに質疑、で、委員間で自由討議を行います。討論、採決を行います。そしてその結果提言を行い、それをもとに最終報告書、執行部が提言書に基づいてその取り組み方針を載せた最終報告書を年度末に提出するという流れになります。この視察研修を通しまして会津若松市議会ともに共通点、類似点も見られました。また箕輪町議会でも年明けからしっかりと議会運営委員会で論点を整理しまして取り入れ、議会改革に取り入れられるものは取り入れてまいりたいと思いますので、よろしくお願いいたします。以上です。 ○中澤議長 続きまして議会広報特別委員長からお願いをいたします。 ◆松本議会広報特別委員長 議会広報特別委員会で11月の6日から7日にかけて視察研修を行ってまいりました。報告をしたいと思います。議会だよりの全国コンクールというのがあるのですが、30年度の優秀賞を受賞いたしました宮城県の川崎町に広報委員1人欠席したのですが、4人と事務局で5人で行ってまいりました。それで川崎町の議会では箕輪町は広報委員という名前なのですが、広聴広報委員会というメンバーで8人で構成されております。テーマは町民の皆さんに見ていただける広報誌をということで目指せ全国制覇ということで、だいぶ力の入れていることを伺ってまいりました。先ほども言いましたように広聴広報ですので箕輪町は5人なのですがここのところは8人、議員定数が14人で8人というようなことも伺ってまいりました。それで町民を紹介する川崎思い人は各委員会の持ち回りにより町民への取材依頼を行っております。町に出掛けて行き担当の議員が一人一人伺って、それを議会だよりに載せるというようなかたちの法則をとっておるそうです。作業工程は定例会閉会から発効までに概ね5、6回編集を重ね、記事だとかそういうものに役立てているというように伺っております。編集に当たっての留意としては議事録の形式ではなく、町民に親しまれ、かつ見やすい紙面づくりを基本に専門用語などをなるべく避け、わかりやすい表現方法を心掛けている。あるいはホワイトスペースは非常に研究しながらやってるとこが伺えられました。そのようなことを参考にしながら箕輪町も議会だよりに役立てていきたいと思います。以上です。 ○中澤議長 日程第14 議員派遣の件を議題といたします。お諮りいたします。会議規則第117条の規定により、お手元に配付の文書のとおり議員を派遣することにご異議ございませんか。 (「異議なし」の声あり) ○中澤議長 ご異議なしと認めます。したがいまして会議規則117条の規定によりお手元に配付の文書のとおり、議員を派遣することに決定いたしました。 以上で本定例会に付議された案件の審議はすべて終了いたしました。本日の会議を閉じます。これをもって令和元年箕輪町議会12月定例会を閉会といたします。ご苦労さまでした。[一同「ご苦労さまでした。」]                                 午後3時47分 閉会箕輪町議会議長署名議員 第7番署名議員 第8番...