塩尻市議会 > 2021-06-04 >
06月04日-01号

ツイート シェア
  1. 塩尻市議会 2021-06-04
    06月04日-01号


    取得元: 塩尻市議会公式サイト
    最終取得日: 2020-07-22
    令和元年  6月 定例会          令和元年塩尻市議会6月定例会会議録                 第1号---------------------------------------   令和元年塩尻市議会6月定例会が6月4日午前10時塩尻市役所議場に招集された。---------------------------------------            令和元年6月4日(火曜日)---------------------------------------               議事日程(第1号)                        令和元年6月4日午前10時開議第1.会議録署名議員の指名第2.諸般の報告第3.会期の決定第4.表彰状の伝達第5.提案理由総括説明及び各議案説明 議案第1号 塩尻市税条例の一部を改正する条例   第2号 塩尻市介護保険条例の一部を改正する条例   第3号 塩尻市家庭的保育事業等の設備及び運営に関する基準を定める条例の一部を改正する条例   第4号 塩尻市放課後児童健全育成事業の設備及び運営に関する基準を定める条例の一部を改正する条例   第5号 監査委員の選任について   第6号 固定資産評価審査委員会委員の選任について   第7号 塩尻中学校規模改修工事建築主体工事請負契約の締結について   第8号 市道路線の認定について   第9号 令和元年度塩尻一般会計補正予算(第2号)   第10号 令和元年度塩尻介護保険事業特別会計補正予算(第1号) 報告第1号 平成30年度塩尻繰越明許費繰越計算書について   第2号 平成30年度塩尻下水道事業会計予算繰越計算書について   第3号 令和元年度塩尻土地開発公社経営状況を説明する書類の提出について   第4号 令和元年度一般財団法人塩尻文化振興事業団経営状況を説明する書類の提出について   第5号 令和元年度一般財団法人塩尻振興公社経営状況を説明する書類の提出について   第6号 令和元年度一般財団法人塩尻農業公社経営状況を説明する書類の提出について   第7号 令和元年度一般財団法人塩尻筑南勤労者福祉サービスセンター経営状況を説明する書類の提出について   第8号 令和元年度一般財団法人塩尻森林公社経営状況を説明する書類の提出について   第9号 令和元年度一般財団法人塩尻木曽地域地場産業振興センター経営状況を説明する書類の提出について第6.議案質疑、討論、採決 議案第5号 監査委員の選任について     ------------------------------◯出席議員(18名)    1番  丸山寿子君             2番  樋口千代子君    3番  赤羽誠治君             4番  平間正治君    5番  小澤彰一君             6番  篠原敏宏君    7番  中野重則君             8番  横沢英一君    9番  西條富雄君             10番  青柳充茂君    11番  金子勝寿君             12番  山口恵子君    13番  牧野直樹君             14番  古畑秀夫君    15番  永井泰仁君             16番  中村 努君    17番  柴田 博君             18番  永田公由君◯欠席議員(なし)◯欠員(なし)     ------------------------------◯説明のため出席した者 市長          小口利幸君   副市長         米窪健一朗君 教育長         山田富康君   代表監査委員      高砂礼次君 総務部長        羽多野繁春君  企画政策部長      塩川昌明君 市民生活事業部長    小林 隆君   健康福祉事業部長    青木 実君 産業振興事業部長    塩原恒明君   産業振興事業部長    高砂進一郎君 (産業政策・観光担当)         (農政・森林担当) 建設事業部長      中野昭彦君   市民交流センター・生涯学習部長                                 赤津光晴君 こども教育部長     大野田一雄君  水道事業部長      上條宏幸君 秘書広報係長      塩原清彦君     ------------------------------◯事務局職員出席者 事務局長        横山文明君   事務局次長       赤津廣子君 議事総務係長      小澤真由美君     ------------------------------            本日の会議に付した事件議事日程(第1号)記載事件のとおり                            午前10時00分 開会     ------------------------------ ○議長(丸山寿子君) 皆様、おはようございます。 これより令和元年塩尻市議会6月定例会を開会いたします。 ただいまの出席議員は18名で定足数を超えておりますので、直ちに会議を開きます。 それでは、お手元の議事日程により議事に入ります。     ------------------------------ △日程第1 会議録署名議員の指名 ○議長(丸山寿子君) 日程第1 会議録署名議員の指名をいたします。会議規則の定めるところにより、5番 小澤彰一さん、6番 篠原敏宏さん、7番 中野重則さんを指名いたします。     ------------------------------ △日程第2 諸般の報告 ○議長(丸山寿子君) 日程第2 諸般の報告をいたします。事務局長から報告させます。 ◎事務局長横山文明君) 御指名がございましたので、御報告申し上げます。 3月定例会において可決されました、地域からの経済好循環の実現に向け最低賃金の改善と中小企業支援策の拡充を求める意見書につきましては、内閣総理大臣初め関係機関に提出しましたので、御了承願います。 次に、お配りしてあります書類について申し上げます。議事日程、6月定例会会期及び審議日程(案)、本定例会において説明のため議会へ出席を要求した者の氏名であります。 報告関係では、2月21日から6月3日までの事務報告及び議長会関係報告であります。 以上でございます。     ------------------------------ △日程第3 会期の決定 ○議長(丸山寿子君) 日程第3 会期の決定についてを議題といたします。議会運営委員長の報告を求めます。8番 横沢英一さん。 ◆議会運営委員長横沢英一君) 〔登壇〕 皆様、おはようございます。御指名をいただきましたので、塩尻市議会6月定例会の議会運営につきまして、議会運営委員会の報告を申し上げます。 過ぐる5月24日付、塩尻市告示第2号により、6月定例会が本日6月4日に招集されることが告示されました。よって、5月28日議会運営委員会を開催しまして、本定例会の会期及び審議日程について協議をいたしました。 本定例会に市長から提案されました議案は、条例案件4件、人事案件2件、事件案件2件、予算案件2件、報告案件9件の計19件であります。したがいまして、会期は6月4日から6月26日までの23日間と決定いたしました。 次に、審議日程を申し上げます。本日4日は、表彰状の伝達、提案理由総括説明及び各議案の説明を受けます。 あす6月5日から12日までは、議案調査のため休会といたします。 13日に本会議を再開いたしまして、13日及び14日は代表質問、17日及び18日は一般質問及び各議案に対する審議を行います。なお、この4日間につきましては、塩尻市議会会議規則第9条第2項により、会議開始時間を午前9時半といたします。 19日から21日までは各常任委員会の審査を行い、22日から25日までは委員長の審査報告をまとめるため休会といたします。 そして26日に本会議を再開し、各常任委員長審査報告、質疑、討論、採決という日程で6月定例会の議事運営をしてまいることに決定いたしました。 なお、質問通告書の提出につきましては、代表質問一般質問とも、あす6月5日午前10時までとしますので、議員各位の御協力をお願い申し上げます。 以上申し上げまして、議会運営委員会の報告といたします。 ○議長(丸山寿子君) お諮りいたします。本定例会の会期及び議事運営については、議会運営委員長の報告のとおり決するに御異議ございませんか。     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(丸山寿子君) 御異議なしと認めます。よって、本定例会は本日より6月26日までの23日間として、議事運営をしてまいることに決定いたしました。     ------------------------------ △日程第4 表彰状の伝達 ○議長(丸山寿子君) 日程第4 表彰状の伝達をいたします。 過ぐる4月9日、福井県において開催されました第94回北信越市議会議長会定期総会におきまして、柴田 博議員が議員在職20年以上特別表彰を受賞されましたので伝達を行います。 それでは、柴田議員、演台前へお願いいたします。                      表彰状塩尻市 柴田 博殿 あなたは市議会議員として在職20年、よく市政の発展に努められ、その功績はまことに顕著なものがあります。よって、第94回定期総会に当たり、本会表彰規程により表彰します。                              平成31年4月9日                    北信越市議会議長会                    会長 福井市議会議長 青木幹雄(代読) おめでとうございます。(拍手)     ------------------------------ △日程第5 提案理由総括説明及び各議案説明 ○議長(丸山寿子君) 日程第5 提案理由総括説明及び各議案に対する説明を受けます。 議案第1号から第10号まで、並びに報告第1号から第9号までの計19件を一括議題といたします。 件名につきましては、お配りの議事日程に記載してあるとおりであります。 これより市長から提案理由の説明を求めます。 ◎市長(小口利幸君) 〔登壇〕 開会の御挨拶を申し上げます。 令和元年塩尻市議会6月定例会を招集いたしましたところ、議員の皆様方には、時節柄何かと御多用のところを御参集賜り、ありがとうございます。 まず最初に初夏のイベントの状況について申し上げたいと思います。10連休となりました本年のゴールデンウイークの奈良井宿への来訪客は、デスティネーションキャンペーンの最終年でございました昨年並みの約4万8,000人の入り込みとなりました。また、連休の初日であります4月27日から、奈良井宿と木曽平沢をつなぐレトロ調のボンネットバスの運行が始まりました。奈良井宿の宿場、漆工町木曽平沢の新たな名物として町の活性化につながるものとして期待しております。 「ワイナリーフェスタ2019」は、5月18日、19日に開催され、両日合わせまして5,400人の皆様に、天候に恵まれた爽やかな新緑の中、各社自慢のワインを御堪能いただいた次第でございます。 市制施行60周年を記念した今回は、11月に東京で開催する予定のミスワイン日本大会に出場するファイナリストを決めるミスワイン長野大会を同時開催し、会場に花を添えていただきました。 開幕中の第36回全国都市緑化信州フェアの状況について申し上げます。4月26日に信州スカイパークにおいてオープニングセレモニーを行い、多くのイベントがその後行われておりますが、フェアの来場者は10連休以降も順調に推移し、5月26日には実行委員会が目標としておりました50万人を達成いたしました。引き続き6月16日の閉幕日まで、信州の暮らしのすばらしい自然を発信しておりますので、多くの皆様に会場へ足を運んでいただきたいと改めて願う次第でございます。 次に、経済状況について概要を申し上げます。 内閣府が発表いたしました5月の月例経済報告では「景気は、輸出や生産の弱さが続いているものの、緩やかに回復している。」としており、先行きにつきましては「通商問題の動向が世界経済に与える影響に一層注意するとともに、中国経済の先行き、海外経済の動向と政策に関する不確実性、金融資本市場の変動の影響に留意する必要がある。」とされており、総括判断を下方修正いたしました。 また、3月の景気動向指数によりますと、国内景気の基調判断は6年ぶりに悪化となった次第でございます。 市内企業においても、一部で米中貿易摩擦に端を発した受注減少の動きが見られることから、引き続き産業支援機関と連携しながら、経営安定を支援してまいります。 一方、経済指標の一つでありますところの市内の新設住宅着工戸数は、平成30年度580戸でございまして、前年と比べて1.3倍の大幅な伸びを示しております。着工に伴う関連消費の拡大を初め、長期的には地域経済の活性化や人口の維持につながるものと推察しております。 次に、幾つかの懸案事項等について、その進捗状況を御報告申し上げます。 まず、信州Fパワープロジェクト発電事業に関する進捗状況についてでございますが、ソヤノウッドパワー株式会社事業主体となり進めておりますところの木質バイオマス発電所は、昨年10月に着工したところでございます。現在は土木建築工事にあわせまして、5月からプラント工事に着手しており、来年10月の本稼働に向けて順調に進んでおるところでございます。 今後、発電所の稼働に向けまして、大量の未利用材の持ち込みが想定されることから、本市が設置する放射能測定機器の運用や管理等を盛り込んだ「環境保全協定書」について、北熊井区と事業者間での協議と区民からの意見聴取を経て、本年3月に正式に調印されたところでございます。 次に、昨年度は「行政改革基本方針」に基づきまして、総務省の業務改革モデルプロジェクトの採択を受け、保育園入園の申し込みから決定通知発送までの一連の業務について、ICTを活用した業務改革実証事業に取り組んだところでございます。 保育業務につきましては、近年の保育需要の増加を受けまして、担当課の業務負荷が特に増大しており、今後も業務量の増加が見込まれることなどにより選定をしたところでございます。 この事業では、業務プロセスを再構築し、RPA、AI等の活用、アウトソーシングの導入などについて実証を行い、業務時間では約1,200時間、率にして約40%の削減につながりました。また、業務期間では入園の決定通知の発送を約1カ月前倒しできることが見込まれるなど、市民サービスの向上につながる成果を得ることができました。 加えて、児童館及び保育園の臨時職員等出退勤業務管理についても、RPAの活用によりまして、業務量の大幅な削減につなげることができました。 この実証実験の成果を踏まえて、保育業務へのRPA等の本格導入を行うとともに、昨年度から行っておりますところの全庁業務の棚卸し・業務プロセスの見直し結果をもとに、他の業務への横展開を図るために、本定例会にRPA等の導入にかかわる補正予算を提出させていただいたところでございます。 以下、市政を取り巻く諸課題及び主要事業につきまして、第五次塩尻市総合計画基本戦略に沿って、項目ごとに概要を御報告申し上げます。 まず初めに「基本戦略A 子育て世代に選ばれる地域の創造」について申し上げます。 「子どもを生み育てる環境の整備」についてでございますが、女性にとって妊娠・出産は肉体的にも精神的にも極めて大きな負担があることから、産後の心と体の健康状態を観察することで、産後鬱の予防と子育て環境の安定を図るために、従来の妊婦健康診査に加え、産婦健康診査に対する助成を4月から始めております。今後も安心して妊娠・出産できる環境の整備に努めてまいります。 保育園及び児童館へのエアコン導入事業についてでございますが、本年夏からの使用開始に向けまして、予定どおりに工事を進めております。現在、機器の設置をおおむね全施設で完了しており、今後、電気の容量変更に伴う電気工事を行い、今月中の完成を予定しております。 「教育再生による確かな成長の支援」について申し上げます。 学校施設の整備につきましては、本年度予算計上しております吉田小学校及び塩尻中学校の大規模改修事業木曽楢川小学校トイレ改修事業並びに塩尻東小学校貯水槽改修事業に対して、国の「学校施設環境改善交付金」の採択の内示がございまして、財源を確保できる見込みとなりました。このうち、塩尻中学校規模改修工事建築主体工事請負契約の締結について、本定例会に提案させていただいております。 次に、「基本戦略B 住みよい持続可能な地域の創造」について申し上げます。 「産業振興と就業環境の創出」についてでございますが、地場産業振興中核施設であります「塩尻市地場産業振興センター」は、この4月から本市の公の施設となり、今まで所有していた一般財団法人指定管理者として運営しております。木曽漆器そのものの低迷による売り上げの減少、施設の老朽化など厳しい状況が続いておりますが、この施設譲渡を機に財務体質のスリム化を図り、経営の安定化を目指してまいります。 ワインの本場で、ブドウ栽培ワイン醸造について学ぶ研修者を支援する「フランスワイン研修支援事業」については、この4月からボルドー地方ワイナリーへ、市内ワイナリーの従業員1名を研修生として派遣いたしました。この研修をきっかけとして、本市のさらなるワイン銘醸地の形成を図るとともに、フランスのワイナリーや自治体との友好関係を築いてまいりたいと考えております。 遊休荒廃農地につきましては、農業委員農地利用最適化推進委員などによる農地パトロールを継続し、徐々にではございますが、遊休荒廃農地の面積が減少しております。 本年度から遊休荒廃農地未然防止対策として、石礫地の解消を目的に、ストーンクラッシャー農地再生事業を新たに補助金のメニューに加えたところでございます。 石礫地を解消することによりまして、敬遠されておりました圃場に借り手がつくことや、自己所有地においても効率的な営農ができるよう期待するところでございます。 長野県中信平右岸土地改良区で事業申請しておりました「県営洗馬妙義地区土地改良事業」につきましては、この4月に採択となりました。県営土地改良事業として約115ヘクタール、総事業費約25億円、約10年間の大きな事業期間でございますが、畑かん施設、農道、排水施設等更新事業を進めてまいります。 本市も土地改良区とともに支援し、この事業により中核農家等に農地集積を図り、持続できる農業を目指してまいります。 次に、「地域資源を生かした交流の推進」について申し上げます。 新体育館の建設事業につきましては、実施設計がまとまりまして、現在は、工事着手に向け建築確認申請などの行政手続の申請をしているところでございます。来る7月4日に起工式を行い、本格的な工事に着手いたします。 ハード面の整備と並行して、令和3年4月の開館に向け、指定管理者の選定作業や開館イベントの検討などソフト面にも注力し、塩尻市の新たなにぎわいを創出し、交流の拠点となる新体育館となるよう事業を進めてまいります。 昨年8月に着手いたしました北部交流センター「えんてらす」の建物工事は、心配された冬期間の降雪も少なく順調に進み、去る5月31日に建物の引き渡しを終えまして、6月30日のオープニングセレモニー、翌7月1日の全館オープンに向け準備を進めております。来る6月17日に広丘支所、北部子育て支援センターが仮オープンする予定となっております。 住民の皆様方のコミュニティづくりの場として、また、複合施設の特徴を生かしながら、幅広い世代に御利用いただける施設を目指してまいります。 次に、「域内循環システムの形成」についてでございますが、本年度3期目を迎える塩尻市森林公社では、森林管理森林教育木質バイオマス事業などに加えまして、4月からスタートいたしました新たな森林管理システムへの対応として、担当職員を1名増員し、市内森林の自然的、経済的諸条件を踏まえたゾーニング図を作成し、これまで整備が進んでいない個人有林の集約を図るなど、森林整備の加速化と事業体育成にあわせ、持続可能な森林経営管理の促進に取り組んでまいります。 また、地域産エネルギーの地産地消などを目的といたしました小売電気事業は4カ月目を迎えまして、現在は公共施設30施設とJA関連3施設への電力を供給しているところでございます。今後、需要ピークとなる夏に向けまして、引き続き安定供給を図ってまいります。 住宅の新築時等に県産木材を使用する工事に対しまして補助金を交付する「塩尻市県産木材住宅普及促進事業補助金」についてでございますが、より多くの県産木材の使用を促進するため、一部要綱を改正して、本年4月より申請受付を開始いたしました。昨年同様、年度当初に多くの申請があり、既に当初予算分の補助金を充足している状況でございますので、本定例会に増額の補正予算を提案させていただき、多くの補助要望に応えてまいりたいと考える次第でございます。これを通しまして住宅等における県産木材の一層の利活用が促進されることと期待しておるところでございます。 「危機管理の強化と社会基盤の最適活用」について申し上げます。 土砂災害等の危険箇所を示しました「塩尻市ハザードマップ」を7年ぶりに更新し、全世帯に配布いたしました。自然災害等から身を守る資料として有効活用していくために、今後、全戸を対象として説明会を行うこととしております。 塩尻駅北土地区画整理事業につきましては、組合で行っています保留地の販売も順調に進み、早いところでは一般住宅の建築が始まっております。 本年度の組合発注工事につきましては、5月31日に入札が行われ、区画道路整備工事約1キロメートル、保留地49区画の造成工事の施工業者が決定したところでございます。 また、市発注の道路整備工事につきましても、6月11日に入札を行い、引き続き工事を進め、市内への移住定住を促進してまいります。 次に、上下水道事業について申し上げます。 上水道事業におきましては、新東山配水池既設管の接続を行い、東山水系水道システム構築事業が完了いたします。 自己水源を松塩水道用水からの供給に切りかえ、安全で安定した給水と維持管理の効率化が図られるところでございます。 下水道事業では、地震発生時における緊急輸送路の機能を維持するために、国道153号に埋設されている下水道管の耐震化を進めてまいります。また、塩尻駅北土地区画整理事業の計画にあわせまして、下水道管敷設工事を継続してまいります。 次に、「基本戦略C シニアが生き生きと活躍できる地域の創造について」申し上げます。 まず、「生涯現役で社会貢献できる仕組みの構築」についてでございますが、地域福祉の拠点施設として整備してまいりました「ふれあいセンター」は、本年4月1日に「ふれあいセンター東部」を開所し、これによりまして、市内3圏域全てに整備することができました。今後はそれぞれのセンターが連携して、市民の自主的な活動を支援しつつ、地域の特性を生かした介護予防や健康づくり活動、あるいは世代間交流などの事業を実施し、子供から高齢者まで幅広い世代に活用していただける施設になるよう、運営に努めてまいります。 「健康寿命の延伸と住み慣れた地域での生活継続」について申し上げます。 国の風疹に関する追加的対策として、抗体検査及び予防接種を3カ年計画で段階的に実施してまいります。本年度は、昭和47年4月2日から54年4月1日までに生まれた男性約3,600人を対象に、抗体検査を受けていただくためのクーポン券を昨日郵送したところでございます。今後3カ年にわたる事業になりますので、国のガイドラインに沿って計画的に進めてまいります。 次に、「基本戦略を包括し機能的に推進するプロジェクト」について申し上げます。 「地域ブランドプロモーション」についてでございますが、中京圏におけるワインプロモーションとして、5月25日に塩尻産ワインパーティーを通じた松本山雅FC名古屋グランパスサポーター交流会名古屋市内のホテルで開催いたしました。また、同日ミスワインの愛知大会が開催され、この大会を支援することによりまして、テレビやラジオなどのメディアを通じて、東海地域の人々に「ワインのまち塩尻」を大きくPRすることができました。 次に、平成30年度一般会計決算見込みについて申し上げます。平成30年度は、第五次塩尻市総合計画第2期中期戦略の初年度に当たり、中期戦略に掲げた施策を主な取り組みとして、効果的な事業展開が図られるよう、スピード感を持って着実な執行に努めてまいりました。 また、事務事業の効率的かつ効果的な執行や経費節減に取り組むとともに、地方創生推進交付金等国庫補助金の確保や有利な起債の活用など、一層の財源の確保を図り、財政の健全化に努めてまいったところでございます。 歳入につきましては、市税は前年度決算額を多少下回りましたが、地方交付税地方消費税交付金寄附金等は増額となることから、将来の財政需要を考慮し、各基金への繰り入れ戻しを行った上で、実質収支につきましては、前年度の規模を上回る黒字決算となる見込みでございます。 平成30年度の上下水道事業決算状況につきましては、水道料金、下水道使用料は、前年度に比べ有収水量が増加したことにより増収となりました。 一方で経費は、業務の効率化や経費の節減に努めたことなどによりまして、両事業とも黒字決算となる見込みでございます。 以上、申し上げまして総括説明といたしますが、本定例会に御提案申し上げました各議案の説明につきましては副市長から申し上げますので、よろしく御審議賜りますようお願い申し上げまして、開会の御挨拶といたします。 以上でございます。 ○議長(丸山寿子君) 次に、各議案について説明を求めます。 ◎副市長(米窪健一朗君) 〔登壇〕 おはようございます。御指名をいただきましたので、本議会に御提案をいたしました各議案につきまして、その概要を御説明申し上げます。 議案は、条例案件4件、人事案件2件、事件案件2件、予算案件2件及び報告案件9件の計19件でございます。 なお、各議案の内容につきましては、議案関係資料に申し上げてございますので、私からは簡潔に申し上げます。 まず、条例案件につきまして御説明いたします。 議案第1号 塩尻市税条例の一部を改正する条例につきましては、設立の日から5年以内の特定非営利活動法人が軽自動車を無償で譲り受けた場合において、当該軽自動車に係る軽自動車税環境性能割の課税の特例を設けることに伴い、必要な改正をするものであります。 議案第2号 塩尻市介護保険条例の一部を改正する条例につきましては、「介護保険法施行令」の一部が平成31年3月29日に改正されたことに伴い、市民税非課税世帯等に属する第1号被保険者の減額賦課に係る保険料率を改めるため、必要な改正をするものであります。 議案第3号 塩尻市家庭的保育事業等の設備及び運営に関する基準を定める条例の一部を改正する条例につきましては、「家庭的保育事業等の設備及び運営に関する基準」の一部が、平成31年3月29日に改正されたことに伴い、卒園児の受け入れを行う連携施設の確保に関する特例を設けるなど、必要な改正を行うものでございます。 議案第4号 塩尻市放課後児童健全育成事業の設備及び運営に関する基準を定める条例の一部を改正する条例につきましては、「放課後児童健全育成事業の設備及び運営に関する基準」の一部が平成31年3月29日に改正されたことに伴い、放課後児童支援員の要件に、指定都市の長が行う研修を修了した者を加えるなど、必要な改正をするものでございます。 次に、人事案件につきまして御説明いたします。 議案第5号 監査委員の選任につきましては、委員3人のうち、議会の議員のうちから選任した西條富雄氏が平成31年4月29日に任期満了になったことに伴い、新たに金子勝寿氏を適任者と認め選任することについて、議会の同意をお願いするものでございます。 議案第6号 固定資産評価審査委員会委員の選任につきましては、委員3人のうち、小倉康男氏が令和元年7月14日に任期満了となることに伴い、新たに小島賢司氏を適任者と認め選任することについて、議会の同意をお願いするものでございます。 次に、事件案件につきまして御説明いたします。 議案第7号 塩尻中学校規模改修工事建築主体工事請負契約の締結につきましては、塩尻中学校規模改修工事のうち、建築主体工事に係る請負契約を締結することについて、議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例第2条の規定により、議会の議決をお願いするものです。 内容は、塩尻中学校規模改修工事のうち、建築主体工事について、2億3,430万円で岡谷・下平特定建設工事共同企業体と契約を締結をするものでございます。 議案第8号 市道路線の認定につきましては、新たに1路線を認定することについて、「道路法」第8条第2項の規定により、議会の議決をお願いするものでございます。 次に、予算案件につきまして御説明いたします。 議案第9号 令和元年度塩尻一般会計補正予算(第2号)につきましては、歳入歳出ともに1億2,143万4,000円を増額し、予算総額を281億2,062万3,000円とするものでございます。 歳出の主な内容は、総務費では本庁舎外部の防水対策に要する工事費のほか、保育業務へのRPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)の導入、本格運用などに要する経費を計上するものでございます。 また、公益財団法人長野市町村振興協会等に申請をしておりました助成事業が採択されたことに伴い、コミュニティ助成事業補助金などを計上するものでございます。 民生費では、低所得者の介護保険料軽減強化に伴い、介護保険事業特別会計繰出金を増額するほか、幼児教育・保育の無償化に伴い、システム改修費を計上するものでございます。 衛生費では、古着のリサイクルを推進するため、古着改修委託料を計上するものです。 土木費では、凍上による市道の破損を補修するため、市道新設改良工事費を増額するもの、社会資本整備総合交付金の内示により、塩尻駅北土地区画整理事業工事請負費を増額するものでございます。 また、補助金交付申請件数の増加により、県産木材住宅普及促進事業補助金を増額するものでございます。 歳入では、国庫支出金、県支出金、繰入金、諸収入及び市債を増額するものであります。 第2表地方債補正につきましては、事業費の増額などに伴い、地方債の限度額を変更及び追加するものです。 次に、議案第10号 令和元年度塩尻介護保険事業特別会計補正予算(第1号)につきましては、歳入歳出ともに197万6,000円を増額し、予算総額を54億8,019万8,000円とするものでございます。 主な内容は、低所得者の介護保険料軽減強化に伴い、保険料を減額し、繰入金を増額するほか、介護報酬の改定等に伴い、システム改修費を計上するものでございます。 次に、報告案件につきまして御説明いたします。 報告第1号 平成30年度塩尻繰越明許費繰越計算書につきましては、平成30年度塩尻一般会計繰越明許費に係る事業費及び財源を、令和元年度に繰り越しましたので、「地方自治法施行令」第146条第2項の規定により報告を申し上げるものでございます。 主な内容は、国の補正予算に対応し、追加した事業などについて、事業の進捗状況に応じて令和元年度に繰り越すものであり、繰り越し事業の合計は12件でございます。 報告第2号 平成30年度塩尻下水道事業会計繰越計算書につきましては、平成30年度に支払い義務が生じなかった経費を令和元年度に繰り越しましたので、「地方公営企業法」第26条第3項の規定により報告するものでございます。 主な内容は、国の補正予算に対応し、前倒しして実施した事業などについて、事業の進捗状況に応じて令和元年度に繰り越すものでございます。 報告第3号から報告第9号までにつきましては、令和元年度の塩尻市土地開発公社一般財団法人塩尻文化振興事業団一般財団法人塩尻振興公社一般社団法人塩尻農業公社一般財団法人塩尻筑南勤労者福祉サービスセンター一般社団法人塩尻森林公社及び一般財団法人塩尻木曽地域地場産業振興センター経営状況を説明する書類を「地方自治法」第243条の3第2項の規定により、それぞれ提出を申し上げるものでございます。 以上が各議案の概要でございます。何とぞよろしく御審議くださいますよう、お願いを申し上げます。 以上でございます。     ------------------------------ △日程第6 議案質疑、討論、採決
    ○議長(丸山寿子君) 日程第6 議案第5号を議題といたします。ここで、地方自治法第117条の規定により、金子勝寿議員の退席を求めます。     〔金子勝寿君 退場〕 ○議長(丸山寿子君) 質疑を行います。ありませんか。----ないので、質疑を終わります。 お諮りいたします。議案第5号については、会議規則第37条第3項の規定により、委員会付託を省略したいが、これに御異議ございませんか。     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(丸山寿子君) 異議なしと認めます。よって、議案第5号については、委員会付託を省略することに決しました。 討論を行います。ありませんか。----ないので、討論を終わります。採決いたします。 お諮りします。本案は原案のとおり同意することに御異議ございませんか。     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(丸山寿子君) 御異議なしと認めます。よって、議案第5号は、原案のとおり同意することに決しました。金子勝寿議員の入場を求めます。     〔金子勝寿君 入場〕 ○議長(丸山寿子君) 以上により、本日の日程は全部終了いたしました。よって、本日の本会議は、これにて散会といたします。まことに御苦労さまでございました。                            午前10時40分 散会...