諏訪市議会 > 2019-06-13 >
令和 元年第 3回定例会−06月13日-02号

ツイート シェア
  1. 諏訪市議会 2019-06-13
    令和 元年第 3回定例会−06月13日-02号


    取得元: 諏訪市議会公式サイト
    最終取得日: 2019-10-24
    令和 元年第 3回定例会−06月13日-02号令和 元年第 3回定例会            令和元年第3回定例会会議録(第2号)          令和元年6月13日(木)午前10時00分開議 〇議事日程  議案第26号 諏訪市放課後児童健全育成事業の設備及び運営に関する基準を定める条例の一部改正について  議案第27号 諏訪市家庭保育事業等の設備及び運営に関する基準を定める条例の一部改正について  議案第28号 諏訪市災害弔慰金の支給等に関する条例の一部改正について  議案第29号 諏訪市剪定木等リサイクル施設条例の一部改正について  議案第30号 市道路線の廃止について  議案第31号 工事請負契約をするについて  議案第32号 令和元年度諏訪市一般会計補正予算(第1号)       〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜                  本日の会議に付した事件  日程第 1 議案第26号 諏訪市放課後児童健全育成事業の設備及び運営に関する基準を定める条例の一部改正について議題        質疑の上社会文教委員会に付託  日程第 2 議案第27号 諏訪市家庭保育事業等の設備及び運営に関する基準を定める条例の一部改正について議題        質疑の上社会文教委員会に付託
     日程第 3 議案第28号 諏訪市災害弔慰金の支給等に関する条例の一部改正について議題        質疑の上社会文教委員会に付託  日程第 4 議案第29号 諏訪市剪定木等リサイクル施設条例の一部改正について議題        質疑の上社会文教委員会に付託  日程第 5 議案第30号 市道路線の廃止について議題        質疑の上総務産業委員会に付託  日程第 6 議案第31号 工事請負契約をするについて議題        質疑の上総務産業委員会に付託  日程第 7 議案第32号 令和元年度諏訪市一般会計補正予算(第1号)議題        質疑の上各常任委員会に付託                  散         会       〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 〇出席議員(15名)      議 席                 議 席       1番   岩 波 万佐巳        2番   牛 山 智 明       3番   井 上   登        4番   廻 本 多都子       5番   近 藤 一 美        6番   小 松 孝一郎       7番   横 山   真        8番   小 山 博 子       9番   高 木 智 子       10番   牛 山   正      11番   藤 森 靖 明       12番   森 山 博 美      13番   吉 澤 美樹郎       14番   小 泉 正 幸      15番   伊 藤 浩 平 〇欠席議員(なし)       〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 〇説明のため出席した者の職氏名    市長      金 子 ゆかり     教育長     小 島 雅 則    総務部長    宮 坂 茂 樹     企画部長    木 島 清 彦    市民部長    花 岡 光 昭     健康福祉部長  関   隆 雄    経済部長    大 舘 道 彦     建設部長    小 松 弘 明    水道局長    河 西 活 水     教育次長    後 藤 慎 二    会計管理者   藤 森 一 彦     総務課長    松 木 克 之    企画政策課長  寺 島 和 雄     財政課長    茅 野 徳 雄    地域戦略男女共同参画課長       行政委員会事務局長            柿 澤 吉 廣             小 泉 一 男    消防庶務課長  大 槻   稔       〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 〇職務のため出席した事務局職員の職氏名    局長      前 澤 由美子    次長      柿 崎   茂    庶務係長兼議事係長            宮 坂 香 織    主任      今 井   稜       〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜                               令和元年6月13日(木)               第3回諏訪市議会定例会                 会  議  録 (6−2)                                開議 午前10時00分                                散会 午前10時18分                                 (傍聴者  3名)            開       議   午前10時00分           ─────────────────────── ○伊藤浩平 議長  これより本日の会議を開きます。  日程に入るに先立ち報告をいたします。ただいままでの出席議員数は15名であります。日程はお手元に配付いたしました。           ────────────────────── △日程第 1      議案第26号 諏訪市放課後児童健全育成事業の設備及び運営に関する基準を定める条例の一部改正について ○伊藤浩平 議長  議案第26号諏訪市放課後児童健全育成事業の設備及び運営に関する基準を定める条例の一部改正についてを議題といたします。質疑に入ります。質疑はありませんか。               〔「議長3番」の発言あり〕 ○伊藤浩平 議長  井上登議員 ◆3番(井上登議員) これは放課後児童支援員が修了すべき研修について、今まで都道府県知事が行っていたものを指定都市の長も実施できるとなっているわけですけれども、これの理由をお伺いしたいと思います。 ○伊藤浩平 議長  教育次長 ◎後藤慎二 教育次長  このたびの条例改正は、国の省令の一部改正に伴って行う改正であります。国の省令が改正された背景でございますけれども、地方分権権限移譲といったテーマで地方から国へ寄せられた提案や提言、これを受けまして、平成29年に閣議決定をされた方針に沿って省令が改正に至ったものであります。  県知事が行う研修に加えまして、指定都市の長が行う研修も認めることによって、研修を受ける機会をふやし、児童クラブの支援員の充実を図るための改正であると認識をしておるところです。以上です。               〔「議長3番」の発言あり〕 ○伊藤浩平 議長  井上登議員 ◆3番(井上登議員) 2015年の制度ができたときには、質の向上と受け皿の拡大が目的だったと思いますけれども、ここでその研修の範囲がだんだん少し狭くなっていくような気がします。今後はわかりませんけれども。こういうことで受け皿の拡大はそのとおりだと思うんですけれども、質の確保は大丈夫なんですか。 ○伊藤浩平 議長  教育次長 ◎後藤慎二 教育次長  長野県には政令指定都市がありませんので、長野県の場合は直接は関係ないということになりますけれども、研修の機会を広げるということでありまして、決してこれまでの研修のレベルを下げるものではないことを申し上げておきたいと思います。以上です。 ○伊藤浩平 議長  ほかに質疑はございませんか。                〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○伊藤浩平 議長  これをもって質疑を終結いたします。  ただいま議題となっております議案第26号は、社会文教委員会に付託いたします。           ────────────────────── △日程第 2      議案第27号 諏訪市家庭保育事業等の設備及び運営に関する基準を定める条例の一部改正について ○伊藤浩平 議長  議案第27号諏訪市家庭保育事業等の設備及び運営に関する基準を定める条例の一部改正についてを議題といたします。質疑に入ります。質疑はありませんか。               〔「議長3番」の発言あり〕 ○伊藤浩平 議長  井上登議員 ◆3番(井上登議員) これは家庭保育事業に係る連携施設の確保義務の緩和、それから保育所型事業所内保育事業に係る連携施設の確保義務の緩和、それから家庭保育事業者に係る連携施設の確保義務の適用猶予期間の延長ということなんですけれども、こういうふうに緩和をしたり延長をするようになった理由と諏訪市の該当はどこでしょうか。 ○伊藤浩平 議長  健康福祉部長 ◎関隆雄 健康福祉部長  御案内のとおり、少子化の一方、未満児保育、女性の社会的な進出、就労機会が拡大する中で、保育需要が非常に高まっております。そうした全国での問題など地方から上げられた提案を受けまして、これら課題に対応するために国が議論を進める中で、諏訪市にはこれらに該当する施設は諏訪赤十字病院が運営しておりますきらり保育所の1カ所だけですけれども、今後さらに未満児保育の需要が高まる中で、新たにそうした事業参入が見込まれる可能性もございますので、この際、国の法令改正に合わせて条例を改めたいということでございます。以上でございます。               〔「議長3番」の発言あり〕 ○伊藤浩平 議長  井上登議員 ◆3番(井上登議員) 連携施設のいわゆる条件というか要件にはどのようなものがあるのですか。 ○伊藤浩平 議長  健康福祉部長 ◎関隆雄 健康福祉部長  先ほど議員質問にありました家庭保育事業につきましては、それぞれ小規模保育事業ですとか家庭保育事業、また事業所内保育事業などの4類型がございます。これらについては、利用児童保育が適正に行われるよう、また保育の提供の終了後、先ほど申しましたように、ゼロ歳から2歳までの児童を預かる保育が中心となっておりますので、その卒園後、3歳以上になったときの保育の確保が重要となります。そのために三つの連携項目が用意されております。  一つは保育内容の支援ということで、小規模園でございますから、集団的保育の確保、体験が必要になりますので、連携施設にそうしたことをお願いしていく。そしてまた給食等の確保、嘱託医の確保等、これが一つ目の保育内容の支援でございます。  二つ目は代替保育の確保、提供ということで、小規模園の職員病気あるいは休暇等によって保育の提供が継続できない可能性がございます。その場合に連携施設保育をお願いしていく。  そして、三つ目が先ほど申しました卒園後の受け皿として、ゼロ歳から2歳までの保育後の3歳以上になられたときの保育を提供する。これら三つが連携施設との協定内容になってまいります。               〔「議長3番」の発言あり〕 ○伊藤浩平 議長  井上登議員 ◆3番(井上登議員) 3番目の家庭保育事業者等に係る連携施設の確保義務の適用猶予期間の延長ということで、ことしまで5年で、これから5年というふうに10年という長い時間の延長なんですけれども、事実上はこの確保がされなくてもいいという感覚を受けますけれども、そういうことでいいのか。  これで確保ができない場合、今、諏訪市はきらりだけだということですけれども、今後そういったものが広がっていった場合、こういうことで対応が可能なんでしょうか。 ○伊藤浩平 議長  健康福祉部長
    ◎関隆雄 健康福祉部長  先ほど申しましたように、当市におきましては、きらり諏訪赤十字病院保育所1カ所でございまして、こちらは既に連携施設の提携が行われております。そうしたことから、現状においては問題がないわけでございますが、今後先ほど申しましたように、保育需要が伸びる中で新たな事業所が参入する場合がございます。その際には、当然市が認可をする責任を負っておりますので、その認可において厳しい指導を行っていく所存でございます。  なお、こうした現実的でない保育需要に応えていくためには必要な、そうした期間延長をして保育需要を確保していくのは全国的な需要でございます。そうしたことで御理解を賜りたいと思います。 ○伊藤浩平 議長  質疑はありませんか。                〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○伊藤浩平 議長  これをもって質疑を終結いたします。  ただいま議題となっております議案第27号は、社会文教委員会に付託いたします。           ────────────────────── △日程第 3      議案第28号 諏訪市災害弔慰金の支給等に関する条例の一部改正について ○伊藤浩平 議長  議案第28号諏訪市災害弔慰金の支給等に関する条例の一部改正についてを議題といたします。質疑に入ります。質疑はありませんか。                〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○伊藤浩平 議長  これをもって質疑を終結いたします。  ただいま議題となっております議案第28号は、社会文教委員会に付託いたします。           ────────────────────── △日程第 4      議案第29号 諏訪市剪定木等リサイクル施設条例の一部改正について ○伊藤浩平 議長  議案第29号諏訪市剪定木等リサイクル施設条例の一部改正についてを議題といたします。質疑に入ります。質疑はありませんか。               〔「議長3番」の発言あり〕 ○伊藤浩平 議長  井上登議員 ◆3番(井上登議員) 議案第29号について質問します。諏訪市の剪定木リサイクル施設の関係ですけれども、事業系の一般廃棄物については湖周行政事務組合で改定をされているんですけれども、ここに出ているのが剪定木についての話なんですけれども、剪定木だけを抜き出している理由は何ですか。 ○伊藤浩平 議長  市民部長 ◎花岡光昭 市民部長  剪定木のリサイクル施設は、湖周で言えば諏訪市しか設置をしておりません。岡谷市、下諏訪町はこういった施設を持っていないということで、岡谷市、下諏訪町については、こういった剪定木、剪定枝ですけれども、事業系につきましては、湖周クリーンセンターで焼却処分をされていることになっております。諏訪市しかこういった施設を持っておりませんので、今回抜き出した形でこうした条例改正を出させていただいたということでございます。               〔「議長3番」の発言あり〕 ○伊藤浩平 議長  井上登議員 ◆3番(井上登議員) 諏訪市においては、チップにする施設があるわけですけれども、岡谷市、下諏訪町については、クリーンセンターに持ち込むということでございます。  この事業系ごみについて、湖周行政事務組合では諏訪市岡谷市は150円を160円に上げるとなっておりますが、下諏訪町は150円と条件が違うわけです。家庭系ごみについても違うわけです。こういう条件が違いますけれども、今後これはどのようになる予定でしょうか。 ○伊藤浩平 議長  市民部長 ◎花岡光昭 市民部長  下諏訪町は今回湖周の値上げの中で据え置いておるわけですけれども、これは下諏訪町で、消費税の値上げの機会にいろいろな施設の利用料ですとか手数料ですとか、そういったものを総合的に見直し検討していくということで、町の方針として出されているものになります。そういう中で、湖周のごみの持ち込み手数料だけを先行することは整合性がとれないと下諏訪町でそういう判断をされて、今回据え置いたということで、基本的には湖周全体で統一した金額でやっていく考えに変わりはないということで伺っております。 ○伊藤浩平 議長  質疑はありませんか。                〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○伊藤浩平 議長  これをもって質疑を終結いたします。  ただいま議題となっております議案第29号は、社会文教委員会に付託いたします。           ────────────────────── △日程第 5      議案第30号 市道路線の廃止について ○伊藤浩平 議長  議案第30号市道路線の廃止についてを議題といたします。質疑に入ります。質疑はありませんか。                〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○伊藤浩平 議長  これをもって質疑を終結いたします。  ただいま議題となっております議案第30号は、総務産業委員会に付託いたします。           ────────────────────── △日程第 6      議案第31号 工事請負契約をするについて ○伊藤浩平 議長  議案第31号工事請負契約をするについてを議題といたします。質疑に入ります。質疑はありませんか。                〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○伊藤浩平 議長  これをもって質疑を終結いたします。  ただいま議題となっております議案第31号は、総務産業委員会に付託いたします。           ────────────────────── △日程第 7      議案第32号 令和元年度諏訪市一般会計補正予算(第1号) ○伊藤浩平 議長  議案第32号令和元年度諏訪市一般会計補正予算(第1号)を議題といたします。質疑に入ります。質疑はありませんか。              〔「議長13番」の発言あり〕 ○伊藤浩平 議長  吉澤美樹郎議員 ◆13番(吉澤美樹郎議員) 土木費に関して質問をさせていただきます。補正額4億554万円余の増額補正でございますが、説明の中で交付の内示率が上がったということで説明を受けたんですが、近年ですと減額はあってもなかなか増額はなかったわけです。喜ばしいことではございますが、その理由についてお聞かせ願えればと思います。 ○伊藤浩平 議長  建設部長小松弘明 建設部長  御質問のとおり、ここで国からの補助金につきましては、内示率、要望に対して認めていただくという形での内示率と呼んでおりますけれども、今年度に関してなんですけれども、かなり率がアップしてきました。  1番は国で今国土強靱化ということから、3カ年ということなんですけれども、予算がふえてきていることがございます。これは国土交通省だけではなくて、関連する省庁、いろいろあるんですけれども、それぞれの省庁での予算がふえたということがあります。  国土強靱化に関しましては、この国土交通省関係のもののウエートがかなり大きいということから、そこの予算の枠がふえてきたこともありまして、今年度の要望額に対しましてつけていただける金額がこちらの想定以上だったというのが正直なところであります。大変ありがたいことだと思っております。  ただ、この国土強靱化事業につきましては来年度までという形で聞いておりますので、来年度まではある程度、国の予算についてはお願いができるのかなということで期待をしているところであります。 ○伊藤浩平 議長  質疑はありませんか。              〔「議長12番」の発言あり〕 ○伊藤浩平 議長  森山博美議員 ◆12番(森山博美議員) 民生費の保育所管理運営費について質問をしたいと思います。こちらですけれども、赤沼保育園の未満児室整備に係る補正が出ておりますが、ゼロ歳児、1歳児、受け入れ人数は何人ぐらいを予定されているのか。それに伴って職員数とか多くなるのかお聞きしたいです。 ○伊藤浩平 議長  健康福祉部長 ◎関隆雄 健康福祉部長  ただいま御質問いただきました赤沼保育園の改修につきましては、設計上最大でゼロ歳児につきまして6名、1歳児が12名、2歳児6名、計24名を予定しております。  職員の確保につきましては、乳幼児の年齢によってそれぞれ規定が異なっておりまして、柔軟に対応していく予定ではございますけれども、当面はこの24名に対して所要人数は6名と考えております。              〔「議長12番」の発言あり〕 ○伊藤浩平 議長  森山博美議員 ◆12番(森山博美議員) この工事におきまして、いつごろからその受け入れができるのか教えてください。 ○伊藤浩平 議長  健康福祉部長 ◎関隆雄 健康福祉部長  先ほどの議案説明の際にも申しました。今後保育需要が非常に見込まれる中、ゼロ歳から2歳、特に未満児の保育が見込まれる中、御案内のとおり10月に保育の無償化もございます。そうしたことを見越しての補正を今回お願いしておりまして、遅くも来年の4月のスタートには間に合わせたいと考えております。早期に開所できるようでしたらスムーズに開所を進めてまいりますが、現時点では年度内の予定でございます。 ○伊藤浩平 議長  質疑はありませんか。                〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○伊藤浩平 議長  これをもって質疑を終結いたします。  ただいま議題となっております議案第32号は、総務産業社会文教両常任委員会に付託いたします。           ────────────────────── ○伊藤浩平 議長  以上をもって本日の日程は全て終了いたしました。           ────────────────────── ○伊藤浩平 議長  本日はこれをもって散会いたします。御苦労さまでした。           ──────────────────────            散       会   午前10時18分...