諏訪市議会 > 2019-06-10 >
令和 元年第 3回定例会−06月10日-01号
令和 元年第 3回定例会-06月10日-目次

ツイート シェア
  1. 諏訪市議会 2019-06-10
    令和 元年第 3回定例会-06月10日-目次


    取得元: 諏訪市議会公式サイト
    最終取得日: 2019-10-24
    令和 元年第 3回定例会-06月10日-目次令和 元年第 3回定例会              令和元年第3回諏訪市議会定例会             令和元年 6月10日   開  会             令和元年 6月26日   閉  会               目          次 招集告示………………………………………………………………………………………………  1 会期日程………………………………………………………………………………………………  2 本定例会において招集に応じた議員の氏名………………………………………………………  3 本定例会において招集に応じられなかった議員の氏名…………………………………………  3 本定例会に付議された事件…………………………………………………………………………  4 請願・陳情各担当委員会付託表……………………………………………………………………  6 代表質問通告者一覧表………………………………………………………………………………  7 一般質問通告者一覧表……………………………………………………………………………… 12 会議録第1号(6月10日 月)………………………………………………………………… 19     報告第4号から議案第32号まで15件一括議題      市長招集挨拶、提案説明
         報告第4号より報告第7号まで4件 各質疑 報告のみ      承認第1号より承認第4号まで4件 各質疑、委員会付託省略、 各討論、各採決      議案第26号より議案第32号まで7件 説明のみ     陳情第1号及び陳情第2号の2件一括議題      総務産業委員会に付託 会議録第2号(6月13日 木)………………………………………………………………… 39     議案第26号から議案第32号まで7件各議題      質疑の上各委員会に付託 会議録第3号(6月17日 月)………………………………………………………………… 49     代表質問     一般質問(3-1) 会議録第4号(6月18日 火)…………………………………………………………………135     一般質問(3-2) 会議録第5号(6月19日 水)…………………………………………………………………221     一般質問(3-3)     議員議案第2号議題      提案説明、各質疑、委員会付託省略、討論、採決 会議録第6号(6月26日 水)…………………………………………………………………247     報告第8号から議案第33号まで4件一括議題     市長提案説明     報告第8号 質疑、報告のみ     同意第2号及び同意第3号の2件 各質疑、委員会付託省略、各討論、各採決     議案第33号 質疑の上総務産業委員会へ付託     議案第26号から議案第32号まで7件各議題      各常任委員長報告、各質疑、各討論、各採決     陳情第1号及び第2号の2件一括議題      総務産業委員長報告、一括質疑、各討論、各採決     議案第33号議題      総務産業委員長報告、質疑、討論、採決 議案並びに請願・陳情の審査結果…………………………………………………………………273 議員議案(意見書)写 諏訪市告示第15号    令和元年第3回(6月)諏訪市議会定例会を、次のとおり招集する。     令和元年6月3日                               諏訪市長  金 子 ゆかり    1 期  日  令和元年6月10日 午前10時    2 場  所  諏訪市議会議場           令和元年第3回(6月)諏訪市議会定例会日程表 ┌───────┬─┬───────┬──────┬───────────────────┐ │  月  日  │曜│  会  議  │ 時  刻 │      備      考      │ ├───────┼─┼───────┼──────┼───────────────────┤ │  6月10日│月│本  会  議│A10:00│市長招集挨拶、議案説明        │ │       │ │       │      │報告第4号~第7号報告のみ      │ │       │ │       │      │承認第1号~第4号委員会付託省略、採決│ │       │ │       │      │議案第26号~第32号説明のみ    │ │       │ │       │      │請願・陳情付託            │ │       │ │       │      │◇一般質問通告締め切り 本会議開会前 │ │       │ │       │      │◇一般質問順抽選 本会議終了後    │ ├───────┼─┼───────┼──────┼───────────────────┤ │    11日│火│ (休  会) │      │自宅審査               │ ├───────┼─┼───────┼──────┼───────────────────┤ │    12日│水│ (休  会) │      │自宅審査               │ ├───────┼─┼───────┼──────┼───────────────────┤ │    13日│木│本  会  議│A10:00│議案質疑、付託            │ ├───────┼─┼───────┼──────┼───────────────────┤ │    14日│金│ (休  会) │      │                   │ ├───────┼─┼───────┼──────┼───────────────────┤ │    15日│土│ (休  会) │      │                   │ ├───────┼─┼───────┼──────┼───────────────────┤ │    16日│日│ (休  会) │      │                   │ ├───────┼─┼───────┼──────┼───────────────────┤ │    17日│月│本  会  議│A10:00│代表質問・一般質問          │ ├───────┼─┼───────┼──────┼───────────────────┤ │    18日│火│本  会  議│A10:00│一般質問               │ ├───────┼─┼───────┼──────┼───────────────────┤ │    19日│水│本  会  議│A10:00│一般質問               │ ├───────┼─┼───────┼──────┼───────────────────┤ │    20日│木│委  員  会│A10:00│常任委員会              │ ├───────┼─┼───────┼──────┼───────────────────┤ │    21日│金│委  員  会│A10:00│常任委員会              │ ├───────┼─┼───────┼──────┼───────────────────┤ │    22日│土│ (休  会) │      │                   │ ├───────┼─┼───────┼──────┼───────────────────┤ │    23日│日│ (休  会) │      │                   │ ├───────┼─┼───────┼──────┼───────────────────┤ │    24日│月│ (休  会) │      │                   │ ├───────┼─┼───────┼──────┼───────────────────┤ │    25日│火│議会運営委員会│P 1:30│日程について             │ │       │ ├───────┼──────┼───────────────────┤ │       │ │全員協議会  │議運終了後 │日程について             │
    ├───────┼─┼───────┼──────┼───────────────────┤ │    26日│水│本  会  議│A10:00│委員長報告、採決、市長挨拶      │ └───────┴─┴───────┴──────┴───────────────────┘  ◎ 一般質問 一人50分(答弁を含む)  ◎ 代表質問の通告締め切りは、6月6日午前9時までとする。            本定例会において招集に応じた議員の氏名     議 席                 議 席      1番   岩 波 万佐巳        2番   牛 山 智 明      3番   井 上   登        4番   廻 本 多都子      5番   近 藤 一 美        6番   小 松 孝一郎      7番   横 山   真        8番   小 山 博 子      9番   高 木 智 子       10番   牛 山   正     11番   藤 森 靖 明       12番   森 山 博 美     13番   吉 澤 美樹郎       14番   小 泉 正 幸     15番   伊 藤 浩 平          本定例会において招集に応じられなかった議員の氏名     な し               本定例会に付議された事件 〇市長提出  報告第 4号 平成30年度諏訪市一般会計繰越明許費繰越計算書について  報告第 5号 専決処分の報告について(和解及び損害賠償の額を定めるについて)  報告第 6号 専決処分の報告について(和解及び損害賠償の額を定めるについて)  報告第 7号 専決処分の報告について(和解及び損害賠償の額を定めるについて)  報告第 8号 専決処分の報告について(和解及び損害賠償の額を定めるについて)  同意第 2号 副市長の選任について  同意第 3号 固定資産評価員の選任について  承認第 1号 専決処分承認を求めるについて(平成30年度諏訪市一般会計補正予算(第8号))  承認第 2号 専決処分承認を求めるについて(諏訪市条例等の一部改正について)  承認第 3号 専決処分承認を求めるについて(諏訪市都市計画税条例の一部改正について)  承認第 4号 専決処分承認を求めるについて(諏訪市国民健康保険条例の一部改正について)  議案第26号 諏訪市放課後児童健全育成事業の設備及び運営に関する基準を定める条例の一部改正について  議案第27号 諏訪市家庭保育事業等の設備及び運営に関する基準を定める条例の一部改正について  議案第28号 諏訪市災害弔慰金の支給等に関する条例の一部改正について  議案第29号 諏訪市剪定木等リサイクル施設条例の一部改正について  議案第30号 市道路線の廃止について  議案第31号 工事請負契約をするについて  議案第32号 令和元年度諏訪市一般会計補正予算(第1号)  議案第33号 諏訪市特別職職員の退職手当に関する条例の一部改正について 〇議員提出  議員議案第 2号 議会改革推進特別委員会設置に関する決議について 〇代表質問・一般質問  代表質問 ・3グループ・3人(別掲通告表による)  一般質問 ・11人(別掲通告表による) 〇請願・陳情  陳情第 1号 「米軍基地負担に関する意見書」の採択を求める陳情書  陳情第 2号 「核兵器禁止条約への日本政府署名・調印と批准を求める意見書」の採択を求める陳情書               請願・陳情付託表(第1号)                                    令和元年6月10日 ┌────────┬──────────────────────────┬───────┐ │ 受 理 番 号  │        件        名        │ 付託委員会 │ ├────────┼──────────────────────────┼───────┤ │陳情第 1号  │「米軍基地負担に関する意見書」の採択を求める陳情書 │総務産業委員会│ ├────────┼──────────────────────────┤       │ │陳情第 2号  │「核兵器禁止条約への日本政府署名・調印と批准を求め│       │ │        │る意見書」の採択を求める陳情書           │       │ └────────┴──────────────────────────┴───────┘                 代表質問通告者一覧                                      令和元年6月 ┌───┬───────┬──────────────────────────────┐ │順 序│ 氏    名 │       通    告    内    容       │ ├───┼───────┼──────────────────────────────┤ │ 1 │ 彩風すわ  │1.市長2期目施政方針について               │ │   │牛山智明   │(1)2期目のポイントは                  │ │   │ (補助議員)│(2)マニフェストと第5次諏訪市総合計画後期基本計画、令和元│ │   │吉澤美樹郎  │   年度当初予算との整合性は               │ │   │       │(3)各部局との調整指示は                 │ │   │       │(4)市民への説明、懇談会は                │ │   │       │2.副市長任命について                   │ │   │       │(1)任命が遅れた理由は                  │ │   │       │(2)副市長空席の間、誰が職務代行をするのか        │ │   │       │(3)市長が副市長に補ってもらいたい部分は何か       │ │   │       │3.マニフェスト80項目の内容から             │ │   │       │(1)防災減災・相互協力で安心のまちづくり         │ │   │       │  ①長野県広域受援計画と連携した諏訪市受援計画について  │ │   │       │  (ⅰ)目的                       │ │   │       │  (ⅱ)県との連携                    │ │   │       │  (ⅲ)他の関係機関との連携               │ │   │       │  (ⅳ)広域拠点は                    │
    │   │       │  ②消防団と新たに導入を進める防災士や地区住民との連携と協│ │   │       │   力体制強化について                  │ │   │       │  (ⅰ)連携と協力体制強化とは              │ │   │       │  (ⅱ)防災士の申請状況は                │ │   │       │  (ⅲ)防災士の役割は                  │ │   │       │  ③消防団の活動支援と広域消防との連携充実について    │ │   │       │  (ⅰ)消防団への支援は                 │ │   │       │  (ⅱ)広域消防との連携充実について(茅野市塚原の大火時の│ │   │       │     消防団との連携)                 │ │   │       │  (ⅲ)諏訪市消防団充実とは               │ │   │       │  (ⅳ)大火の反省会を                  │ │   │       │(2)市民が憩い来訪者を癒す、美しい景観環境まちづくりにつ│ │   │       │   いて                         │ │   │       │  ①霧ヶ峰高原の自然の魅力を大切にすることについて    │ │   │       │  (ⅰ)ニッコウキスゲの復元活動はどのように進めるか   │ │   │       │  (ⅱ)ニホンジカ食害対策電気柵忌避剤の効果は    │ │   │       │(3)山林、農地の多面的な機能を大切にした環境整備と事業承継│ │   │       │   の支援について                    │ │   │       │  ①水田の持つ多面的な機能の再評価を含め、農地有効利用を│ │   │       │   図る活動支援について                 │ │   │       │  (ⅰ)多面的な機能の再評価とは             │ │   │       │  (ⅱ)農地広域化との連携、関係は            │ │   │       │(4)ごみの減量、分別などの改善への寄与について      │ │   │       │  ①家庭ごみ有料化                    │ │   │       │  (ⅰ)経過                       │ │   │       │  (ⅱ)状況                       │ │   │       │  (ⅲ)いつから                     │ │   │       │  (ⅳ)紙おむつを使う家庭への配慮            │ │   │       │  (ⅴ)料金は                      │ │   │       │  (ⅵ)切り替え時期                   │ │   │       │  ②袋の色変更は                     │ │   │       │(5)交通網の整備について                 │ │   │       │  ①国道20号バイパス、スマートインター、駅周辺整備   │ │   │       │  (ⅰ)それぞれの状況課題と対策             │ │   │       │  (ⅱ)今後の予定                    │ │   │       │  (ⅲ)西口整備について提案、JR用の駐車場確保     │ │   │       │  ②柳並線について                    │ │   │       │  (ⅰ)地権者との交渉状況は               │ │   │       │  (ⅱ)開通2020年は予定通りか            │ │   │       │  (ⅲ)総工費2億円は変わらないか            │ │   │       │(6)公共施設、市有財産の効率運営と適正管理について    │ │   │       │  ①諏訪湖イベントひろばの基本構想をもとにした基本計画の具│ │   │       │   現化について                     │ │   │       │  (ⅰ)基本構想の内容、今後の予定は           │ │   │       │  ②立地適正化計画に基づいたコンパクトシティーの実現につい│ │   │       │   て                          │ │   │       │  (ⅰ)今後の活用は                   │ │   │       │(7)水道ビジョン、下水道ストックマネジメント、温泉事業経営│ │   │       │   戦略に沿った事業の安定的な維持について        │ │   │       │  ①それぞれの状況、課題と対策は             │ │   │       │  ②今後の予定は                     │ │   │       │(8)働く人を応援し、未来につながる技術地域産業を支えるこ│ │   │       │   とについて                      │ │   │       │  ①市内の人手不足の状況は                │ │   │       │  ②外国人雇用の状況は                  │ │   │       │  ③今後の外国人雇用対策は               │ │   │       │(9)市民健康維持・増進を目指し、自ら健康管理に取り組む習│ │   │       │   慣を広めることについて                │ │   │       │  ①受動喫煙防止条例について               │ │   │       │  (ⅰ)制定時期                     │ │   │       │  (ⅱ)進め方                      │ │   │       │(10)医療介護の充実について               │ │   │       │  ①高齢者に優しい支援体制づくりのための生活支援整備協議体│ │   │       │   について                       │ │   │       │  (ⅰ)生活支援整備協議体とはどういう組織か       │ │   │       │  (ⅱ)令和元年度当初予算リンクしているのか      │ │   │       │  ②生き方プランニングの内容は              │ │   │       │(11)家庭生活の幸せ感、安心感、充実感が向上する家庭づくりに│ │   │       │   ついて                        │ │   │       │  ①児童虐待防止について                 │ │   │       │  (ⅰ)どのように人権と命を守るのか           │ │   │       │(12)教育環境の整備について                │ │   │       │  ①未来創造ゆめスクールプランの現状と今後の進め方は   │ │   │       │  ②蓼科保養学園について                 │ │   │       │  (ⅰ)現状と一貫校になった時の課題、進め方の考えは   │ │   │       │  (ⅱ)存続の課題                    │ │   │       │  (ⅲ)老朽化の対策案、霧ヶ峰の空き家、ホテルのリニューア│ │   │       │     ル活用は                     │ │   │       │(13)諏訪圏域6市町村の連携協力、諏訪全域の底上げについて │ │   │       │  ①合併のメリット・デメリットを明確にして底上げを図る考え│ │   │       │   は                          │ │   │       │(14)地方創生関連事業やサービス、友好的・有効的な施設利用な│ │   │       │   どの共同推進の提案について              │ │   │       │  ①どのようなサービス施設利用を提案するか       │ │   │       │  ②公共施設使用料の同額負担を実施する考えは      │ │   │       │4.(一社)諏訪観光協会の独立運営について         │ │   │       │(1)市からの補助金・支援金は               │ │   │       │(2)駅案内所の費用は                   │ │   │       │(3)会計は                        │ │   │       │5.宿泊税について                     │ │   │       │(1)諏訪市で取り入れる考えは               │ ├───┼───────┼──────────────────────────────┤ │ 2 │ あしたの諏訪│1.金子市政2期目への思い、マニフェストについて      │ │   │小松孝一郎  │(1)2期目に向けた思い                  │ │   │ (補助議員)│  ①課題解決、新たな挑戦等々               │ │   │岩波万佐巳  │(2)マニフェストvol.2について            │ │   │       │  ①市長が目指すべき諏訪市の将来像について        │ │   │       │  ②平成27年のマニフェストvol.1から追加・変更したこ│ │   │       │   と                          │ │   │       │  ③施策等の優先順位、特に力を入れて進めたいこと     │
    │   │       │  ④市民への周知徹底について               │ │   │       │  ⑤諏訪市総合計画条例について              │ │   │       │(3)諏訪市としての独自性、ユニークさを求めて       │ │   │       │2.消防施設整備、特に消防団屯所整備について        │ │   │       │(1)諏訪市消防団屯所の状況及びその把握         │ │   │       │(2)耐震性は、居住環境は                 │ │   │       │(3)諏訪市消防団屯所の管理、設置、改修に係る考え方   │ │   │       │  ①建設建築に係る「消防団屯所補助金」          │ │   │       │  ②改修、耐震に係る補助は                │ │   │       │(4)他自治体の動きについての考え方            │ │   │       │  ①所管を自治体とする「消防団消防屯所設置条例」     │ │   │       │  ②建替え改修を自治体が行う「消防団屯所設置整備事業」  │ │   │       │(5)今後の進め方                     │ ├───┼───────┼──────────────────────────────┤ │ 3 │ 日本共産党 │1.国民健康保険税について                 │ │   │ 諏訪市議員団│(1)国保都道府県化による今後の保険税の動向        │ │   │井上 登   │(2)他の公的医療機関との差                │ │   │ (補助議員)│(3)「標準保険料率は参考値」とは             │ │   │廻本多都子  │(4)地方自治の原則に基づいて公費繰り入れや自治体独自の保険│ │   │       │   税減免はできるか                   │ │   │       │(5)全国知事会、全国市長会が求めている構造問題の解決につい│ │   │       │   ての市長の考え方                   │ │   │       │(6)子育て支援として、子どもの均等割減免         │ │   │       │2.諏訪市四賀メガソーラー建設計画について         │ │   │       │(1)太陽光発電に対する考え方について           │ │   │       │(2)四賀メガソーラーの現状                │ │   │       │(3)「林地開発許可」の説明会対象について         │ │   │       │(4)建設の是非について                  │ │   │       │3.高齢者の移動手段について                │ │   │       │(1)高齢者ドライバー事故の現状              │ │   │       │(2)運転免許証の自主返納について             │ │   │       │(3)高齢者の移動手段の確保対策は             │ │   │       │(4)許可・登録を要しない輸送の現状、周知、ルール     │ │   │       │(5)福祉行政との連携                   │ └───┴───────┴──────────────────────────────┘                 一般質問通告者一覧                                      令和元年6月 ┌───┬───────┬──────────────────────────────┐ │順 序│氏     名│       通    告    内    容       │ ├───┼───────┼──────────────────────────────┤ │ 1 │牛山 正   │1.国の森林環境税、県の森林づくり県民税の活用は      │ │   │       │(1)諏訪市の山林の現状認識は               │ │   │       │(2)山林の多面的な機能の発揮、課題、取り組み体制は    │ │   │       │2.諏訪市工業振興、将来ビジョン             │ │   │       │(1)諏訪市工業振興ビジョン進捗状況            │ │   │       │(2)基幹事業は必要と思うが具体案             │ │   │       │(3)事業継続支援、人材確保、教育技術継承        │ │   │       │(4)産学官連携、開発センターの設置            │ │   │       │3.農業の後継者不足について                │ │   │       │(1)人材確保、技術指導                  │ │   │       │(2)稼げる農業対策                   │ │   │       │4.新川改修、新川バイパスの現在の進捗状況は        │ │   │       │(1)ロードマップ(行程表)                │ │   │       │(2)西街道を通過させない策は               │ │   │       │5.高齢者免許証返納について               │ │   │       │(1)買い物難民、通院、公共施設、利便性の良いかりんちゃんバ│ │   │       │   ス運行                        │ ├───┼───────┼──────────────────────────────┤ │ 2 │吉澤美樹郎  │1.交通安全・安心への取り組みについて          │ │   │       │(1)高齢者ドライバー等の事故に関して           │ │   │       │(2)交通の障害となる危険箇所等の対策について       │ │   │       │2.健康増進への取り組みについて              │ │   │       │(1)健康づくり事業について                │ │   │       │(2)スポーツ振興について                 │ │   │       │3.公共施設整備の今後について               │ │   │       │(1)今後の整備方針について                │ │   │       │(2)広域的なあり方について                │ │   │       │4.観光資源のブラッシュアップについて           │ │   │       │(1)食を通した魅力の発信について             │ │   │       │(2)交通網整備の今後について               │ │   │       │(3)まちづくりに関わる環境整備について          │ │   │       │5.伝統・文化の発信、交流について             │ ├───┼───────┼──────────────────────────────┤ │ 3 │廻本多都子  │1.医療介護の連携・充実の中で、介護保険制度の果たす役割 │ │   │       │(1)入院から施設また在宅へと様々な流れはどうか      │ │   │       │(2)施設は充実しているか                 │ │   │       │(3)生活支援体制整備協議体(支え合い体制)        │ │   │       │(4)災害時における2次避難所として位置づけている福祉避難所│ │   │       │   の現況                        │ │   │       │2.教育環境の整備について                 │ │   │       │(1)今後の学校ビジョンの具体化とは            │ │   │       │(2)いじめ、虐待などの実態とその対応           │ │   │       │(3)教職員の配置                     │ ├───┼───────┼──────────────────────────────┤ │ 4 │小山博子   │1.骨髄バンクドナー助成事業補助金活用について       │ │   │       │(1)長野県補助金制度を受け、諏訪市の支援事業の取り組みに│ │   │       │   ついて                        │ │   │       │(2)骨髄移植に伴い、失われた免疫を補うため、予防接種が必要│ │   │       │   になる。市として、どのような支援制度があるか     │ │   │       │2.精巣捻転症の周知について                │ │   │       │(1)乳幼児の健康管理の指導の現状について         │ │   │       │(2)訪問の際の指導に加えられるか             │ │   │       │(3)第2次ピークの思春期                 │ │   │       │  ①子どもだけでなく親にも知らせる手段はあるか      │ │   │       │3.いじめ・自殺対策について                │ │   │       │(1)市の取り組みについて                 │
    │   │       │(2)「ひとりで悩まないで@長野」の活用について      │ │   │       │4.道路管理業務の効率化を図るアプリ導入について      │ │   │       │(1)維持管理の現状                    │ │   │       │(2)アプリ導入の検討はできないか             │ ├───┼───────┼──────────────────────────────┤ │ 5 │横山 真   │1.諏訪湖創生ビジョンの具現化に向けた諏訪市の取り組みと課題│ │   │       │  について                        │ │   │       │(1)「諏訪湖の日」制定(予定)に向けた諏訪市の関わり方につ│ │   │       │   いて                         │ │   │       │(2)創生ビジョン(令和元年度構成員活動計画)の諏訪市の活動│ │   │       │   計画とイベント調整の重要性について          │ │   │       │(3)諏訪湖・河川空間オープン化(かわまちづくり)計画の進め│ │   │       │   方と諏訪湖畔のあり方について             │ │   │       │(4)ヒシ除去対策の強化が求められているが諏訪市で拡大実施し│ │   │       │   湖畔をきれいにする考えはないか            │ │   │       │(5)市内流入河川等整備と豪雨対策の強化について      │ │   │       │(6)蓼の海・科の木ため池ハザードマップ住民配布への説明責任│ │   │       │   と今後の対策について                 │ │   │       │(7)防災などをはじめとした市民生活に身近な分野における地域│ │   │       │   IoT実装のための特別交付税措置について       │ ├───┼───────┼──────────────────────────────┤ │ 6 │小泉正幸   │1.スマートインターについて                │ │   │       │(1)グランドデザイン                   │ │   │       │  ①目標完成予定、おおむねの各工程の日程         │ │   │       │(2)おおむねの総予算額、国負担額、県負担額、市負担額   │ │   │       │(3)アプローチ道路の市道不接続は良い案。ただ、現状に比べて│ │   │       │   新市道が不便にならず通行しやすい施工案構想は     │ │   │       │(4)有賀ハザードマップに準拠した新設県道の安全第一の設計構│ │   │       │   想は                         │ │   │       │(5)スマートインターが開設されれば当然在来の県道の交通量は│ │   │       │   増加する。それを前提に、渋滞対策等開設前の前倒しの拡幅│ │   │       │   等の計画実施予定は                  │ │   │       │(6)公設市場の活性化(別途、店舗追加等)や稲穂街道(新県道│ │   │       │   岡谷茅野線)沿いの開発の容易化を事前に検討する考えは │ │   │       │2.豊田有賀地籍にある諏訪味噌醸造(株)の廃工場      │ │   │       │(1)今までの経緯と今後の安全対策は            │ │   │       │3.有賀地区のハザードマップ                │ │   │       │(1)「てんでんこ」が各個人で速やかに行動できるようになるた│ │   │       │   め、講演、勉強会、指導会などの実施予定は       │ │   │       │(2)他の西山地域東山地域にも同等の地図の作成の横展の予定│ │   │       │   はあるか                       │ │   │       │(3)今後の防災減災対策はどのように展開するのか     │ ├───┼───────┼──────────────────────────────┤ │ 7 │岩波万佐巳  │1.公共ポイント実証実験事業について            │ │   │       │(1)平成30年度実証実験結果について           │ │   │       │(2)2年目令和元年の取り組みについて           │ │   │       │(3)今後の見通し、方向性                 │ │   │       │2.保育料無償化について                  │ │   │       │(1)4月以降の国の動き                  │ │   │       │(2)今後のスケジュール等                 │ │   │       │(3)対象者への周知                    │ │   │       │3.「未来創造ゆめスクールプラン」について         │ │   │       │(1)東部地区(城北小・高島小・上諏訪中)の2021年4月実│ │   │       │   施に向けてのスケジュールについて           │ │   │       │(2)学校再編推進委員会の構成・役割について        │ │   │       │(3)該当地区の問題点・課題について            │ │   │       │(4)残りの東部地区の今後について             │ │   │       │(5)南部・西部地区の実施に向けての見通し         │ │   │       │4.消防団について                     │ │   │       │(1)団員数の見直しについて                │ │   │       │(2)団員勧誘について                   │ │   │       │(3)ポンプ操法大会について                │ │   │       │5.中洲小学校への通学路について(要望)          │ ├───┼───────┼──────────────────────────────┤ │ 8 │近藤一美   │1.2期目のマニフェスト(公約)の具現化のために      │ │   │       │(1)新しい産業育成のために思い切った投資を        │ │   │       │  ①AI・IoT等のデジタル化の人材確保、育成を(RPA │ │   │       │   ロボティック・プロセス・オートメーション)      │ │   │       │  ②コワーキング事業に積極的投資を            │ │   │       │(2)新技術活用による市役所業務の効率化、生産性向上にどう取│ │   │       │   り組むのか                      │ │   │       │(3)今秋の米国シリコンバレー視察の目的、活用は      │ │   │       │(4)主な財政指標と公約実現のための問題点は        │ │   │       │  ①将来負担比率が17番目、原因と対策は         │ │   │       │2.今後の観光政策について                 │ │   │       │(1)諏訪観光協会の駅前移転による効果とは         │ │   │       │(2)地域おこし協力隊の採用状況について          │ │   │       │(3)諏訪湖エリアまちなか観光案内人協議会の活用を     │ │   │       │  ①ガイド人数最高の3944人              │ │   │       │  ②神々の縁、諏訪市、糸魚川市、出雲市連携に活用     │ │   │       │(4)インバウンド対策・ダイバーシティの時代を乗り切るために│ │   │       │   長野国際文化学院との交流を              │ │   │       │3.すわっチャオのオープン後の状況、駐車場について     │ │   │       │(1)オープン後の状況について、入館者の声等は       │ │   │       │(2)駐車場について3時間無料が市民の強い要望       │ │   │       │  ①3時間無料にした場合の市の負担増の試算を       │ │   │       │4.高齢者雇用社会参加交通事故対策について      │ │   │       │(1)高齢者の就業の実態は                 │ │   │       │(2)実年齢に関係なく、元気な高齢者が活躍できる社会にするに│ │   │       │   は                          │ │   │       │  ①シルバー人材センターの活用、初任者研修の資格取得の提案│ │   │       │(3)高齢者交通事故防止策について            │ │   │       │  ①安全運転のための再教育、講習を行う          │ │   │       │  ②3年の免許更新を1年ごとにすることを提案する     │ ├───┼───────┼──────────────────────────────┤ │ 9 │森山博美   │1.統一地方選挙投票率確保について            │ │   │       │(1)選挙を振り返って                   │ │   │       │(2)今後の課題                      │ │   │       │2.働き方改革について                   │ │   │       │(1)職員議員の働き方と今後について           │
    │   │       │(2)奉仕団体との連携                   │ │   │       │3.フードドライブと子ども食堂について           │ │   │       │(1)運営や補助金について                 │ │   │       │4.18歳の成人について                  │ │   │       │(1)今後の方針                      │ │   │       │5.共同墓地の今後と高齢者のごみ捨てについて        │ │   │       │6.国道20号バイパスと現国道の連続立体交差について    │ ├───┼───────┼──────────────────────────────┤ │ 10 │高木智子   │1.諏訪市財政について                  │ │   │       │(1)当初予算編成の仕組み、流れ              │ │   │       │(2)予算編成で大切にしていること             │ │   │       │(3)市民の理解                      │ │   │       │2.子ども家庭総合支援拠点について             │ │   │       │(1)すわ☆あゆみステーションの設置目的          │ │   │       │(2)職員体制と業務                    │ │   │       │(3)利用者の評価は                    │ │   │       │(4)今後の事業展開                    │ ├───┼───────┼──────────────────────────────┤ │ 11 │藤森靖明   │1.河川氾濫などの災害時の避難場所について         │ │   │       │(1)広域避難所に行けない場合の避難所対応は        │ │   │       │(2)学校として子供家族との連絡対応は          │ │   │       │(3)防災計画や避難に関連するマニュアル等の市民への告知状況│ │   │       │   は                          │ │   │       │2.保育ニーズの多様化に対応した保育施設とこれからの保育行政│ │   │       │  について                        │ │   │       │(1)子育て世代保育ニーズは               │ │   │       │(2)保育ニーズに対する市の対応は             │ │   │       │(3)これからの保育所整備・保育所運営に係る基本的な考えは │ │   │       │3.地域の特性を生かしたまちづくりと観光振興について    │ │   │       │(1)遊歩道でつなぐ前宮・本宮散策マップのその後の対応は  │ │   │       │(2)上社周辺の観光資源を活用した沿道景観形成計画の進捗は │ │   │       │(3)まちづくりからの観光振興は              │ └───┴───────┴──────────────────────────────┘...