3530件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

西都市議会 1998-09-01 09月28日-06号

本陳情の願意は、平成十二年四月から実施予定介護保険制度は導入までに必要な基盤整備及びサービスの提供に不安があり、また必要とされる介護を十分受けられないおそれがあること、介護保険料高齢化率の高い地域では高額の保険料になる見込みであり、それも三年ごとに見直しが行われる予定で、高齢者年金生活者に大きな負担となる可能性があり、大量の滞納者を発生させるおそれがあること、一割の利用料負担についても低所得者

西都市議会 1998-09-01 09月14日-02号

世界に例を見ないスピードで進行しております日本高齢化であります。将来推計では十二年後の二〇一〇年には高齢化率、すなわち六十五歳以上の人口構成比が二二%に達し、世界一になります。それが二〇二五年には二七・四%に達すると予測されています。高齢化の進行とともに寝たきりなど要介護状態高齢者がふえ続けることも見込まれています。

西都市議会 1998-06-01 06月16日-04号

日本はどこの世界も経験したことのない高齢化社会が急ピッチで進み、二〇二〇年ごろにはちょうど戦争直後に生まれたいわゆる団塊世代高齢者になり、二〇四〇年代にはそれら団塊世代の子供が高齢者になり、三人に一人が高齢者という超高齢社会になってまいります。この時期が日本高齢化で最も厳しい状況になると言われております。

西都市議会 1998-03-01 03月11日-03号

しかしながら、現在の農業農家戸数減少労働力高齢化、後継者不足など構造的に難しい問題を抱えておりますので、県や農業団体と協力しながら構造政策を進め、企業的経営能力を持った農家を育成するとともに、その農家を中心に兼業農家と有機的に結び合って農業農村振興を図りたいと考えておりますので、これからの農政は生産振興と相まって将来に向かって、一つ、経営規模適正拡大二つ目作業の受委託、三つ目には

西都市議会 1998-03-01 03月12日-04号

高齢化社会がますます進行する昨今、お年寄りも市役所内に毎日多数見かけます。市民にやさしい役所であればあるほど細かい心配りが必要であろうと痛感します。現代の生活必需品であると考える洋式トイレをぜひ設置してほしいと考えます。市長の見解をお伺いいたしまして壇上からの質問を終わります。(降壇) ◎市長黒田昭君) (登壇)まず最初に、農産物の付加価値化につきましてお答えをいたします。 

西都市議会 1998-03-01 03月20日-06号

また、高齢化の進む地方自治体にとっては一層医療地域格差を広げると問題点を指摘し、いつでもどこでもだれもが安心してかかれる、よりよい医療をという国民の声を反映することを求めているのだと考えるのであります。このことはまさに国民共通の問題ではないでしょうか。 以上述べましたが、要は、国民医療にかかわること、それは国民の暮らしと命と健康にかかわる問題であります。

西都市議会 1998-03-01 03月03日-01号

さて、二十一世紀を間近に控え、我が国経済は、急速に進む高齢化、国際化少子化等厳しい環境の中、戦後我が国の発展を支えてきた行財政制度経済社会システムが半世紀を経た今日、次第に硬直化し、今日までの常識では予測もできなかった証券会社金融機関の倒産や経営破綻が相次ぎ、金融システムの構造的な問題として指摘されています。