675件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

新富町議会 2020-12-06 12月06日-03号

それで、私のあそこに対する夢といいますかプランというのは、来るべき震災のときの、上新田は震災で家が崩れることはあっても津波とかの心配はまずないと。

新富町議会 2020-09-09 09月09日-04号

復興庁東日本大震災震災関連死の原因について、2012年3月までに死亡した1,263人を調査した結果、避難所などにおける生活の肉体、精神的疲労が約3割に上ったとありました。このことを受けて、避難所環境改善が最も重要であると思います。 トイレ、キッチン、ベッド、この3つが充実してこそ、被災者が安心できる避難所になると思いますが、町長はどう思われますか。 ○議長(永友繁喜君) 小嶋町長

西都市議会 2020-06-16 06月16日-02号

もし、風水害震災等が発生をし避難所を開設する場合、避難所での感染予防強化が求められます。今般の第2次補正予算で拡充されることとなる地方創生臨時交付金において、避難者健康管理感染予防のために衛生環境備蓄品といった物資資材購入も可能となります。 そこで、この避難所での感染予防のための物資資材購入予定についてお伺いをいたします。 ◎危機管理課長池澤雄一君) お答えいたします。 

都城市議会 2020-03-18 令和 2年第2回定例会(第9日 3月18日)

次は、自衛隊警察消防等との大規模震災対処訓練等計画はあるのか伺います。 ○議 長(江内谷満義君) 総務部長。 ○総務部長(中山 誠君) お答えいたします。  南海トラフ巨大地震発生し、本市では震度五弱から六強の揺れを観測したとの想定で、自衛隊等防災関係機関との大規模訓練平成三十年度に実施し、計画実行性の確認を行いました。

小林市議会 2020-03-03 03月03日-03号

震災、自然災害の多発した平成時代が終わり、穏やかな令和の時代になりました。しかし、1月(同日95ページ発言訂正あり)に中国発生した新型コロナウイルスは、世界中に感染が広がり、日本各地においても感染者が相次ぎ、経済面観光面、文化、スポーツ面などにも影響を及ぼし、さらなる感染拡大を危惧しております。感染防止予防対策も万全を期さなければならないと考えます。 

都城市議会 2020-03-01 令和 2年第2回定例会質問通告一覧(3月)

後方支援対策本部等)の概要について避難者受け入れ支援機能概要について救援物資受け入れ・仕分け・配送機能概要について救出救助・消化・医療救護活動機能概要について保健・衛生活動機能概要についてボランティア支援隊広域応援部隊受け入れ等活動支援機能概要について発災直後、各地からの救援部隊自衛隊警察消防医療チーム等)の集結地予定地について後方支援計画に基づく訓練計画(大規模震災対処訓練等

都城市議会 2019-12-11 令和元年第4回定例会(第5日12月11日)

東日本大震災では、避難生活で体力が低下する震災一週間後から感染症、特に、高齢者の肺炎がふえてきたとの指摘もあり、中長期的に十分な注意が必要だとされています。特に、抵抗力が弱い高齢者ワクチン接種により、感染症を防ぐことが重要であります。つまり、ワクチン接種は、他人へ感染を広げないことになります。  

日向市議会 2019-12-10 12月10日-03号

続きまして、非常時の電源質問をしていきたいと思いますが、こういう資料がある中で、避難所はこれだけあるんだなということを確認して数を申し上げたんですが、再質問させていただく前に、東日本大震災被害を受けた岩手県の大槌町が、行政として大震災の検証及び報告書をつくっております。その中に電源のことがうたってあります。

門川町議会 2019-12-09 12月09日-02号

さきの熊本震災におきましても、ここで言いますと福岡支部から宮崎支部に依頼がありまして、町内の水道業者さん、また協議をもちまして、どのようにするかというような形で対応をとったところであります。 また、西門川の簡易水道が水源が濁りまして、それがやはり28年4月に起こったんですけど、この場合は県内の協定に従いまして、延岡市さんから給水車と人員を派遣していただきまして、対応したところであります。 

日向市議会 2019-12-09 12月09日-02号

それと電気が消えた、そういったことで市民生活のインフラは完全に遮断されて、もう私たちの食料が手に入らなかったというのが震災の中の本当の現状でしたと。飢え死にするのではないかと、餓死寸前までいきましたというような言葉まで聞きました。 ということは、大王谷のあの公園のところまで歩いていく力があるのか、はっきり言って車は行けない、車移動はまず困難であると。

小林市議会 2019-12-04 12月04日-04号

松元公孝危機管理課長 地域観光交流センターについては、大規模震災等に活用するということで一応位置づけております。帰宅困難者も一般の避難所に行かれる方もいると思うんですけれども、特にここについては、帰宅困難者を主に対応していくということで想定しています。詳しい積算等は行っておりません。 ◆西上隆議員 わかりました。 

串間市議会 2019-12-04 令和元年第5回定例会(第5号12月 4日)

ある人に言わせると、中国向け東日本震災等やそういうものも含めて、口蹄疫BSE等の牛肉なんかも解禁される、それを大きく期待をしている面もありますけれども、私はなかなかアメリカとの二国間協定等やらTPP11等が進めば、そうは簡単にいかないと思います。  だから、国内でもやっぱり上物の肉はだぶついておるわけですからですね。

小林市議会 2019-12-03 12月03日-03号

宮原義久市長 私から御質問があった点について、答弁をさせていただきますが、名簿提出ということになるんですが、ちょうど今、多くの豪雨災害、そして震災も起きております。そういう現状において、自衛隊の皆さんがどれほど御苦労をされて、遺体を探すなり、または救出活動にも当たっていただいております。 宮崎県では口蹄疫もありまして、あの数十万頭に及ぶ家畜の殺処分も担当していただきました。

串間市議会 2019-12-02 令和元年第5回定例会(第3号12月 2日)

阪神震災から24年が経過しました。総務省は、大震災発生の翌年に被災市町村長の補佐する災害マネジメント総括支援員を派遣しています。緊急時に被災市町村に入り、支援ニーズを把握、派遣元自治体を中心に応援職員受け入れ早期自治体機能の回復、迅速な復旧につなげるのが目的であるとお聞きします。