3594件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

綾町議会 2024-09-27 09月27日-04号

そのほか、森林整備森林保護対策林道等整備維持修繕担い手確保林政アドバイザー等専門員雇用、人材育成木造公共建築物等整備森林林業木材活用に関する普及活動などを予定しております。 5、綾町森林経営計画策定エリアにおいて、譲与税使途対象森林となる計画策定地の総面積は904.43ヘクタール、所有者不明がそのうち3.67ヘクタールございます。 

綾町議会 2023-09-06 09月06日-01号

一番上にあります農林水産業費、1林業振興費は、林業の知識を有する専門職員雇用と、今回第49号議案として上程いたしております森林環境譲与税基金積立金計上です。 次に、一番下にあります商工費、3観光費は、県の地域観光振興促進事業を活用し、自転車で綾を散策いただくためのサイクルマップの増刷、電動アシスト機能のついた自転車等整備するものです。 23ページをお開きください。 

綾町議会 2021-12-13 12月13日-03号

町長籾田学君) どこの家庭でもそうだと思うんですけれども、やっぱり夫婦でかせいで、そして、ましてや、そこのところに子どもとかいて、養っていかないといけないんですけども、いろんな雇用の場というものができていって、農家でやって、奥さんのほうは別なところで働くとか、そういうこともいっぱい仕事の、雇用を提供する、そういうことを考えてあげるのも我々の仕事かなと思いますので、皆さんが働きたいという意欲があって

綾町議会 2020-12-20 12月20日-04号

4、会計年度任用職員任用に当たっては、可能な限り綾町民雇用を優先すべきである。 5、正規職員においては既に人事評価制度を導入している。また、会計年度任用職員正規職員と比較して簡易的な人事評価を実施することに、職員確保離職防止にもつながることなので、人事評価精度向上に加え、その評価賃金等に適正に反映させる仕組みを早急に確立すべきである。 

綾町議会 2020-12-12 12月12日-02号

今回の地方公務員法地方自治法の一部改正は、自治体での定員削減が進められ、その埋め合わせとして非正規雇用職員への置きかえが進んだ結果、全国の自治体で非正規雇用をめぐる問題がふえていたとニュースにありました。裁判に持ち込まれることなども起こったことから、自治体から総務省に対応する声が大きくなっているものだというふうに認識をしております。 

新富町議会 2020-12-11 12月11日-05号

それで、国際ルールはフルタイム、無期雇用というのが原則だと。国際的なルールでは。それと、法では、公務の運営は、任期の定めのない常勤職員を中心とするというのが原則となっております。 つまり本来は、常勤で対応しなきゃいけないのが、臨時職員に置きかえられているというのがうちでもあるんじゃないかなというように思います。

新富町議会 2020-09-06 09月06日-03号

次に、チャレンジ雇用につきまして、ことしの6月、町政座談会町長のほうから発表がありまして、初めてチャレンジ雇用というのを私も聞きまして、県内自治体で初めて開始するということでありました。障害者自治体で1年から3年間雇用して、民間への就労につなげる制度であるということ、それから成功事例となることを期待しているところでありますが、現在の就労状況や改善すべき課題等はないのか質問をいたします。 

小林市議会 2020-06-26 06月26日-05号

外出自粛によるフレイルや鬱などの健康二次被害や、休業要請による雇用環境や中・小商店、企業経営悪化等、あらゆる分野で生活経済に深刻な打撃を受けております。今後は、感染リスクはゼロにはならないことを前提に、感染拡大防止社会経済活動維持再生の両立を目指し、市民生活地域経済への影響を最小限にするよう努めてまいります。

西都市議会 2020-06-26 06月26日-06号

また、生産年齢人口が減少する中、経済成長地域経済活性化を牽引するためには、生産性向上民間投資誘発インバウンドを含めた交流人口雇用増加など、ストック効果が高い社会資本計画的に整備する必要がある。 この様な中、中山間地域など条件不利地域が多い本県においては、高速道路をはじめとする幹線道路農業基盤、下水道、河川、砂防施設などの整備が遅れている。

小林市議会 2020-06-25 06月25日-04号

鶴水義広経済部長 私からは、国の雇用調整助成金状況について、答弁させていただきます。 県の労働局に確認いたしましたが、県内での申請件数は、6月19日時点で1,317件で、そのうち支給決定件数が733件であると聞いております。 ◎深田利広市民生活部長 私からは、納税の猶予制度及び税の軽減措置について、お答えさせていただきます。 

綾町議会 2020-06-18 06月18日-01号

具体的に申し上げますと、先行して職員雇用をいたしております。その賃金分の16万7,000円を当初では一般のほうで見ておりましたが、このプレミアム付き商品券事業のほうで、この補助事業のほうでその賃金分が見れるということの担当課からの説明がございましたので、その分を充当して16万7,000円分は一般財源のほうから落としているということでございます。 以上です。 ○議長(日高幸一君) よろしいですか。

小林市議会 2020-06-17 06月17日-02号

人件費増加の原因といたしまして、人口減少、少子・高齢化及び働き方改革による労働環境の変化へ柔軟に対応し、従業員が安心して長期雇用される職場環境整備のために増加をいたしております。このことで、製造ラインでは堆肥製造熟練度向上販売管理では顧客との信頼関係向上による売上の増加が期待でき、指定管理料増加はやむを得ないものと考えております。 

西都市議会 2020-06-17 06月17日-03号

協力体制維持確保できるように取り組んでまいりたいという、先ほど答弁いただきましたけれども、災害時のことばかり考えて、これを先行させて考えることもいかがなものかとは一方では思いますけれども、やっぱりこの業界がだんだん少なくなってきている、しかし災害は待ってくれない、そういったことを考えると、やっぱり業界というのは日頃から雇用の場にもありますし、西都市の経済にも大きく寄与いただいていると思っております

新富町議会 2020-06-06 06月06日-02号

◆議員(下村豊君) 町長言われましたように、ちょっと資料を焼いてきましたけど、全国的に見て、被雇用者の消防団員73.6%ということで、みんな働いて自営というのは少ないんですね。だから、なかなか仕事があって、その団員に入れないということなんですね。 で、私がこれなぜちょっと話を持ってきたかというと、ある方が、息子さんがいらっしゃるんですね。