313件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

新富町議会 2020-12-07 12月07日-02号

総務課長池田真二君) 災害に強い地域づくりということで、今、新富町では防災養成と、あと、自主防災組織の結成について力を入れているところであります。 以上です。 ○議長永友繁喜君) 松浦議員。 ◆議員松浦美緒さん) 自主防災組織が幾つあって、幾つつくることができて、その中で、組織化されていない地区というのがどのぐらいあるかをお伺いします。 ○議長永友繁喜君) 総務課長

西都市議会 2020-12-07 12月07日-02号

◆4番(濱砂磐君) 令和2年3月議会で、防災ネットワーク必要性を理解しており、今後連携体制支援策等協議すると答弁されたが、検討の結果を伺いたい。 ◎危機管理課長池澤雄一君) お答えいたします。 激甚災害発生時においては、市職員のみでは対応が非常に困難でありますので、関係機関と協力し連携しながら災害対応に努めなければならないと考えます。 

えびの市議会 2020-12-07 令和 2年12月定例会(第 3号12月 7日) 一般質問

ただいま観光商工課、また基地防災対策課、両課におきましては、それぞれ御答弁いただいたところでございますが、ハザードマップは、そんなに改定する機会はないかと思いますので、次期改定の際には、また増刷の際には、是非AEDの場所を記載をしていただきたい、これは防災会からの要望でもございましたので、もう一度、この件につきまして御検討いただけるものかどうかお答えをお願いいたします。

串間市議会 2020-12-02 令和 2年第6回定例会(第4号12月 2日)

串間防災会議委員につきましては、定数35名のうち、串間社会福祉協議会宮崎防災ネットワーク串間支部からそれぞれ1名、合計2名の女性委員を登用しているところであります。  防災対策には、女性視点からの対策も必要でありますので、選任の際には考慮していきたいと考えております。  以上であります。 ○7番(川﨑千穂君)  定数が35名で2名は少な過ぎますよね。

えびの市議会 2020-09-18 令和 2年 9月定例会(第 6号 9月18日) 一般質問

次に、防災リーダーの中で、防災研修会とか実施されておりますけれど、そこを簡潔に御説明いただけますでしょうか。 ○基地防災対策課長外赤裕二君)  防災養成研修と言われますものが、毎年実施されております。これは県が主催して、防災ネットワークが委託して実施されているものでございます。  例年七月上旬から九月下旬にかけまして、研修基礎コースが行われます。

延岡市議会 2020-09-16 令和 2年第 9回定例会(第5号 9月16日)

今の実例から、延岡市民安心・安全のため、今後、有識者会議を立ち上げる場合、地域と密着している区長や公民館長代表高齢者支援をしている社会福祉協議会代表、特に危機管理のため採用し、普段から地域の人に寄り添い、防災に取り組んでる防災などメンバーにして有識者組織を早く編成すると、市民安心・安全につながり、コロナ禍対策延岡版になると思いますが、いかがでしょうか。

えびの市議会 2020-06-15 令和 2年 6月定例会(第 4号 6月15日) 一般質問

このようなマニュアルにつきましても、きゅうきゅうにはできないのは承知をいたしておりますけれども、やはり職員間、そしてまたいろいろな組織防災も含めた中での協議をされまして、一日も早くしっかりとした防災体制防災マニュアル防災ハザードマップ、この作成に取り組んでいただきたいと、このように申し上げておきます。  

新富町議会 2020-06-09 06月09日-03号

これまで資格取得をされました防災の方々においては、地域防災の貴重な戦力として活躍をしていただくためには、第一に、自己研さんにおいて防災としての能力の維持や向上を図ってもらうことが重要であると考えております。今後、町といたしましても、防災能力向上につながるような講習会など実施をしてまいりたいと考えております。 

西都市議会 2020-03-23 03月23日-06号

自主防災組織防災ネットワーク等との連携を図ってほしい」との意見・要望がありました。 次に、議案第52号令和2年度西都児湯いじめ問題調査委員会特別会計予算についてであります。 本案は、前年度当初予算と同額の3万8,000円の予算が計上されております。 本案につきましては、種々質疑の後、別段異議なく、採決の結果、全会一致をもって原案のとおり可決すべきものと決しました。 

門川町議会 2020-03-19 03月19日-04号

答え、自主防災組織補助金に350万円、防災取得助成金32万円。 問い自主防災組織補助金30万円を50万円にできないか。答え、次年度は現状のままである。 問い選挙投票率向上対策は。答え、主権者教育出前講座模擬投票などで働きかけていく。 財政課・新庁舎建設室。 問い、新庁舎建設費は今回の計上額で全額と考えてよいか。答え、今回の計上額は、12億7,275万8,000円。

日南市議会 2020-03-18 令和2年第1回定例会(第7号) 本文 開催日:2020年03月18日

10番(黒部俊泰議員) 次は防災についての質問です。  自分自身防災力向上や、地域防災への貢献手段として、防災資格取得を希望する方が増加しています。防災試験に合格後も、NPO法人宮崎防災ネットワーク会員登録をして、日常的にボランティア活動を実践されていらっしゃる方もおられます。  そうした中で、防災資格取得するための費用助成する自治体が増加をしています。

日南市議会 2020-02-27 令和2年第1回定例会 索引 開催日:2020年02月27日

(4)防災について       1)防災資格取得するための費用助成する自治体がある。県内自治体        における助成実施状況と本市も助成できないかを問う。      (5)防災会議について       1)女性視点を生かした、防災対策が重要であると考える。日南市防災会議        における、女性参画現状参画目標等を問う。    

門川町議会 2019-12-09 12月09日-02号

座談会では、宮崎大学から2名の先生をお招きして、地区皆さん町議会議員消防団防災ネットワークなど約50人が参加してくれました。また、座談会では、まず津波浸水ハザードマップを用いて自宅や、上納屋地区浸水範囲浸水開始時間までを住民の皆さんで確認してもらいました。 次に、災害時にどのような備えをしておくべきかをテーマに自助、共助、公助別グループワークを行いました。