393件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

都城市議会 2020-03-17 令和 2年第2回定例会(第8日 3月17日)

また、鹿児島交通停留所もあり、路線バス本数も多いのではないかと考えます。現在の西都城駅における路線バス運行本数について伺います。 ○議 長(江内谷満義君) 総合政策部長。 ○総合政策部長吉永利広君) お答えいたします。  本市では、宮崎交通鹿児島交通高崎観光バス路線バス運行しております。

都城市議会 2020-03-06 令和 2年第2回定例会(第4日 3月 6日)

本市では、平成二十八年度に都城地域公共交通網形成計画を策定し、中心市街地のMallmallに中央待合所を設けるなど、まちなか区域における路線バス乗り場の環境の充実や公共交通空白地解消のためのバス路線の再編、地域の実情に応じたコミュニティバス等運行などに取り組んでいるところであります。今後も引き続き、バス事業者や多様な関係者連携して、利用者利便性の向上を図る方針としております。

都城市議会 2020-03-05 令和 2年第2回定例会(第3日 3月 5日)

さて、中高生、特に高校生におきましては、通学路線バスを使用することも想定されます。バス通りの多くが幹線道で、それなり通行量があり、それなりの光量が保たれている箇所が多い一方で、市内バス停の中には、暗く鬱蒼としているところもあります。このような場所においても、該当する地区自治公民館防犯灯設置を負担することが果たして妥当であるのか、疑問に思います。  

小林市議会 2020-03-03 03月03日-03号

峯田勝巳総合政策部長 見直しの内容でございますけれども、幹線交通である宮崎交通運行路線バスあるいは須木地区小林地区を結ぶコミュニティバスについては、PR等を行って利用促進に注力するとともに、運行費補助継続市内高等学校通学費助成継続を行って、現状での存続を図っていきたいと考えております。 

えびの市議会 2020-02-27 令和 2年 3月定例会(第 1号 2月27日) 開会

公共交通手段確保につきましては、市民生活にとって必要不可欠である鉄道路線バス利用促進維持存続に向けた取り組みを強化し、様々な交通手段連携を図りながら、引き続き本市に適した公共交通網形成を図ってまいります。  なお、今般、約二十四年ぶりに値上げが実施されたタクシー利用料金については、助成制度の適切な対応を行い、効果的な交通空白地移動支援に努めてまいります。  

日向市議会 2020-02-17 02月17日-05号

また、地域住民からの要望についてでありますが、運行開始前の地元協議段階では、日向市駅までの直行便が欲しい、ぷらっとバスのように定期路線運行してほしいとの要望を頂いておりましたが、路線バスとの競合や過去の利用状況等から、現在の体制で運行しているところであり、運行開始以降は、特に意見等は寄せられておりません。 

延岡市議会 2019-12-05 令和元年第 5回定例会(第4号12月 5日)

企画部長小村周司君)  まず、グリーンスローモビリティの運行方法でございますが、路線バスへ乗る地区住民を、住宅周辺バス停区間で送迎するものでございまして、前日までの予約受け付けに基づいて、地域のボランティアの運転手の皆様によって、一日六便を無料で運行したものでございます。

日南市議会 2019-12-05 令和元年第5回定例会(第4号) 本文 開催日:2019年12月05日

ただ、基本方針の中では、市民中心となって、民間交通事業者と行政とが連携をして、公共交通網を充実させていくという観点は非常に大事だと思いますので、ぜひデマンド型乗合タクシーを充実させていただきたいと思うんですが、運転手確保はちょっと置いといて、例えば財源的な問題で言いますと、ということで次の質問にも入るんですが、これは私は宮崎交通の赤字路線バスを廃止すべきだということを言ってるわけではないんです。

串間市議会 2019-12-03 令和元年第5回定例会(第4号12月 3日)

そこから継続的な公共交通利用につなげるためには、JR日南線コミュニティバス、一般路線バスなど全交通網等時刻表ルートを取りまとめた総合交通マップ作成、買い物・通院等行動に合わせた公共交通での個人向け行動プラン作成、あわせまして、お出かけイベント情報発信等にも取り組む必要があると考えております。

日向市議会 2019-09-24 09月24日-07号

次に、総合政策課所管では、議案第83号日向市民バス条例の一部を改正する条例について、今回の路線バス廃止の経緯に関する質疑があり、5月24日に宮崎バス対策協議会日向東臼杵分科会において、バス事業者から9月末をもって廃止したいという提示があり、細島地区区長会まちづくり協議会の皆さんとの協議を重ね、運行計画案をお示しして了承をいただいた。

日南市議会 2019-09-17 令和元年第4回定例会(第4号) 本文 開催日:2019年09月17日

やはり公共交通機関との相互連携がどうしても必要だという御意見もありましたし、ぜひ盛り込んでもらいたいというところでは、定額パス制、要するにコミュニティバスプラス路線バス、プラスJRとか、それをまとめて定額制で月5,000円とか、そういったいうのはないかという提案もありました。ただ、すぐに始められないような提案もありましたので、そういったところについては参考とさせていただきたいと思っています。  

都城市議会 2019-09-13 令和元年第3回定例会(第6日 9月13日)

そんな中、沖水地区から中心市街地に行くためには、小林方面からの宮交路線バス、宮崎駅からの宮交リムジンバス高崎観光バス利用するしかありません。しかし、宮交路線バスは、平日で一日七本、土日は四、五本、高崎観光バスは一日八本であります。これに比べると、宮交リムジンバスは一日二十二本と本数が多く、三十分に一本程度で大変利便性が高いようです。

都城市議会 2019-09-12 令和元年第3回定例会(第5日 9月12日)

計画対象としている公共交通は、中心市街地地域生活拠点を結ぶ幹線交通としての路線バス並びに地域生活拠点内を運行する支線交通としてのコミュニティバス及び乗合タクシー等となります。  なお、鉄道及びタクシーは、計画対象とする公共交通との連携を図ることとしており、福祉有償運送とともに計画の直接の対象とはしておりません。 ○議 長(榎木智幸君) 広瀬功三議員。

小林市議会 2019-09-09 09月09日-04号

現在運行している広域幹線交通路線バス、宮崎市であったり、都城市、えびの市、高原町を結ぶ路線バスになりますけれども、これについては、その運行を維持するため、運行費補助利用促進に関するPR活動を行っていきたいと考えております。 また、市内幹線交通、例えば、小林野尻間、小林須木間を結ぶルートについては、小林野尻間については現行の路線バスこれは平日26便運行されております。

延岡市議会 2019-09-03 令和元年第 3回定例会(第2号 9月 3日)

現在、改札口のある延岡駅西側には、路線バス停留所タクシー待機所などがあり、民間バスなどは入れません。そのため、延岡東側広場民間観光バスなどの停車場所になっています。イベント利用者も多いようですが、東側広場にはトイレがありません。今後、東側広場からの利用者のためにも、トイレ設置が必要に思いますが、御所見をお伺いいたします。  次に、地元延岡産の酒類の現状について伺います。