86件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

西都市議会 2019-09-11 09月11日-04号

例えば、新聞記事をテーマにスピーチ活動意見交換を行って思考力表現力を養ったり、記事の要約を行って読解力の向上を図ったりするなど、学校生活のさまざまな場面で適宜活用しております。 以上であります。 ◆7番(橋口登志郎君) よろしくお願いいたします。また家庭でも新聞に触れる、読む習慣を身につけてほしいと思います。 そこで、進めていただきたいのが新聞の切り抜き、スクラップです。

西都市議会 2019-09-10 09月10日-03号

◆14番(北岡四郎君) 数学者新井紀子教授AIに負けない鍵は読解力などと述べられております。また、数学者藤原正彦教授は、本を読みなさい、どんな勉強も国語が基本と強調をされております。 さいと学の見直しができるのであれば、読書会作文学習、哲学対話等取り組むことはできないのかをお伺いしたいというふうに思います。 ◎教育政策課長江川知成君) お答えいたします。 

都城市議会 2019-06-20 令和元年第2回定例会(第6日 6月20日)

また、重視するものとして、外国語教育道徳教育読解力の育成、理数教育特別支援教育など、数多くの内容があると考えております。 ○議 長(榎木智幸君) 山内いっとく議員。 ○(山内いっとく君) 重視するものとして数多くあるということがわかりました。  新たなものとして、プログラミング教育内容課題について伺います。  

都城市議会 2019-06-18 令和元年第2回定例会(第4日 6月18日)

このような問題に対応するには、文章や表・グラフを素早く正確に読み取る力や、豊富な語彙力、そして、読解力が必要になります。このような力を身につけさせることは、本市の子どもたちのみならず、全国的にも課題となっております。語彙力を高め、文章を素早く正確に読み取る力を身につけさせるためには、小学校段階では、低学年から文章を読むことに慣れ親しませる環境づくりが大切であります。  

日向市議会 2019-03-07 03月07日-05号

さまざまな情報を正しく理解し、考えを深めながら文章などで表現していくために必要な読解力は、どのような時代にあっても、社会生活を送る上で重要なものであると考えております。 リーディングスキルテストを開発した新井紀子氏は、情報化の進展の中でますます高まる読解力の重要性とは裏腹に、「教科書の文章すら、読み解けていない子どもたちも多いのではないか」と指摘されています。 

日向市議会 2018-06-11 06月11日-02号

2、教育行政語彙力表現力読解力の大切さについて。 子ども活字離れは深刻な問題となっています。そもそも、子育て世代保護者自体も最近はネットによる時事問題の収集が主となっており、子どもたち自身活字情報を収集しようにも、自宅で新聞購読を行っていないために難しい状況です。 そこで、語彙力表現力読解力を向上させる取り組みにつながればと思い、以下を問う。 

都城市議会 2018-03-07 平成30年第2回定例会(第3号 3月 7日)

国立情報学研究所新井紀子教授読解力に関する調査を御存知でしょうか。新井さんは、人工知能AI)で、ロボットが東大に入学できるかという、東ロボくんプロジェクトで知られる数学者です。今後、AIに多くの仕事が取ってかわられることが予想されるが、そういう社会にあって、人が活躍の場を確保し、より幸せに生きられるためのスキルとして、読解力に注目。

日南市議会 2017-12-11 平成29年第5回定例会(第4号) 本文 開催日:2017年12月11日

しかし、長文読解する力が例年全国水準に達していないことに課題を感じております。今年度の小学校6年生の国語科の問題を例にとりますと、4ページにわたる長文の後、登場人物の発言の意図を問うものがありました。長い文章を読み、書かれてある内容を理解し、問に答える力をつけなければなりません。このような力は、今後あらゆる場面に生かされると考えており、児童・生徒には必要な力と認識しております。  

都城市議会 2017-06-19 平成29年第2回定例会(第3号 6月19日)

もちろん、都城地域防災計画はそういった理想論的なものではなく、実践的、実行性に重点を置いてつくられていると思いますが、この計画が全体で六百三十五ページというかなりのページ数であり、私の読解力ではなかなか理解できませんので、お尋ねするわけでありますが、都城市が考えている、あるいは、目指している防災とはどういうものなのか、お聞かせください。  次に、ふるさと納税に関してお尋ねしてまいります。  

日向市議会 2017-03-07 03月07日-03号

日向市においては、これから学力向上に力を入れていくということで、今予算もそういった趣旨になっていると思うんですけれども、あらゆる教科の学習基礎学力というのは、国語力言語知識読解力というのが必要になってくると思います。これらは読書をすることによって培うことができるものだと思います。 本当の学力を身につけるには、積極的な読書活動推進が重要だと思っております。

小林市議会 2015-12-07 12月07日-04号

穴見嘉宏議員 OECDの報告で、教育におけるICTに大きな投資をした国でも、PISA読解力、数学リテラシー科学リテラシー成績に目立った向上は見られなかったと。PISAというのは習熟度のことですけれども、その調査です。リテラシー情報知識活用能力ですけれども、そういったものの成績に目立った向上が見られなかったと報告されております。

都城市議会 2014-12-08 平成26年第5回定例会(第3号12月 8日)

二〇一一年から実施されている新しい学習指導要領での読解力の向上言語活動の充実を図るために、学校図書館活用が求められています。 〔表を示す〕  この表なのですが、この表は市内すべての公立学校に、一校一人学校司書が配置されている岡山市と、そして、全国の五月一カ月に読んだ冊数の比較です。青が岡山市、赤が全国の平均です。岡山市の小学校四年生、五月に読んだ本の数は、二十・八冊、全国では十三・三冊。

都城市議会 2014-03-07 平成26年第2回定例会(第3号 3月 7日)

三年ごとに行われているOECD生徒学習到達度調査、略してPISAの二〇一二年調査によりますと、OECD加盟三十四カ国の中で、数学的リテラシーは二位、読解力は一位、科学的リテラシーも一位と結果が出ており、前回及び前々回からするとかなりよい結果になりました。これは、日本の生徒学力が回復してきたことを示す一つの事例だと思います。このことを踏まえて質問いたします。  

日向市議会 2013-12-10 12月10日-03号

全国的に見て、基礎的知識を問う問題については良好な状況にありますが、知識活用力を問う問題については十分と言えず、手だてを講じなければならないと考えておりますが、最近発表されましたOECD学習調査では読解力でもトップクラスにあることがわかり、活用力の点でも改善されてきているものと感じているところでございます。