13件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

日向市議会 2018-10-01 10月01日-08号

その協議結果や新しい日向補助交付制度にあるサンセット方式、いわゆる終期の設定等の方針を踏まえ、現在、補助金交付回数の制限の設定補助限度額の引き下げなどの市民まちづくり支援事業要綱改正を進めているところであります。 なお、改正後は、各申請団体宛て改正内容の通知を行うとともに、市ホームページ広報紙により広く周知を図り、平成31年度の募集分から適用する予定としているところであります。 

日向市議会 2018-09-10 09月10日-02号

さらに、区等から避難経路等整備要望があった場合につきましては、日向津波避難経路等整備費補助交付制度を活用するなどして、支援を行っているところであります。 また、退避場所の除草などの維持管理につきましては、市民協働の観点から地区にお願いをしておりますので、今後とも自治会等との連携を深めながら取り組んでまいりたいと考えております。 次に、本市のため池の状況についてであります。 

延岡市議会 2015-12-01 平成27年第 4回定例会(第2号12月 1日)

市が家賃の半額補助する「自治公民館借家料補助交付制度を利用するため、毎月、支払いは半額で済むそうです。  延岡市の空き家調査結果では、「空き家地域施設、特に公民館などの集会所として活用したい」が十四区から、「子供の遊び場や高齢者憩い場に活用したい」が十一区から、それぞれ回答があったそうです。

都城市議会 2014-06-16 平成26年第3回定例会(第7号 6月16日)

商工観光部長中島幸二君) 空き店舗事業実績につきましてですが、本市では、平成十九年度に「中心市街地空店舗対策補助交付制度を設けまして、中心市街地特定地域に所在する六カ月以上経過した空き店舗を活用し、特定業種を開業される場合に限り、店舗改装整備に要する費用の二分の一、上限八十万円の補助を行っております。  

日向市議会 2008-02-20 02月20日-04号

市民まちづくり支援事業は、従来の補助交付制度とは異なり、市民職員とで構成される第三者機関を設け、申請事業審査を行うなど、これまで以上に公正性透明性を高める仕組みを採用したところであります。 また、募集時には補助金交付要綱及び審査会審査要領を公表し、事業の採択や実績についても「協働まちづくりニュース」や市のホームページ等で公表しているところであります。 

延岡市議会 2007-11-29 平成19年第 5回定例会(第4号11月29日)

本市ごみ集積場管理につきましては、カラスよけネットや、ごみの分け方・出し方の看板などを配布しておりますが、整備に対する補助交付制度はございません。  しかしながら、ごみ集積場設置費用の一部補助につきましては、現在「延岡ごみ減量化対策懇話会」の中で、ごみ処理有料化による手数料収入の活用の一つとして、検討しているところでございます  以上でございます。

都城市議会 2007-03-13 平成19年第2回定例会(第3号 3月13日)

これを受けまして、中央公民館中心にしまして、一市四町の担当者及び主管課長協議を続けてきましたが、補助金内容補助交付制度等に大きな違いがありますので、一朝一夕に解決できるような状態ではありません。  そこで、旧一市四町のこれまでの交付状況や今後の公民館補助金のあり方について、これからも話し合いを続けていきたいと思っております。

日向市議会 2006-06-12 06月12日-02号

この事業は、従来の補助交付制度と異なり、市民職員で構成される第三者機関を設け、申請事業審査を行うなど、これまで以上に公正性透明性を高める仕組みを採用したところであります。 また、同事業は、条例ではなく要綱として定めたものですが、条例同様、広く市民に公表されるという点で、公平性公正性透明性は確保されているものと考えております。 

小林市議会 2005-09-01 09月12日-03号

まず、安全灯、防犯灯維持管理につきまして、須木村が修繕そのほか管理を村が行っておるので、小林市でもやるべきではないかということでありますが、当市の防犯灯設置補助交付制度は昭和五十二年六月から施行されておりまして、効果的に防犯の役割を果たしてきたところであります。 平成十二年に区長会お願いをいたしまして、防犯灯設置数を調査いたしましたけれども、所有者不明のものがたくさんありました。

延岡市議会 2003-09-10 平成15年第 3回定例会(第3号 9月10日)

水道局長答弁    教育委員長答弁    教育長答弁   山田良市君    再質問    市長答弁    教育長答弁   稲田和利君(民主市民連合)    個人質問     一.市長政治姿勢       (1)障害者法定雇用について          ①障害者雇用の現状について          ②平成十六年度政令見直し後の対応について          ③障害者の採用について       (2)補助交付制度

日南市議会 2002-06-19 平成14年第4回定例会(第4号) 本文 開催日:2002年06月19日

北郷町では、補助交付制度をつくり、助成制度を設けて実施されているが、日南市においても導入する考えはないのかお尋ねいたします。  最後に、犬のふん処理について伺います。  この件については以前にも石本議員からも指摘された経緯がありますが、その効果があったとは思っておりません。なぜなら、ウォーキングコースや路面上に、あるいは観光コースに、未処理のまま放置されているからであります。

日南市議会 2000-09-13 平成12年第4回定例会(第3号) 本文 開催日:2000年09月13日

また、神奈川県南足柄市では、公共下水道の普及によって不要になった浄化槽を雨水貯留施設に転用する場合補助金を出す「雨水貯留施設転用補助交付制度平成十年度から始めています。平成五年に策定した「水のマスタープラン」の一環で、雨水有効利用初期消火や家庭の散水、北常時の飲料水に使用するのが目的であります。

  • 1