201件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

延岡市議会 2019-12-05 令和元年第 5回定例会(第4号12月 5日)

そのような中、フランシスコ教皇が来日し、被爆地の長崎広島を訪れました。教皇は、核兵器廃絶を強い言葉で訴え、核戦争の脅威で威嚇することに頼りながら、平和を提案できるのかと問いかけています。このような教皇のメッセージを聞き、感動するとともに、改めて平和を願う人々の力によって核廃絶ができるとの思いを強くしました。  

日向市議会 2019-09-24 09月24日-07号

次に、50ページの平和推進事業につきましては、非核平和宣言都市として核兵器廃絶世界恒久平和を願い、被爆体験講話原爆写真パネル展等を開催しました。 次に、55ページをごらんください。公共施設マネジメント推進事業につきましては、旧坪谷中学校坪谷幼稚園等廃校施設利活用について、地元との意見交換等を実施しました。 

日南市議会 2019-09-17 令和元年第4回定例会(第4号) 本文 開催日:2019年09月17日

ことしは被爆74周年です。日程調整しまして原水禁世界大会で久しぶりに長崎に行ってまいりました。七、八年ぶりだったんですけれども、その際、高校生平和大使という取組を22年ぐらい前からやられているんです。ことしが22次平和大使ということですから22年前だと思うんですが、最初は長崎高校生だけだったんです。今は、福岡、大分、熊本、被爆している広島、関東の神奈川、ここまで広がってきています。

延岡市議会 2019-06-25 令和元年第 2回定例会(第2号 6月25日)

今なお、世界各地におきましては、戦争勃発の危機や地域紛争が後を絶たず、大変憂慮すべき状況でありますが、このような世界情勢であるがゆえに、唯一被爆国でありまして、また、憲法にありますとおり、二度と戦争による惨禍国民に及ぼさないとの強い決意を示してきている我が国でありますので、新しい令和の時代になりましても、平和な日本実現していかなければならないと考えております。  

西都市議会 2019-06-21 06月21日-02号

先日被爆者の方と話す機会があり、私も戦争を知らない年代の人間ですが、6月14日付の新聞に、「中学校で元特攻隊員の93歳が語る」という見出しがあり、その内容被爆者の言われたことと同様のことと思い、今回取り上げました。戦争体験者による語り部事業は、若い世代に平和の大切さを考えてもらおうと宮崎県が2015年度から県遺族連合会に委託して行っています。今年度は21校で実施するそうです。

小林市議会 2018-09-27 09月27日-06号

一、唯一被爆国である日本が率先して核廃絶を推し進めるためにも意見書を提出すべきである。 一、本市は平成18年に「核兵器廃絶と恒久平和を願う平和都市」を宣言しており、宣言にのっとり意見書を提出すべきである。 一、核兵器廃絶目的被爆者の心情を考慮すれば、請願の趣旨は理解できるが、日本政府核兵器国と非核兵器国の双方が参加する枠組みで核廃絶に取り組んでいる。

日向市議会 2018-09-25 09月25日-07号

非核平和宣言都市として核兵器廃絶世界恒久平和を願い、被爆体験講話原爆写真パネル展等を開催いたしました。 次に、56ページの公共施設マネジメント推進事業につきましては、細島小学校の改築にあわせた複合施設の整備に関する基本的な考え方を取りまとめるとともに、旧幸脇小学校について民間事業者利活用に取り組みました。 次に、59ページの人事評価制度推進事業についてであります。 

日南市議会 2018-09-19 平成30年第4回定例会(第5号) 本文 開催日:2018年09月19日

また、被爆者の苦しみと被害への留意を明記、言及しているだけでなく、二度と同じことが起きないように被爆者の方の尽力を認めた、意義深い内容であると認識をしております。 13番(川口和也議員) 長崎市の田上富久市長は、長崎原爆の日の平和宣言で、「核兵器禁止条約が一日も早く発効するよう、自分の国の政府と国会に条約署名と批准を求めてください。

都城市議会 2018-09-13 平成30年第4回定例会(第4号 9月13日)

さらに、被爆三世で諫早高校二年の女子高校生は、「被爆者の思いを伝えることで、核保有国であっても考えを変えてもらうきっかけになると実感できたので、これからも被爆者の声を世界に届けたい。」と語っています。高校生が英語を学び、海外で自分たち言葉で平和を訴える姿は、大きな感動を与えました。

都城市議会 2018-09-01 平成30年第4回定例会質問通告一覧(9月)

について人口2万人のスポーツ健康増進施設について現状のまま「上長飯・一万城体育館」をリニューアルすることの目的について「東小学校体育館妻ケ丘中学校体育館を利用していただく」旨の答弁について旧4町が利用しているスポーツ健康増進施設について妻ケ丘地区公民館建設時の体育館付設要望書の取り組みについて 3 都城盆地で起きた戦争体験資料館設置について第2次世界大戦での都城市の空襲犠牲者等被爆状況

小林市議会 2018-06-18 06月18日-04号

さらに、夏休みですけれども、登校日におきまして、戦争の悲惨さ、それから平和の大切さについて、戦争体験者被爆体験者を講師としまして、講和を実施している学校もあります。 そのほか、戦没者の遺品の展示とか、学年別に平和に関する学習を実施する学校、あと、学校図書館平和コーナーというのを設けている学校もあります。

串間市議会 2018-06-11 平成30年第3回定例会(第2号 6月11日)

意見書は、北朝鮮が無謀な核実験を強行、核拡散核戦争の危険が強まる中で、政府には唯一被爆国として核兵器のない世界を目指してリーダーシップをとり、核兵器を持つ国々と持たない国々橋渡し役を務める行動を求めています。朝鮮半島の非核化という世界史的な課題のために、憲法9条を持つ唯一被爆国である日本政府日本国民の責任が問われていると思います。市長答弁を求めます。  

えびの市議会 2018-03-14 平成30年 3月定例会(第 4号 3月14日) 一般質問

一部には子どもの甲状腺の被爆も言われ、そして避難を余儀なくされた方々は、まだいまだに帰ることができない。こういった状況が進んでいます。  とりわけえびの市は、四つの基地を抱え、この北朝鮮問題や憲法改正の問題などは、本当に皆さんが心配されていると思います。今、NHKの朝の「わろてんか」の番組の中で、わろてんか隊が中国に慰問団を派遣しました。

えびの市議会 2017-12-12 平成29年12月定例会(第 5号12月12日) 一般質問

わが国は、世界唯一被爆国であり、地球上に広島長崎惨禍を再び繰り返してはならないと訴えるものである。  えびの市は、平和憲法の精神に則り、「非核三原則」を厳守しあらゆる核兵器廃絶軍縮を推進し、もって世界の恒久平和の達成を目指し、非核平和のまちであることを宣言するものである。  右、決議する。  

えびの市議会 2017-11-01 平成29年10月定例会(第 5号11月 1日) 一般質問

核兵器条約が成立したもとで、被爆国日本としての立場が厳しく問われていると考えます。核の傘から脱却し、核兵器禁止廃絶を求める世界的な流れに合流することを強く求めるものであります。日本では核兵器禁止条約署名をし、批准する政府をつくることは、被爆国の運動と国際的な責務となっていると私は考えます。  そこで、市長にお尋ねいたします。