162件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

新富町議会 2020-12-06 12月06日-03号

総務課長青木和宏君) 今回の訓練反省につきましては、現在、航空自衛隊、陸上自衛隊、それから消防組合、それから高鍋警察署にその反省点、例えば評価すべき点、それから改善すべき点、それから今後の防災訓練のアドバイス、意見、それから今後各機関で要望する事項、そういう意見書というかそういうのを12月12日までに取りまとめていただくよう、現在文書発送をしております。 

西都市議会 2020-06-17 06月17日-03号

そこで、西都市は航空自衛隊航空機による著しい騒音被害を受けております。特に航空機が離着陸する直下や、その周辺騒音はまさに耐え難いものであると思います。航空機の著しい騒音は、患者等の心身に与える影響も大きいと考えます。建物は、今ありましたように、防衛省騒音対策の補助は受けないとのことであります。せっかく造る新たな病院であります。

新富町議会 2020-06-06 06月06日-02号

また、大和池につきましては、現在防衛省障害防止事業において航空自衛隊新田原基地からの排水対策調整池整備として、九州防衛局協議を重ねております。 新田西地区につきましては、令和3年事業採択に向け、現在地権者及び担い手へ農地利用意向調査実施しておりますので、その結果を踏まえ今後地元の皆様の声を聞きながら検討をしてまいりたいと思います。 

西都市議会 2020-03-23 03月23日-06号

本件は、平成18年5月の再編実施のための日米ロードマップに盛り込まれた普天間飛行場能力を代替することに関連する航空自衛隊新田原基地の緊急時の使用のための施設整備について日米合同委員会承認を得、駐機場燃料タンク弾薬庫庁舎倉庫などの整備誘導路改修の工事に関する内容となっていました。この件については、九州防衛局からの説明会開催の申入れを受けて、日程を協議したところであります。 

西都市議会 2020-03-09 03月09日-02号

新聞報道によりますと、九州防衛局は2月28日までに、航空自衛隊新田原基地周辺自治体に対し、米軍普天間飛行場代替施設完成前であっても、有事など緊急時に米軍を受け入れる機能を同基地に移す計画であることを伝えたとの報道がされています。そこで、このことに対する見解と対応について伺いたいと思います。 以上で壇上からの質問を終わります。

門川町議会 2019-12-09 12月09日-02号

答弁にありましたように、昨年の9月から、元航空自衛隊の隊員であった方を防災マネジャーとして採用しております。 実際、今3名体制で、自主防災組織の育成であったりとかそういうことに力を入れてもらっておりますので、従来2人体制であったものが3になった関係で、十分楽になったというかはあれなんですけど、それでも働き方改革が進む中で、やはり、防災担当が時間外で働かないといけないのは多いのが実情です。

西都市議会 2019-12-09 12月09日-02号

福岡防衛局は11月22日、西都市議会に対して航空自衛隊新田原基地米軍武器弾薬庫等整備する整備計画説明をいたしました。緊急時に米軍戦闘機新田原基地から出撃する事態になれば、新田原基地は攻撃の対象基地となり、日本の平和と安全はもちろんのこと、基地周辺、市民の安全・安心住民の命が脅かされることになります。 

えびの市議会 2019-12-06 令和元年12月定例会(第 3号12月 6日) 一般質問

○十三番(西原政文君)  先日、私は今度沖縄負担軽減の一環でということなんですが、では、本当にこの間、岩国やその他航空自衛隊などに沖縄基地機能移転がされてるといいますが、実際には沖縄負担軽減には全くなっていない、まだ。いまだに、これ以上、辺野古においても基地増強を今強引に図ろうとしています。

西都市議会 2019-03-19 03月19日-06号

本件平成18年5月の「再編実施のための日米ロードマップ」に盛り込まれた普天間飛行場能力を代替することに関連する航空自衛隊新田原基地の緊急時の使用のための施設整備について日米合同委員会承認を得、駐機場燃料タンク弾薬庫庁舎倉庫などを整備し、誘導路を改修する内容となっていました。この件については議長に対し全員協議会開催を申し出たところであります。 

日向市議会 2018-12-10 12月10日-02号

また、航空自衛隊につきましては、今、宮崎本部の方が航空自衛隊から宮崎支援本部のほうに来ていますので、そういう方とも常に連携をとらせていただいておりますので、顔と名前がすぐわかるぐらいの密な関係をつくっておかなければ、災害にはなかなかすぐには対応できないのかなと思っておりますので、そういうことでまた取り組ませていただいていると御理解いただきたいと思います。

西都市議会 2018-12-07 12月07日-02号

本年11月19日は、九州防衛局に、航空自衛隊新田原基地周辺協議会で、この普天間飛行場機能移転に関連する新田原基地の緊急時の使用のための施設整備に当たっては、この協定書を遵守し、国の責任で安全確保のための十分な対策を講ずること、米軍基地化にしないことなどについて要望活動を行ったところであります。今後とも、基地周辺2市3町で足並みをそろえ、国に対し重ねて強く求めてまいりたいと考えております。 

新富町議会 2018-12-06 12月06日-02号

今回の整備法的根拠はどこにあるのかについては、国からは、平成18年5月の再編実施のための日米ロードマップにおいて、普天間飛行場能力を代替することに関連する航空自衛隊新田原基地及び築城基地の緊急時の使用のための施設整備は、調査実施の後、普天間飛行場の返還の前に、必要に応じて行われる旨の日米間の合意によるものと聞いております。 次に、さきの移転訓練時の米軍機の故障の原因について、解明されたのか。

串間市議会 2018-12-03 平成30年第5回定例会(第2号12月 3日)

この訓練において各自治会陸上自衛隊航空自衛隊、防災救急航空隊串間警察署などの多くの団体から協力をしていただき、すばらしい訓練ができたものと感謝するものであります。  災害による被害をできるだけ少なくするためには、一人ひとりがみずから取り組む自助、地域や身近にいる人同士が助け合って取り組む共助、国や地方公共団体などが取り組む公助が必要であります。