36件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

都城市議会 2017-09-14 平成29年第3回定例会(第2号 9月14日)

集団実施自己決定の侵害と、説明と同意の原則に反する。 ・保護者に全く知らされず、水面下実施方向へ進められていることに、市政への不信感が一気に募った。  こういう意見保護者から上がってきています。私は子供権利条約を考えて、保護者へだけの説明ではなく、学校教育課責任を持って、子供にも説明すべきだと考えます。フッ化物洗口を行うのは子供たちです。

延岡市議会 2011-06-21 平成23年第 2回定例会(第2号 6月21日)

これによって個々人の自由な意思決定が阻害され、安全性有効性必要性等に関する否定的な見解も情報も提供されず、プライバシーも保護されていないなど、自己決定、知る権利が侵害されており、日本における集団によるフッ素洗口・塗布に関する施策遂行には違法の疑いがあるという内容のものであります。教育長の御見解をお尋ねします。また、今後の方向性についてもお聞かせください。  

えびの市議会 2006-12-20 平成18年12月定例会(第 9号12月20日) 閉会

終わりに、平成十一年七月に地方分権一括法成立してから、地方分権推進が行われ、地方公共団体役割が拡大し、自己決定の拡大に伴い、議事機関である議会政策形成機能充実執行機関に対する監視機能の一層の充実強化が求められています。  また、議会あり方については、第二十八次地方制度調査会の答申により、議会権限強化活性化に向けた地方自治法の一部改正が行われます。

延岡市議会 2005-09-14 平成17年第16回定例会(第2号 9月14日)

今回、このような通知が出された背景といたしましては、平成十二年四月に施行されました地方分権一括法に基づく、地方分権時代が幕を開け、財政面における地方自己決定と、自己責任を拡充していくという流れの中において住民にとっては最も身近で直接的な受益負担の関係がある地方団体財政状況を明らかにし、行財政のあり方について住民の理解を得ていく必要があるとされたものだと考えております。  

都城市議会 2005-09-01 平成17年第5回定例会議員提出議案第6号(9月)

また、今日、三位一体改革などが進められる中で、税財政面での自己決定が強まれば、それに伴い議会執行機関に対する監視機能を強化し、自ら住民のための政策を発信していかなければならないのは必然であります。  このような中、二元代表制の下での地方議会役割は一層その重要性を増していることから、住民自治代表機関である議会機能のさらなる充実と、その活性化を図ることが強く求められています。

日南市議会 2005-06-30 平成17年第3回定例会(第6号) 本文 開催日:2005年06月30日

また、今日、三位一体改革などが進められている中で、税財政面での自己決定が強まれば、それに伴い議会執行機関に対する監視機能を強化し、自ら住民のための政策を発信していかなければならないのは必然である。  このような中、二元代表制の下での地方議会役割は一層その重要性を増していることから、住民自治代表機関である議会機能の更なる充実と、その活性化を図ることが強く求められている。

綾町議会 2005-06-30 06月30日-03号

平成17年度の地方分権一括法成立により、地方公共団体自己決定自己責任はますます大きくなり、地方議会権限も飛躍的に拡大しました。地方議会機能である立法的・財政的機能行政監督機能を十分充実強化し、行政執行へのチェック機能を向上させ、二元代表制が正しく理解され、機能し、分権時代に対応した新しい、新たな地方議会役割を果たしていかなければなりません。 

西都市議会 2005-06-23 06月23日-06号

また、今日、三位一体改革などが進められる中で、税財政面での自己決定が強まれば、それに伴い議会執行機関に対する監視機能を強化し、自ら住民のための政策を発信していかなければならないのは必然である。 このような中、二元代表制の下での地方議会役割は一層その重要性を増していることから、住民自治代表機関である議会機能の更なる充実と、その活性化を図ることが強く求められている。

綾町議会 2005-06-23 06月23日-01号

平成11年度の地方分権一括法成立により、地方公共団体自己決定自己責任はますます大きくなり、地方議会権限も飛躍的に拡大した。 地方議会は、その最も重要な機能である立法的機能財政的機能行政監督機能充実強化し、今まで以上に行政執行へのチェック機能を向上させ、分権時代に期待される議会役割を果たしていかなければならない。 

えびの市議会 2005-06-22 平成17年 6月定例会(第 7号 6月22日) 閉会

また、今日、三位一体改革などが進められている中、税財政面での自己決定が強まれば、それに伴い議会執行機関に対する監視機能を強化し、自ら住民のための政策を発信していかなければならないのは必然である。  このような中、二元代表制の下での地方議会役割は一層その重要性を増していることから、住民自治代表機関である議会機能の更なる充実と、その活性化を図ることが強く求められている。

新富町議会 2005-06-21 06月21日-04号

分権時代の新しい地方議会制度の構築を求める意見書(案)、平成11年の地方分権一括法成立により、地方公共団体自己決定自己責任はますます大きくなり、地方議会権限も飛躍的に拡大した。地方議会は、その最も重要な機能である立法的機能財政的機能行政監督機能充実強化し、今まで以上に行政執行へのチェック機能を向上させ、分権時代に期待される議会役割を果たしていかなければならない。 

小林市議会 2005-06-01 06月23日-06号

また、今日、三位一体改革などが進められる中で、税財政面での自己決定が強まれば、それに伴い議会執行機関に対する監視機能を強化し、自ら住民のための政策を発信していかなければならないのは必然である。 このような中、二元代表制の下での地方議会役割は一層その重要性を増していることから、住民自治代表機関である議会機能の更なる充実と、その活性化を図ることが強く求められている。

日向市議会 2005-06-01 06月22日-06号

また、今日、三位一体改革などが進められる中で、税財政面での自己決定が強まれば、それに伴い議会執行機関に対する監視機能を強化し、自ら住民のための政策を発信していかなければならないのは必然である。 このような中、二元代表制の下での地方議会機能の更なる充実と、その活性化を図ることが強く求められている。

小林市議会 2004-03-01 03月19日-08号

このことは、地方自治体に及ぼす極めて重要な改革であり、地方自己決定自己責任を拡大し、地方自らの在り方を決定する地方分権型の税財政基盤を構築していかなければならないことであります。 ちなみに、全国市議会議長会は、平成十五年十一月十三日の評議員会において「地方分権にふさわしい三位一体改革早期実現」を求めて、次の決議をしました。

小林市議会 2004-03-01 03月09日-06号

全国条例制定の時にここでよく問題になっているんですけれども、性の自己決定を認めるということは中絶などを奨励するものではないかというとらえ方をされる方もいらっしゃるようなんですけれども、一九九四年カイロ国際人口開発会議でリプロは採択されて、一九九五年には北京世界女性会議女性権利として明記されているので、女性健康保持増進をここでは言っているのであって、望まない妊娠、レイプとか性感染症子宮がんなど

都城市議会 2003-12-18 平成15年第6回定例会(第7号12月18日)

えておられるのか。今後ですね、公式行事等、男女共同参画条例の中で家族-国や県も書いていることをわざわざ抹殺して書かれていないにもかかわらず、市民憲章には楽しい家庭をつくりましょうと、家族が大事ですよと、いうことをうたっているわけであります。これでは市民の方は納得していただけないのではないかというふうに私は考えるものであります。  三点目は、妊娠、出産についてはみずからの意思が尊重され、とあります。自己決定

都城市議会 2003-12-12 平成15年第6回定例会(第6号12月12日)

ジェンダーフリー教育推進ということで、小学校低学年から模型を使った性器教育やピルの使用法、妊娠の仕組みを授業、修学旅行男女混合宿泊実施、あるいはちょっと読むに耐えないようなことも書いてありますが、こういうことをこの条例案は秘めていると、こういう言い方であります。全くこれも考えられないことであります。非常識なことであります。  それから、堕胎自由化、リプロダクティブ・ヘルスライツ、男女の性の自己決定

都城市議会 2003-12-10 平成15年第6回定例会(第4号12月10日)

今度の条例の件が載ってたということで大変心配されておりました。その中で紹介されているのが、今お話しした性的指向、そして性と生殖に関する権利、この辺が心配だというような記事が載っておりますが、その中でちょっと少しだけその雑誌を読みますと、……「また、基本理念では性と生殖に関する権利及びそれに基づく健康への配慮という項目が設けられ、すべての人の性の特性という文言がある。性的少数者を含むすべての人の性の自己決定

  • 1
  • 2