633件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

綾町議会 2020-12-20 12月20日-04号

④木造住宅耐震診断は、昭和56年以前の建物が、物件が対象となっております。 診断耐震診断士が行いますが、県内で404人、うち、綾町は1名いらっしゃるということです。 診断料は、1件につき10万から12万円で、自己負担が4万6,000円から7万6,000円程度、補助額が5万4,000円ということでございます。 

都城市議会 2020-03-06 令和 2年第2回定例会(第4日 3月 6日)

土日を除く毎日、たくさんの方が集まり、心の癒しの場になっているのですが、築年数が五十年たち、耐震診断もできていない建物であり、集まってくる人の人数に比べると部屋が大変狭いと思います。駐車場もでこぼこで、線が消えており、福祉とは縁遠い感じがする建物です。福祉のまちのシンボルの一つとして、整備する予定はないのかお伺いします。 ○議 長(江内谷満義君) 福祉部長

串間市議会 2020-03-05 令和 2年第1回定例会(第4号 3月 5日)

市内教育保育施設の中には、建築から40年を経過している施設が3施設あり、このうち1施設におきましては、平成21年度に耐震診断を実施し、またもう1施設につきましては、今年度建てかえ工事が完了したところでございます。  残り1施設につきましては、現在施設設置者耐震診断施設建てかえ等について、協議を行っているところでございます。  

日向市議会 2020-02-25 02月25日-06号

平成30年度に実施いたしました日向ため池耐震診断の結果に基づき、内の口ため池改修工事に係る事業計画策定に必要な測量及び設計業務委託を行うものであります。 次に、3ページ左の地籍調査事業につきましては、公共事業円滑化、迅速な災害復旧、課税の公平化等を目的として行うものであり、今回は美々津町の調査を行うこととしております。 ○議長(黒木高広) 次に、建設部長

都城市議会 2019-12-11 令和元年第4回定例会(第5日12月11日)

通告に従い、住宅建築物耐震診断耐震改修事業について、予防接種接種率向上について、人と動物との共生を考えた取り組みについての三項目を順次質問してまいります。  初めに、住宅建築物耐震診断耐震改修事業についてです。  宮崎県は、平成二十五年十月、「県における南海トラフ巨大地震等に伴う被害想定について」の基礎資料をまとめました。

都城市議会 2019-12-10 令和元年第4回定例会(第4日12月10日)

相談体制としましては、建築課相談窓口に加え、耐震診断を希望される方に対しまして、無料で耐震診断士を派遣するアドバイザー派遣制度を行っております。 ○議 長(榎木智幸君) 筒井紀夫議員。 ○(筒井紀夫君) アドバイザー派遣制度をしっかり活用しながら、相談にこたえていただきたいと思います。現在活用されているということですので、それを十分生かせるような状況をつくっていただきたい。  

串間市議会 2019-12-03 令和元年第5回定例会(第4号12月 3日)

保育施設耐震状況と対応についてのお尋ねでございますが、議員御案内のとおり、市内保育施設の中には、建築から40年を経過している施設が3施設あり、このうち1施設におきましては、平成21年度に耐震診断を実施しております。もう1施設につきましては、現在建てかえ工事を行っております。

小林市議会 2019-12-03 12月03日-03号

坂之下利浩建設部長 公共施設耐震化についてと今後の方向性についてでございますが、まず、他の施設耐震化状況でございますが、耐震診断義務化は、耐震改修促進法により、原則として昭和56年5月31日以前に着工した建築物対象となっております。 これは、昭和56年6月1日より建築基準法施行令が改正され、新耐震基準となったためでございます。

都城市議会 2019-12-01 令和元年第4回定例会質問通告一覧(12月)

バイオマスガス発電について 4 増税対策プレミアム付商品券事業についてプレミアム付商品券販売状況等について今後、プレミアム付商品券の申請を促すことについて 14 筒井 紀夫 (社 民) 1 建築物耐震化について木造建築物耐震化について公共施設耐震化について保育行政について              12月11日 (水) 15 音堅 良一 (公 明) 1 住宅建築物耐震診断

日向市議会 2019-09-24 09月24日-07号

次に、建設状況でありますが、平成29年度に策定しました日向水道ビジョンに基づき、老朽管路更新として約7,300メートルの配水管布設工事を実施したほか、浄水場耐震診断設備類更新工事を行ったところであります。 今後も、同ビジョンに基づき、安全・安心で良質な水道水安定供給に努めるとともに、より一層の経営効率化及び危機管理の充実を図り、持続可能な水道事業安定経営を目指してまいります。 

日向市議会 2019-09-10 09月10日-03号

空き家相談会につきましては、今後十分検討してまいりますが、耐震診断とかで年何回か催しておりますので、その中でも取り入れていきたいというように考えております。 ◆4番(三樹喜久代) ぜひ空き家を街の活性化に利用していくような、街なかの中心部、結構お店をやめる方が出てきたりしておりますので、ぜひその辺、外部の民間団体とかと一緒に取り組んでいただきたいなと思います。 市長、そこら辺どうですかね。

門川町議会 2019-09-04 09月04日-02号

本町の木造住宅耐震診断改修事業について、昨年の実績は、耐震診断が5件、平成29年度は、耐震改修1件、28年度は耐震診断5件、27年度は耐震改修2件です。2016年4月の熊本地震では、死者267人、負傷者2,804人、住宅の全壊8,673棟、半壊3万4,726棟に及ぶ甚大な被害が出ています。 この地震では、倒壊した住宅の下敷きや、土砂崩れに巻き込まれて50人の直接死亡が確認されています。

門川町議会 2019-08-02 09月03日-01号

住宅耐震化のための補助金制度耐震診断自己負担額が3,000円、耐震設計最大補助額が20.5万円耐震改修最大補助額が92.5万円、それに補助額の上乗せをする市町村が多数となっているということです。さらに耐震改修として安価にできる工法が普及。それは、天井や床、壁を壊さずに補強する工法で、壁に筋交いを入れる一般的な工法に比べ、73%から37%の低コストでできるそうです。 

日向市議会 2019-06-28 06月28日-06号

また、日向木造耐震化促進事業については、実績についての質疑があり、アドバイザー派遣が20件、耐震診断が10件、耐震改修が4件、補強設計が5件となっているとの答弁がありました。 次に、市街地整備課所管では、報告第4号の中心市街地活性化対策事業の効果について質疑があり、事業開始から現在までに38店舗への補助実績があり、現在営業をしているのは20店舗定着率は約53%である。