488件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

西都市議会 2020-06-18 06月18日-04号

幸いなことに現建物耐震補強をしています。しばらくは大丈夫です。どうか、市長、よき判断をしていただけるように願っています。 濱砂理事長と努力をされて、まずは採算性がよく、そして一分一秒の救急医療体制をつかめる医療体制整備をお願いしたいと私は心から思っています。いかがでしょうか。 ◎市長押川修一郎君) 御心配など、いろいろあるというふうに思います。

都城市議会 2019-12-10 令和元年第4回定例会(第4日12月10日)

平成二十八年度の計画策定時には、六棟において耐震性が不足しておりましたが、現在一棟が耐震補強済みで、一棟が補強工事中でございます。残る四棟につきましても、解体を予定している施設を除いて、個々の施設機能利用実態に基づき、優先的に耐震対策実施すべき施設から順次耐震化に取り組むこととし、一〇〇%の目標達成を目指しているところでございます。

門川町議会 2019-12-09 12月09日-02号

グループワークで出た主な意見では、まず自助では「家族と日ごろから話し合う」や「家の中の危険なところを把握する」「耐震補強する」などが出ました。次に、共助では「逃げるときに声かけをする」「ふだんからコミュニケーションをとる」「避難カードや車いすの準備」などでした。公助では「避難路をつくってほしい」「避難タワー建設」「西ノ山の手すりの設置」などの意見が出ました。 

西都市議会 2019-10-01 10月01日-07号

第1は、新庁舎耐震化対策は、前市長時代では、当初、耐震補強が行われる予定でしたが、耐震補強も多額の予算が伴うこと、熊本地震を受けるもとで、免震構造による新庁舎建設へ変更して検討が進められてきました。市議会も特別委員会を設置して対応してきたわけであります。 現在の庁舎が完成し、開庁したのは1964年、昭和39年7月6日であったと思います。以来55年です。

日南市議会 2019-09-13 令和元年第4回定例会(第3号) 本文 開催日:2019年09月13日

つまり北をしっかりやってからでないと、なかなか南にいけないということなんでしょうけれども、ただ、宮崎河川国道事務所としましても、南区間重要性は認識をされておりまして、重要インフラへの対策として平成30年に制定された国土強靱化のための3カ年緊急対策、先ほども申し上げましたけれども、この国土強靱化の3カ年によって、南区間を含めた国道220号の橋梁耐震補強、のり面保護舗装修繕等対策実施されるということでお

都城市議会 2019-09-12 令和元年第3回定例会(第5日 9月12日)

このうち勤労青少年体育センターにつきましては、平成二十六年度に実施した耐震診断の結果により、本年度から耐震補強及び大規模改修事業実施する予定となっております。今後は、床面積が一千平方メートル未満の義務化対象外施設におきましても、耐震診断実施について検討し、その結果を踏まえまして、大規模改修等により地区体育館延命化につなげてまいりたいと考えております。

日南市議会 2019-06-25 令和元年第3回定例会(第3号) 本文 開催日:2019年06月25日

さらに、国土強靱化対策としまして、橋梁耐震補強、橋梁補修のり面保護及び災害復旧舗装修繕等対策実施予定と伺っております。 10番(黒部俊泰議員) それでは、最後に一つ再質問をします。  今回、大型トラックコンテナ輸送などの安全性利便性が高まる重要物流道路機能強化として、伊比井の道路整備事業は大変重要であると考えております。  

日南市議会 2019-03-15 平成31年第1回定例会(第7号) 本文 開催日:2019年03月15日

建設事業の主なものは、吾田地区の汚水管ょ等整備下水終末処理場改築更新耐震補強工事などであります。  採決の結果、全員賛成をもって原案のとおり可決すべきものと決しました。  次に、議案第27号平成31年度日南特定環境保全公共下水道事業会計予算であります。  

小林市議会 2019-03-07 03月07日-04号

それから、どのような活用がということなんですけれども、これまでも野尻庁舎でいろいろ検討があったんだろうと思いますけれども、例えば公民館を解体するとかというようなこともあって、それから、野尻庁舎のそろそろ耐震補強をしないといけなかったり、あるいは改築であったりとか、いろんな要素がございますので、この活用については、引き続きまず地域の皆さんの意見を聞きながら、どういうふうに活用していくかというのを検討した

日南市議会 2019-02-27 平成31年第1回定例会(第2号) 本文 開催日:2019年02月27日

建設事業の主なものといたしまして、吾田地区の汚水管渠等整備や、下水終末処理場改築更新耐震補強工事実施し、水質保全を図ってまいります。  次に、議案第27号平成31年度日南特定環境保全公共下水道事業会計予算について申し上げますと、収益的収支では、収入総額1億4,850万円に対し、支出総額は1億4,650万円で、差し引き200万円の黒字予算となっております。  

日向市議会 2018-12-21 12月21日-07号

次に、農業畜産課所管では、議案第93号平成30年度日向市一般会計補正予算(第7号)について、防災重点ため池の指定や今後の耐震補強工事についての質疑があり、現在のところ、市内にはため池が16カ所あるが6カ所が防災重点ため池に指定されており、このうち1カ所が耐震診断を受けている。あとの5カ所は、現在、耐震診断実施しており、その結果によっては耐震補強工事をすることになるが、未定である。

綾町議会 2018-12-19 12月19日-03号

参考までに、平成23年度耐震補強が済んでおります。 米印につけておきました、国の補正予算ブロック塀というのも入っているんですけれども、学校の敷地内というふうに限定されております。ちなみに、通学路で危険な塀は3カ所を教育委員会認定認定といいますか、確認しているそうでございます。全て小学校の周辺ということになっておりますが、個人名は伏せさせていただいております。 

日向市議会 2018-12-11 12月11日-03号

したがいまして、今後は耐震診断への支援というよりも耐震改修工事に伴う耐震補強設計費用補助対象経費とすることにより、支援強化を図ってまいりたいと考えております。 しかしながら、人口減少社会を迎え、将来的には区単独での自治公民館集会所維持管理が困難になることも予想されますことから、今後は、複数の区や地域で利用することも視野に施設整備を進める必要があると考えております。 

えびの市議会 2018-12-11 平成30年12月定例会(第 5号12月11日) 一般質問

鉄筋コンクリート造施設のほかに木造構造物があると思いますが、木造建物耐震補強はどのようになっているのか、伺います。 ○学校教育課長川野利光君)  木造平家建ての校舎につきましては、国が示す耐震基準対象となってございません。ただ必要に応じて外壁等強化、修繕したりして対応しているところでございます。