258件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日南市議会 2020-12-10 令和2年第7回定例会(第5号) 本文 開催日:2020年12月10日

これは、移住促進住宅である目井津ヶ丘住宅の改修と、移住される方、移住していただける方の意向調査委託業務であったと思いますが、これについての進捗状況を教えてください。 松山昭彦総合政策部長 ゆるやかな移住創造事業進捗についての御質問でございます。  コロナ禍によって、しきりに地方移住の高まりを報道されているところでございます。

都城市議会 2020-12-04 令和 2年第6回定例会(第2日12月 4日)

デジタル人材募集本市への移住促進につながるとよいかと思っております。加えて、デジタル化と言いますと、いかにも業務自動化が進み職員を減らして省力化ができるというイメージではありますが、将来的にはもちろんそのようになるのかもしれないですけれども、移行期にある今は特別定額給付金のときのように、むしろ多忙になるであろうと予想しております。

日向市議会 2020-09-28 09月28日-07号

サポート体制につきましては、商工会議所延岡日向宅建協同組合区長公民館長連合会等担当者で構成する移住促進連絡会議を設置し、情報交換連絡体制の構築に努めております。 また、移住者の方が地域で安心して生活するためには、職場や地域サポートが必要不可欠であり、移住者の皆さんが、それぞれの地域の特性を理解し、地域の一員として活動していただくことが重要であると考えております。 

えびの市議会 2020-09-17 令和 2年 9月定例会(第 5号 9月17日) 一般質問

完成した暁には、現在、先ほど申し上げましたけれども、えびの市の移住促進分譲地の要綱に準じて販売されるものか、これは全く新しくえびの市内において居住されている方にも適応されるのか、そこまで計画的に進んでいるのかお伺いいたします。 ○財産管理課長(有村 充君)  今議員おっしゃいました川原分譲地につきましては、市外の方を募集の対象としております。

綾町議会 2020-03-24 03月24日-06号

3、移住促進事業については、制度の見直しを図りながらまずは県や町の魅力アップに取り組むことが重要である。 4、結果的に財政調整基金から2,000万円を繰り入れることとなっており、今後の町財政への危機感を覚える。また、執行残については、当初予算が適切であったのかなどしっかり分析した上で、今後に生かしてほしいとの意見が出されました。 

日南市議会 2020-03-18 令和2年第1回定例会(第7号) 本文 開催日:2020年03月18日

観光客増加移住促進にも即つながると思います。  そのためには、宮崎市や日向市のように行政の協力がかなり大事になってくると思います。ただ、今のままでは、駐車場やその他の問題もあり、難しいとは聞いておりますが、ぜひ前向きに検討していただきたいと思っております。  

串間市議会 2020-03-05 令和 2年第1回定例会(第4号 3月 5日)

次に、既存住宅活用農村地域等移住促進事業計画についてお聞きします。  地方都市や農山村地域、中山間地域では、人口減少少子高齢化の進行に伴い、空き家遊休農地の発生、地域の活動や農業等産業担い手不足によるコミュニティの衰退などが課題となっており、多くの地方公共団体移住促進し、定住人口等の維持、増加に取り組んでおります。  

日南市議会 2020-03-04 令和2年第1回定例会(第3号) 本文 開催日:2020年03月04日

また、その成果としては、既に雇用対策移住促進、産業振興などで重要業績評価指標KPIを達成することができ、市民アンケートでも、36項目のうち、雇用環境などを初め27項目満足度が上昇しました。  一方で、これまでに公共交通網子育て環境各種検診などではKPIが達成できておらず、市民アンケートでは、公共交通網の整備や災害・火災の対策などの8項目満足度が下降しています。  

小林市議会 2020-02-27 02月27日-02号

転出者の将来的なUターンの促進については、移住促進のための総合的なサポート、こういったものを考えているところでございます。 ◆原勝信議員 移住者等の御答弁がありましたので、小林市がいかにこれから強い環境をつくっていくか、そして外貨を稼いでいくのかというところが重要になってくると思います。 その中で、一つ御提案をさせてください。 

日向市議会 2020-02-13 02月13日-04号

本市もそれを受け、企業誘致雇用の確保、サーフィンによる移住促進に取り組んでいます。 しかし、最近の市の推計人口は6万人となり、昭和60年と比較しますと5,500人の減となり、平成30年以降は出生者数が500人を割り始め、死亡者数が大きく上回る自然減少が続いています。 今こそ、市民行政企業等一体となり地方創生に取り組むべきと思い、下記のことを質問します。 

日向市議会 2020-02-10 02月10日-02号

移住促進事業等々もいろいろやられていますけれども、この人口減少をやっぱり止めることはなかなか難しいと思いますが、そこに対しての取組というのを、これから、今もやっていますが、さらにやっぱり一歩進んだことをやっていく必要があると思いますが、その辺りの考えはいかがでしょう。